よしなしことを、日々徒然に……



 2015年02月04日の読書
2015年02月04日(Wed) 
本日の初読図書:
4125012318裏切りの杯を干して 下 - バンダル・アード=ケナード (C・NOVELSファンタジア)
駒崎 優 ひたき
中央公論新社 2012-12-18

by G-Tools
これまで睨み合うだけだったガルヴォの兵達が、濃い朝霧の向こうから不意を打って攻めてきた。とっさに対応できたのは、三つの傭兵隊とフレイヴン指揮下の兵達のみ。しかしガルヴォ軍の統率は全く取れておらず、霧が晴れたあとに残されていたのは、逃げ遅れたガルヴォ兵の死体と、そして放棄された野営地ばかりだった。
そしてガルヴォ軍が敗走したのは良かったが、戦闘のどさくさに紛れて肝心の人質までもが消えてしまった。
本国にすら隠していた手柄への切り札を失った総司令官は、司令官達の満場一致で任を解かれ、病になったとして前線から外される。そうしてこの戦場はエンレイズ軍の勝利とみなされ、砦を築くべく後方の兵站の町ストリーへと、物資の補給を要求することが決まった。
解任された元総司令官の護送と物資の手配には、フレイヴンの部隊とバンダル・アード=ケナードが当たることとなる。が、シャリースは会議の場で爆弾発言をした。
行方不明になったガルヴォ人の高貴な捕虜は、現在バンダル・アード=ケナードが確保していると言い放ったのだ。かの捕虜が存在していたからこそ、戦場は無駄な膠着を続けていた。だからその捕虜をいなかったことにしたのだと。
そう告げることでシャリースは、あの捕虜をひそかに暗殺しようとした、ガルヴォに通じている裏切り者を炙り出そうとしたのである。
一方で、ガルヴォ軍側でなんとか捕虜を救出しようと画策していた政治家ビジュもまた、味方のはずのガルヴォ兵から暗殺されそうになり、傭兵隊を雇って九死に一生を得ていた。その傭兵隊は暗殺の黒幕を探るべく、仲間をモルダー首都に潜む暗殺指示の手紙を仲介していた男の元へ送り込む。その男はエンレイズ人だったが、中立国であるモルダーに拠点を置くことで、エンレイズの軍需物資をガルヴォへ横流ししていたのである。
また兵站の町ストリーでは、ヴァルベイドがアランデイルの手を借りて、殺人事件の謎を追い続けていた。
怪しい人物は幾人も存在したが、中でも殺されたミラスティンの片腕と目されていた男ランブは、主の突然の死によってその権力に陰りが見えているらしく、焦りを募らせているのがうかがえた。
そして戦争が終わったことで、驚きの事実が明らかになる。バンダル・アード=ケナードの本当の雇い主は、フレイヴンではなくそのランブであったのだという。
彼はつい最近その存在を知った、自分の隠し子である一兵卒スターグを、秘密裏に護衛して無事戦場から連れ帰って欲しいと依頼していたそうで……

下巻読了。
相変わらず、あっちこっちで錯綜していた情報が、終わりに向けて一気に収束していくのが気持ち良いですね。
なるほど、それがそこに収まって、こう来るからあそこがああだったのね、と疑問に思っていたところがどんどん片付いていくのが下巻の醍醐味です。
そしてアランデイルは「やっぱり」だった(笑)
スターグも案の定、キーキャラでしたね。いやうん、やっぱり不自然だと思ったんですよ。バンダル・アード=ケナードが、ずっと部外者の一兵卒を構いっぱなしというのが。

タイトルの「裏切りの杯を干して」という意味は、最後まで読むとズンと心に響きます。
ああ、だからこそ今回の表紙は、この二人がチョイスされたのか……と。
いやもう、表紙左の黒髪を後ろで束ねた彼とかね、もうね、びっくりな展開で。読んでいて「えええ、なんでこの人が!?」って思ったんですよ。いやはや、最後の傭兵隊二つの対峙はさすがの迫力でした。
戦場で仲間を失うのと、そうでない時というのは、やっぱり重みが違うんでしょうね。今回はアランデイルの件もあって、バンダルはひとつの大きな家族のようなものだと、繰り返し強調されてましたし。

