よしなしことを、日々徒然に……



 2006年08月10日の読書
2006年08月10日(Thr) 
本日の初読図書:
「文芸図書第三出版部騒動始末(オンライン小説)」〜3−2
 http://fukurokoji.sakura.ne.jp/

とりあえず公開分まで読了。
……いやー、殿の無茶っぷりと吉良の報われてない癖に全然へこたれないというかこりないというか ―― な部分が大層面白く(笑)
方言って活字で書くとすごく嘘臭くなるのに、まるで肉声聞こえてきそうな掛け合いが読んでいて楽しいです。
No.660 (読書)


 2006年08月09日の読書
2006年08月09日(Wed) 
本日の初読図書:
4408434434竜の遺言(10)
北里 千寿
実業之日本社 2006-08-08

by G-Tools
今回は一冊丸々ひとつの話で。ついに浅葱が言ってくれました!
例によってラブラブ馬鹿ップルな主役達ですが、巻末書き下ろしではいつもにも増してエスカレート(笑)
つーか吹っ切れた浅葱が素敵すぎます。丁寧な口調のまま強気な側仕えってめっちゃツボ……vv

「文芸図書第三出版部騒動始末(オンライン小説)」〜1−8
 http://fukurokoji.sakura.ne.jp/

とりあえず第一部読了。
リーマンもののコメディ、かな。ボーイズものではないですが、登場人物に腐女子がいます(笑)
怒濤のマシンガントークとボケツッコミが楽しかったり。サイト内に置かれているイメージ画がまた、ほんとにイメージぴったりです。
No.659 (読書)


 2006年08月08日の読書
2006年08月08日(Tue) 
本日の初読図書:
「孤独なライオン(オンライン小説)」
 http://www.geocities.jp/kirinricky/

元気とバイタリティが取り柄の天然OLと、アパートで隣に住んでいる訳アリ芸能人とのコメディタッチな恋愛もの。
仕事で大失敗したり、二人の関係をスクープされたりと、ときどき洒落にならん状況に陥っているのにも関わらず、落ち込んだあときっちり歩き出せる主役の前向きぶりに憧れます。
……もっともこのドジっぷりだけは見習いたくないですな……マジで洒落にならん(^ー^;;)
No.658 (読書)


 2006年08月06日の読書
2006年08月06日(Sun) 
本日の再読図書:
4086005956いつか猫になる日まで
新井 素子 四位 広猫
集英社 2005-04-28

by G-Tools
絶対的な力を持つ神様繋がりで読み返したくなりました。私が持ってるのは昔に出たバージョンですが、最近新装丁で出直してるようですね。内容に改変とかあるのでしょうか?
……ちなみに内容よりなにより、コバルト文庫でお値段280円だったというあたりが衝撃的だったり。時代の流れって……
No.656 (読書)


 2006年08月05日の読書
2006年08月05日(Sat) 
本日の初読図書:
「ソロモン王の寶窟(青空文庫倶楽部)」
 http://aozora.nishinari.or.jp/

ようやっと読了。やはり旧字旧仮名は時間がかかってしまうようです。(誤字脱字多かったし/苦笑)でも面白かった〜〜vv
片眼鏡で顔半分だけ髭を剃っていたら神様と間違えられて……というエピソードが懐かしかったです。そこぐらいしか記憶に残ってなかったとも言いますが。
ところどころで思わず顔をしかめてしまうほど凄惨なシーンがあったのですけれど、よく読んでみると血の一滴すら流れている描写は為されていなかったりするのですよね。ごくシンプルに一言書かれているだけなのに、ゾッとするほど臨場感が感じられる……細かく描写すればいいというものではないのだと、まざまざと突きつけられた気がしました。ううむ、精進しなければ……
No.653 (読書)


 2006年08月03日の読書
2006年08月03日(Thr) 
本日の初読図書:
「ソロモン王の寶窟(青空文庫倶楽部)」
 http://aozora.nishinari.or.jp/
「裏やさぐれ勇者様(オンライン小説)」〜5
 http://monokaki3.client.jp/
No.649 (読書)


 8月の新刊チェックメモ
2006年08月03日(Thr) 
8/8 竜の遺言 10巻 北里千寿
8/10 新・特捜司法官S−A 3巻 麻城ゆう
8/10 結晶物語 3巻 前田栄
8/10 マルタ・サギーは探偵ですか? 3巻 野梨原花南
8/11 D−LIVE!! 15巻(完) 皆川亮二
8/22 石黒和臣氏のけなげな奉仕 吉田珠姫
8/26 不死鳥のタマゴ 3巻 紫堂恭子
No.648 (読書)


