よしなしことを、日々徒然に……



 2007年12月29日の読書
2007年12月29日(Sat) 
本日の初読図書:
「ドグラ・マグラ(青空文庫)」夢野久作

タイヤ交換時の時間つぶしとして持っていき、腰を据えて読んでいたらば、想像以上に早くタイヤ交換が終わってしまい、まだしょっぱなもしょっぱなです。
いったいなにがどうなっているのかさっぱり予測ができません。これがさすがとなるのか、途中でダレて投げ出してしまうのか。さてはて。

あ、ちなみに青空子猫の使い勝手はかなり良いですね。ボタン一発でフルスクリーン切り換えとか、他のタスクに切り換えて戻ってきても、フルスクリーンが解除されないところとか。
ただ慣れてくると、ちょっと起動時に時間かかるのが気になってきます。

「Transsexualism(オンライン小説)」
 http://souzoukaiiki.sakura.ne.jp/

ショートショート。
性同一性障害の少女が、男として転校した学校で出会ったのは……

本日の再読図書:
4086118904双貌の救世主―ダークサイド・ハンター
立原 とうや
集英社 1994-09

by G-Tools
シリーズ全六冊ようやく再読終了。
十日もかかっちゃったのは、やはりゼロさんの画面の小ささ故でしょうか。それでも文庫本をスキャニング→そのまま携帯端末で読める、というのはやっぱりすごいことだと思います。
No.1737 (読書)


 2007年12月25日の読書
2007年12月25日(Tue) 
本日の初読図書:
4091304265AMAKUSA1637 12 (12) (フラワーコミックス)
赤石 路代
小学館 2006-04-26

by G-Tools
全巻読了!
ラストは知ってましたが、それでもこの突っ走りぶりがなんともかんとも(誉め言葉です)。
そして忠直様に髭が(笑)
いや髭キャラは好きなんですけど、忠直様にはちょっと似合わねえっつーか……どーせなら黒田さんあたりが生やしてくれた方がまだしも……
No.1731 (読書)


 2007年12月24日の読書
2007年12月24日(Mon) 
本日の初読図書:
4125010013夜の展覧会 (C・NovelsFantasia か 1-47 クラッシュ・ブレイズ)
茅田 砂胡
中央公論新社 2007-11

by G-Tools
おとーさん、おとーさん(笑)
今回はなんと言ってもアーサーでしょう。あと初登場ゲストキャラ、グレン警部。
二人が病室で語ってるシーンの挿し絵に悶えてしまいましたよ、私は。
話の方は、二転三転どころか四転も五転もした感じで、ちょっとごちゃごちゃしてましたが、とにかく今回はおとーさん大活躍(?)で満足です。

4265072062アンティークFUGA 1 (1) (YA!フロンティア)
あんびる やすこ 十々夜
岩崎書店 2007-07

by G-Tools
幼い頃、父から貰ったペンダントは、一生に一度だけ願いを叶えてくれるという魔法の品物。
もちろん、中学生にもなったいまとなっては、そんなおとぎ話など信じていない風雅だったが、それでもそれは、父から貰った大切な思い出の品だった。
ある日のこと、ペンダントを手にしたまま階段を踏み外した風雅は、そのはずみでペンダントに宿っていた精霊を呼び出してしまう。願いを言え! とせまる精霊に、風雅はとっさに「兄になって一緒に暮らしてほしい!」と口走った。
その期限は、風雅の両親が戻ってくるまで。
なぜなら風雅の両親は、半年前に謎の失踪を遂げていたからである。

児童文学。とりあえず、アンティークとタイトルについていたら(以下略)
超絶美形な木霊の長シャナイアが、カップ麺すすってる姿が微笑ましいです(ペンダントが木でできているので、宿っているのも木霊)
せっせと商売にいそしむ銀髪美形の動機がカップ麺て(笑)
あと、帯留めのつくも神、貘ちゃんがラブリーですvv