そしてシャリースを嫌いながらもエルディルを良い感じに扱っていた、平民出身の叩き上げ司令官フレイヴンさんには、できればまた再登場を願いたいところです。なんだかんだで頭の回転も良いですし、これぐらい実力もあって気が強い方が、シャリースたちとはうまくやっていけると思うんだvv
……っていうか、そもそものヴァルベイド先生がうまく付き合え過ぎなのか(苦笑)
ああ、なんかシリーズの頭からもう一度読み返したくなってきたなあ……

……とか思って、この記事を書いたあとで第一部三冊を改めてめくり返してみたのですが。
え、あれ……? 「表紙左の黒髪を後ろで束ねた彼」と、正面の灰色頭のガルヴォ傭兵隊長って、第一部でさんざんやりあった、あの傭兵隊だったの!? 全っ然気付かずに読んでましたよ(汗)
道理で表紙やら挿絵で、やけにしっかりしたキャラデザで描かれてると思ったはずです。
……前々回のゼーリックの時もそうでしたが、本当に展開が容赦ねえな、駒崎先生……
No.6570 (読書)


 2015年02月03日の読書
2015年02月03日(Tue) 
本日の初読図書:
4125012180裏切りの杯を干して 上 - バンダル・アード=ケナード (C・NOVELSファンタジア)
駒崎 優 ひたき
中央公論新社 2012-09-24

by G-Tools
エンレイズとガルヴォの国境で、両軍は互いを間近にしながらも、もう三週間もの間、膠着状態に陥っていた。その原因は、先の戦闘で偶然捕らえた一人のガルヴォ人捕虜にあるという。その捕虜は高貴な身分であり、総司令官は彼を盾に交渉することで兵の損失を出さずに敵を撤退させるべく、画策しているらしい。
そして総司令は手柄を独り占めにするため、捕虜の身元を味方にすら明らかにせず、ガルヴォ軍との交渉も一手に握っている。だが肝心の交渉は難航しているようで、兵士たちは寒さと敵軍を間近にした緊張とで、士気を下げきっているのが現状である。
シャリース率いる傭兵隊バンダル・アード=ケナードは、司令官の一人フレイヴンに雇われて、この戦場へとやって来た。フレイヴンは堅物だが、平民から叩き上げで司令官に上り詰めただけあって、そう悪い雇い主ではない。しかし他の貴族の司令官たちからは何かと疎まれているようで、副官のデイプレイという貴族の若造なども、あからさまにフレイヴンを軽視しているのが判る。
一方で、国境からエンレイズ側に入った兵站拠点の都市ストリーに、しばらく前から腕の良い医者が住み着いていた。黒髪で腕も人当たりも良い彼 ―― ヴァルベイドは、国王の命令により、二ヶ月ほど前に貴族が殺された事件を調べに潜入していたのである。戦場への兵站を一手に任されていたミラスティンというその貴族は、夜の自室で何者かと対談中に、酌み交わしていたワインに毒を盛られたのだという。
情報を集めるためにストリーで活動していたヴァルベイドは、そこで意外な人物に出会う。平服を身にまとい商家の使用人として働いていたのは、アランデイル ―― バンダル・アード=ケナードの一員で、シャリースの片腕と言っていい男だった。
詳しく話を聞くと、アランデイルは中立国モルダーの少女と間違いを起こしてしまい、バンダルから追放されたのだという。事情が事情だけに、シャリースも庇いきれなかったのだと。
ヴァルベイドはそんなアランデイルに、事件捜査に協力することを持ちかけて……

積読を消化しよう月間突入中。
これまた買ったっきり、二年ちょい放置してました。
こんなことなら、新刊購入せずに、値が下がるまで待っとけば良かった……(遠い目)

