よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 2006年07月18日の読書
2006年07月18日(Tue) 
本日の初読図書:
「Blessed Prison(オンライン小説)」
 http://www.kymdream.net/

いわゆるひとつの異世界召還もの。
ぼーいずらぶ系ですが、葛藤もドロドロも ―― それなりにあるはずなんですけど、そのへんはさらりと流され、らぶらぶカップルが幸せになっております(笑)
受けが乙女系苦手な方は、ちと要注意かと。
No.607 (読書)


 洒落になってねえ(汗)
2006年07月18日(Tue) 
週末から激しい雨に見舞われております山陰地方。なんだかだんだん洒落にならなくなって参りました。
うちの会社は道路維持パトロール業務という、まさしくこういうとき、道路状態をつつがなく維持するための業務を官公庁から請け負っていたりもするわけで、本日は皆さま一日出ずっぱり。っていうか、誰がどこで何の仕事をしてるのかもほとんど判らなければ、問い合わせの電話が縦横無尽に錯綜し、中継地点となった本社事務所はもはや誰が誰になにを聞いていて、どう返答があったのかなかったのやら、もうてんやわんやヽ(><)/
またこういう日に限って、三十分の間に三件の入札が集中してたりとかするし……(遠い目)

でもって。
それでもなんとか一日乗り切って、危ないから早めに帰りなさいと送り出してもらえたわけですが。
帰り際、事務所近くの我が社の現場を眺めてみたら、こんなことになってました。



道路脇の茶色い水の流れ。
どう見ても小川にしか見えないのですが、実はこれ普段はただの土手だったりします。
しかも中央部分にちょこっと顔をのぞかせているものがありますが、実はこれ、仮置きしていたトンパックと呼ばれる土のうだったりするのです。
ちなみに、トンパックの全体像はこんな感じ。



……文字通り、1tの土を入れられるサイズの袋です。
後ろの車と見比べていただければ、だいたいの大きさがお判りになるかと。
これが、完全に水没してる深さって……(汗)

さすがの私も本屋に寄ったりなどせず、速攻で直帰いたしました。
明日の午後には天気も回復してくるとのことですが、それまでの間、大過なく過ごせることを切に祈ります。
くわばらくわばら。
No.608 (日常)



<< 2006年07月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2006年07月18日の読書
 洒落になってねえ(汗)

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41