よしなしことを、日々徒然に……



 2015年05月04日の読書
2015年05月04日(Mon) 
本日の初読図書:
「傭兵団の料理番(小説家になろう)」〜十六、決着ともつ鍋・裏編
 http://ncode.syosetu.com/n3420cm/

子供の頃から料理好きで、和洋中の料理を研究したり、歴史を勉強して昔の料理を再現するのが趣味の青年、東朱里。ある日の仕事帰りに白い光に包まれて、気が付くと剣や槍や弓や矢で武装した中世のような世界の戦場に放り出されていた。
群雄割拠する、時は戦国。戦場では魔法と矢が飛び交い、槍と剣が打ち合うそこサブラユ大陸では、様々な勢力が野望をいだき、戦争に明け暮れているという。
孤児の身から、一国一城の主となることを夢見て幼なじみと共に傭兵団を立ち上げたガングレイブは、いきなり陣地に迷い込んできた奇妙な男に、気まぐれで料理をさせてみることにした。武装した人間に囲まれ命の危機にさらされながら、「お腹空いたんで、料理させてもらえませんか」とか言い出すとぼけた所を面白く思ったのだ。
旨い料理で膠着した戦場での士気が上がればよし。不味ければ腹いせに殺させれば、やはり士気を上げることができるだろう、と。
そうして青年 ―― シュリがわずかな材料から作り上げたシチューは、これまで食べたことがないほどに旨いものだった。
後に、大陸を平定した初代統一帝国皇帝ガングレイブ・デンジュ・アプラーダは、その著書にこう残している。
『大抵の兵は美女を抱き、金を手に入れることが目的だ。だが、それだけでは兵は動かない。結局、旨い飯こそが兵を、民を支え、国を形作るのだ。一日を生きた喜びと、明日を迎えられる感謝。それらを旨い飯で朝を始め、旨い飯で夜を終える。それこそが幸せではないのか。余は、それを彼に教えてもらった』
皇帝ガングレイブは、若き頃に出会い、共に戦場を駆け旨い飯を作ってくれた料理人を、常にその側へと仕えさせていたという。
皇帝と、その側近たる英雄達を陰で支えた料理人。
これは後世に“食王”として語り継がれるシュリ・アズマが、本人は全く気づかぬうちに様々な人々へと影響を与え、そしてそのことに無自覚なまま生き続けた、そんな物語である ――

半端でなく料理好きの青年が、異世界で泥臭い傭兵団に拾われて、そのあまりに劣悪な食事事情を見かねて腕をふるいまくり。ついでにあちこちの領主やら有力者やらも、料理の腕と勘違い気味のあれこれで落としつつ成り上がっていくお話。
すでに彼が日本に帰れないことは、第一話のラストで確定しているわけですが。そして主要キャラ全員が生き残って大成することも語られているわけですが。
それだけに逆に安心して読めます。
基本的にお話は、料理ごとに前後編あるいは3〜5話程度に分かれており、それぞれで視点が異なります。
シュリ視点だとかなりほんわかゆるゆるなお料理パート。しかし同じ場面を別のキャラが別の立場で見ると、深読みしまくったり、なんてことない行動から天啓を受けたりして、いろいろとんでもないことになっています(笑)
特に傭兵団のトップと幹部クラス五名が、シュリの言葉にヒントを見出して編み出すあれこれがすごすぎるvv
個人的にはテグさんの一途っぷりを楽しく眺めつつ、第二章で登場した看守さんの今後がどうなってくるかも着目のしどころです。
……ただ個人的に男装の彼女は、あんまりヒロインにはなって欲しくないかなあ。仲間としてシュリの部下になってくれるなら、それはそれで面白そうですけど、そうなると今度は看守さんが板挟みになりそうだし……ううむ……
No.6808 (読書)


 2015年05月03日の読書
2015年05月03日(Sun) 
本日の初読図書:
「休暇だと思って楽しみます。(ブラックゾーン)(ムーンライトノベルズ)」〜陛下とリゼルとピアスの話。
 http://novel18.syosetu.com/n6137cq/