表紙の平服着た金髪のイケメンは、誰かと思ったらアランデイルだったんですね。
表紙裏あらすじとか帯では一切触れられていなかったので、本文読むまでは全然判っていませんでした。
アランデイルがバンダルを追放……って、これ絶対シャリースの策略によるヤラセだよなあという気持ちがどうしても消えない私は、果たして下巻で「ああやっぱり」となるのか「ええッマジだったの!?」となるか、どっちなんでしょう……
とりあえずヴァルベイド先生が出てきてくれたのは嬉しかったです。
第一部を読了した時は、もうこの先生との関係はここで終わりかと、非常に残念に思っていたのが嘘のように、さながら第二の主役のごとくシャリースたちとは別の場所で頑張ってますよね、このお人。
今回も一生懸命、間諜として殺人事件の捜査をしつつつ、前線のバンダル・アード=ケナード達の心配もしたりアランデイルの傷心を気遣ったりと、大忙しです。
思い返せば第一巻で、ヴァルベイド先生とシャリースが並んで立っている表紙に、「おおっ、アラゴルンとボロミアのようだ!!」とテンションが上ったのが懐かしいです……あの頃ちょうど、映画ロード・オブ・ザリングに燃えてたからなあ。

物語は前線でのバンダルと依頼主(この依頼には、裏でスターグ青年が何か絡んでるのかな?)、補給都市スドリーで殺人事件の捜査をするヴァルベイドとアランデイル、そしてガルヴォ陣営で暗殺に怯えつつ人質を取り返そうと奮闘する政治家ビジュとその護衛の傭兵隊達、おおまかに三つの舞台が交差して動いています。
この巻のラストでは、それに何やらシャリースにそそのかされたと思しき、バンダル・ルアインの行動が加わってきてます。これはルアインがガルヴォ人捕虜に雇われるのかな……?

ともあれ下巻も既に手元にあって、いっしょに積んであるので、こちらには早いうちに手を付けられそうですvv
No.6567 (読書)


 2015年02月02日の読書
2015年02月02日(Mon) 
本日の初読図書:
4907203160恋愛タイムトラブル~5分間のミステリー~ (LGAコミックス)
山内 規子
青泉社 2014-07-19

by G-Tools
何かにおどろいた瞬間、五分間だけ時間を巻き戻してしまう女子大生と、その秘密の共有者である彼女の不倫相手の義弟との、ドタバタコメディでありつつ、ちょっぴりシリアスな成長物語。
その時に触れていた相手だけ、やり直した五分間の記憶を失くさないのがミソです。
主役がいきなり不倫してるとか、倫理的にちょっと微妙なところはありますが、最後はちゃんとめでたしめでたしな終わりかと。
あと、以前コミック文庫に収録されていた双児のシンクロを扱った切ないお話、「大きな木の下で」も入っています。
No.6564 (読書)


 ようやく情報が
2015年02月01日(Sun) 
書籍化されるという話を小耳に挟みつつも、出版社とかペンネームとか具体的な情報が一切出てこなかった、「異世界食堂」。ようやくそれらしいものを発見しました。

■異世界食堂/犬塚惇平【文庫】 まんが王倶楽部 MangaohClub
 https://www.mangaoh.co.jp/catalog/380065/

> 作者 犬塚惇平
> イラスト エナミカツミ
> ジャンル 文庫
> JAN/ISBN 9784074113293
> 出版社 主婦の友社
> レーベル ヒーロー文庫
> 発売日 未定
> 予価 626円(本体580円)


あー……まだ発売日とかは未定なのね。
でもヒーロー文庫なら、出版後にもWEB版消さなくていいみたいだから、ちょっと安心かも。あと作者名が判ったのは大きいです。さっそく新刊チェックアンテナに登録しておくとしましょう。

2015/02/13 追記:
Amazon で予約が開始されましたvv
4074113295異世界食堂 1 (ヒーロー文庫)
犬塚 惇平 エナミ カツミ
主婦の友社 2015-02-28

by G-Tools
No.6561 (読書)


