よしなしことを、日々徒然に……



 2011年04月07日の読書
2011年04月07日(Thr) 
本日の初読図書:
4125011451コーラル城の平穏な日々 デルフィニア戦記外伝2 (C・NOVELS Fantasia)
茅田砂胡 沖 麻実也
中央公論新社 2011-03-31

by G-Tools
デルフィニア戦記の外伝二冊目。しかも表紙をご覧になればお判りの通り、リィがいてシェラが女官をやっている時代のお話です。懐かしい〜〜やっぱりシェラは女装して女官兼細作をしていた頃が一番生き生きしていた気がします。国王夫婦の会話も再び読めて嬉しい限り。ああ、どうにかしてウォルがリィ達の世界にやってきて、「さすがはリィの伴侶」と仰天されつつも納得されるようなお話が書かれないものか。むしろそんな二次創作どっかに転がっていないものか。

ちなみに収録作は以前、沖麻実也さんの画集に収録されていた中編の加筆修正版と、サウンドトラックのブックレットに書かれていた短編、そして書き下ろしでとある日のシェラの一日を追った中編の三本。
書き下ろしは全体のちょうど半分ぐらいでした。スーパー女官シェラの活躍が素晴らしかったです(笑)
No.3122 (読書)


 2011年04月02日の読書
2011年04月02日(Sat) 
本日の初読図書:
4408534870アコギなのかリッパなのか
畠中 恵
実業之日本社 2006-01-14

by G-Tools
元国会議員の事務所に勤める事務員が、後輩議員の持ち込んでくるちょっとした事件を解決してゆくお話。最後に解くのは自身の家庭の問題だったりして、短編集でありながら、一本の長編としても読めます。
女性はウグイス嬢と呼ばれるあの仕事が、男性は「カラス」と呼称されるというのは初めて知る知識でした。
No.3118 (読書)


 2011年03月31日の読書
2011年03月31日(Thr) 
本日の初読図書:
4652023812死体ばんざい (星新一YAセレクション)
星 新一 和田 誠
理論社 2008-08

by G-Tools
のべ三日ほどかけて読了。
No.3116 (読書)


 2011年03月25日の読書
2011年03月25日(Fri) 
本日の初読図書:
4063642666ゴーストハント(12) <完> (講談社コミックスなかよし)
いなだ 詩穂 小野 不由美
講談社 2010-09-30

by G-Tools
シリーズ最終巻。ドラマCDが付いた限定版もあったんですが、以前出た別口のドラマCD全作持ってるし、まあ良いかと通常版を購入しました。
今回はシリーズ通しての壮大な謎解きです。別名「ぼーさんの見せ場」(笑)
これで単なる「ちょっと恋愛風味の入ったティーン向けホラーもの」だったこの作品が、「ちょっとあなどれないミステリもの」に変貌します。
一巻目からさりげなく丁寧に張り巡らされた伏線の数々をきっちり回収し、読者が予想だにしなかった結論へと導いていくのは見事の一言。
原作をリアルタイムで読んでいたときには、え?この終わり方で良いの!?とショックを受けたものでした。麻衣ちゃんの恋の結末(?)が本当に衝撃的で。
原作ではこの後、続編として「悪夢の棲む家」上下巻が出ていて、当時はそれで救われた気がしたものでしたが、今となってはそれも賛否両論かもしれないと思います。あの驚きの結末のまま終わるのが、作品としては正解なのかも。
そのためかこのマンガ版も、現在出ている小説リライト版も、このエピソードまでで終了するようです。
ともあれ本当に良い作品でした。いなださんも、素敵な漫画化本当にご苦労さまでございました。
No.3108 (読書)


 2011年03月24日の読書
2011年03月24日(Thr) 
本日の初読図書:
4840138621ゴーストハント3 乙女ノ祈リ (幽BOOKS)
小野 不由美 いなだ詩穂
メディアファクトリー 2011-03-18

by G-Tools
ひとつひとつはたいしたことがない、けれど多くの怪奇現象が続く湯浅高校。
個別に来る依頼を当初は断り続けていた渋谷サイキックリサーチだったが、ぼーさん経由や果ては校長直々に依頼が来るに至り、その腰を上げた。
座った人間が次々と電車事故に遭う魔の席、教師達につきまとう霊の姿。視界の隅にいつも現れる首吊り縄の影など、様々な怪奇現象が起きているが、不思議なことに湯浅高校自体には七不思議などの伝えられる怪談はないという。
しかも真砂子までが、学校に霊はいないと言い始めた。確かに怪奇現象は起きているのに、霊の存在はない?
首を傾げる一同の耳に入ったのは、数ヶ月前から起きているという、超能力騒ぎの噂で ――