 2006年08月01日の読書
2006年08月01日(Tue) 
本日の初読図書:
「ソロモン王の寶窟(青空文庫倶楽部)」
 http://aozora.nishinari.or.jp/

天城さんちで読了報告されていたのに触発され、拾ってきました。小学生の頃「ソロモンの洞窟」というタイトルの子供向けハードカバーで読んだ記憶がありますが、見事に綺麗さっぱり忘れております(苦笑) ただなんとなく陰鬱で怖かったというイメージが残っていたのですけれど、今のところは懐かし面白いです。いかにも昔の白人的な感性で書かれているのも、古典ものとして読むと楽しいかと。
ちなみに旧字旧仮名。
読んでいるうちに意外と気にならなくなってくるあたり、人間の脳味噌の適応力ってすごいなあと思ってみたり。以前読んだ旧字新仮名「スイスのロビンソン」と異なり、電子媒体なので判らない時は画面をなぞってクリップボードにコピー→辞書起動であっさり調べられるのが便利です。
No.645 (読書)


 2006年07月30日の読書
2006年07月30日(Sun) 
本日の初読図書:
4196695108シュナの旅
宮崎 駿
徳間書店 1983-06

by G-Tools
ゲド戦記のCMを見た次兄が「なんかシュナの旅みたいだな」と言い出しまして。「読んだことあるの?」と聞いたら「持ってるで」と。
早く言いなさいそういうことは!
というわけで借りてみました。
貧しい山間の小国(というより貧村)の王子が、行き倒れていた旅人を助け、彼が持っていた見たこともない大粒な穀物の実を目にする。けれど脱穀されて死んだその実は、もう地に蒔いても実ることはない。ならば貧しい民達を救うために、金色だというその種を探しに旅に出ようというお話。
今まで知らなかった世界を旅する中、危険な目にあったり、人買いに捉えられた姉妹を救ったりと、そのあたりはまさしく宮崎駿。
地味なお話ではありますが、好きです。こういうの。

本日の再読図書:
「シャーロック・ホームズのドキュメント」ジューン・トムソン、押田由紀
No.636 (読書)


 2006年07月28日の読書
2006年07月28日(Fri) 
本日の初読図書:
4199603190WILD ADAPTER 5 (5)
峰倉 かずや
徳間書店 2006-06-24

by G-Tools
ちょっと時間を遡って、久保田と時任の出会い話。
現在のコンビぶりとはうって変わった、初々しいやりとりが微笑ましかったり。そして時任強いなあ、久保ちゃん弱えなあと。

……峰倉さんのお話は、言葉遣いが独特で、引きつけられます。
なんと言えばいいのでしょう、この空気は。
No.629 (読書)


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183][184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206]

<< 2017年12月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2006年08月10日の読書
 2006年08月09日の読書
 2006年08月08日の読書
 2006年08月06日の読書
 2006年08月05日の読書
 2006年08月03日の読書
 8月の新刊チェックメモ
 2006年08月01日の読書
 2006年07月30日の読書
 2006年07月28日の読書

 最新のコメント
 こんばんは、胡蝶蘭さん..
 by 神崎真
 at 2017/12/11 23:58:30
 ロングチェ―ンの中にあ..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/12/11 19:34:08
 今回はピコがなかなかき..
 by 神崎真
 at 2017/12/10 21:37:26
 センターのピコとリング..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/12/10 10:55:52
 危ないからっていうのは..
 by 神崎真
 at 2017/12/09 04:09:36
 ダメと言う人は、ダメと..
 by ちなつとも
 at 2017/12/08 21:30:51
 お二方>
 by 神崎真
 at 2017/12/08 06:51:16
 私も左側の中心がすきー..
 by 猫欧州
 at 2017/12/07 23:38:58

 カテゴリー一覧
 読書(2052)
 更新(443)
 電脳(531)
 映像(232)
 バトン(23)
 創作(595)
  タティングレース(284)
  マクラメ(52)
  レジン(8)
 その他(7)
 日常(1436)

 最新のトラックバック
 今日の夕食は
 ┗しゃばけ(ドラマ)(+五月雨通信+/2007/11/28)

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41