 2015年02月01日の読書
2015年02月01日(Sun) 
本日の初読図書:
4047280690おこぼれ姫と円卓の騎士 女王の条件 (ビーズログ文庫)
石田リンネ 起家一子
エンターブレイン 2012-05-14

by G-Tools
デュークを第一の騎士として円卓の騎士ナイツオブラウンドに任命して数ヶ月。
レティは兄二人とともに、武術会を観戦していた。特定の主に忠誠を誓った名誉騎士達が競うその会場で、デュークはレティが予想していた以上の強さを発揮する。ところが王族達が集まる特別席で、絨毯の下に血で描かれた魔法陣と鳥の死体が発見されて、武術会は中止になった。
魔法陣に添えられていたのは、“お前の正体を知っている”という血文字。
歴史に詳しい第三王子レオンによれば、この魔方陣は対象者の死と、生まれ変わりの阻止を願う呪いだという。
レティが騎士王の生まれ変わりだと知っているのであれば、相手は只者ではない。
そして魔法陣にはIという数字が振られており、今後も同様の呪いが続くだろうことが示唆されていた。
予想通り二番目の魔法陣が発見されたのは、先日病でこの世を去ったばかりの、第二王妃ソフィアが大切にしていた花壇。続く三番目は同じく第二王妃の娘で、第二王子グイードの同腹の妹である第二王女コルネリアの誕生パーティー会場だった。
あるいは呪われているのは、レティ個人にとどまらず、王族全体なのかもしれない。生贄も鳥から猫、犬とじょじょに大きなものになっており、最終的には人間に達するだろうことが予測された。
特定の主人を持たない王立騎士団の力を借りて事件の調査を進めてゆくと、第二王子グイードの不審な行動が浮かび上がってくる。グイードは感情を理性で抑えこむタイプで、こういった呪いなどに興味を示すようには思えないのに、調査状況にしきりと探りを入れてきたり、夜中に一人で魔法陣のあった場所をうろついていたりするのだ。
さらに彼は、婚約者であるアウフレヒト侯爵家の娘エリノアに対し、縁談を白紙に戻したいと言い出したという。それどころか、レティと二人きりになった際に、彼女を長椅子へ押し倒してきて ――

シリーズ二作目。
長らく積みっぱなしだったくせに、一巻に引き続きさくさくっと読んだ挙句、続きもポッチりしてしまいました(苦笑)
予想通り、今回は第二王子との関係緩和? がメインとなっていました。
うーん、緩和っていうか……この三兄妹は、母方の貴族達の対立によって、どうしても表立って仲良くしあえないけれど、根っこのところは本当にお互いのことを大事に想い合ってるんですよね、最初から。
第一王子も第二王子も、母方の貴族達がかつては公爵だった自分達の血筋を王家に戻したいがために、それぞれの王子を担ぎあげてしのぎを削っている。そこに王子本人の意志は関わりなく、彼らはそれぞれの王子たちの『味方』ではあっても、『その命令を聞く』存在ではない。
故にレティは次期女王として、兄達二人に『自分のいないところで仲良くするな』と命じざるを得ない。
兄二人が手を組んだと周囲にみなされれば、背後の貴族たちはまず目の上のたんこぶであるレティを排除してから、次に後継者争いの内乱で国を荒廃させる。
また兄のどちらかとレティが組めば、もう一方を排した上で、今度は残された方の兄とレティが決定的に対立する構図となる。
だからこそ彼らは、内心を押し隠して三すくみの均衡を取るしかない。少なくとも、レティが誰からも認められる、揺るぎない女王としての地位を確立するまでは。
う〜ん、切ないです。
第一王子は一巻目で、レティを助けるために自分の腕一本切り落とそうとするし、第二王子は今回デュークの胸ぐら掴んで「レティを守れ! できなければ私がお前の首を切る!」とか言っちゃうし。
ああもう、早く三人ともいろんなしがらみから開放されて、仲良く力を合わせて国を治めていけるようになって欲しいものです。

