よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 2010年12月07日の読書
2010年12月07日(Tue) 
本日の初読図書:
4834020118サンドヒル・スタッグ―どこまでもつづく雄ジカの足あと (シートン動物記)
アーネスト・トンプソン シートン Ernest Thompson Seton
福音館書店 2004-10

by G-Tools
シリーズ四冊目。
若かりしハイティーンのシートンことヤンが、見事な枝角を持つ大鹿を追うお話です。
若い頃のシートンは、まだナチュラリストとして自然を愛するが故というよりも、むしろ狩りの興奮から、ライフルを持って雄鹿を追跡してゆきます。そうするうちに、足跡や糞などが教えてくれる様々な「サイン」を知り、出逢った先住民のハンターから自然と過ごすための多くの事柄を習い覚え……後のナチュラリストとしての基盤を固めていくのです。
最後、ついに大鹿を目の前にしたとき、ライフルを手に彼がなにを思うのか。どう行動するのか。
シートンがシートンである根底が、この一冊に詰まっていたと思います。

「宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する(小説家になろう)」〜21話

宝くじで40億もの大金を当ててしまった一良は、途端に群がってきた金の亡者達から逃れるべく、山奥にある先祖の家へと避難することにした。ところがその家には、何故か異世界へと通じる扉があり、その先には日照りと飢餓に苦しむ貧しい農村があった。
とりあえず薬と食糧を持ち込んだ一良だが、それだけでは根本的な解決にはならない。そこでまずは水車を作って川から水を引き、さらに肥料という概念のない村人達に、腐葉土を使うことなどを教えていくのだが……

異世界と日本を行ったり来たりし、40億という財力で村ひとつ分の食糧やら肥料やら農耕道具を買い込んで、と。
自由に行き来ができる分、調べものをしてきたり高く売れそうな小物を持ち込んだりと、いろいろズルをしております。村人達からは、どうやら神様だと思われている模様。そしてそれに気付いていない主人公(笑)
こちらもまだまだ始めの方で、別に語られているお姫さまパートとの繋がりすらほとんどありません。続きが楽しみです。
No.2961 (読書)


 今日出るだけましか
2010年12月07日(Tue) 
筋肉痛が痛いです。
医者に「散歩ぐらいはして下さい(意訳:ちったぁ運動しろ)」と言われたので、昨日は久しぶりに近所の石段を上がり下りしてきたんですが……ふくらはぎが、腰が_| ̄|○
ちなみに登りはノンストップというMYルールはかろうじてクリアできたものの、ほんとに「かろうじて」で、登り終えたその場でひざに両手ついて息を整える羽目に。
どうやら登ってくるのを見下ろしていらしたらしい、ウォーキング中休みとおぼしきストレッチしていた老夫婦には、実に良い笑顔と声掛けを頂いてしまいました(ははは)
……まあ、筋肉痛が翌日に出るだけまだましよね、とか言って自分を慰めてみたり。

雪之丞変化を無事DVDにダビング終了。
一度HDDにダビングしてから、再度DVD−Rにダビング。しかもHDDにダビングする際には、二時間待って録画終了ボタンを手動で押してやらねばならないという手間はかかりましたが、まあその程度は些細なことです。ふふふ、これでテープが痛む心配なしに巻き戻しや一時停止ができるvv 布団の中でDVDプレーヤー使って見れるvv
No.2962 (日常)



<< 2010年12月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2010年12月07日の読書
 今日出るだけましか

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41