よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 更新情報(2010年12月31日)
2010年12月31日(Fri) 
閲覧室の「その他書架」で、黒岩涙香の著作権切れテキスト「白髪鬼」二十五話目をUP。
今年最後の更新です。ついに魏堂と再会しました。ようやく復讐の始まりです♪

あと、次回更新には、久しぶりにSSなどUPしてみようかと……思ったりしているのですが……
いい加減、小説UPを期待してきて下さってる方もいらっしゃいませんかね(汗)
No.3000 (更新)


 2010年12月31日の読書
2010年12月31日(Fri) 
本日の初読図書:
4081330042動物の英雄たち シートン動物記 (4) (シートン動物記)
アーネスト・T・シートン 藤原 英司
集英社 1972-03-18

by G-Tools
収録作は「裏町の野良猫」「アルノー」「バッドランドのビリー」「少年とオオヤマネコ」「小さな軍馬」「スナップ」「ウイニペグのオオカミ」「白いトナカイの伝説」「ホッキョクギツネの伝記」。
記憶に残っていたのは、裏町の〜、アルノー、小さな軍馬に少年とオオヤマネコのあたり。
裏町の野良猫は、油粕と魚の頭を食べさせられて毛がフカフカになり賞を取るエピソードとか、機関車に追いかけられるシーンとか覚えてました。伝書鳩のアルノーはラストでハヤブサの巣の中に足環だけが残っているその切なさが、子供心に切なくて……(泣)
小さな軍馬は、以前にギザ耳ウサギと勘違いした、レースに出て耳に星形の穴をパンチされるウサギのお話。そして少年と〜は、森の中に住む家族が全員熱病にやられて、自分ちのニワトリを捕まえることもできず、フラフラになりながら銃で撃ってはスープを作って生き延びるシーンが、強烈に印象に残ってました。読み返したかった話ナンバーワンかもです。
恐らく初見だった他のお話も面白かったです。白いトナカイ〜は、今までになく捏造の入ってそうな、いわゆる「お話」らしいお話でしたけど。
ホッキョクギツネ〜も、終わりがちょっと切なかったですね。このところ、わりとめでたしめでたしな終わりの話が続いていたので、アルノーもスナップもウイニペグ〜もホッキョクギツネ〜も悲しい終わりが残念でした。
まあシートンさんは、一巻目の前書きで「野生動物の最後は、老衰で穏やかに死んでいくことはまずない」というようなことを、きっぱりと語ってらっしゃるので、しかたのないことなのかもしれませんが。
でもできればやっぱり、最後は幸せに終わってくれるのが良いなあ……
No.3001 (読書)