なお一巻でいろいろ感動の見せ場を作ってくれた獅子王さんは、何事もなかったように『王達の会議の間』へご登場(笑)
いやまあ、別の時間の別の彼、なんですけどね。己の末路を知った上で、絶望の中を笑いながら生きていける獅子王は、本当にすごいよなあ……(しみじみ)
そして隻腕王は、この人の性格の一体どこがいいんだろう……? と、未だその魅力を理解できない私がいます(苦笑)
とりあえず失恋王は相当後期の人物みたいですから、国は今後もずっと続いていくようなのはほっとできますね。あと今回失恋王が漏らした言葉により、レティの治世はなんだかんだあっても最後にはうまくいくだろうことが保証されたのも。
しかし後世に伝えられるレティーの諡(おくりな)って、正式なのは何なんだろうなあ。気になる……

あ、二巻目ですが、二人目の騎士は確定しませんでした。一冊一人任命していくかと思ってたんですが。
……まあ、一冊で二人以上任命することも考えられますが、単純に考えるとこれ、完結まで12冊以上かかる計算なんだなあ……(遠い目)
No.6560 (読書)


 2015年01月31日の読書
2015年01月31日(Sat) 
本日の初読図書:
4812487633泥棒と初恋 (バンブーコミックス 麗人セレクション)
直野 儚羅
竹書房 2014-08-07

by G-Tools
作者買いしてる直野さんの一冊。
今回は世界観を同一にした三つのカップリングのお話でした。
三つとも、長らくすれ違って伝えそこねた両片思いがこじれまくって……というパターン。
……やっぱり私は、メインで一番長いのよりも、最初に載ってるおっさん二人のちょっぴりファンタジックなカップルが好みだったかな(笑)
表題作になってる二人の、互いに絵で想いを伝え合うあたりも、かっこよくはあるんですが。
そしてカバー裏ww
同じく絵で伝えたメッセージが、美術センスゼロの恋人にぜんっぜん伝わってない抽象画描きさんが、気の毒すぐるww
No.6555 (読書)


 2015年01月30日の読書
2015年01月30日(Fri) 
本日の初読図書:
4047278483おこぼれ姫と円卓の騎士 (ビーズログ文庫)
石田リンネ 起家一子
エンターブレイン 2012-02-15

by G-Tools
ソルヴェール国の第三子にして、第一王女レティーツィア。彼女は周囲から“おこぼれ姫”と呼ばれていた。共にそれぞれ優秀な、第一王子フリートヘルムと第二王子グイードの後継者争いを憂えた父王が、内乱を避けるために彼女を次期国王に指名した……つまり、おこぼれで王位を得ることになった姫だというのだ。
おかげで今のところ王子達の対立は小康状態となり、彼らはそれぞれにレティーツィアへ、都合の良い伴侶を押しつけようと画策している。
王立騎士団に所属する騎士デュークは、第一王子の親友であると同時に第二王子の母方の親戚で、立場上中立を守ることを強いられていた。そんな彼の元へと、ある日、美しく着飾ったレティーツィアが訪ねてくる。
「貴方をわたくしの騎士に任命します。ありがたく承ってさっさと頭を下げなさい」
それは間違っても噂に聞く『兄王子の対立に心を痛める、優しく可憐な王女様』の物言いではなかった。
そう、レティーツィアはとある理由から、将来自分が女王になることを、幼い頃から“知って”いたのだ。故に一国の王たるに相応しく、様々なことを学び、己を磨き続けてきていたのである。だが、彼女にはどうしても後手に回っていたことがあった。それが自身の騎士団を作ることである。
ソルヴェール国の王は、建国の騎士王に倣い、十二名の専属騎士を任命するのが決まりごととなっている。しかし現在のところ、優秀な騎士達はみな兄王子達に仕えており、残っているのはまさしく“残り物”でしかなかった。その残り物の中ではお前が一番ましだと言われたデュークは、「おこぼれ姫の愛人と呼ばれるのは願い下げです」とばっさり断りを入れるが、レティーツィアはいっこうにあきらめる様子を見せない。
あの手この手で強気に勧誘してくる王女へ辟易としつつも、彼女が王者として優秀であると認め、また暗殺者に命を狙われていると知ったデュークは、放っておくこともできなくて ――

