よしなしことを、日々徒然に……



 2007年10月25日の読書
2007年10月25日(Thr) 
本日の初読図書:
「代打屋トーゴー」〜21巻 たかもちげん
No.1625 (読書)


 2007年10月23日の読書
2007年10月23日(Tue) 
本日の初読図書:
4062693887妖怪アパートの幽雅な日常(7) (YA!ENTERTAINMENT)
香月 日輪
講談社 2007-10-18

by G-Tools
……み、耳が痛いよ……_| ̄|○

今回は事件風味は薄目で、主に千晶とまり子さんの過去話にスポットが当たっておりました。
自分を形作ること、日々を楽しく生きていくこと、勉強というものの持つ意味……あいかわらず深いです。つか、深すぎて現在の己の情けなさが身に染みる……(遠い目)

それにしても、最後の夕士くんの言葉には心打たれました。
彼が肩の力を抜くことができたのは、これまで見守ってきた読者として非常に嬉しいです。
No.1624 (読書)


 しばし待て
2007年10月22日(Mon) 
母より「お金出すからはよ続き買ってこい」という指令を受けた探偵ガリレオの続刊ですが、本日ようやく本屋で三巻「容疑者Xの献身」を見つけました。これだけハードカバーだったんですね……
その場で母に電話して「1600円だったけどいるー?」と聞いてみたところ、沈黙が(笑)
結局、古本探そうという結論になって、その場では買わずにすませることに。
で、帰宅してからいつもの熱帯雨林で検索してみたのですけれど、古本もあんまり安くなってないようですね。手数料込にすると、本屋で新刊買うのとそう変わらないぐらいで。
まあドラマ化もされたし、発行後2年もたってますし、そろそろ文庫落ちするんじゃないかという予測の元に、しばらく様子見するということになりました。そもそも私、まだ二巻読み終えてないしー?
あと、同じく熱帯雨林で注文してみたら、お届け予定日が 11/11 〜 とかになってしまった妖怪アパートの新刊も、無事本屋で見つけられたので購入し、注文の方を解除。抱き合わせで注文していた「下町不思議町物語」は、更に別の本と抱き合わせて注文し直したりなんかして。
……なんでそんなに買う本があるのかというつっこみは、なしの方向で(苦笑)

本日の小説進捗は原稿用紙3枚と15行。お昼休みにシグ3でぽちぽちとやっておりました。
ううむ……ゲストキャラへの愛着が薄いせいか、今ひとつ文章が膨らんでくれませんな。できれば次の場面転換までに、もう10枚は書きたい所なんですが……
No.1623 (読書)


 2007年10月22日の読書
2007年10月22日(Mon) 
本日の初読図書:
4887418043SILVER DIAMOND(12)
杉浦 志保
冬水社 2007-10-20

by G-Tools
雑誌の立ち読みができなくなって、1冊丸々未読話の今巻。
いやもうあらゆる意味でびっくりさせられっぱなしっていうか、良い意味で予想を裏切られてて楽しいの面白いの。
前回決裂したと見えた金隷と妖芽の皇子は、皇子の予想外の行動でえらいことになりつつあるし、辺境警備隊なんてものが出てきたと思ったら、沙芽の皇子の警備隊がここぞとばかりに登場して再会してくれるし!主匪〜〜vv 白琵は白琵で可愛いし!(笑)
新刊読んだばかりであれですが、1月に出る13巻が待ち遠しいですvv
No.1622 (読書)


 2007年10月19日の読書
2007年10月19日(Fri) 
本日の初読図書:
「竜屋(オンライン小説)」
 http://www.geocities.jp/darkness_idea/idea/

三白眼に濃いい隈。初対面の子供が泣き出すご面相。……でもその実態は、お人好しで気が弱く、とことん涙もろい。
そんな青年が開いたのは、竜を預かって調教したり、飼うために必要な道具を売買する、竜屋だったが……

気が弱くて涙もろくてお人好しで騙されやすい。
そんなまわりの人間が頬っておけなくてハラハラする主人公ですが、竜の調教師としては超一流。興奮して暴れる戦闘竜をなだめるために、愛情をもって シ バ キ 倒 せ る 剛の者ってあたりがたまりません(笑)
猛毒を吐く小さな竜を、平気で首に巻いてたりとかね、そういう懐の深さがかっこいいのです。
……もっとも、もうちょっとしっかりしないと、さすがにまわりの者の気苦労が耐えなさすぎますが。とりあえず契約書に片手間でサインするのは、いくら忙しくてもやめとこうや……(^ー^;;)

「銭形平次捕物帖控(グーテンベルク21)」20巻 野村胡堂

4月にまとめ買いした10冊、ようやく読了。
No.1620 (読書)


