よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 2011年01月29日の読書
2011年01月29日(Sat) 
本日の初読図書:
「義妹が勇者になりました(小説家になろう)」〜六十四話
 http://ncode.syosetu.com/n9612l/

ある日、義理の妹 天音(アマネ)とともに異世界召喚された里桜(リオ)。
容姿端麗、頭脳明晰、スポーツ万能という神に愛されまくった妹は勇者として、魔王を倒すべく王国で修行を始める。
一方、平凡を自負する姉は、元の世界に帰る方法を探すべく、王宮を抜け出し一人旅だった。
……その前に、行きがけの駄賃として王宮に隠されていた「血まみれの魔導書」と「黒の聖典」という、呪われた魔法書その他をかっさらって。
妹が光の神に祝福を受けた際、何故か闇(?)に祝福を受けてしまったりしたらしいリオは、それらの魔法書を元に邪法としか言いようがない闇の魔法を使えるようになってしまい、己の意志とは裏腹に、様々なトラブルに巻き込まれていくのだった。

義妹が正当派な勇者として行動している裏で、チートな力を駆使しつつ色々やらかしていく姉の話です。
紹介文読んでいて、義妹とは仲があまり良くないのかな、と思っていたら、両者ともシスコン並に互いを思いやりあっていて良い意味で裏切られました。やっぱり人間関係は良いのが良いよ。
そして主役とフラグが立つお約束な保護者キャラが複数登場するのですが、どの人も魅力的で、甲乙つけがたい!
特に白虎の獣人レグルーザは、S級傭兵という強さなのに、モフモフで格好カワイイクーデレ、そして包容力抜群とイチオシ。
北の帝国の第七皇子、竜人のイールは美少年キャラかと思いきや、封印解けた途端、美形で一途かつクールな俺様と化し、そうかと思えばケルベロスのジャックに「おとうさん」とか呼ばれて喜んでるし(笑)
ああでも、ちょっぴり影は薄いけれど、スカーフェイスでワイルドかつ大人な騎士ヴィンセントさんも捨てがたい……
しかしこの話も、まだまだ先が長そうだな(汗)

雪華さん、面白い話をご紹介、ありがとうございました!

「あたしの弟は魔王サマ!?(小説家になろう)」
 http://ncode.syosetu.com/n8735b/

ある日、自室で必死にレポートを仕上げていた尾上千歳は、突然垂直落下型スライダーのような気分を味わったかと思いきや、陰気な地下室にたどり着いていた。目の前にいたのは、天使も裸足で逃げ出すかと思うような美少年。
「姉上!」喜色満面で飛びついてくるそのお子様こそが、なんと魔界の王様だというのである。魔王の姉の生まれ変わりだと告げられた千歳は、そのまま魔界で暮らすことを強要されるのだが……

完結済なので、安心して読み始めました。
そして一話一話が案外短かったので、さくさくと話が進み、あれ?と言う間に終わっていたり。それで良いのか主人公、と言うか、魔王様の我が侭っぷりにあんまり報いが生じていないのが個人的に気になったり。
いっそ宰相様(超絶美形ナイスミドルで冷徹かつ菓子作りが趣味)とくっついてくれた方が面白いかなーとか。
No.3036 (読書)



<< 2011年01月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2011年01月29日の読書

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41