シリーズ三作目。とりあえず現在出ているのはここまでです。
今回はそこまで怖くはなかったかな?
というか、エピソード増やしすぎて、ちょっと冗長になった感も否めず。新怪談に触発されて旧怪談が活性化したくだりは、あまり必要なかったような気も……
うんちくが増えてたのは面白かったですけどね。
こうして読み返すと、次巻の緑陵高校の話も含めて、「ヒトガタ」ネタが三作も続いたんだなあとか、改めて思ってみたり。旧版が出た頃は今ほど陰陽師なんて言葉がメジャーではなかったから、普通に新鮮に読んでおりましたが。

4063642038ゴーストハント(11) (講談社コミックスなかよし)
いなだ 詩穂 小野 不由美
講談社 2009-08-06

by G-Tools
長らく積んでいたマンガ版の終わりから二冊目。
最終エピソードが三分刷されている、その真ん中です。
はっきり言って、全シリーズ通じて一番怖いのがこれじゃないかと思います。天井から××が落ちてくるシーンとか、仲間が消えては悪霊にとって代わられていくシーンとか、じわじわ怖い(汗)
サイキックリサーチとしての調査エピソードは今回で終わり。
次巻にて、ついにあのシリーズ通しての大どんでん返しが来るようです。
No.3107 (読書)


 2011年03月23日の読書
2011年03月23日(Wed) 
本日の初読図書:
4840135940ゴーストハントゝ豺纂鵬談 (幽BOOKS)
小野不由美 いなだ詩穂
メディアファクトリー 2010-11-19

by G-Tools
女子高生 谷山麻衣の通う高校には、立ち入り禁止になった古い木造の旧校舎がある。取壊し途中で放置されたそこには、数々の怪談が言い伝えられていた。
ある朝のこと、そんな旧校舎内にビデオカメラが設置されているのを見つけた麻衣は、突然かけられた声に驚いて機材を壊してしまい、持ち主の助手にも怪我をさせてしまう。高価な機材と助手を失った主人 ―― 渋谷一也は、麻衣に償いとして助手代わりになれと命令してきた。
彼は弱冠十六才にして、渋谷サイキックリサーチ、即ち心霊現象について調査する事務所の所長だという。取り壊そうとすると事故が起きるという旧校舎をなんとかしてほしいと校長に依頼され、調査に赴いたのだそうだ。
ビデオカメラやサーモグラフィーなど、ハイテク機器を駆使して調査を行う彼らのもとへ、さらに依頼を受けた霊能力者 ―― 長髪の坊主にケバイ巫女、関西弁を話すエクソシストやTVタレントの霊媒など、一癖も二癖もある者達が現れてくる。さらには自称霊能が強いというクラスメートまで関わってきて、皆の見立てはてんでバラバラ。それぞれに除霊を行ってみても、まるで効果は見られない。
ラップ音や物体の移動、割れるガラスに落ちる天井など、不可思議な現象が起こる旧校舎に、果たして本当に霊はいるのか ―― ?

4840136882ゴーストハント2 人形の檻 (幽BOOKS)
小野不由美 いなだ詩穂
メディアファクトリー 2011-01-12

by G-Tools
渋谷サイキックリサーチで、正式に助手としてバイトすることになった麻衣。
しかし相変わらず所長のナルこと渋谷一也も、助手のリンさんも謎ばかり。日々雑用で過ごす麻衣だったが、夏休みに入る頃、新たな依頼が持ち込まれた。なんでも引っ越したばかりの家で異音や物が移動するなど、ポルターガイストらしき現象が頻発しているのだという。さっそく調査に向かった先では、別口で依頼されたと言って前回顔見知りになった霊能者達 ―― ぼーさんこと滝川法生や巫女の松崎綾子が待っていた。
協力して調査に当たる彼らを待っていたのは、話を上まわるすさまじい心霊現象の数々。瞬く間に激しさを増したそれらは、家人達に危害を及ぼすまでに至る。
このままでは家人、特に子供の礼美ちゃんの命が危ない。エクソシストのジョン・ブラウンや霊媒の原真砂子をも呼び出して、総力でことに当たる一同だったが ――

