よしなしことを、日々徒然に……



 2006年11月12日の読書
2006年11月12日(Sun) 
本日の初読図書:
4062559099Dream on 恵土和堂四方山話5
新田 一実 山村 路
講談社 2006-11-02

by G-Tools
読んでる途中でもしかして……? と思っていたら、案の定シリーズ最終巻だそうで。
この方のお話は、けっこうこういうさらっとした終わりかたするものが多いですね。結局大海くんの能力の謎も解かれぬままでしたし。万屋富樫〜のシリーズもこんな感じでしたっけ。

4872577388極道はスーツを引き裂く
中原 一也
イーストプレス 2006-10

by G-Tools
読み切り(?)だった「〜スーツがお好き」の続刊。
ヤクザだったりスーツだったり無理矢理だったり、それでもお互いベタ惚れだったり、いきなり良い味だしてくれた職人おじいちゃんとか、いろいろ萌えポイントは多いんですが。
……一番最後の朴念仁サイボーグに全部吹っ飛ばされました。
木崎ーーーー(爆笑)
後書きからすると、作者さんの中で彼女は対象外なようですが、私としてはあのまんま孫娘とくっついてくれても楽しいなあ。

4125009449天国の対価―おもひでや
宝珠 なつめ
中央公論新社 2006-06

by G-Tools
思い出を売ってくれる ―― 言い換えれば好きな記憶を作ってくれる ―― そんな不思議なお店を舞台にした短編集。読後の気分はちょっと幸せでほのかに切なく。
キャラクターの背景とか、思い出作家サナギの能力がどんなものなのか(あれだけの説明で、なんでそんな詳細な思い出が作り出せるんだろう?)とか、曖昧な部分が多いですが、そのへんは続刊で語られるのでしょうか。ラスト一話でいきなり意味ありげな伏線がでてきてますし。
個人的には、アブラカダブラの、したたかなお姉さんが好みだったり。

本日の再読図書:
「十二時の権力者(WEBコミック)」〜スカジーを探して
 http://12ken.ferio.net/
No.866 (読書)


 2006年11月09日の読書
2006年11月09日(Thr) 
本日の初読図書:
「スナブ・ランケン探偵事務所(オンライン小説)」〜ガラムリンの迷宮
 http://homepage1.nifty.com/kareido_on_web/

タイトルは探偵事務所ですが、どちらかというと何でも屋的なイメージがあるスナブ・ランケン。舞台もファンタジックな匂いがするハードボイルド調というか。ハヤカワとか創元FTとかで読んだ、一昔前の翻訳物の雰囲気が漂っています。
まだ二話目の途中なんですけど、一話完結の連作物らしいので、気楽に読んで行けそうなのがありがたいです。
No.853 (読書)


 2006年11月07日の読書
2006年11月07日(Tue) 
本日の初読図書:
4257905670チキタ★GUGU (6)
TONO
朝日ソノラマ 2006-10-21

by G-Tools
可愛いシンプルな絵柄で、本当に容赦ない話を書かれる作者さんですが、このシリーズはまたとことん容赦なく(汗)
最初はちょっとした脇役かと思っていたら、大化けしたパイエのエピソードが終了。本誌の方の展開から行くと、8巻ぐらいで完結しそうですかね……?

4592183223お伽もよう綾にしき 2 (2)
ひかわ きょうこ
白泉社 2006-11-04

by G-Tools
最初の数話が綴じ込み付録だったので立ち読みできずにいたこのシリーズ、ようやく話が繋がってくれました。
ひかわさんは年の差カップルが多い印象がありますけれど、今回はまた疑似親子設定まで加わって、ツボまっしぐらですvv ととさま、あなたその落ち着きっぷり、ほんとに十八ですか??
No.851 (読書)


 2006年11月03日の読書
2006年11月03日(Fri) 
本日の初読図書:
4125009503オンタロスの剣―クラッシュ・ブレイズ
茅田 砂胡
中央公論新社 2006-07

by G-Tools
今月にはもう次の巻が出ると知って、慌てて積読に手をつけました。
このところルゥがやられっぱなしですな……
口絵やあらすじ説明で、学校側がメイン舞台の話かと思っていたら、どっちかというとそちらは裏側の出来事っぽかったです。ヴァンツァーがひとりでベティの護衛していたあたり、そこらへんのエピソードも読んでみたいなあ。
No.846 (読書)