4091343473AMAKUSA1637 5 (5) (フラワーコミックス)
赤石 路代
小学館 2003-04-24

by G-Tools
先日大人買いで全十二巻そろえたものを、五巻まで。
1637 年にタイムスリップしてしまったミッション系スクールの生徒会一同が、既に死んでしまっていた天草四郎の代わりになって、島原の乱を成功させようと画策するお話。
雑誌掲載時は読んだり読まなかったりといったスタンスだったのですが、最終話のつきぬけっぷりに、思わず見直してしまいました。歴史改変ものも、あそこまで行くとすがすがしいです。
No.1730 (読書)


 2007年12月23日の読書
2007年12月23日(Sun) 
本日の初読図書:
4396208383紳士ならざる者の心理学―天才・龍之介がゆく! (ノン・ノベル 838)
柄刀 一
祥伝社 2007-11

by G-Tools
天才・龍之介がゆく!シリーズ9冊目の短編集。
毎回、各話タイトルがひとひねりされているこのシリーズですが、今回は後書き読むまで判りませんでした。ううむ、修行がたらーぬ。
そして今回はついに、念願の龍之介のプレイランドが竣工しましたね。次回からは実際に動き出してくれるようです。
このシリーズの良いところは、読切連作にも関わらず、ちゃんと一作ごとに時系列が進んでゆき、登場人物達の立場も少しずつ変化してゆくところではないでしょうか。ゲストキャラ達も、幾度も再登場してはそれぞれの関係を深め広げてゆくのが、読んでいてどんどん感情移入できます。
……とはいえ、中には「あれ? これ誰だっけ」という方もでてきたりして。 藤直さんって初登場、どんなエピソードだったか(悩)

4022131047Catalogue Noir1 [眠れぬ夜の奇妙な話コミックス] (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)
佐藤 かおる
朝日新聞社 2007-11-07

by G-Tools
誰よりも確かに死者の声を聞き、真実を引き出す ――
いわくつきの美術品の鑑定を得意とするアダムス教授を、人は黒の目録(カタログ・ノワール)と呼んで揶揄するという。

元は読切として書かれたそうですが、連作化された現在は、アダムス教授の過去にいろいろとありそうなのが気になって仕方がありません。
オッサンぶりといい、微妙に東洋趣味らしきところといい、冷淡そうに見せて実は熱いところいい、好みど真ん中を撃ち抜かれております。ふふふふふ。
No.1728 (読書)


 2007年12月21日の読書
2007年12月21日(Fri) 
本日の再読図書:
4086118017紅蓮の洗礼―ダークサイド・ハンター
立原 とうや
集英社 1993-12

by G-Tools
3巻目〜〜
No.1726 (読書)


 2007年12月20日の読書
2007年12月20日(Thr) 
本日の再読図書:
4086117770幻夢の宴(うたげ)―ダークサイド・ハンター
立原 とうや
集英社 1993-09

by G-Tools

No.1725 (読書)


 2007年12月19日の読書
2007年12月19日(Wed) 
本日の初読図書:
「殺人鬼探偵(オンライン小説)」〜2
 http://www.h5.dion.ne.jp/~madtaro/

ちょこちょこ名前を見かけていた狂気太郎さんの作品。
…………とりあえず、スプラッタ苦手な方はまわれ右ってことで。
 
本日の再読図書:
「とりかへばや物語(現代語訳)」
 http://homepage3.nifty.com/miztam/
No.1722 (読書)


 2007年12月18日の読書
2007年12月18日(Tue) 
本日の初読図書:
「日いづる国の暴君(オンライン小説)」
 http://www.luna-beat.com

番外編含めて読了。
最後はラブラブ状態になってくれて安心しましたが……ほんとにいいのか太陽(受)、あんだけ無茶苦茶された相手に……(汗)

本日の再読図書:
4086117568水竜覚醒―ダークサイド・ハンター
立原 とうや
集英社 1993-06

by G-Tools
懐かしの再読週間続行中。
No.1720 (読書)


 2007年12月17日の読書
2007年12月17日(Mon) 
本日の初読図書:
「日いづる国の暴君(オンライン小説)」〜第三部-37
 http://www.luna-beat.com