 2010年の読了図書
2010年12月31日(Fri) 
「光降る精霊の森」藤原瑞記
「大江戸妖怪かわら版 天空の竜宮城」香月日輪
「シャーロック・ホームズの失われた事件簿」ケン・グリーンウォルド、日暮雅通
「シャーロック・ホームズの優雅な生活」M&M・ハードウィック、榎林哲訳
「新・特捜司法官S−A」10巻 麻城ゆう
「アルセーヌ=ルパン全集1 怪盗紳士ルパン」モーリス=ルブラン、竹西英夫訳
「ファンム・アレース 戦いの女神」1巻 香月日輪
「シャーロック・ホームズ ベイカー街の幽霊」ジョン・L・ブーリン他、日暮雅通訳
「ファンム・アレース 古き血の盟約」2巻 香月日輪
「アルセーヌルパン全集2 ルパン対ホームズ」モーリス・ルブラン
「シャーロック・ホームズ ワトスンの災厄」アン・ペリー他、日暮雅通訳
「アガサ・クリスティー探偵名作集1 メンハーラ王の呪い」アガサ・クリスティー、各務三郎訳
「大江戸妖怪かわら版 雀、大浪花に行く」香月日輪
「アガサ・クリスティー探偵名作集2 ベールをつけた貴婦人」アガサ・クリスティー、各務三郎訳
「蛟堂報復録」1巻 鈴木麻純
「陰陽師 天鼓の巻」夢枕貘
「先生と僕」坂木司
「黒後家蜘蛛の会」1巻 アイザック・アシモフ
「にゃんこ亭のレシピ」4巻 椹野道流
「シンデレラ・ティース」坂木司
「ルパン 水晶の栓」モーリス・ルブラン
「黒後家蜘蛛の会」2巻 アイザック・アシモフ
「ブラウン神父の不信」G・K・チェスタトン、福田恒存、中村保男訳
「ミス・マープル最初の事件」アガサ・クリスチィ、厚木淳訳
「黒後家蜘蛛の会」3巻 アイザック・アシモフ
「シャーロック・ホームズ ベイカー街の殺人」E・D・ホック他、日暮雅通
「火曜クラブ」アガサ・クリスティー、中村妙子訳
「鬼平犯科帳」1巻 池波正太郎
「鬼平犯科帳」2巻 池波正太郎
「鬼平犯科帳」3巻 池波正太郎
「殺しの四人 仕掛人・藤枝梅安」池波正太郎
「梅安蟻地獄 必殺仕掛人」池波正太郎
「梅安最合傘 必殺仕掛人」池波正太郎
「梅安針供養 必殺仕掛人」池波正太郎
「梅安乱れ雲 必殺仕掛人」池波正太郎
「梅安影法師 必殺仕掛人」池波正太郎
「鬼平犯科帳」4巻 池波正太郎
「鬼平犯科帳」5巻 池波正太郎
「鬼平犯科帳」6巻 池波正太郎
「ホテルジューシー」坂木司
「鬼平犯科帳」7巻 池波正太郎
「鬼平犯科帳」8巻 池波正太郎
「シャーロック・ホームズの大冒険」上巻 E・D・ホック、日暮雅通
「シャーロック・ホームズ メアリ女王の個人秘書殺人事件」ケイレブ・カー、山田美千枝訳
「シャーロック・ホームズの大冒険」下巻 スティーヴン・バクスター他、日暮雅通訳
「われら濁流を遡る」駒崎優
「カラクリ荘の異人たち」4巻 霜島ケイ
「鬼平犯科帳」9巻 池波正太郎
「鬼平犯科帳」10巻 池波正太郎
「付喪堂骨董店」2巻 御堂彰彦
「シャーロック・ホームズ対ドラキュラ」L・D・エルスマン、日暮雅通訳
「鬼平犯科帳」11巻 池波正太郎
「ウエストエンドの恐怖」ニコラス・メイヤー編、田中融二訳
「鬼平犯科帳」12巻 池波正太郎
「僕とおじいちゃんと魔法の塔」1巻 香月日輪
「御書物同心日記」出久根達郎
「一本眉」池波正太郎
「ヤング・シャーロック ピラミッドの謎」A・アーノルド、宮脇孝雄訳
「夢介千両みやげ」上巻 山手樹一郎
「夢介千両みやげ」下巻 山手樹一郎
「続・御書物同心日記」出久根達郎
「僕とおじいちゃんと魔法の塔」2巻 香月日輪
「御書物同心日記〈虫姫〉」出久根達郎
「安楽椅子探偵アーチー」松尾由美
「百人一首殺人事件」山村美紗
「女相続人連続殺人事件」山村美紗
「死相学探偵1 十三の呪」三津田信三
「消えた相続人」山村美紗
「バルーン・タウンの殺人」松尾由美
「木枯し紋次郎1 赦免花は散った」笹沢左保
「バルーン・タウンの手品師」松尾由美
「安楽椅子探偵アーチー2 オランダ水牛の謎」松尾由美
「妖怪アパートの幽雅な食卓」香月日輪
「木枯し紋次郎2 女人講の闇を裂く」笹沢左保
「長い長い殺人」宮部みゆき
「江戸川乱歩全集11 緑衣の鬼」江戸川乱歩
「ファンム・アレース」3巻 香月日輪
「中村雅楽探偵全集1 團十郎切腹事件」戸坂康二
「アイスクリン強し」畠中恵
「ファロットの休日」茅田砂胡
「金田一耕助に捧ぐ九つの狂想曲」赤川次郎他
「鬼平犯科帳」14巻 池波正太郎
「鬼平犯科帳」15巻 池波正太郎
「ゆめつげ」畠中恵
「サム・ホーソーンの事件簿」1巻 エドワード・D・ホック
「鬼平犯科帳」16巻 池波正太郎
「鬼平犯科帳」17巻 池波正太郎
「サム・ホーソーンの事件簿」2巻 E・D・ホック
「サム・ホーソーンの事件簿」3巻 E・D・ホック
「鬼平犯科帳」18巻 池波正太郎
「サム・ホーソーンの事件簿」4巻 E・D・ホック
「鬼平犯科帳」19巻 池波正太郎
「サム・ホーソーンの事件簿」5巻 E・D・ホック
「僕とおじいちゃんと魔法の塔」3巻 香月日輪
「鬼平犯科帳」20巻 池波正太郎
「鬼平犯科帳」21巻 池波正太郎
「星空から来た犬」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「サム・ホーソーンの事件簿」6巻 E・D・ホック
「魔女の宅急便」2巻 角野栄子
「鬼平犯科帳」22巻 池波正太郎
「ダヤン、わちふぃーるどへ」池田あきこ
「鬼平犯科帳」23巻 池波正太郎
「剣客商売」1巻 池波正太郎
「カーデュラ探偵社」ジャック・リッチー
「ダヤンとジタン」池田あきこ
「剣客商売 辻斬り」 池波正太郎
「剣客商売 陽炎の男」池波正太郎
「剣客商売 天魔」池波正太郎
「剣客商売 白い鬼」池波正太郎
「もののけ本所深川事件帖 オサキ江戸へ」高橋由太
「くらがり同心裁許帳」井川香四郎
「剣客商売 新妻」池波正太郎
「剣客商売 隠れ蓑」池波正太郎
「シノダ!チビ竜と魔法の実」富安陽子
「闇の狩人」上巻 池波正太郎
「闇の狩人」下巻 池波正太郎
「ダヤンと時の魔法」池田あきこ
「ダヤンとタシルの王子」池田あきこ
「剣客商売 狂乱」池波正太郎
「剣客商売 待ち伏せ」池波正太郎
「ダヤンとハロウィーンの戦い」池田あきこ
「剣客商売 春の嵐」池波正太郎
「ダヤンと王の塔」池田あきこ
「剣客商売 勝負」池波正太郎
「機巧館のかぞえ唄」はやみねかおる
「剣客商売 十番切り」池波正太郎
「ダヤン、タシルに帰る」池田あきこ
「剣客商売 波紋」池波正太郎
「シートン動物記1 ジョニーベアー」アーネスト・T・シートン、今泉吉晴
「シートン動物記2 ラギーラグ」アーネスト・T・シートン、今泉吉晴
「ギヤマン壷の謎」はやみねかおる
「剣客商売 暗殺者」池波正太郎
「シートン動物記3 ロボ」アーネスト・T・シートン、今泉吉晴
「シートン動物記4 サンドヒル・スタッグ」アーネスト・T・シートン、今泉吉晴
「徳利長屋の怪」はやみねかおる
「くらがり同心裁許帳2 晴れおんな」井川香四郎
「剣客商売 二十番斬り」池波正太郎
「シートン動物記1 私が知っている野生動物」アーネスト・T・シートン、藤原英司
「人形は笑わない」はやみねかおる
「シートン動物記2 狩られるものの生活」アーネスト・T・シートン、藤原英司
「『ミステリーの館』へ、ようこそ」はやみねかおる
「シートン動物記3 野生動物の生きかた」アーネスト・T・シートン、藤原英司
「剣客商売 浮沈」池波正太郎
「シートン動物記4 動物の英雄たち」アーネスト・T・シートン、藤原英司