かれこれ二十年ぐらい前に発行され、マンガやアニメやラジオドラマになりつつ復刊を切望されていた絶版本。ゴーストハントこと「悪霊」シリーズが、大幅加筆修正をなされてついに再発行されました!
……長かった……いや、私はピンク背表紙のティーンズハート版、全巻持ってるんですけどね(苦笑) それでもこの名作は多くの人に読んで欲しかったので、再刊行実に嬉しいです。
しかも大幅リライトと言われるだけあって、内容がものすごくふくらんでます。基本ストーリーはまったく変わってないんですが、エピソードと登場人物とうんちくが大幅に増えております。そして怖さが倍率ドン。いやマジ、パねェ怖さッス(汗)
もともとティーンズハート版でも、漢字少なくて段落も多い女子高生一人称で、なんでここまで容赦なく怖いんだろうと不思議になるぐらいだったんですよ。それが今回は対象年齢引き上げたらしく、紙面は真っ黒、ページ数も増加。
何度も読み返して、マンガやラジオドラマも聞いて、オチまできっちり覚えてるのに、なにこの太腿のあたりからゾワゾワと這い上がってくる悪寒(怖)
血飛沫とか、グロい化け物とかが出てくるわけでもないのに、読中読後、ちょっとした物音にビクッとしてしまうこの影響力。
さすが、実力派の作者さんだとしみじみ実感です。
……今夜、ちゃんと眠れるかしら……(汗)

4652020953星新一ショートショートセレクション〈15〉宇宙の男たち
星 新一 和田 誠
理論社 2004-03

by G-Tools
むかし教科書に載っていた「繁栄の花」を読み返してみたくて、収録作を借りてきました。うむ、おおむね記憶通りでした。というか、雪華さんが下さったコメントと、私が覚えていたのをちょうど足した感じ?
それにしてもこの話を読んで、外来種のブラックバスについて思いを馳せられた雪華さんはすごいと思います。そんなこと思いもしなかったよ私は……
今回はブラックな話と、そこまででもない話とが半々ぐらいだった気がします。しかしこんなピリリと効いたSSを千本以上も書いたという星新一さんは、本当にすごいですね……
No.3105 (読書)


 2011年03月20日の読書
2011年03月20日(Sun) 
本日の初読図書:
4652020848星新一ショートショートセレクション〈4〉奇妙な旅行
星 新一 和田 誠
理論社 2002-02

by G-Tools
御存知、ちょっとブラックなショートショートの大家、星新一のショートショート集。
図書館でずらっと並んでいて、どれが一巻か判らなかったから適当に借りてきたら、裏っかわに四巻って書いてありました。……もうちょっと分かりやすいところに書いておいてくれよ_| ̄|○
小粒でピリリと効いているショートショートというイメージの星新一。予想に違わずどれもなかなかに面白いお話でした。
初めてこの方の話に出会ったのは、小学校の教科書でした(確か「繁栄の花」とかいうタイトルだったような)。しかし大人になり平成の代となったいま読んでも、まったく遜色ないですね。すごいです。
No.3103 (読書)


 2011年03月19日の読書
2011年03月19日(Sat) 
本日の初読図書:
4062705702探偵伯爵と僕 (ミステリーランド)
森 博嗣
講談社 2004-04-28

by G-Tools
夏休みに日記を書けといわれた小学生の「僕」は、登校日の帰り道、公園で不思議な大人を見かける。暑いなか黒いスーツを着込みブランコに座ったおじさんは、アール伯爵、探偵だと名乗った。
それからもときどき出逢う伯爵は、いろいろと面白い話をしてくれる。
伯爵とのことばかりを日記に書いていた僕だったが、ある日のこと、家に警察がやってきて平和が破られた。
友達のハリィが二日前から家に帰っていないと言うのだ。
その事件を調べているらしい伯爵と話をするうちに、僕は事件の渦中へと巻き込まれていく……

森博嗣さんのお話だから、もっとかっちりした論理的なものかと思っていたら、いっぷう変わった子供向けジュヴナイルでございました。分厚さの割に活字が大きいので、割とさくさく読めたし。
もっともあっさり死人が出ちゃうあたり、子供向けらしからぬ所はありましたが。
伯爵の独特な雰囲気が面白かったです。
No.3101 (読書)


