よしなしことを、日々徒然に……



 2011年10月11日の読書
2011年10月11日(Tue) 
本日の初読図書:
4575723495ルパン三世Y (1) (双葉文庫―名作シリーズ)
モンキー・パンチ 山上 正月
双葉社 2001-11-06

by G-Tools
4575723509ルパン三世Y (2) (双葉文庫―名作シリーズ)
モンキー・パンチ 山上 正月
双葉社 2001-11

by G-Tools
作画さんのイニシャルを取って、Yルと呼ばれているらしい、ルパン三世のリメイクバージョンその1。古本屋で立ち読みしてきました。
アニメからルパンに入った身としては、モンキー・パンチの原作よりもこちらの方が取っつきやすい感じがします。携帯電話とかホログラムとかの最新機器も駆使しているし。
しかしルパンがアルセーヌ・ルパンの孫だとか、銭形のとっつぁんが何者かとか、次元・五エ門・不二子との関係とかは、もはや周知の物として語られないんですね……個人的に各自の出会い編とか読んでみたいですけど。
そして不二子ちゃんがかなり露出度高かったり、ルパンがしっかり美味しい思いしている回もあったりするのは、子供向けアニメでは表現できない部分だろうなあとか思ってみたり。
アクションシーンがちょっと物足りない感じはしましたが、話が面白かったので、個人的にはアリです。
しかし五エ門の女装(しかも超美人でグラマーな踊り子)には、べっくらこいた……
No.3421 (読書)


 2011年10月10日の読書
2011年10月10日(Mon) 
本日の初読図書:
4840239215塩の街
有川 浩
メディアワークス 2007-06

by G-Tools
それはなんの変哲もなかったある日のこと。世界各地に巨大な塩の結晶が墜落し、それと前後して人間が塩と化していく奇病が蔓延した。
日本にもいくつもの結晶が飛来。東京湾の埋め立て地に突き立った結晶は、五百メートルもの巨体で遠方からも見ることができた。初日に塩化した人間は、関東圏だけでその人口の三分の一に及び、日本の文明は崩壊した。政治家の多くは初日にその命を落とし、政府はその機能をほぼ凍結。かろうじて食料の配給と水道や電気系統こそ生きてはいるものの、燃料補給の目処が立たない民間車輌は完全に姿を消し、街には塩の柱と化した元人間の残骸が乱立している。略奪暴行が横行し、地域によっては一人で外を歩くことすらままならない。
普通の女子高生だった真奈の両親は、異変初日から帰ってこなくなった。
両親の死を認められないまま、ひとり懸命に暮らしていた彼女だったが、下劣な若者達に自宅を襲撃され、身ひとつで逃げ出すことになる。そうして点々としながら生きていた彼女を救ってくれたのは、秋庭という謎の男だった。
とにかくサバイバルスキルが高く、持っている引き出しが多い。口は悪いが、重荷にしかならない真奈を放り出しもせず、同じ部屋に住まわせてくれている。
そうして暮らす二人の周囲を通り過ぎていく、様々な人々。塩害に翻弄される彼らは、彼らなりの様々な結末を迎えてゆく。
やがて二人の前に現れたのは、秋庭の旧友、入江だった。彼は秋庭に問う。
「大規模テロなんてしてみたくない?」
それが世界を救う恋を、自覚させるきっかけだった。

有川さんのデビュー作。
のっけから重い展開でびっくりしました。いや粗筋見たときから、けして明るく楽しい話ではないと判ってはいたのですけれど。ちょっとこれまで読んだ話とのギャップが大きくて。っていうか、これがデビュー作なのだから、これが元々の持ち味? それとも最近になって、ようやく書きたいものが書けるようになられたのか。
有川さん特有の軽快な台詞回しなどは健在なのですけれど、個人的に読んでいて気分がローになる話は、正直いまは辛いです。
残酷なまでに現実的で、容赦のない入江の理論。
虐げられる側に立つ真奈の悲哀と、そこから立ち上がる強さ。
愛が世界を救うなんて嘘だと断言しつつ、自分達の恋を救うために、結果的に世界を救ってしまう秋庭。
どれも格好いいです。でもあまりにも犠牲が多すぎて切ない……(泣)
単行本書き下ろしだという後日談群は、あって嬉しいですね。本編だけだとちょっと尻切れトンボっぽくて。これは文庫版よりハードカバー単行本版を読むことをオススメします。
No.3420 (読書)