果てしなくグレイゾーンに近い、男同士の友情以上恋愛未満・恋愛感情なし友愛がモットーの、異世界 → 異世界トリップFT「休暇だと思って楽しみます。」の、作者さんご自身が書かれた二次創作、的な感じ?
一作目の今回はタイトルの通り、本編でリゼルがつけてる例のピアス関連で「魔力を限界まで引きずり出されて込めさせられた」時のお話です。
グレイゾーンを突破してしまったと書かれてはいますが、今回はまだ友愛の範囲内だったかと。たぶん。
……いやある意味これって、なまじな恋愛感情よりよっぽど深い関係だとは思うんですけどねvv
ともあれムーンさんに置くほど直接的な描写はないと、私基準では思いました。手のひらへのキスと、上半身に触れてるだけですもんねえ。しかもそっち目的ではなく、魔力を引き出すためだし。とは言え雰囲気はめっちゃあるぶん、下手に直接描写するよりもよっぽど腐向けではあります(笑)
ともあれ陛下のドSぶりが光る一作でした★
No.6806 (読書)


 2015年05月02日の読書
2015年05月02日(Sat) 
本日の初読図書:
「前世の幸福ポイントを使用してチート冒険者やってます。(小説家になろう)」〜第39話 未来の宮廷料理人?
 http://ncode.syosetu.com/n2721cq/

事故で死んだら幸福ポイントが大量に余っていたので、神様が剣と魔法の異世界に転生させてくれることに。
ポイント消費してスキルを取って、地方貴族の末っ子に転生。七歳で記憶を取り戻してからは、未来を見すえて前世知識を生かしつつ腕を磨き、十一歳で冒険者ギルドに登録して旅に出たぜ! ……という、まあテンプレな異世界転生、チートで俺TUEEEE系。

作者様いわく初投稿で、「極力長い説明文は省き、読みやすく制作したいと思います」とのことなんですが……うーん、さすがにいろいろ省きすぎかな、と。
なんで主役が大量の幸福ポイントを持ってたのかとか、装備を揃える時に金額を聞いて「驚かされた」と書いてあるけど、これって高くて驚いたの、安くて驚いたの、みたいなあまりにも説明不足な部分がちらほらと。
なにより新たに登場するキャラクターの容姿はおろか、性別も書いてないって……神様も黒狼も、最初はてっきり男だと思って読んでたからびっくりしたよ。って言うかこれってもしかしてハーレム系に行くのか??
なまじ突き抜けて中二方向や戦闘面に突出してる訳でもないので、ぶっちゃけると印象薄めかな(苦笑)
まあ、鬱展開には行かなそうなのが、気軽に楽しむには良いかもです。
No.6805 (読書)


 2015年05月01日の読書
2015年05月01日(Fri) 
本日の初読図書:
「アルヴェスク年代記(小説家になろう)」〜野心の目覚め14
 http://ncode.syosetu.com/n3773cp/

ユーラクロネ大陸の中央部西寄りに存在する、大陸随一の大国〈アルヴェスク皇国〉。
大陸暦1054年7月24日に行われた皇立学院士官学校の卒業記念パーティーには、後世に名を残す三人の若者達が出席していた。
わずか14歳の時分に辺境伯領で行われた武術大会において優勝し、また領地運営上の問題を鮮やかに指摘したうえに解決法も提示したことで、一騎士階級の出身でありながらリドルベル伯爵の養子として迎えられた、文武両道の偉丈夫ライシュハルト・ロト・リドルベル。
北方に領地を持つ国内屈指の有力貴族アルクリーフ公爵家の世継ぎで、優秀な成績と麗人と称されるほどの端正な容姿を備えたエルストロキア・ロト・アルクリーフ。
先の隣国との戦争に騎士である兄の従者として参戦し、かつて宰相をも務めた経験を持つ指揮官アーモルジュ・ヨセク・ロト・カディエルティ侯爵の危機を救った結果、その弟子として引き抜きを受けた、貧乏騎士の三男カルノー・ヨセク・オスカー。
この時、三者共に19歳。同級生達の中で最年少の年齢だった彼らは、同い年であるが故にしばしば行動を共にし、そしてそのまま気心の知れた友人同士となっていた。社会的に見れば、けして対等な関係ではありえない身分でありつつも、三人は互いに互いを認め合い、それゆえにこそ親しい友人となりえたのだ。
長いようで短い学生生活が終わり、卒業後の彼らは、それぞれの道を行くこととなる。
ライシュはリドルベル伯爵の実娘と結婚し、正式な後継者として領地運営の手助けを。
エルストは隣国ギルヴェルス王国の姫君と、やはり婚約がほぼ決まっている。政略結婚でアルクリーフ公爵家の地盤を固めつつ、父が皇都で政治工作に奔走する間、領地を守るのがその務めだ。
カルノーは自身を引き立ててくれたカディエルティ侯爵の元で、その恩を返すべく身命をとして働く心積りであった。
それぞれの道は分かたれるが、その友誼は変わることなく続く。三人共がそう思っていた。
しかし、歴史は思わぬ動きを見せる。
彼らが卒業しておよそ一年ののち、賢君と呼ばれた偉大な皇王レイスフォール・イクシオス・グラニア・アルヴェスクが急死したのだ。そしてその崩御をきっかけとして、政変が起こる。
定められていた皇太子の排除。幼君の擁立と、その後見として欲しいままに権力をふるう奸臣達。そしてついに行われる、皇位の簒奪。
内乱に揺れるアルヴェスク皇国の中で、やがて若者達は、それぞれの立場で頭角を現してゆく ――

