よしなしことを、日々徒然に……



 2008年03月19日の読書
2008年03月19日(Wed) 
本日の初読図書:
4592171586夏目友人帳 1 (1) (花とゆめCOMICS)
緑川 ゆき
白泉社 2005-10-05

by G-Tools
人には見えない、妖怪を見ることができる少年夏目貴志は、家族がいないこととその言動の不可解さから、親戚中をたらい回しとなっていた。最近になってようやく人の良い遠縁に引き取られ、この夫婦にだけは嫌われたくないと、自分の異能を隠し、できるだけ普通に振る舞おうと努力している。
ところがその町に引っ越してきてからというもの、何故か頻繁に妖怪に襲われるようになった。襲ってくる妖怪達は、彼を「レイコ」と呼び、「名前を返せ!」と要求してくる。どうやら原因となっているのは、祖母の形見「友人帳」であるらしいのだが……

いや、うん。雑誌連載が始まった頃に、機会があったら買おうかなあとか思っていて、気がついたらけっこう冊数がかさんでおり、手が出せずにいたのですが。
本屋さんでお試し立ち読み本が置いてあって、パラパラめくってみたら、うっかり既刊5冊持ってレジに並んでおりました。
……置場に困らなくなったのが、大人買いへのハードルを下げちゃってるよなあ……(遠い目)

なんか可愛い絵の割に、ときどき妙にゾッとする時があるんですが、基本はほのぼのコメディ。
二話目登場の露神さまの在りようが、とてもしんみりとさせられました。
No.1864 (読書)


 3月の新刊チェックメモ
2008年03月19日(Wed) 
3/01 新装版 卵の日 直野儚羅 リブレ出版
3/07 チキタ★GUGU(8) TONO 朝日新聞社
3/08 BUS GAMER(1) 峰倉かずや 一迅社
3/10 モンスターズ・イン・パラダイス(3) 縞田理理 ウィングス文庫
3/18 イフリート(5) 吉田正紀 小学館
3/18 絶対可憐チルドレン(12) 椎名高志 小学館
3/19 心霊探偵 八雲 〜赤い瞳は知っている〜(2) 都戸利津 白泉社
No.1863 (読書)


 2008年03月17日の読書
2008年03月17日(Mon) 
本日の初読図書:
425315378XCROWN 5 (5) (プリンセスコミックスデラックス)
和田 慎二 氷栗 優
秋田書店 2008-03-14

by G-Tools
チェック落として、出ること知りませんでした。危ない危ない。
今回は和田作品スターシステムにより、紫堂隊長が登場! いや、ほんとかっこええわこの人……

「側妃異聞(オンライン小説)」〜閑話4−1
 http://book.geocities.jp/kawarabe48/

子供をかばって交通事故にあった三十代女性が、魂のみ異世界に飛んで、意に染まぬ政略結婚に絶望して自殺を図ったうら若き王女の肉体に入ってしまい、人生やり直すお話。
経験豊かで落ち着ききった主役の、何事にも動じない王女っぷりが素敵です。
No.1860 (読書)


 2008年03月16日の読書
2008年03月16日(Sun) 
本日の初読図書:
4063709930Q.E.D.―証明終了 (21) (講談社コミックス―Monthly shonen magazine comics (KCGM993))
加藤 元浩
講談社 2005-06-17

by G-Tools
4063710114Q.E.D.―証明終了 (22) (講談社コミックス―Monthly shonen magazine comics (KCGM1011))
加藤 元浩
講談社 2005-10-17

by G-Tools
22巻の前半「春の小川」は、古本屋でめくったときうっかりオチを見てしまい _| ̄|○
しかし後半の「ベネチアン迷宮」がおもしろかったので、まあいっかと。
アランネタでは、これまでで一番好みっつーか、微笑ましかったです(笑)

モンテ・クリスト伯は5巻を読了。6巻目に入りました。
目次を見る感じ、この間は皮春小侯爵ことアンドレア・カヴァルカンティがメインっぽいですな。あとアルベールとの決闘もそろそろかな……?
No.1859 (読書)


 ヤバイ
2008年03月14日(Fri) 
いま無性にこれが欲しくて仕方ないんですが、どうしましょう。
4899840675巖窟王〈上巻〉 (世界名作名訳シリーズ)
黒岩 涙香
はる書房 2006-09

by G-Tools
ちょっと待て、お前すでに著作権切れテキスト無料で入手してるだろう。というか、こないだ岩波文庫の完訳版全7巻入手して、今まさに読んでる途中だろうがよ!