 2011年10月09日の読書
2011年10月09日(Sun) 
本日の初読図書:
4048682210シアター! (メディアワークス文庫)
有川 浩 大矢 正和
アスキー・メディアワークス 2009-12-16

by G-Tools
敏腕ビジネスマンの春川司には、弟がいた。二十代も後半にさしかかりながら、劇団運営にうつつを抜かし、まともな定職にもついていない甘えたな青年、巧(たくみ)である。
そんな弟が、ある日泣きついてきた。
「金払わないと訴えられちゃうよ!」
なんでも運営方針の違いから半数以上の団員がごっそりと出ていき、それまで負債を立て替えてくれていた事務方も、辞めるにあたって金を返せと言っているのだという。その額、実に三百万。
司はそもそも弟の演劇を良く思っていない。それは売れない役者のまま、身体を壊して死んでいった父の姿を覚えているからだ。確かにいじめられっ子だった巧が、前を向いて立てるようになったのは演劇のおかげだったし……公演はすべて見て、びっちりアンケートを書いたりもしているが……それとこれとは話が別だ。
演劇など辞めてしまえばいい。劇団などこれを機に潰れてしまえ。夢を諦めるのに必要な条件? それなら全力でやって折れることだ。
そこで司は三百万を用立ててやる代わりに条件を出した。それは二年以内に劇団の収益のみで借金を返済すること。それができないのなら劇団を潰せ、と。
幸いにも劇団には、期待の新星、プロ声優の羽田千歳が加わっていた。そして脚本家の巧を含めて、一癖も二癖もある劇団員九名。
なんだこのどんぶり勘定の収支は。経費は節減。締められるところはとことん締めろ。ただし使うべき所で金は惜しむな。守銭奴けっこう! 金は正義だ!!
運営に鉄血宰相・春川司を加えた劇団シアターフラッグは、怒濤の二年間を新たに走り始める ――

いやあ……有川さんにこの手のノリと勢いと夢と情熱の話を書かせたら、ほんとに素晴らしいですね。
今回は「演劇さえやれていれば幸せ」、「好きなことをやる為なら赤字もしかたない」というぬるい意識の貧乏劇団員達に、「プロとして金をもらうなら商売だ。収益を上げろ」と現実を突きつけた主宰者兄が、ばっさばっさと鉈をふるってゆきます。
この兄の素晴らしいところは、なんだかんだ言いながら、結局は弟を応援しているところ。二年間猶予をやると決めたなら、その間は全力でバックアップすると宣言し、実際フェアな位置に立ってものすごい勢いであれやらこれやらこなしまくるのです。そこには隠しようのない『愛』があります。いや腐った目線ではなくて。
劇団の人間模様もなかなかおもしろいですね。いろんな意味(恋愛やら演技力やら運営方針やら)での嫉妬や葛藤も絡みつつ、それでもみんなが気持ちよく一致団結して、ひとつの舞台を作っていく爽やかさ。
ちょっと人間関係放りっぱなしかなと思ったら、続編があるそうなのでこれは予約しておかなければ……
No.3416 (読書)


 2011年10月07日の読書
2011年10月07日(Fri) 
本日の初読図書:
4103018720キケン
有川 浩
新潮社 2010-01-21

by G-Tools
某県某市にある成南電気工科大学は、ほどほどの都市部にあり、ほどほどの偏差値で入学できる、ごく一般的な大学である。その大学に存在するサークル「機械制御研究部」、略称【機研(キケン)】。
キケン、それは即ち危険。
これは正しく危険人物に率いられた、【機研】黄金時代の物語である。

なんというか、大学時代の一番はっちゃけた男連中が引き起こす、ノリと勢いがすべての日々を綴ったお話です。たとえて言うなら、全編通じて『学園祭前日』の雰囲気。究極超人あ〜るの『光画部』を思い出させる、ひたすら全身全霊をこめて馬鹿をやる、そんなお話。
とにかく読んでいて楽しかたです。学生時代に部活で無茶をした人間なら、多かれ少なかれ共感できる部分があるんじゃないでしょうか(笑)
部長の「ユナ・ボマー(爆弾魔)上野」と副部長の「名字を一文字隠した大神(大魔神)」もなかなか濃いキャラなんですけど、だんだんそれに感化されていく新入生達がまた良い味出しているったらvv
途中までは「機械制御研究部って割にメカニックな話が少ないなあ」と思っていたら、後半はそういうテイストもきっちり盛り込まれていましたし♪
そして各話の扉マンガも楽しかったし、最終話の見開きページのアレもまた見事な演出でした。いや素晴らしい。
やっぱり有川さんの話はノリが良くて読みやすいですね。一気に読み切ってしまいました。オススメです。
No.3410 (読書)