 11月の新刊チェックメモ
2006年11月03日(Fri) 
11/2  エニシダの五月 黄金の拍車 駒崎優
11/2  Dream on 恵土和堂四方山話 5 新田一実
11/17 炎の月 4 河惣益巳
11/17 CUTE×GUY 4(完) 立野真琴
11/17 うらめしや 9 魔木子
11/25 クラッシュ・ブレイズ ソフィアの正餐会 (仮) 茅田砂胡
11/29 大奥 2 よしながふみ
11/下 花屋の番人 1 池田乾
No.842 (読書)


 2006年11月02日の読書
2006年11月02日(Thr) 
本日の初読図書:
4821183455KATANA 1 (1)
かまた きみこ
ぶんか社 2006-10-17

by G-Tools
代々続く刀鍛冶氏の家の跡取りで、刀の魂魄を目にすることができる名研ぎ師……なんだけど、本人は鍛冶氏を継ぎたがっていない、そんな高校生のお話。
この人の書く話は、ものすごく面白い! とまでは思わないんですが、なんだか味わいがあって、じわじわと深く心に残るように思います。
No.843 (読書)


 2006年10月30日の読書
2006年10月30日(Mon) 
本日の初読図書:
「Bitter Orange,in the Blaze(オンライン小説)」〜074
 http://www.tiara.cc/~olive/

……やっとこ半分。
まさしく読み応えのあるお話です。面白いし完結してるしで安心して読めるんですが、いかんせんほんとに読み応えがありすぎてなかなか進まねえ(苦笑)
もっともさらりと読み流すのがもったいないせいで、ついじっくりと読んでしまうのも事実なので、もうしばらく楽しもうかと。
ああでも、佐七読み返したいーーー

そうそう、カラス元帥、完結してました。

「カラス元帥とその妻(オンライン小説)」
 http://www.geocities.jp/dasou_hareko/

無口無表情の朴念仁と、彼と政略結婚した隣国のお姫様との、結婚から始まる恋愛話です。
いやもう、カラスさんの無表情の下に隠れたベタ惚れっぷりが……(笑)

「アニマルマニア(オンライン小説)」〜08
「タカさんと私(オンライン小説)」第一夜
 http://mmy.daa.jp/
No.837 (読書)


 2006年10月29日の読書
2006年10月29日(Sun) 
本日の初読図書:
4125009570あの花に手が届けば―バンダル・アード=ケナード
駒崎 優
中央公論新社 2006-09

by G-Tools
積読になっていたのをようやく手に取りました。
しょっぱなからバンダルに犠牲者が出てたりと、なかなかヘビィな話運び。人物紹介を見る限りお医者様も登場しないようで、残念……とか思っていたら、そこはそれ、やはり魅力的なキャラクターはちゃんと用意されているのですよね♪
とりあえず今回のお気に入りは、怪しい行動てんこ盛りのライル青年。ああもう、子供になつかれている光景が微笑ましいやら愛おしいやら。

4757518021死がふたりを分かつまで 3 (3)
たかしげ 宙 DOUBLE-S
スクウェア・エニックス 2006-10-25

by G-Tools
一応ひとつのヤマは終わりましたが、相変わらず謎がてんこ盛り。というかどんどん増えていってます。護さんと刑事さんの過去には一体どんな関わりがあったんだか……
しかし盲目の凶剣士(日本刀使用)っつー設定は、それだけでもうわくわくしますなあ(笑)
見た目に似合わず、言うべきことはきっちり言う井川さんも素敵だし、刑事さんとインディアのプロ同士っぽい会話も素敵です。
No.836 (読書)


 2006年10月28日の読書
2006年10月28日(Sat) 
本日の初読図書:
4887417373G・DEFEND (30)
森本 秀
冬水社 2006-10-20

by G-Tools
1巻の頃からずっと買ってるんですが、もう30巻ですか……月日のたつのは早いものよ。
ちなみに最近、登場人物が増えた&作中で髪型変わることが多いせいか、微妙にキャラが見分けられなくなりつつあったりします。いえ、動いてるときは良いんですが、扉絵とか口絵とかでちょっとね……
あ、ところで冬水社コミックス、いつの間にかAmazonでも買えるようになってたんですね。ラッキーvv