……いえね、なんというか。
けして山内義雄訳が悪いという訳ではないのですが。むしろがっつり面白く、非常に楽しくページをめくっているのですが。
けれどそれでも ―― 私は人に勧めるのであれば、ぜひ涙香版をお勧めしたいのですよ。

もちろん旧字旧仮名はかなり取っつきにくいでしょうし、登場人物みなが日本名になっているという、かなり癖のある書かれ方ではあるのですが。
しかしその文章の美しさは、なんというか、ほんとに素晴らしいと思うのですよ。
それに原作モンテ・クリスト伯よりも、伯爵を含めた各自の心情が深く描写されており、それぞれのキャラクターがとても生き生きとしています。
内面を描写することによって、伯爵の神秘性というか、謎めいたところが失われてしまうと感じる方もいらっしゃるでしょう。しかし私はこの伯爵の感情の豊かさ、情けの深さ、誰よりも他人を愛することを知り、そしてそれ故にこそ裏切られた際の憎しみもまた強く深い ―― そんな有り様に魅せられてしまったものですから、ちょっと完訳版の書かれ方が物足りないというかもどかしいというか。

……ある意味、涙香の巖窟王は、原作に対する壮大なパロディ小説と言えるのかもしれません(笑)

あと涙香版をお勧めするもう一つの理由としては、文章の書かれ方にあったりします。
以前に読んだ幽霊塔もそうだったんですが、この作品、雑誌連載という発表形態をとったためでしょうか。久しぶりに出てくるキャラクターに、その都度説明が入っているのですね。「かつての恋敵であった野西次郎は」とか、「檢事總長として名高い蛭峰が」といった感じに。
これ、長編小説を読んでいる場合には、ものすごーく有り難いことなんですよね。おかげさまで、途中「あれ、これ誰だっけ?」と首を傾げることがほとんどなく。
正直、この涙香版で人間関係を頭に入れていたからこそ、いまモンテ・クリスト伯を読んでいても戸惑わずにすむという感じだったり。

……ううう、紙書籍版買って永久保存版にしたい……そして母に読ませて感想を語りたい〜〜
No.1857 (読書)


 2008年03月14日の読書
2008年03月14日(Fri) 
本日の初読図書:
4003253353モンテ・クリスト伯〈5〉 (岩波文庫)
アレクサンドル デュマ Alexandre Dumas 山内 義雄
岩波書店 1956-08

by G-Tools
5巻目読み進め中。
好青年マクシミリアン・モレルが初々しいったら。
……でも正直髭は勘弁して欲しい……というか、脳内消去しとります。オヤジキャラの髭はむしろどんとこいなんですが、若々しい好青年に髭は、さすがにちょっと……(苦笑)

「罪と覚悟(青空文庫)」オー・ヘンリー
No.1856 (読書)


 2008年03月12日の読書
2008年03月12日(Wed) 
本日の初読図書:
4003253345モンテ・クリスト伯〈4〉 (岩波文庫)
アレクサンドル デュマ Alexandre Dumas 山内 義雄
岩波書店 1956-01

by G-Tools
とりあえず、月曜日に3巻読み終わって、現在は四巻の半ばあたり。
あと5巻届きました。母が先に読んでます。
……そして伯爵と黒奴アリの関係に、つい萌え心が刺激されてしまってる私は、なんか間違ってますか……?
No.1854 (読書)