 2011年10月03日の読書
2011年10月03日(Mon) 
本日の初読図書:
4778010183市長遠山京香 (6) (Judy Comics)
赤石 路代
小学館クリエイティブ 2006-07-26

by G-Tools
……えーと一話目はなんだ、メインは男尊女卑の職員の意識改革? 陰湿な職場イジメ? 未婚の母予備軍? ちょっと焦点がぼやけてたかも。
以下、大学受験日の大雪対策、甲子園出場校が起こした傷害事件の真相、被害状況の判らない震災への救助派遣の是非(前後編)。
震災ネタは、いま読むとちょっとキツイですね……
このシリーズは基本、現代版水戸黄門。勧善懲悪と予定調和が絡み合った御都合主義話なので、気になる人は「ねーよ、こんなの」と思うかもしれません。私はスキッとするので大好きなんですが。しかしさすがに連日で読むと、多少は気になるかも(苦笑)
No.3400 (読書)


 2011年10月02日の読書
2011年10月02日(Sun) 
本日の初読図書:
4778010051市長 遠山京香 (5) (ジュディーコミックス)
赤石 路代
小学館 2005-12-20

by G-Tools
図書館の本に描かれた二種類の落書きに隠された背景、タレント動物事務所から逃げ出したライオンに対する市長の決断、ゴミ屋敷の真実、不登校生徒の事情、リフォーム詐欺と、今回も市長は様々な事件に出会っております。
図書館の事情とか、いまお世話になってるから身に染みるなあ。そしてゴミの分別とかよく判ってない私は耳が痛い……
学校は正直、行きたくなかったですねえ。小中はプチいじめられっ子だったし、高校時代は勉強が嫌で嫌で……部活(文芸部)と帰宅時に立ち寄る本屋だけが楽しみでした。
あの頃は「学校行かなくて良い」なんて選択肢はなかったけど、今も不登校が許される子はどれぐらいいるんだろう。
No.3398 (読書)


 2011年09月30日の読書
2011年09月30日(Fri) 
本日の初読図書:
4864231338MOON・TRICK(2) (冬水社・いち*ラキコミックス)
森本 秀
冬水社 2011-09-20

by G-Tools
夜ごと異なる動物に変身する不思議体質の斗哉くんと、その父で犬に変身しっぱなしの真(シン)さん、異世界人の血を引き謎な能力を多々持ち合わせる楪(ゆずりは)さんに、そんな彼らを取りまく愉快な仲間達のお話。
今回は前回のラストでシメになった「仲間を捜そう」のコンセプトを元に、どんどんキャラクターが増えてゆきます。出てくる動物も様々で、相変わらず愛らしいったらvv
今回の個人的ヒットは、ウォンバットとモモンガでしょうか。新キャラ衣咲(いさ)は、普通に考えると格好いい系のはずなのに、何故か小動物的イメージが(笑)
そして煮えたぎった油に指突っ込んで平気な楪さんは、本当に謎過ぎます……
あと、巻末書き下ろしの大雅くんは、1巻の感想でも書きましたが、本当にすごすぎますね。異世界特殊体質の斗哉と、同レベルで筋トレできる肉体能力って……(汗)
No.3396 (読書)


