よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 −2度だったらしい
2008年01月28日(Mon) 
おそらくこの冬一番だったんじゃないかっていう、アホなほど寒かった今朝方。
天気自体はそこまで良くも悪くもない、うす曇り状態。路面も普通に乾いていたのですが、とにかく寒い!
どんだけ寒いかってーと、凍ってた車のガラスにかけたぬるま湯が、したたり落ちる間にもっかい凍りなおすぐらいで。世間を見わたす限り、地面も屋根も生け垣も木も、白く霜が降りておりました。
しかしこんだけ寒いのにもかかわらず、そこらへんにある水は案外と薄氷どまりなようで。透明な表面にわずかに筋が走っている程度。
あれ? 体感温度が寒く感じてるだけ? とか思いつつ、氷が張っていれば割りたくなるのが心情というもので。なんの気なしに持っていた傘でつついてみました。

 がつっ

……はい?
割れないし。
びっくりしてちょっと力をこめて突きこんでみても、まだ割れません。
何度かやって、ようやく割れました。



おいおい、この透明度で厚さ五ミリぐらいあるんじゃね?
割れたところから指つっこんで欠片を折り取ろうとしたんですが、びくともしませんでした。
気泡混じりの白い氷ならともかく、こんなに透明でこの厚さの氷はなかなか見ない気がします。

おかげで本日は仕事していても膝から下どころか、太腿まで冷たくてたまりませんでしたが。……それでもこう、冬! という感じを味わえるのは、それはそれで楽しいというか、安心できるなあとも思うのでした。 これでせめて、洗い物に瞬間湯沸かし器があれば……(苦笑)
No.1789 (日常)



<< 2008年01月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 −2度だったらしい

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41