よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 2006年11月12日の読書
2006年11月12日(Sun) 
本日の初読図書:
4062559099Dream on 恵土和堂四方山話5
新田 一実 山村 路
講談社 2006-11-02

by G-Tools
読んでる途中でもしかして……? と思っていたら、案の定シリーズ最終巻だそうで。
この方のお話は、けっこうこういうさらっとした終わりかたするものが多いですね。結局大海くんの能力の謎も解かれぬままでしたし。万屋富樫〜のシリーズもこんな感じでしたっけ。

4872577388極道はスーツを引き裂く
中原 一也
イーストプレス 2006-10

by G-Tools
読み切り(?)だった「〜スーツがお好き」の続刊。
ヤクザだったりスーツだったり無理矢理だったり、それでもお互いベタ惚れだったり、いきなり良い味だしてくれた職人おじいちゃんとか、いろいろ萌えポイントは多いんですが。
……一番最後の朴念仁サイボーグに全部吹っ飛ばされました。
木崎ーーーー(爆笑)
後書きからすると、作者さんの中で彼女は対象外なようですが、私としてはあのまんま孫娘とくっついてくれても楽しいなあ。

4125009449天国の対価―おもひでや
宝珠 なつめ
中央公論新社 2006-06

by G-Tools
思い出を売ってくれる ―― 言い換えれば好きな記憶を作ってくれる ―― そんな不思議なお店を舞台にした短編集。読後の気分はちょっと幸せでほのかに切なく。
キャラクターの背景とか、思い出作家サナギの能力がどんなものなのか(あれだけの説明で、なんでそんな詳細な思い出が作り出せるんだろう?)とか、曖昧な部分が多いですが、そのへんは続刊で語られるのでしょうか。ラスト一話でいきなり意味ありげな伏線がでてきてますし。
個人的には、アブラカダブラの、したたかなお姉さんが好みだったり。

本日の再読図書:
「十二時の権力者(WEBコミック)」〜スカジーを探して
 http://12ken.ferio.net/
No.866 (読書)


 思考過程がすっかりそちら向き
2006年11月12日(Sun) 
昨日は一日パソコンに耽溺しましたが、今日は久々に紙書籍に耽溺。
ああやっぱり、紙の本が一番読みやすくて目にも優しいです(しみじみ)
一冊テキストで300KBとして、一日に1メガ近くも読んだとしたら、さすがに頭痛がしてきますからねえ。

……しかし本のページを開きながら、つい「あ、ここに白紙があるってことは、一枚抜けるから割付が半分ずれるな」とか、スキャナで取り込んだ場合の状態を脳内シュミレーションしてしまうのはなんとかならんものか(苦笑)

あとはまあ、たまってた出納簿半月分を入力して、一円単位まできっちりあってくれたのがなんだか嬉しかったり、オフラインで書いている日記データの10月分を整理したりとか、そんな感じで。

拍手お返事
No.867 (日常)



<< 2006年11月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2006年11月12日の読書
 思考過程がすっかりそち..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41