 2011年09月29日の読書
2011年09月29日(Thr) 
本日の初読図書:
4488587038チャリオンの影 下 (創元推理文庫)
ロイス・マクマスター・ビジョルド 鍛治 靖子
東京創元社 2007-01-30

by G-Tools
国子テイデスを堕落させると共に、その姉イセーレとの政略結婚を試みる宰相一派。もはや宰相の弟ドンドとの婚姻が翌日に迫ったとき、カザリルは最終手段として自らの命を贄とする「死の儀式」をもってドンドを殺そうとした。結果ドンドは死亡したが、何故かカザリルは死ななかった。腹に腫瘍を生じ下血に苦しみながらも生きている彼の姿に、宰相一派は死の儀式を行った者は国姫一行ではないと結論する。
イセーレ達は宰相側が次の手を打ってくる前に、身の安全を図ることにした。それはより「まし」な相手との婚姻を先に結んでしまうこと。内密の協議の結果、選ばれたのは、内戦が終わったばかりの隣国イブラの国子だった。
しかし実際に手続きを始める前に、テイデスが感染症により死亡。また彼が行った暴挙により王家に伝わる呪いが活性化し、国主オルコは病に倒れた。いまや新たな国子となったイセーレの婚姻は、うかつに行えば隣国へ故国を売り渡す反逆行為となる。チャリオンの権利をなにひとつ損なわぬまま、隣国の国子をあがなってくること。その重大な任務をこなせるだけの能力と忠節を兼ね備えたのは、もはやカザリルしかいなかった。死の儀式で弱った身体に鞭打ち、イブラへと旅立つカザリル。宰相ジロナルの妨害や、狡猾な国主と伝えられるイブラの古狐との交渉など、困難は数えあげればきりがない。
それでも使命を果たすべく、イブラへとたどり着いたカザリルを出迎えたのは、何故か彼を「カズ」と呼ぶ国子ベルゴンで ――

なんかもう、全編通じて主役がよれよれです(哀)
イセーレの祈りに応えた姫神の加護によって、かろうじて死こそ免れたものの、腹中には外から見てそうと判るほどの大きな腫瘍を生じ、そこに封じられたドンドの魂と死の儀式を行使する魔によって、毎晩毎夜苛まれる始末。そんな状態で馬に乗って、八百マイルの過酷な旅へ出発し、行った先では威厳を失わぬように交渉を行う。途中には宰相からの襲撃も受けるし、倒れるわ吐くわ下血するわ。
視点がほぼカザリルに固定されているので、自己評価の低い彼の目から見たその姿は、不様で哀れなひどいものです。
でも、ひるがえって第三者の目から見た彼は、有能で高潔で忠誠心の篤い、とても立派な人物なのです。本人は最後まで自覚ありませんが。

それにしてもいざ下巻を読んでみて、上巻でさりげなく語られていたガレー船でのエピソードが、こう関わってくるとは思いもしませんでした。まったくもって見事。
イセーレの旦那に半端な人物は許せん! とか思っていたのですけれど、そのあたりを読んで唸らされました。うむ、これなら許せます。
……旦那とイセーレの二人ともカザリル好きすぎで、ちょっと笑えますがvv

まあ、なにはともあれハッピーエンドでなによりでした。面白かったです。
No.3393 (読書)


 2011年09月26日の読書
2011年09月26日(Mon) 
本日の初読図書:
4167773333ワーキング・ホリデー (文春文庫)
坂木 司
文藝春秋 2010-01-08

by G-Tools
元ヤンで微妙に売れないホストの沖田大和。
ある日店にやってきた小学生の男の子は、「初めまして。お父さん」と大和に告げた。
聞けば子供 ―― 神保進は、かつて別れた恋人 有希子の子供で、父親は事故で死んだと聞かされていたらしい。しかし母親が隠していた写真や住所録から大和の存在を見つけだし、夏休みを利用して会いに来たのだという。
折りしも店で問題を起こした大和は、ホストクラブから系列店の宅配便会社へと配置換えになった。慣れない仕事をこなしつつ、初めて会う息子と手探りで交流を深めてゆく大和。
ぎこちない親子の一夏の交流を描き出した物語。

客を殴って ―― と言っても、悪い男に騙されている女性客の、目を覚まさせるためという非常に男らしい理由 ―― ホストを首になり、同じオーナーが経営する宅配便会社へと再雇用された大和。元ヤンの腕を生かして華麗なドライビングテクニックを見せてやるぜ! と意気込んでいたら……任されたのはなんとリヤカー(笑)
雨の日も風の日も、重いリヤカーを引いて働く大和は、ホスト時代のスマートさはないけれど、でもとっても格好いいのです。
新米お父さんとしても試行錯誤や失敗を繰り返しますが、それでも押さえるべきところはびしっと押さえるいい男ですvv
過去の失敗をきちんと糧にできているあたりが素晴らしいんですよねえ(しみじみ)
あ、ちなみに今回は珍しくミステリ色が薄く、普通に父と子の交流話でした。割とさらっと読みおわれる感じです。
できればもうちょっと進くんと母親サイドの事情に説明が欲しかったかな……?
っていうか、進くん、家事とかできすぎ。苦手な私は劣等感覚えちゃうよ(しょぼん)