……かれこれ二年ぐらい、買ったは良いけど積みっぱなしだった一冊。
「謀王」に引き続き、中世ヨーロッパ風の王家ものを読みたい気分で、やっと手を伸ばせました。そしたら予想以上に面白かった(苦笑)<もっと早く読めよ
レティーツィアが己の運命を嘆いたり、周囲の環境にくじけたりせずに、自分にできることをやろうと、どこまでも漢前に背筋を伸ばして歩いてゆく、その生き様がかっこいいです。
第一の騎士デュークと安易な恋愛関係に発展せず、互いに軽口を叩き合いながらも主従の一線はきっちり引いているのがまた良いですね。……まあ、こっちは今後、どうなるかは判りませんが(苦笑)
アストリッドについては、怪しいな……と思わせておいて、おや、実は? と来て、そこからさらに二転三転するところがまたやりますね(にやり)
っていうか、途中で同腹の弟王子が怪しいかも……とか思っていた私は、さすがに深読みしすぎでしたか(^ー^;;)<謀王を読んだばかりで人間不信気味
今回は第一王子さんとだいぶ関係緩和できたっぽいので、次は第二王子とかなあ……などと思いつつ、ちょっと調べてみたら、なんかもう続編が10冊以上出てるっぽい? い、今さら追いかけるのは、ちょっとしんどそうだな……(汗)

そして革命後の獅子王アレクサンドルは、もう『王達の会議の間』に現れることはないんでしょうか。あれはあくまで、ソルヴェール国に属していなければ、使うことはできないのか……全員が同一人物で、互いに相談しあったり心配してたり憧れてたりしてるのかと思うと、ちょっと不思議な感じもしますが。
今回は影が薄かった隻腕王とか失恋王とか、次回以降にもっと出てくれると良いなあ。

内容的にファンタジー要素が入っているところと、視点が定まらずにいろいろなキャラ(今回は主にレティとデューク)を行き来するのが許容できるかどうかが、この作品を楽しめる分かれ目でしょうか。
ともあれ、御都合主義でも何でも、読後感は幸せが一番、と思っている私には、楽しく読めた一冊でしたvv
No.6552 (読書)


 2015年01月29日の読書
2015年01月29日(Thr) 
本日の初読図書:
4048915347謀王(はかりおう) (メディアワークス文庫)
秋目 人
アスキーメディアワークス 2013-04-25

by G-Tools
敵を、父を、兄を、部下を、婚約者を。
すべてを騙り、欺き、そうして王家の血を持たぬ少年は、ローデン国の『正当なる』次期国王として認められた。
しかし父王は、未だどうにかして実の息子である第一王子に王位を譲ろうと画策している。そしてローデン国においては、次期王の指名の儀を終えてから半年以内に即位しなければ、その者は永遠に継承権を失う習わしがあった。
フィッツラルドが指名を受けてから、はや五ヶ月 ―― 即位式まで一ヶ月を切る頃となって、重大な問題が起きた。王位継承の際には大国アル・クオスからの許可状が必要となるのだが、その許可状にフィッツラルドの即位を認めないと記されていたのだ。しかしその許可状を持ってきた使者は何者かによって殺害されており、書状は明らかに偽物だった。
父王はこれ幸いとフィッツラルドを廢そうとするが、幸いにもアル・クオスでは許可状を発行した直後に老王が死亡していた。国内は身分の低い正妃を母親を持つ評判の悪い第一王子ヘイグルと、身分の高い側妃から生まれた心優しい第二王子アシュールとの後継者争いで揺れているが、新たな国王となる者から改めて許可状を発行してもらえば良いのである。
フィッツラルドは婚約者リズの故郷ジェスタへ赴く予定を変更し、アル・クオスへ向かった。そうして内戦状態の両者の間を取り持ち会談を開こうとするのだが、どうやら正妃サンゼスの周囲には、リズの兄であり謀略によって殺されたはずのジェスタ王子、ルウェウスの影が見え隠れしている。
時間に余裕のないフィッツラルドは、ルウェウスを警戒しながらも、二人のアル・クオス王子を話し合わせようとするのだが……