「乱世を往く!」、「403 シングル・ルーム」に続く、新月乙夜さんの新作長編FT。
とりあえず第一話が終わっていたので、いっきに読ませていただきました。これだけできっちり文庫一冊分あります。
今度はファンタジー要素一切なしの、純然たる戦記もの。国や大陸こそ架空ですが、魔道具だのモンスターだの不思議能力だのはまったく登場しません。
第一話目はタイトルの通り、賢王の崩御から始まる内乱と、それぞれの野心の絡み合い。そしてそれらがもたらした、ひとまずの結果です。
かつての主君の遺志をねじ曲げ、己が野心のままにふるまった御伽衆と侍従長と近衛大将軍。
そして簒奪者を討つという名目のもと、今後における自家の発言力を高めようとした者もいれば、これまで隠し通してきた出自を明らかにし、己こそが皇王たらんに相応しいと名乗りを上げた者もおり。あるいは正統なる後継者に皇位を戻すべく奮戦する師に従い戦場を駆けた結果、思わぬ出世を遂げることとなった者もいて。
ひとまずの内乱は終結を告げたものの、それぞれの心に灯った野心の火は、けして消えず。
第一話終了時点で三人はまだ23歳。くすぶり続ける火種はきっとこの先、様々な波乱を呼び起こすのでしょう。
今のところは大人しく見える『彼』も、幼い頃から内心に秘めていたあれこれを考えると、どこかでいっきに爆発しそうな気配がちらりほらりとかいま見えますし。
って言うか、絶対彼こそが大本命だよね? と思うのは、あまりにも王道すぎるのか。
他の二人もきっちり魅力的ですし、そこは新月さんですから、この先お話がどう転ぶかはまったく予断を許しません。
新月さんであれば、どんな大長編でも投げ出さずにきちんと完結させてくれるだろうという、安心感があるのもありがたいところ。
今後の展開が楽しみな作品ですvv
No.6803 (読書)


 2015年04月27日の読書
2015年04月27日(Mon) 
本日の初読図書:
4063714381Q.E.D.証明終了(49) (講談社コミックス月刊マガジン)
加藤 元浩
講談社 2014-10-17

by G-Tools
就職活動に苦労し、自身の価値を見失いかけていた青年が、殺人事件に巻き込まれ命の危機にさらされることで己を見つめ直す「無関係な事件」
大学時代に撮影しかけていた映画を、45年後に完成させようとしたその寸前で力尽きてしまった老人。その残したかったメッセージを、燈馬がひも解く「ラブストーリー」

ある意味では、人生これからという若かりし時と、全てを終えて見つめ返す人生の終わりと、綺麗に対照をなしている一冊だったのではないかと。
ちなみに一作目には内閣情報室の甘党お兄さんこと梨田さんが、お久しぶりの御登場。
そしてよく考えると、二作目でバイトしてる可奈ちゃんが、燈馬くんを引っ張りこんでいないのも珍しい展開かも(笑)
このシリーズもずいぶんと長く続いてきて、メイン視点が主役二人ではなくモブキャラという演出も増えてきましたよねえ。
燈馬くんが『人の心』を学習してゆくにつれて、可奈ちゃんの存在意義が運動能力方向に特化してきているのが寂しいところかなあ……
No.6793 (読書)


