よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 2011年09月29日の読書
2011年09月29日(Thr) 
本日の初読図書:
4488587038チャリオンの影 下 (創元推理文庫)
ロイス・マクマスター・ビジョルド 鍛治 靖子
東京創元社 2007-01-30

by G-Tools
国子テイデスを堕落させると共に、その姉イセーレとの政略結婚を試みる宰相一派。もはや宰相の弟ドンドとの婚姻が翌日に迫ったとき、カザリルは最終手段として自らの命を贄とする「死の儀式」をもってドンドを殺そうとした。結果ドンドは死亡したが、何故かカザリルは死ななかった。腹に腫瘍を生じ下血に苦しみながらも生きている彼の姿に、宰相一派は死の儀式を行った者は国姫一行ではないと結論する。
イセーレ達は宰相側が次の手を打ってくる前に、身の安全を図ることにした。それはより「まし」な相手との婚姻を先に結んでしまうこと。内密の協議の結果、選ばれたのは、内戦が終わったばかりの隣国イブラの国子だった。
しかし実際に手続きを始める前に、テイデスが感染症により死亡。また彼が行った暴挙により王家に伝わる呪いが活性化し、国主オルコは病に倒れた。いまや新たな国子となったイセーレの婚姻は、うかつに行えば隣国へ故国を売り渡す反逆行為となる。チャリオンの権利をなにひとつ損なわぬまま、隣国の国子をあがなってくること。その重大な任務をこなせるだけの能力と忠節を兼ね備えたのは、もはやカザリルしかいなかった。死の儀式で弱った身体に鞭打ち、イブラへと旅立つカザリル。宰相ジロナルの妨害や、狡猾な国主と伝えられるイブラの古狐との交渉など、困難は数えあげればきりがない。
それでも使命を果たすべく、イブラへとたどり着いたカザリルを出迎えたのは、何故か彼を「カズ」と呼ぶ国子ベルゴンで ――

なんかもう、全編通じて主役がよれよれです(哀)
イセーレの祈りに応えた姫神の加護によって、かろうじて死こそ免れたものの、腹中には外から見てそうと判るほどの大きな腫瘍を生じ、そこに封じられたドンドの魂と死の儀式を行使する魔によって、毎晩毎夜苛まれる始末。そんな状態で馬に乗って、八百マイルの過酷な旅へ出発し、行った先では威厳を失わぬように交渉を行う。途中には宰相からの襲撃も受けるし、倒れるわ吐くわ下血するわ。
視点がほぼカザリルに固定されているので、自己評価の低い彼の目から見たその姿は、不様で哀れなひどいものです。
でも、ひるがえって第三者の目から見た彼は、有能で高潔で忠誠心の篤い、とても立派な人物なのです。本人は最後まで自覚ありませんが。

それにしてもいざ下巻を読んでみて、上巻でさりげなく語られていたガレー船でのエピソードが、こう関わってくるとは思いもしませんでした。まったくもって見事。
イセーレの旦那に半端な人物は許せん! とか思っていたのですけれど、そのあたりを読んで唸らされました。うむ、これなら許せます。
……旦那とイセーレの二人ともカザリル好きすぎで、ちょっと笑えますがvv

まあ、なにはともあれハッピーエンドでなによりでした。面白かったです。
No.3393 (読書)


 そういえば昔は
2011年09月29日(Thr) 
B5のルーズリーフを入れられるかどうかが、カバンを選ぶときの条件だったなあと、新しいナップサック(でかい/苦笑)を眺めつつ思い出してみたり。
パソコン使ってサイトを開くようになるまで、小説書くのはB罫のルーズリーフにシャーペンが基本でした。表に本文を書き、裏面は白紙にしておいて、後から気が付いたことや書き足したいことをメモするのに使ってましたっけ。そしてそれらをもとにワープロで清書。あとは数少ない友人に読んでもらうぐらい。その頃に書いたのが……いまUPしているのだと、「かくれおに」とか「きつね」とか、あと日月堂の二話目まであたりですね。
楽園シリーズの原型にあたる、アーティルトが主役だったお話も、そうして書いたっけ……(懐)
ちなみに日月堂はあと三話ほど中〜長編が書きためてあったのですけれど、PCに打ち込んでみようとしたら、どうにも手直しがしきれずにお蔵入りになってしまいました。今となってはもはやパラレルと化しています。 沙也香さんや伯爵との出会いが異なっていたり、晴明くんに婚約者(!)がいたりとか。
かくれおにの明と晴明くんのコラボなんかもあったんですけどね……それをUPする前に、とばしていた二人の出会い話(林間学校編)を書こうと思ったら、そこで筆が止まっちゃってます(−ー;)

ともあれ今のキーボード入力も、漢字変換が楽だったり推敲切り貼りが簡単だったり、あと脳内スピードについてこられる早さだったりと非常に便利で良いんですが。それでもあの頃の、分厚い辞書を引きつつ一文字一文字紙面を埋めていく作業も、それはそれで楽しく味があったなあとか思いかえしています。

いろいろ試してみて、またもブックマークレットを改造。
黒文字薄背景+フォント変更」。やはり文字は濃いい方が良いし、背景色はうっすら灰色ぐらいが良いです。
……背景色、16進数でも設定できるのかしら? とりあえずカラー名から選択してみてるんですけど。個人的には、背景 #FAFAFA 、文字 #444444 ぐらいが一番好みなんだけどなあ。
No.3394 (日常)



<< 2011年09月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2011年09月29日の読書
 そういえば昔は

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41