 2007年10月18日の読書
2007年10月18日(Thr) 
本日の初読図書:
4253153771CROWN 4 (4) (プリンセスコミックスデラックス)
和田 慎二 氷栗 優
秋田書店 2007-10-16

by G-Tools
新展開は良いんですが、ちょっとまひろの影が薄くなってきたかも……

「銭形平次捕物帖控(グーテンベルク21)」19巻 野村胡堂
「名もなき花の散る果てに(オンライン小説)」
 http://betty.jp/yukiyume
No.1618 (読書)


 2007年10月17日の読書
2007年10月17日(Wed) 
本日の初読図書:
4167110075探偵ガリレオ (文春文庫)
東野 圭吾
文藝春秋 2002-02

by G-Tools
一見超常現象にしか思えないような、不可思議な事件が起きたとき、警視庁捜査一課の刑事草薙は、必ず友人を訪ねる。帝都大学理工学部物理学科の助教授湯川は、そんな不思議な謎を論理的に解いてくれる男なのだ。

先日ドラマ化されたミステリ作品の第一巻。
読み切り短編集で、トリックについても科学音痴な相方刑事に合わせてざっくりかみ砕いた説明をしてくれるため、非常に気軽に読み進められました。登場人物は、思ったほどアクが強い(変人)とかではなく、良い意味で安定したキャラクターだったかと。
また湯川が実演してくれる現象の数々は実に面白く、確かにこれは映像で見たらなお楽しいだろうと思いましたね。
……って、ドラマの方は結局見てないんですが(苦笑)
CMを何度かテレビで見ておもしろそうかも、とは思ってたんですけど、そこでドラマを見ずに原作を買ってしまうのが私の私たる所以というか。
ちなみにこちらはドラマを見た母に貸したところ、半日で読んだあげく、お金出すから続きはよ買ってこいとの要請を受けました。かなり気に入ったようです(笑)
No.1616 (読書)


 2007年10月16日の読書
2007年10月16日(Tue) 
本日の初読図書:
「銭形平次捕物帖控(グーテンベルク21)」18巻 野村胡堂
「代打屋トーゴー」〜15巻 たかもちげん
「自慢のカレ(オンライン小説)」
No.1614 (読書)


 2007年10月15日の読書
2007年10月15日(Mon) 
「銭形平次捕物帖控(グーテンベルク21)」17巻 野村胡堂
「代打屋トーゴー」〜14巻 たかもちげん
「真夜中の住人たちと捜査官と。(オンライン小説)」
 http://www.h5.dion.ne.jp/~nekoi/

真夜中の〜は、吸血鬼やゾンビ達が、普通に人間と暮らしている世界でのサスペンスもの。
透明人間は網膜も透明だから光が通過してしまうので、盲目の種族、という設定が面白かったです。
No.1613 (読書)


 2007年10月14日の読書
2007年10月14日(Sun) 
本日の初読図書:
4061026046代打屋トーゴー 10 (10)
たかもち げん
講談社 1987-04

by G-Tools
パーフェクト・ピンチ・フォロー・オフィス、通称代打屋。殺人と営利誘拐以外なら報酬次第で何でも引き受け、その依頼達成率は100%。
その唯一の所員にして所長のトーゴーは、普段は市役所土木課に勤務する、さえない地方公務員吉本大介にすぎない。
しかし代打屋トーゴーとして活躍するときのみ、その能力は無限にまでアップするのである。

10巻まで読了。
身近にある物をつかって様々な道具を作り出してはトラブルを回避するそのさまは、特攻野郎Aチームとか冒険野郎マクガイバーを彷彿とさせられます。
読切連作なので、ちょっと時間があいたときに読むのに便利ですね。
No.1610 (読書)


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149][150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201]

<< 2017年05月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2007年10月25日の読書
 2007年10月23日の読書
 しばし待て
 2007年10月22日の読書
 2007年10月19日の読書
 2007年10月18日の読書
 2007年10月17日の読書
 2007年10月16日の読書
 2007年10月15日の読書
 2007年10月14日の読書

 最新のコメント
 こんばんは。胡蝶蘭さん..
 by 神崎真
 at 2017/05/23 03:47:55
 私もボビンシャトルを持..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/05/22 08:40:34
 こんばんは、胡蝶蘭さん..
 by 神崎真
 at 2017/05/20 21:52:01
 いつも糸の太さや重さに..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/05/20 21:40:36
 こんばんは、あみものO..
 by 神崎真
 at 2017/05/18 21:07:27
 完成おめでとうございま..
 by あみものOTOKO
 at 2017/05/18 20:15:46
 チッス。これが以前話し..
 by 神崎真
 at 2017/05/17 22:52:57
 すげぇ、大作っすね。で..
 by ちなつとも
 at 2017/05/17 13:23:24

 カテゴリー一覧
 読書(2004)
 更新(425)
 電脳(519)
 映像(225)
 バトン(22)
 創作(457)
  タティングレース(160)
  マクラメ(51)
  レジン(8)
 その他(6)
 日常(1421)

 最新のトラックバック
 今日の夕食は
 ┗しゃばけ(ドラマ)(+五月雨通信+/2007/11/28)

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41