 2015年04月26日の読書
2015年04月26日(Sun) 
本日の初読図書:
406371439XC.M.B.森羅博物館の事件目録(27) (講談社コミックス月刊マガジン)
加藤 元浩
講談社 2014-10-17

by G-Tools
「アステカのナイフ」「爆破予告」「幸運」「大入道の屏風」の四作を収録。
一作目は裏の裏という感じで、どんでん返しが面白かったですね。「爆破予告」も、意外な犯人と、スケールの大きい動機が面白かったです。でも森羅があれだけの情報と短時間で『そこ』に辿り着けるのは、さすがに無理がありすぎるかな(苦笑)
「幸運」は、いかにも加藤さんらしい一作。犯人もトリックも協力者も比較的早めに読めましたけど、でもこういう「お約束」って、なんだか安心できます。
そして「大入道〜」はマオが主役の描き下ろしスピンオフ。過去と現在における、商売のプロが魅せる意識の高さが実に格好良いです。
特に冒頭の、ミュージシャンと学者と仮面のエピソードについては、さすがマオだと感心しきり。

……そう言えば冒頭といえば、「アステカ〜」でヒヒ丸がクッションに文句つけてたのって、何の意味もなかったんですね。あれもてっきり何かの伏線だとばかり(苦笑)<深読みしすぎ
No.6789 (読書)


 2015年04月15日の読書
2015年04月15日(Wed) 
本日の初読図書:
「その女、悪女です! いいえ、それは濡れ衣です。(小説家になろう)」
 http://ncode.syosetu.com/n6864bt/
「その女、悪女です! いいえ、それは濡れ衣です 〜エスメラルド誕生秘話〜」
 http://ncode.syosetu.com/n1935bw/

元ニートで引きこもりだったのに、気がつけば国王の姪かつ大精霊の守護を受けたという、超ハイスペックな立場に生まれ変わっていた『私』改め『わたくし』ことエスメラルド・シェリス・ヴィア・セルリード。
辛い事や苦しい事が嫌いで、楽な方へ、より楽な方へと逃げていく短慮で愚かな弱虫だった『私』は、それゆえに逃げて逃げて逃げ続けたあげく、他人様に顔向けできないような死に方をしてしまった。ならば今生ではきっと、前世で楽をして怠惰な人生を送った分の苦労をするのだろう。そしてその苦労を厭ったが最期、わたくしの人生は終わりを告げるに違いない。そう思った彼女は、怠けたり挫けたりすれば、待っているのは周りすべてを巻き込んだ「没落・処刑ルート」だ、を合言葉に、大公令嬢たるに相応しくあるべく努力を重ね続けた。
それから数年。十代も半ばになった彼女は、同盟国からの依頼で水の大精霊の力を行使するべく、数ヶ月のあいだ外つ国に滞在することになった。護衛の騎士や侍女達とともに、その国の貴族の子女が通う学園へと転入するのである。それまでは身分と立場のため、半ば軟禁にも等しい生活を送っていたエスメラルドにとっては、初めての学園生活だった。
ところが入学の挨拶に訪れた生徒会室で、いきなり投げつけられたのは、
「騙されちゃダメ! その人は悪女なんだから気をつけて!」
見知らぬ少女からの、そんな罵りで ――

現代日本から乙ゲー(類似)世界に転生してしまった『二人の』少女が織りなす、それぞれの人生。短編二話となってますが、なんか一話目だけで原稿用紙100枚ぐらいあるらしいです(苦笑)
主人公の方は乙ゲー世界だという認識がないので、至極まじめに生きてますが、もう一人の方は完全にこれはゲームの世界だと信じている、おそらく中高生(下手すると小学生)なので、完全にゲーム脳です。いかにしてイケメンを攻略して逆ハーエンドに持っていくか、そのことしか考えていません。
後半は彼女の方の視点になるので、ちょっと主役が食われ気味かな。
あと最終的に彼女に下される罪が、エグいっちゃエグいんですが、本編ではそこらへん語られてないので、ちょっと消化不良な部分もある、かも?<感想欄のコメントでいろいろとフォローされている
個人的には主役に忠誠を誓ってる騎士・侍女達との出会いエピソードが読みたいです。
No.6758 (読書)