そうそう、「ひきこもり探偵」の木村栄三郎じいさんが名前だけ出てきてました。さらに名前だけ出てくる新井クリーニングは、「切れない糸」だったでしょうか?
「ホテル・ジューシー」や「先生と僕」、そして「和菓子のアン」ともリンクしているようで、こういうさりげない坂木ワールドに気付けると楽しいですねvv

4778010043市長遠山京香 (4) (Judy Comics)
赤石 路代
小学館クリエイティブ 2005-02-25

by G-Tools
今回は京香さんが収賄疑惑を受けて、辞任に追い込まれるという大事件発生。もちろん最後は再選してめでたしめでたしなんですけどね(笑)
しかし辞任から再選挙→当選までって、どれぐらいの時間がかかるんだろう……?
あと今回の「荒れる成人式問題」は、このシリーズにしては珍しく、ちょっと爽快感が少なかったかな。私が「TVやイベントに、事情がよく判っていない子供を利用する」というシチュエーションが嫌いなせいかもしれませんが。
たとえばいくら売れている子役だからといって、料理の値段当てショーとかに小学生出すのはいかがなものかと思うんですよ。人生経験、絶対的に足りてないだろう子供に、高級料理を食べさせて、判る訳ないだろう値段を言わせるって……大人になってからその番組を見た当人は、はたしてどんなふうに思うんだろう……
No.3389 (読書)


 2011年09月25日の読書
2011年09月25日(Sun) 
本日の初読図書:
4163805702陰陽師 醍醐ノ巻
夢枕 獏
文藝春秋 2011-05

by G-Tools
置場がないのでついに既刊を手放して、続きを含めて図書館で読むことにしました。新刊入って予約してから、順番来るまでに二ヶ月ぐらいかかりましたよ……
今回の見どころは「笛吹童子」でしょうか。なんとあの無欲で恬淡とした博雅さんが、他人様に嫉妬しております! それが「楽の才」についてなのが、いかにも彼らしいですが。しかもオチがまた楽聖たる彼らしいところで。結局は博雅さんが一番なんですねvv
そして相変わらず晴明さんとは、妖しい雰囲気がうふふと言うところ。
今作も道満に蝉丸法師に露子姫に保憲さんにと、いつものキャラクターが揃い踏み。露子姫好きだなあ。露子姫なら、晴明さんの妻として認めても良いかもしれません。
しかし気になったのは、なんだかみなさん、やたら語尾に「〜じゃ」をつけること。
これまでこのシリーズ、こんな口調でしたっけ……?
No.3387 (読書)


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82][83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200]

<< 2017年04月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2011年10月11日の読書
 2011年10月10日の読書
 2011年10月09日の読書
 2011年10月07日の読書
 2011年10月03日の読書
 2011年10月02日の読書
 2011年09月30日の読書
 2011年09月29日の読書
 2011年09月26日の読書
 2011年09月25日の読書

 最新のコメント
 おはようございます。
 by 神崎真
 at 2017/04/28 07:55:20
 こんにちは〜
 by paoまま
 at 2017/04/27 13:32:18
 こんばんは、いのやまさ..
 by 神崎真
 at 2017/04/23 22:05:34
 こんにちは。
 by いのやま
 at 2017/04/23 15:03:23
 こんばんは、ままさん。
 by 神崎真
 at 2017/04/11 22:41:35
 まこっちゃんおはようご..
 by paoまま
 at 2017/04/10 11:44:55
 全然っ違うよ!まこっち..
 by paoまま
 at 2017/04/09 20:03:58
 こんばんは〜、ままさん..
 by 神崎真
 at 2017/04/07 22:25:52

 カテゴリー一覧
 読書(1999)
 更新(423)
 電脳(518)
 映像(225)
 バトン(22)
 創作(441)
  タティングレース(145)
  マクラメ(51)
  レジン(8)
 その他(6)
 日常(1419)

 最新のトラックバック
 今日の夕食は
 ┗しゃばけ(ドラマ)(+五月雨通信+/2007/11/28)

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41