 2011年03月18日の読書
2011年03月18日(Fri) 
本日の初読図書:
4062850788卒業~開かずの教室を開けるとき~ 名探偵夢水清志郎事件ノート (講談社青い鳥文庫)
はやみね かおる 村田 四郎
講談社 2009-03-14

by G-Tools
夢水清志郎事件ノート、全14作15年にわたるシリーズの最終巻です。
読んでいて思ったのは、やはりこれは最後に読まなければならない作品だなあと言うことです。これまで積み上げてきたあれこれが、話のそこここに散りばめられていました。
シリーズ開始では一年生だった三姉妹もついに卒業。それぞれ未来に、夢に向かって一歩を踏み出していきます。
意外だったのはレーチの進路ですね。……このままで行くと、まさか彼は探偵卿になってしまうのか……? クイーンシリーズを読んでいると、それはやめた方が良いような気もしますが(苦笑)
あと今回ようやく気がついたんですが、亜衣ちゃんがバイトしている古本屋って、虹北恭助シリーズの虹北堂ですよね? 亜衣ちゃんしか店番がおらずに閑古鳥が鳴いているってことは、やっぱり夢水さんと恭助くんとは時系列がずれてるんでしょうか。
そうそう、今回は珍しく金田一ネタがなかった!
そして本全体にあるという仕掛け、私にはまったく判りませんです(しょぼん)
虹北町にいるエンターテイナーの二人のうち一人というのも判らないし、他のシリーズから飛び入り参加したキャラというのも判りません……読者失格?
それにしても、長いシリーズを読み終えて、なんだかちょっと感無量。
さて次は何に手を出しましょうか……
No.3100 (読書)


 2011年03月17日の読書
2011年03月17日(Thr) 
ここ一週間ぐらいをまとめてですが。

4163280200こいしり
畠中 恵
文藝春秋 2009-03-27

by G-Tools
「まんまこと」の続編。
名主の跡取り息子 麻之助とその悪友達にまつわる短編ミステリ集です。
前回、微妙な形で決着が付いたかに思われた麻之助の初恋についてですが、麻之助が結婚した途端、相手が未亡人になっちゃって、またも微妙にややこしいことになっています。んー、正直ほのぼの幸せが好きな私としては、ちょっとひっかかるところがあったするかな。
まあ、お話自体はそれなりに面白かったです。

4062850028怪盗クイーン、 仮面舞踏会にて −ピラミッドキャップの謎 前編− (講談社青い鳥文庫)
はやみね かおる K2商会
講談社 2008-02-15

by G-Tools
……まだ半分しか読んでいないわけですが、いい加減、強さのインフレ化が起きてきているところがちょっと辛いです。
クイーンの師匠とかね……ヤウズの再登場は嬉しいですけれど。
あと前回に引き続き、ファンタジックな現象が絡んできているのが、夢水さん(推理物)とこと同じ世界観だけに違和感が生じます。キャラ関係もごちゃごちゃしてきたし。
でもまあ、読むんですけどね。

4062850230怪盗クイーンに月の砂漠を  −ピラミッドキャップの謎 後編− (講談社青い鳥文庫)
はやみね かおる K2商会
講談社 2008-05-15

by G-Tools
……いよいよファンタジックな話になってきました。ついにタイムトラベル、タイムパラドックスまで出してきちゃあ、もう探偵卿の立つ瀬はないでしょう。
しかし今回はまた分厚かった……いやまあ、面白かったから良いんですけど。
No.3098 (読書)


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91][92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200]

<< 2017年03月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2011年04月07日の読書
 2011年04月02日の読書
 2011年03月31日の読書
 2011年03月25日の読書
 2011年03月24日の読書
 2011年03月23日の読書
 2011年03月20日の読書
 2011年03月19日の読書
 2011年03月18日の読書
 2011年03月17日の読書

 最新のコメント
 こんばんは〜、ままさん..
 by 神崎真
 at 2017/03/22 23:56:26
 こんばんは。
 by paoまま
 at 2017/03/22 22:16:57
 こんばんは、ままさん。
 by 神崎真
 at 2017/03/21 23:58:03
 こんにちは。
 by paoまま
 at 2017/03/21 11:36:48
 浮き沈みが激しい今日こ..
 by 神崎真
 at 2017/03/11 23:15:27
 おはようございます。
 by paoまま
 at 2017/03/10 10:49:52
 こんばんは、ままさん。
 by 神崎真
 at 2017/03/07 21:25:49
 こんにちは、ご無沙汰し..
 by paoまま
 at 2017/03/07 12:02:34

 カテゴリー一覧
 読書(1996)
 更新(421)
 電脳(517)
 映像(225)
 バトン(22)
 創作(423)
  タティングレース(128)
  マクラメ(51)
  レジン(8)
 その他(6)
 日常(1419)

 最新のトラックバック
 今日の夕食は
 ┗しゃばけ(ドラマ)(+五月雨通信+/2007/11/28)

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41