 2008年03月09日の読書
2008年03月09日(Sun) 
本日の初読図書:
4003253337モンテ・クリスト伯〈3〉 (岩波文庫)
アレクサンドル デュマ Alexandre Dumas 山内 義雄
岩波書店 1956-01

by G-Tools

本日の再読図書
4044155011極東少年
小林 めぐみ
角川書店 1994-04

by G-Tools
ある朝、ゴミ捨場で眠っていた老人から、謎の丸薬をもらって飲んだ進之介は、その後の通学途中、怪しい外国人から食器洗浄機を変身させた魔物をけしかけられる。
その後も、次々と妙な能力を持つ外国人達に襲われる彼を救ったのは、ナミの神器の番人と名のる美少女、美和。
なんでも進之介は、現代に今なお残る神霊「ナミ」の気配をその身にまとっているため、神器を求める輩に目をつけられたというのだが……

スキャニングしながら「モンテ〜」3巻を読んでいたら、母に「そんな中途半端な読み方は許さん。先に読ませろ」と召し上げられてしまったので、仕方なくちょうど取り込み終えたこいつを再読。
挿絵といい主役の性格といい、軽いノリの現代ファンタジーかと思いきや、話の展開自体はかなり深刻……なのにも関わらず、それに相対する『今時の若者』である主役達の淡泊な対応が、ある意味この上なくリアルかもしれません。

死を覚悟してなお恐怖を見せない進之介が、「深く考えると怖くなるから、意識の表面だけで納得してるんだ」という下りが、非常に印象深かったです。実際、なにかで死を覚悟しなきゃいけなくなったら、そうやってストッパーかけて思考停止するんだろうなあ……
No.1852 (読書)


 2008年03月08日の読書
2008年03月08日(Sat) 
本日の初読図書:
4003253329モンテ・クリスト伯〈2〉 (岩波文庫)
アレクサンドル デュマ Alexandre Dumas 山内 義雄
岩波書店 1956-01

by G-Tools
いろいろ古本やオークションをチェックしたあげく、結局いつもどおり Amazon のマーケットプレイスで1冊ずつバラ購入が一番安上がりで手間がかからないと判明(苦笑)
本日、三ヶ所の出品者から計六冊が届きました。
で、とりあえず伯爵がパリに現れたあたりから読もうとめくっていって、結局、脱獄直後らへんから読み始めてしまいました。畜生、涙香版こないだ読んだばかりなのに、なんでまた読んじゃうんだ……(苦笑)
まあさすがに完訳版だけあって、涙香版では省略されてる部分もあって、そのあたりがまた面白い訳なんですが。
そして1巻から読んでいた母に早々に追いつかれ、はよ読めとせっつかれる羽目に……(^ー^;;)
No.1850 (読書)


 2008年03月05日の読書
2008年03月05日(Wed) 
本日の初読図書:
「魔王城の門番(オンライン小説・小説家になろう)」〜12
 http://syosetu.com/

ある日突然魔界の王にさらわれて、その門番として鉄壁笑顔で勇者を追い返す元OLのお話。連載中。
No.1846 (読書)


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143][144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205]

<< 2017年11月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2008年03月19日の読書
 3月の新刊チェックメモ
 2008年03月17日の読書
 2008年03月16日の読書
 ヤバイ
 2008年03月14日の読書
 2008年03月12日の読書
 2008年03月09日の読書
 2008年03月08日の読書
 2008年03月05日の読書

 最新のコメント
 シャトルの角カバーの記..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/11/15 11:45:22
 こんばんは、胡蝶蘭さん..
 by 神崎真
 at 2017/11/14 23:24:33
 シャトルは全部スケルト..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/11/14 22:47:07
 あ、これ毎晩寝る前に、..
 by 神崎真
 at 2017/11/13 21:28:53
 いつもながら仕上げが必..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/11/13 14:38:24
 今回は自業自得とはいえ..
 by 神崎真
 at 2017/11/12 14:38:10
 糸のからみはイライラし..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/11/12 11:13:20
 ビーズ入り糸を大量に巻..
 by 神崎真
 at 2017/11/11 22:23:08

 カテゴリー一覧
 読書(2049)
 更新(441)
 電脳(528)
 映像(232)
 バトン(23)
 創作(576)
  タティングレース(265)
  マクラメ(52)
  レジン(8)
 その他(7)
 日常(1435)

 最新のトラックバック
 今日の夕食は
 ┗しゃばけ(ドラマ)(+五月雨通信+/2007/11/28)

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41