 良いニュースは続く
2015年03月30日(Mon) 
つい2日ほど前、ヤク退の新作番外編を公開されたモロクっちこと諸口正巳さんですが、また新たな喜ばしいお知らせがやってまいりました。

■ミライなき世界の物語: スタンスフィールドに花束を。
 http://mmolockchi.sblo.jp/article/115938335.html

なんと『謳えカナリア』の書籍化が決定したそうです!
さすがは諸口さん。やはりこの方の作品はレベルが違う……

エンターブレインさんの公式アナウンスなどによれば、発売は夏頃で大きさはB6版サイズ。そしてイラストはTHORES柴本さんとのこと。
THORES柴本さんって、バチカン奇跡調査官のイラスト描いてる人ですよね。あとネットで表紙画像見たことしかないけど、トリニティ・ブラッドの絵もこの人ですよね

最っっっ高の絵柄じゃないですかvv
まさにあの世界観のイメージに、ぴったりそのままだと思います。決定した編集の人、GJ、ぐっっじょぶ!!

ああどうしましょう。
本文の加筆修正はあるんでしょうか。B6版だとけっこうなお値段だし置き場所も取るけれど、ここはやはりシリル&蜂つながりで、「世界時計と針の夢」と並べて持っておきたい〜〜《o(><)o》

とりあえず発売されたら、少なくとも本屋で実物を確認はしておきたいところです。
……って、いくらなんでも入荷ぐらいするね?? いくら大判のラノベに弱いこのへんの本屋でも、一度ぐらいは実物を見られるよね……??


2015/08/06 追記:

書影出ましたーー!!

4047306533謳えカナリア
諸口正巳 THORES柴本
KADOKAWA/エンターブレイン 2015-08-29

by G-Tools

すごいなあ、すごいなあ……あの世界観にほんとにぴったりですよ。
ちなみに表紙のどこかにひっそり神様(アンスル)がいます(笑)
タイトルロゴが入ると隠れてしまうらしいので、探すのなら今のうちvv
No.6709 (読書)


 文章は財産だ
2015年03月29日(Sun) 
最近になってちょこちょこと、「ホシナ大探偵」で検索してくる方がいらっしゃるなあと思っていた今日この頃。
不思議に思って自分でもググってみたところ、こんなものがヒットしました。

■険奇探偵小説 ホシナ大探偵―押川春浪 ホームズ翻案コレクション― - 書肆盛林堂
 http://seirindousyobou.cart.fc2.com/ca1/70/p-r-s/

おおう、復刻されとるΣ(゜ロ゜ノ)ノ

> サイズ:文庫版
> 発行部数:350部
> 頒 価:1,200円(税込)

って、ものっそい競争率高そうですが、この手のものを欲しがるのはマニアぐらいでしょうから、この程度の発行部数で良いんでしょうか。
冊数が少ないせいか、Amazon とかでは入手できないみたいです。

しかしテキスト公開までしておいて詳しくは知らなかったんですが、この作品、一部では名を知られた『幻の一作』だったそうなんですね。
なんでもタイトルだけは知られていたけれど、長らく実物は見つからなかったのが、ある時国会図書館の未整理本の中から発見されて、改めて世に紹介されたのだとかなんだとか。

……その恩恵を受けて近代デジタルライブラリーで拝読し、あまりの面白さに「これはもっと多くの人に読んで欲しい!」と思った結果が、自力での電子テキスト化に繋がったわけですが。

明治大正時代に書かれたいわゆる古書的な書籍は、付加価値とかがついて一般人が自力で入手するのは技術的にも金銭的にも非常に難しいものが多いと思います。これは今後改善されることは物理的にありえず、むしろ劣化した本はこれからも廃棄されていくだろうことを思えば、どれほど読みたくても目にすることができなくなる一冊は、この先どんどん増えていくことでしょう。
今回のような復刻版の発行や、青空文庫、近代デジタルライブラリーといった著作権が切れた作品を公開してくれているサイトの存在は、貴重な作品をたとえ不完全な形でも未来に受け継いでくれるという意味で、本当にありがたいと思っています。