「旗本退屈男(青空文庫)」第一話 佐々木味津三
「白髪鬼(トシのベランダ晴耕雨読)」黒岩涙香、トシ口語訳

以上144冊と電子テキスト二作。
電子テキストは、例によって商業出版されたことのある作品のみピックアップしました。

……今年はなんというか、去年の少なさを取り戻す勢いで、阿呆なほど読んでますな(汗)
特に池波作品がかなりを占めておりますね。剣客商売、鬼平犯科帳、仕掛人梅安の三大シリーズを制覇できたのが大きいかと。あとホームズパスティーシュも多いかな。児童文学も冊数を増やすのに貢献したかも。
まあ、楽しく読書できるのはよいことです。
来年もまた、多くの面白い作品に出会えると良いな♪
No.3002 (読書)


 そして今年も大晦日
2010年12月31日(Fri) 
一年最後の日は、朝から世間が真っ白でした。
だいぶ前から大雪注意報は出てましたが、今日はまた見事に一日降ってまして。夕方頃に母が定規を持って庭に出ていった結果、積雪量は二十四センチだったそうです。しかもそれからも降り続け、日が落ちたぶん溶けることもないわけで……ちょっと明日が恐ろしいです。長兄なども、屋根から落ちた雪が物置小屋の波板屋根を突き破るとまずいから、明日には雪下ろししないととか言ってました。どこの雪国なんだか。
なんでも天気予報によれば、このあたりだけ北海道や東北より積雪量が多いらしく……いきなり降っただけに怖いです。タイヤ交換とかしてない人、まだいるんじゃないかなあ。帰省者もノーマルタイヤとか履いてたりしたら大変ですね。事故が少ないことを祈ります。

そんな本日ですが、またも昨夜の寝つきが悪く、三時過ぎにようやく眠れ、八時頃まで寝てました。起きてからは、DVD見たり本を読んだりゴロゴロと。
ちなみに今日のホームズさんは「ボスコム渓谷の悲劇」。そして鬼平犯科帳は「あきれた奴」。どちらもまあまあでしたか。

そして年末年始らしいことはなにもしていません(苦笑)
まあいいさ。TV番組はいまいちっぽいですが、本もDVDもたっぷりあるし、寝正月寝正月。
とりあえず、今年のおせち(父の仕事関係で毎年強制購入×2)はわりかし美味しいようです。

以下はヒトコトお返事。
No.3003 (日常)



<< 2010年12月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 更新情報(2010年12月31..
 2010年12月31日の読書
 2010年の読了図書
 そして今年も大晦日

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41