よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 2010年12月23日の読書
2010年12月23日(Thr) 
本日の初読図書:
4081330026狩られるものの生活 シートン動物記 (2) (シートン動物記)
アーネスト・T・シートン 藤原 英司
集英社 1972-01-18

by G-Tools
収録は「クラッグ」、「町の吟遊詩人」、「ジョニー熊」、「マガモの母さんと陸の旅」、「チンク」、「カンガルー・ネズミ」、「ティトー」、「コガラは、なぜ年に一回気が狂うのか」、「タラク山の熊王」。
相変わらず、たまらん懐かしい話がちらりほらり。
「クラッグ」はたぶん「大角羊」というタイトルで読んだ話じゃないかと。撃たれた母羊が残雪で傷を冷やすシーンが記憶の底に残ってました。
「町の吟遊詩人」は、一番良く覚えてる話です。カナリアに育てられた雀の結婚生活の話なんですけど、枝で巣を作ろうとしては、干し草で作ろうとする妻と喧嘩して、弾みで卵まで潰しちゃうエピソードなんて、子供の頃ショックでしたねえ。結局夫婦合意の上で馬の毛を使ったら、とんだ悲劇に繋がった所など、よっぽど衝撃だったのか挿し絵まではっきり覚えてますよ。どうやら子供の頃に読んだのはシートンの挿し絵ではなかったらしく、この本では違う絵になってましたが。
「タラク山の熊王」もところどころ記憶にありましたけど……熊が羊?を殺して、地面に埋めておく→腐る寸前が一番旨いから、というエピソードがありませんでした。この前読んだ灰色グマ〜になかったから、てっきりこちらの話にあると思っていたのに。ジョニー熊といい、シートンって、そんなにたくさんクマの話を書いているのでしょうか。

今回は珍しく、主役の死ぬシーンがない話が多かったような。
人に飼われたり、逃げ出したり、ただ「子孫まで繁栄しました」と結ばれていたり。
個人的に、切り尾のコヨーテ ティトーの話が、一番読後感が良くて好みでした。
No.2992 (読書)


 不眠ではなく昼夜逆転
2010年12月23日(Thr) 
昨夜「相棒」を見た後などと遅い時間に缶コーヒーを飲んだのが悪かったのか、まったく寝つけませんでした。
しばらく布団の中で輾転反側したのち、あきらめて眠くなるまで起きていることに。
なんでもPCや携帯など目から強い光が入るものを寝る前に見ていると、不眠の原因になると新聞で読んだので、今回は紙書籍の読書で時間を潰すことに。
……最終的に眠ったのが、朝の六時って段階で全然意味なかった気もしますが(−_−;)
いやもう、あんまりにも眠れないんで、いつもなら朝食の前後にやっちゃう風呂掃除も、四時頃に片付けちゃいましたよ。
図書館で借りてきた本も、一晩かけて一冊読んじゃって、このペースだともう一度借りに行かなきゃ、年末年始に保たないんじゃないかなあ。

でもって、朝食もすっ飛ばして昼まで六時間ほど寝くたれていて、昼飯食べてからようやく動き始めました。なんて自堕落。

グラナダホームズをこつこつと見続けて、今日は9巻目「マスグレーブ家の儀式書」と「修道院屋敷」を見ました。修道院〜は「アビ農場の屋敷」とかのタイトルの方がなじみ深いかも。
そして「グラナダ ホームズ 感想」で検索をかけていて、何故か気がついたら「相棒」の感想ブログを読みあさっている自分がいたり。いやなんか、グラナダの感想書いてる人って、相棒もチェックしてる人多いんですよ(笑) 同じ二人組ミステリだからでしょうか。
そうそう、そういえば私、ちょくちょく人からシャーロキアンだと評されますが、はっきり言って違います。
私は各事件の年代も覚えていないし、それどころかタイトル見て内容思い出せない話も多いし、ホームズとワトソンがどういう経緯で同居して別居して再び同居してとかいうのも把握してないし、全然ダメダメ似非ファンなんですもの。
そういう意味で言えば、金田一(爺)の方がよっぽどチェック入ってます(笑)
中国地方での刑事役は磯川さんじゃなきゃ駄目だろう! もちろん東京軽井沢方面は等々力さんで、とかこだわっちゃうぐらいにはマニアかと。
……そういえばその他書架の金田一覚書、コンプしないままほったらかしになってるなあ(−_−;)
とりあえず、「悪霊島」と「病院坂〜」さえ書けば、残りのジュヴナイル版は省略しても良さそうなんですけど……この二つはどっちも長くって(シリーズ中ただ二つの上下巻話)。悪霊島はなまじ内容覚えてるだけに、細かいとこ読み返すのがちとしんどいし、病院坂〜は最後の事件と言うことで、いろんな意味で複雑なものがあるし……むぅ、困ったものです。
No.2993 (日常)



<< 2010年12月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2010年12月23日の読書
 不眠ではなく昼夜逆転

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41