異世界召還、暴君×リーマン。完結済。
……暴君がほんとに暴君でどうしようかと思いましたが、ようやく落ち着いてきて一安心。
ラストは幸せになってくれると良いんですが……

本日の再読図書:
4257763353スターダスト・シティ〈2〉
笹本 祐一
朝日ソノラマ 1986-06

by G-Tools
ゼロさん@PDFで読了。やはり何度読んでもおもしろいものはおもしろいですな、ふふふ。
……まあ、いまの目で読み返すと、おいおいってな部分はあるんですけどね。 致死性の細菌兵器で汚染された区域に突入するのは、しょせん自分の命の使い方だから良いとしても、あんな適当なやり方して、もし菌が漏れ出して宇宙ステーション全滅とかなったらどうする気だったんだとか、いくらなんでも他人に迷惑かけすぎだろうよとか(苦笑)

あと、ネットで感想探してみたら、二巻目は走り過ぎといったものをちょこちょこ見つけて「そうかなあ」と思っていたのですけれど。よく考えたら前シリーズ妖精作戦を読んでない人には、確かに「案内人」の登場があまりに唐突かつ都合良すぎに見えますわなあ……
No.1718 (読書)


 2007年12月16日の読書
2007年12月16日(Sun) 
本日の初読図書:
4872578570やおろず
古戸 マチコ 裕龍 ながれ
イースト・プレス 2007-12-13

by G-Tools
祖母の葬式の晩、庭の祠で家神さまと出会った澄香は、その日から様々な物に宿る八百万の神々が見えるようになってしまった。
平成生まれの便所の神は、幼稚園児のように甘えん坊で、三穴コンロに宿った荒神様はちゃんと自炊をしろと口うるさい。おしゃべり好きの道祖神は、本体を離れて気軽に遊びにやってくるし、お雛様は犬も食わない夫婦喧嘩。
静かな毎日を返せ! と文句たらたらな澄香と神様たちは、今日もドタバタと日々を過ごしてゆくのだが……

サイト「へいじつや」様で公開されているWEB小説を加筆修正したものに、さらに200ページの書き下ろしがプラスされた、オンライン版既読の方でも金出して損なし、な一冊。
特に後半の家神様についてのお話は、もうどうなることかとドキドキさせられました。そっかー、家神様にもいろいろあったんだなあ……

書き足し部分を呼んだ方のみ判るパスワードを入れると、公式サイトにて書き下ろし番外編を読めるおまけ付きですが、おまけの公開期限は決まっているので、読みたい方はお早めに〜〜


「日いづる国の暴君(オンライン小説)」〜第二部
 http://www.luna-beat.com
No.1716 (読書)


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149][150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206]

<< 2017年12月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2007年12月29日の読書
 2007年12月25日の読書
 2007年12月24日の読書
 2007年12月23日の読書
 2007年12月21日の読書
 2007年12月20日の読書
 2007年12月19日の読書
 2007年12月18日の読書
 2007年12月17日の読書
 2007年12月16日の読書

 最新のコメント
 こんばんは、胡蝶蘭さん..
 by 神崎真
 at 2017/12/11 23:58:30
 ロングチェ―ンの中にあ..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/12/11 19:34:08
 今回はピコがなかなかき..
 by 神崎真
 at 2017/12/10 21:37:26
 センターのピコとリング..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/12/10 10:55:52
 危ないからっていうのは..
 by 神崎真
 at 2017/12/09 04:09:36
 ダメと言う人は、ダメと..
 by ちなつとも
 at 2017/12/08 21:30:51
 お二方>
 by 神崎真
 at 2017/12/08 06:51:16
 私も左側の中心がすきー..
 by 猫欧州
 at 2017/12/07 23:38:58

 カテゴリー一覧
 読書(2052)
 更新(443)
 電脳(531)
 映像(232)
 バトン(23)
 創作(595)
  タティングレース(284)
  マクラメ(52)
  レジン(8)
 その他(7)
 日常(1436)

 最新のトラックバック
 今日の夕食は
 ┗しゃばけ(ドラマ)(+五月雨通信+/2007/11/28)

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41