よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 2010年12月11日の読書
2010年12月11日(Sat) 
本日の初読図書:
4061485202徳利長屋の怪 名探偵夢水清志郎事件ノート外伝 大江戸編 下巻 (講談社青い鳥文庫)
はやみね かおる 村田 四郎
講談社 1999-11-15

by G-Tools
大江戸パラレル下巻。
今回は大政奉還、龍馬暗殺、そして倒幕派と幕府側の戦争阻止と、ほのぼのした中にもシリアスなものが通っていました。
前回に引き続き、勝海舟や西郷隆盛などの豪華ゲストキャラも登場。新門辰五郎に反応してしまうのは、私が仁(タイムトラベル医療マンガ)ファンだから(笑)

このパラレル上下巻では、教授がいつもよりずっと「わかりやすい」人でした。
感情に素直というか、内面の表現にためらいがないというか……本編で何作もかけて少しずつ表現していることを、2冊で余すところなく語っている感じです。この2冊でひとつの作品世界が完結していると言っても良いかもしれません。
才谷梅太郎さんの訃報に涙する教授。戦争の予兆に怒りを覚え、未来のためでも国のためにでもなく、現在の自分のためにだと言って行動する教授。亜衣たち子供らに未来を託す教授。
時代考証とかトリックの出来とかは置いておいて、とてもおもしろい作品だと思いました。
……最後にアメリカに旅立つのは、ちょっと金田一っぽいなあとか思ってみたり(笑)
笑顔で「あらぶゆ」と言いさえすれば、アメリカではみんな笑ってくれると言っていた教授ですが、イギリスで問題なく会話していた彼ならば、同じ英語圏だし大丈夫なんじゃないかなあ?
No.2972 (読書)


 昨日から
2010年12月11日(Sat) 
厄介な広告書き込みに悩まされております。
過去の、しかも一昨年とか一昨々年とかの古い記事のコメント欄に広告を書き込んでいくのが忌々しい。
以前、怒濤のトラックバック攻撃や広告投下に悩まされてから、ある程度の対策はとっているのですが、それでもまだすり抜けてきやがります。いい加減にしてほしいです。
貴重な御意見ご感想をもらえることも多いので、コメント禁止にはしたくないんですが。
……思いかえせば掲示板を閉じたのも、結局はそれが理由だったっけ……一時忙しくって、削除もスパム対応掲示板への移行も手がまわらなかった時期に、阿呆なほど(一日100件とか)の迷惑書き込みをされたもので。

同じ理由で閉じられた個人サイト・ブログがどれだけあるのかと思うと、腸が煮えくりかえる思いがしますね。
スパム書き込み 許 す ま じ !

昨日買ったコートを着たいがために、雨の合間を縫って近所を散歩してきました(笑)
迎え酒ならぬ迎え筋肉痛というべきか、歩き終わったらふくらはぎの痛みが消えていてちょっとびっくり。
肝心のコートは、前を開けていてもちょっと汗ばむぐらいに暖かく、軽くて着心地抜群です。ふふふふふvv

今日の鑑賞は「海軍条約事件」。
冒頭の化学実験から、聞き取り調査中に「薔薇の花は神の贈り物だ」的訳のわからん演説をぶちかますところ、最後に取り返した文書を蓋付きの皿に隠して依頼人を驚かすなどなど、こだわりたっぷりの作りでした。
さて、この日記を書いたら、今度は「美しき自転車乗り」を見るかな……
No.2973 (日常)



<< 2010年12月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2010年12月11日の読書
 昨日から

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41