騙王」の続編にして、シリーズ2作目です。前作がそれなりにキリの良い所で終わっていたので、長らく手を出さずにいましたが、やっぱり読みたくなって買ってしまいましたvv
前作ではとにかく周囲をすべて欺き、本当の意味での味方は一人もいない。孤高に立つフィッツラルドでしたが、今回はちょっと緩和されてるかな。
いや相変わらず、すべての情報を一手に握り、すべての『真実』を把握しているのは彼一人なんですけど、でも周囲がだんだんフィッツラルドに感化されてきてるというか。
婚約者は相変わらず好敵手だしあんな道を選んじゃったし、金貸しもふらふらと敵と味方を行き来してますが、でも最後の最後の根っこのところでは、やっぱりフィッツラルドの方に心を置いていると思うのですよ。
あとガゼルが! 前巻ではあんなだったガゼルが、この巻ではしっかり王子に忠誠誓ってますよ! リズに誘われても断ってますよ!! たとえその言いようが「我が主君に殺されます」だとしてもvv
そしてラグラスは変わらず脳筋というか、こいつ洗脳されてんじゃ状態でしたが、代わりにラグラス2号がやらかすあたりが、このシリーズのこのシリーズたる所以。
徹底的に為政者側からものを見てるので、庶民の幸せ? なにそれ美味しいの、的なあたりがアルスラーンとかデルフィニアなどとは大きくスタンスを異としますが、これはこれでリアルさが感じられて面白いです。

ちょっと残念だったのは、表紙絵ですかね。なんか普通のライトノベルっぽくなっちゃってます。 なんでイラストレーター変えちゃったんだろ??
1巻目の表紙と口絵が素晴らしかっただけに、これは惜しい。フィッツラルドの顔は、たとえ横顔でも出しちゃ駄目だと思うんですよ。口絵の方は、こっちもアングルといい左手に持ってる果物や指輪といい、悪くないんだけどなあ<でも絵柄はちょっと軽い
フィッツラルドはあくまで『その金髪だけは、他人様から褒められる』という地味顔でありつつ、只者でない雰囲気をその身にまとっていて欲しいところなのでした。

前作ではもっぱらローゼン国内が主だった物語も、この巻で一気に舞台を広げて、三国に新たな王が並び立つ状態となりました。続編が出るかどうかは怪しいところではありますが、できれば続きを読んでみたいところです。特にジェスタとローゼンの、今後の関係が気になるところですねえ(ニヤニヤ)
No.6545 (読書)


 2015年01月26日の読書
2015年01月26日(Mon) 
本日の初読図書:
4403621589魔法使いの娘ニ非ズ (3) (ウィングス・コミックス)
那州 雪絵
新書館 2013-02-23

by G-Tools
とっくに四巻目が出ているところで、ようやくの三巻目読了。
初音ちゃんも、だいぶオカルトコンサルタントが板についてきてますな。
そして兵吾! 兵吾!!
二人とも苗字変わってないからせいぜい恋人かと思っていたら、ちゃんと周囲に夫婦として認知されてたのね!! 結婚して二年目なのね(わっしょい)
今回は「嫁さん」発言も出てきてるし、兵×初押しだった私としては、顔のニヤニヤが止まりませんでしたvv
……それでも心の奥底で不安を抱え、妖かしに心の隙をつかれちゃう兵吾に萌え。正気に戻ってシャワー被る凹んだ後ろ姿に、もっと萌えvv

ストーリーは相変わらず、ちょっと心温まったかと思えば、時にとんでもなく理不尽で、ぞっとするほど恐ろしい、相変わらずの那州さんっぷりです。
そしてパパの謎も兵吾の過去も、またしてもスルーされた……もう兵吾の過去は、下手に公式で出てくるよりも、好きに妄想した方がいいような気がしてきた(苦笑)

