よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 更新情報(2010年12月10日)
2010年12月10日(Fri) 
閲覧室の「その他書架」で、黒岩涙香の著作権切れテキスト「白髪鬼」二十三話目をUP。
No.2966 (更新)


 2010年12月10日の読書
2010年12月10日(Fri) 
本日の初読図書:
4796664459僕たちの好きなシャーロック・ホームズ (別冊宝島 1537 カルチャー&スポーツ)
宝島社 2008-06-21

by G-Tools
シャーロック・ホームズに関するムック本。
この数日ホームズホームズと連呼していたら、次兄が貸してくれました。
キャラクター解説から下宿の間取り・お約束の小物、これまで映像化された各作品をイラストつきでさらりと紹介してあったりとなかなか面白かったです。やはりグラナダ版が特に多くページを割かれているのは、それだけ認められているということでしょうか。
あと、昔の翻案小説などにも触れられていて、シャーロック・ホームズが「本間樵麓(ほんましょうろく)」とか「本田宗六(ほんだそうろく)」、「蛇石(じゃせき)博士」などと翻訳されていたなんて、面白い情報も。ちょっと読んでみたい、かも……(笑)
正典全話をそれぞれ1〜2ページで解説した部分もありましたが……ネタバレを厭うたせいでしょうか、あまりにもさわりにしか触れられておらず、内容がまるで思い出せない作品も多々ありました。初心者にはちょっと不親切かもしれません。
バスティーシュについても多くが紹介されていました。私が読んだことあるのは2作品ぐらいでしたけど、さすがトムスン女史の贋作集は評価が高いようで嬉しかったり。

……バックナンバーには金田一耕助版もあるようで……ちょっと興味が湧きます。
No.2969 (読書)


 この金が無いときに
2010年12月10日(Fri) 
……またも衝動買いしてしまいました。
それ自体はそろそろ新しいの買ったら? と数年前から言われていたような、十年以上も前から使用している代物で、必要なものではあったんですけどね。
そもそもはそれとは別に、そろそろ靴下買い足さないとまともな物がなくなってきたなと、食料の買い出しに付き合ったんですよ。で、靴下買ったら、母が「年末ポイントで払ってあげるわ」と言ってくれて「ラッキーvv」と喜んだんです。でもって、そのままの流れで「ちょっと見てみる?」と何の気なしに売り場を歩いてみて、つい試着なんかしてみたりしちゃって……そしたら店員さんが寄って来るわけですよ。
「……ちょっと肩がきついかな」
「ではこちらなんかいかがですか?」
「うーん、もうちょっと裾の長いのが好みなんですよね」
「なら、こちらとかは」
とか言って出されてきた代物に袖を通して、なんというか思わず一目惚れ。
軽いし肩は動きやすいし、裾の長さも好みなら全体のラインも理想通り。色ももちろん気に入ったし、しっかりはっきり暖かい。
ちなみにその時点で私の所持金は、靴下買うだけのつもりだったので千円ちょい。
値札を確認。悩む間も店員さんのセールストークは続く。
いったんは「ちょっと考えてみます」と脱いでみるも、気持ちはかなり傾いて。
そして母に耳打ち。
「立て替えしてくれる? ってかお金足りる?」
……ちなみに母の財布の中身をその場で(おい)数えたら、ぴったり札が無くなる金額でした。

そんなわけで、こないだDVDボックスで散財したのに、またも買っちゃいましたよ。



ダウンコートです。
つうかお前ここんとこほとんど家から出てない生活してるだろうと言うツッコミが、自分の中からひしひしと。
でもねー、でもねー、今のコートはほんとにくたびれきってるんだよ。クリスマスプレゼントで両親にもらったんだけど、そんな(プレゼントもらう年)頃から使ってて、きっちりもとは取ったはずなんだよ。
……さて、これを活用するためにも、寒かろうと外に出て散歩のひとつもしなきゃなあ。

今日は「ボヘミアの醜聞」と「踊る人形」を鑑賞。
どちらもオチまでちゃんと覚えている名作だけに、見ていても楽しい楽しい。ボヘミア〜は放送第一作にして、ホームズエッセンスをこれでもかと言うほどぶち込んであって、それ一話でお腹一杯って感じでした。特にホームズの得意技、変装シーンなんて見事の一言に尽きます! とても同じ役者さんが演じてるようには見えません。
踊る〜は、個人的BESTホームズ3つに入る作品でして、こちらも楽しく見ました。ワトソンがちゃんと暗号解読作業について行っていて、警部に解読方法を解説したり、自分でも暗号を読めたりするところはたまらん嬉しいです。
……惜しむらくは……ホームズが最後に出した偽手紙。あの「COME HERE AT ONCE」が踊る人形の暗号で描かれていたと、明らかにしているシーンがないことです。ただ「秘密の手紙で呼び出された」とスレイニーが口にするだけ。これでは原作を知らない人には、いささか不親切ではないでしょうか。ほんの一瞬手紙の文面を映すか、「暗号の手紙で」と言葉にするだけですむのに……英語ではちゃんと語っていて、字幕ではそこを訳しそこねたのでしょうか。吹き替えは確認しなかったんですけど……そこがこの話最後にして最大のミソだと思うのに。実に、実に残念だったのでした。
No.2970 (映像)



<< 2010年12月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 更新情報(2010年12月10..
 2010年12月10日の読書
 この金が無いときに

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41