4845833859人形佐七捕物帳 1 (1)
田中 つかさ 横溝 正史
リイド社 2006-10-26

by G-Tools
表紙に絵が載ってなかったので、絵柄判らないまま買ったんですが……ビッグコミックかなんかで見たことがあるような、ないような。あ、よく見たら帯に「劇画」の文字が(笑)
少女マンガのつもりで買ってたのでちょっと驚きましたが、こちらのほうが原作の雰囲気に近くて良いかもしれません。話の内容も、収録七作中六作が原作既読でしたが、忠実でいい感じかと(もっとも原作内容うろ覚えですが/苦笑)
ちなみに佐七の恋女房、やきもち焼きのお粂は存在自体が抹消されてました。あとうらなりの豆六も辰五郎とキャラクター統合されてましたし。後者は人数増えすぎると画面がうるさくなるからでしょうし、前者はやはり……女房持ちなのにも関わらず、ふらふらといい女についてっちゃうのは、主役としていささかまずいところがあったんじゃ……ないかと。
原作といえば、グーテンベルク21さんで19〜20巻が発行されたら10冊まとめ買いしようと思ってるんですけど、一年たってもいっこうに発行される気配がないなあ……
No.834 (読書)


 2006年10月25日の読書
2006年10月25日(Wed) 
本日の再読図書:
4829125004翡翠の魔身変―妖魔アモル
まみや かつき
富士見書房 1993-06

by G-Tools

生まれながらの純血の妖魔、最強にして最凶のアモルと、母の体内にいた際、妖気を浴びて妖魔化した故に「なりそこない」と呼ばれる可憐な幼女チコ。
誰もその在処を知らぬと言う、妖魔王の心臓が発見されたらしいと噂を聞いた彼らは、その心臓を求めて傭兵を送り出す強国の船に、人間に化けて乗り組むのだが……

人の命がゴミのようです。ぐちゃ、ぬるり、べきょべきょ、どぷっ。そんな擬音が飛び交いまくり。
いたずら小僧のように楽しげな表情を浮かべながら、妖魔も人も関係なく屠っていくアモルの楽しそうなこと(苦笑) そして天使の面差しと、いびつな妖魔の体を持つチコの愛らしいこと。

出た当時に読んだ時は、重くてみっちり詰まっててなかなか読み進まない……とか思っていたのに、今読み返すとあっさりさくさくと。
アモルの人非人ぶりがかっこよく感じるようになっているあたり、私も相当にすれちゃったようです……(遠い目)
No.829 (読書)


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173][174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202]

<< 2017年06月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2006年11月12日の読書
 2006年11月09日の読書
 2006年11月07日の読書
 2006年11月03日の読書
 11月の新刊チェックメ..
 2006年11月02日の読書
 2006年10月30日の読書
 2006年10月29日の読書
 2006年10月28日の読書
 2006年10月25日の読書

 最新のコメント
 タティングレースとして..
 by 神崎真
 at 2017/06/17 12:49:28
 とっても繊細なモチーフ..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/06/17 09:25:52
 こんばんは〜、猫欧州さ..
 by 神崎真
 at 2017/06/16 23:42:34
 画像で見ると大きさを感..
 by 猫欧州
 at 2017/06/16 23:14:52
 こんばんは、胡蝶蘭さん..
 by 神崎真
 at 2017/06/14 23:19:36
 ダイソーのミックス糸は..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/06/14 08:54:23
 私は安い糸+ほとんどを..
 by 神崎真
 at 2017/06/13 07:42:28
 失礼しました。
 by 胡蝶蘭
 at 2017/06/12 22:08:44

 カテゴリー一覧
 読書(2014)
 更新(428)
 電脳(520)
 映像(225)
 バトン(22)
 創作(488)
  タティングレース(188)
  マクラメ(52)
  レジン(8)
 その他(6)
 日常(1423)

 最新のトラックバック
 今日の夕食は
 ┗しゃばけ(ドラマ)(+五月雨通信+/2007/11/28)

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41