今巻のメインであろう前後編に出てきた車椅子社長は、個人的に再登場を願いたいところ。
マダム緑子さんもまた出てきたんだから、可能性はあるよね?
No.6539 (読書)


 2015年01月25日の読書
2015年01月25日(Sun) 
本日の初読図書:
4488105394オリエント急行の殺人 (創元推理文庫)
アガサ・クリスティ 長沼弘毅
東京創元社 2003-11-07

by G-Tools
内容については、まあ有名どころなので省略(苦笑)
ポワロものの長編で、「この真相はアリかナシか」で長年ファンの論争になっているという、あれです。
先日の、舞台を昭和初期の日本に移した2夜連続ドラマが非常に面白かったので、原作を借りてきてみました。
どの訳者のを読むか迷ったあげく、とりあえず地元図書館にある一番古い翻訳を選択。本当は初めて日本語訳されたという、延原謙さんのが読んでみたかったんですけどね……ホームズさんの翻訳を手がけたことでも、名を聞く方ですし。
ともあれ。
読んでみた結果は、あのテレビドラマ、本当に丁寧に作られていたんだなあとよく判りました。
細かい台詞とか犯人側の動きが、原作そのまんま。あ、ここ違うと思ったのは、自動車ブローカーがポアロを飲みに誘いに行かなかったことと、幕内(マックィン)の「あなたは神か……」の台詞がなかったことぐらい。
あとはまあ、メディアミックスする上での演出による改変だろうと、納得できる程度でした。
……ってか、ドラマで各キャラクターとその関係が頭に入っていなかったら、これきっと途中で挫折してましたね(苦笑)<情報過剰でしかも虚実が入り乱れすぎ
ほんとあのドラマは、熱烈なファンによって作られた、「自分はこのあたりをこう解釈してるんだよ〜〜」という作りだったんですねえ。

……って、ドラマの感想になってるし(苦笑)

この翻訳で気になったところと言うと、おそらく「ミネラル・ウォーター」と書かれていただろう部分が、「鉱泉」と訳されていたところらへんですかね。古い翻訳は、こう言うところに味わい深さがあると思うんですvv

そして真相が明らかになってから、ポアロが〆るまでわずか半ページという急転直下は、確かにファンだったらいろいろと妄想をたくましくしたいところなのでしょう。
列車の外を踏み荒らす場面が原作になかったのは、ちょっと残念だったかな。逆に言えば、良くあれを足したものです、三谷幸喜。

ああ、もう一度あのドラマ、見返したいなあ……
No.6536 (読書)


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28][29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205]

<< 2017年11月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2015年02月04日の読書
 2015年02月03日の読書
 2015年02月02日の読書
 ようやく情報が
 2015年02月01日の読書
 2015年01月31日の読書
 2015年01月30日の読書
 2015年01月29日の読書
 2015年01月26日の読書
 2015年01月25日の読書

 最新のコメント
 シャトルの角カバーの記..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/11/15 11:45:22
 こんばんは、胡蝶蘭さん..
 by 神崎真
 at 2017/11/14 23:24:33
 シャトルは全部スケルト..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/11/14 22:47:07
 あ、これ毎晩寝る前に、..
 by 神崎真
 at 2017/11/13 21:28:53
 いつもながら仕上げが必..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/11/13 14:38:24
 今回は自業自得とはいえ..
 by 神崎真
 at 2017/11/12 14:38:10
 糸のからみはイライラし..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/11/12 11:13:20
 ビーズ入り糸を大量に巻..
 by 神崎真
 at 2017/11/11 22:23:08

 カテゴリー一覧
 読書(2049)
 更新(441)
 電脳(528)
 映像(232)
 バトン(23)
 創作(576)
  タティングレース(265)
  マクラメ(52)
  レジン(8)
 その他(7)
 日常(1435)

 最新のトラックバック
 今日の夕食は
 ┗しゃばけ(ドラマ)(+五月雨通信+/2007/11/28)

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41