私のサイトも、そんな「未来にいるはずの、読みたいと願う誰か」に対して、何かを少しでも残せたらなあと、そんなふうに願ってやみません。
うちの著作権切れテキストに関しては、転載・再配布を歓迎しております。
いつかうちのサイトが閉鎖する日が来ても、このテキストだけはどこかで誰かに受け継いでもらえたら、とても嬉しいなあと。そう考えているのでした。


……そして、そろそろモノ書きの神さまの行方を見失いつつあるかも知れない、本日。
今度は別の場所の間取りを書いていたら(以下略)
実際に家具とかを配置してみたら、これまでの脳内イメージとだいぶ食い違ってきてしまって、今まで書いた部分を改めて読み返しつつ修正作業する羽目になりましたよ(−ー;)
喫茶店とか食堂って、何人でいくつぐらいの席を回してるんだろう……?

ああそれにしても、枚数が増えてくれるのは嬉しい半面、書いても書いても先が見えない……書いても書いても書いても書いt
No.6703 (読書)


 2015年03月29日の読書
2015年03月29日(Sun) 
本日の初読図書:
「ヤクザな退魔外伝 神無沼(小説家になろう)」
 http://ncode.syosetu.com/n1920cp/

個人的、諸口作品イチオシの「ヤクザな退魔」外伝短編。
短編と言いつつ、約2万字、テキストファイルで40KBぐらいあります。文庫本だと50P程度かな。
……あれ、そう計算するとやっぱり短編のくくりで良いのかも?<オンライン小説に関する長さの感覚が混乱気味

今回は「毎日がメリー・バッド・エンド」の主役が若頭を勤めている、月島組第四支部に所属する武闘派ヤクザ、深谷靖(ふかたにおさむ)ことヤスさんがメイン。
このヤスさんと、ヤク退主役の笙矢さんがコンビを組んで、クトゥルフ的な化け物を相手に山奥の沼や廃屋でガチンコバトルを繰り広げます。いあいあ!

相手が異界の神(?)なので、いつものように日本の神様達の力をうまく借りられず、相棒の鯉も本調子でないとあって、笙さんかなり苦戦気味。銃を武器に戦うヤスさんが、まさしく海外映画のアクションもののように格好良かったです。
とはいえ私はやっぱり、ドスを手に眼を稲妻色に光らせている比嘉笙矢@本気モードが好きなんですけどねvv

あ、あと私は見てないので雰囲気で流しましたけど、北野武のヤクザ映画を知っていると、細かいところでニヤニヤできるようです。
No.6702 (読書)


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23][24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205]

<< 2017年11月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2015年05月04日の読書
 2015年05月03日の読書
 2015年05月02日の読書
 2015年05月01日の読書
 2015年04月27日の読書
 2015年04月26日の読書
 2015年04月15日の読書
 良いニュースは続く
 文章は財産だ
 2015年03月29日の読書

 最新のコメント
 いえ、こちらこそ、大人..
 by 神崎真
 at 2017/11/21 09:16:00
 踏み込んだ意見を述べて..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/11/21 08:48:14
 こんばんは、胡蝶蘭さん..
 by 神崎真
 at 2017/11/21 00:09:47
 体調不調が長引いて心配..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/11/20 21:42:20
 お返事大変遅くなってす..
 by 神崎真
 at 2017/11/20 10:37:42
 シャトルの角カバーの記..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/11/15 11:45:22
 こんばんは、胡蝶蘭さん..
 by 神崎真
 at 2017/11/14 23:24:33
 シャトルは全部スケルト..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/11/14 22:47:07

 カテゴリー一覧
 読書(2049)
 更新(441)
 電脳(528)
 映像(232)
 バトン(23)
 創作(578)
  タティングレース(267)
  マクラメ(52)
  レジン(8)
 その他(7)
 日常(1435)

 最新のトラックバック
 今日の夕食は
 ┗しゃばけ(ドラマ)(+五月雨通信+/2007/11/28)

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41