よしなしことを、日々徒然に……



 2008年10月04日の読書
2008年10月04日(Sat) 
本日の初読図書:
4088745817ぬらりひょんの孫 2 (2) (ジャンプコミックス)
椎橋 寛
集英社 2008-10-03

by G-Tools
旧鼠編のラストと、牛鬼編の終わり間近まで。
私に単行本購入を決意させた十三幕が収録されておりますvv
もうね、昼若のまま牛頭丸相手に長ドスで戦うリクオの格好いいこと格好いいこと。
ここまでは正直昼若のふぬけぶりに苛々するところもあったんですが、この話でどかんとひっくり返されたのですよ。
ここに至るまではもう二〜三冊ぐらいかかるだろうと思っていたので、展開の速さにもびっくりです。ぬら孫って、あんまり戦闘シーンにページを割かず、さくさく話が進んでいくのもありがたいところですよね……

それにしても、章と章の間にある書き下ろしラフ。「待ってよ、清継くん!」の後の暗転したひとコマに、一体なにが……(ガクガクブルブル)
……誰にも相談せずにあれだけ達筆な回状書けるところとか、なにげにさらりと普段から和服着こなしてたりとか、そもそも雑魚妖怪うわーって足蹴にできたりとか、昼若って普通の中学生自認してる割に、けっこうスキル高いですよね……?

「いきなり魔王様(オンライン小説)」
 http://www3.to/denju/

ある日突然魔族の国に召喚され、国を滅ぼそうとする魔獣から救って欲しいと懇願された、演劇部部長シーナ・ヒロツグ。彼が持つ魔王としての能力とは、その世界のいつの時代に使われた言語も理解することができるという、ただそれだけのもの。
だが持ち前の傲慢さと度胸と現代知識を元に、彼は国を根本から救うべく次々と手を打ってゆく。まさしく「魔王」と呼ばれるにふさわしいカリスマをその身にまといつつ……

異世界召喚ものとしてはありがちな、現代知識を元に一国を立て直してゆくタイプのものですが、主役の知識が知ってることは知ってるけど知らないことは知らないあたり、けっこうリアルかと(蕎麦の作り方は知っててもラーメンは作れないとか、黒色火薬の作成は思いついても配合が判らないとか)。
そして何でもかんでも演劇に結びつけるあたりが、演劇部長。
No.2151 (読書)


 2008年10月03日の読書
2008年10月03日(Fri) 
本日の初読図書:
4125010463故郷に降る雨の声 下―バンダル・アード=ケナード (3) (C・NovelsFantasia こ 1-6)
駒崎 優
中央公論新社 2008-08

by G-Tools
昨日に引き続き、バンダル〜の下巻。
三つの傭兵団とひとつの正規軍と依頼人とその使用人とが入り混じって、錯綜した情報になにがなんだかしっちゃかめっちゃかだった状況が、やっと落ち着いて読んでいる方もほっと一安心でした。
そしてヴァルベイド格好いいです、ヴァルベイド。医者としての仕事をきっちりこなしつつ、着実に情報を集めて推理巡らせて、打てる手を打っていく。おまけに傭兵達への融通も利かせるものの判りっぷり。そりゃバンダルの面々も惚れるわ!(違)
あと挿し絵のマドゥ=アリがだんだん幼くなってきてるのは気のせいでしょうか。平服だからかと思っていたら、軍服着てる表紙でもやっぱり幼いような。
つうかシャリースの挿し絵も若えよ! 髭はどうした! ヴァルベイドにはちゃんと髭があるのに、なんでシャリースにはないんだ。何日も着た切り雀で山ん中さまよってたら、泥汚れよりもまず無精髭だろうよ!(待て、落ち着け)

……真面目な話をすると、彼が……まさか彼が。思い返してみればこの上下巻、思い切りフラグ立ちまくりな言動をとってはいたのですけれど、この人の場合、登場したときからずっとそんな感じだったので、完全にスルーしてしまってました。
駒崎先生、なんてシビアな……(しくしくしく)
No.2150 (読書)


 2008年10月02日の読書
2008年10月02日(Thr) 
本日の初読図書:
4125010366故郷に降る雨の声 (上) (C・NOVELS Fantasia―バンダル・アード=ケナード (こ1-5))
駒崎 優
中央公論新社 2008-06

by G-Tools
仕事が始まる前に雇い主が病死するという目にあってしまったバンダル・アード=ケナードの面々は、当てにしていた仕事と依頼金を失い、追いつめられていた。
早く次の仕事を見つけなければと焦るシャリースの前に現れたのは、大金を持った老人だった。自分は依頼主の代理人であり、何を依頼するのか、どこへ連れて行くのかは教えることができない ―― そう告げる老人の言葉にうさんくさいものを感じつつも、シャリースは金を取るか危険を取るかで悩むのだが……

バンダル・アード=ケナードシリーズ、最新上下巻のとりあえず上巻。
相変わらず情報が錯綜していて、何がなんだか判らないまま話が進んでいくのがこの作者さんの手法ですが、今回はまた視点があっちこっちに移動してくれてややこしいです。
っていうか……ヴァルベイド〜〜〜vv 待ってましたよ医者先生vv
口絵でシャリースと差し向かいになっているのを見て、単なる新キャラ!? 似てるだけの新キャラ!? とドキドキしながらページをめくっておりました。
けっこうしたたかな癖に、友人と認めた相手にはまっすぐに好意を寄せる、無精髭の(それ関係ないだろ)医者先生ラヴvv
No.2149 (読書)


 10月の新刊チェックメモ
2008年10月02日(Thr) 
10/03 ぬらりひょんの孫 2 (2) (ジャンプコミックス)
10/07 蛇王再臨 アルスラーン戦記13
10/10 妖怪アパートの幽雅な日常 (9)
10/16 CROWN 6 (6) (プリンセスコミックスデラックス)
10/16 天の神話地の永遠 3 (3) (ボニータコミックス)
10/17 Q.E.D./証明終了/ 31 (31) (月刊マガジンコミックス)
10/17 C.M.B.森羅博物館の事件目録 9 (9) (月刊マガジンコミックス)
10/18 KATANA 4 (4) (ぶんか社コミックス)
10/20 G・DEFEND (34) (冬水社・いち*ラキコミックス)
10/23 クリスティ・ハイテンション 3 (3) (MFコミックス)
10/31 星屑のさなぎ 歓楽の都
10/  コンシェルジュ江口鉄平の事件簿 1 (1) (LGAコミックス)

一応今後の記録として。
No.2148 (読書)


 2008年09月29日の読書
2008年09月29日(Mon) 
本日の初読図書:
4403619177艶漢 1 (1) (WINGS COMICS)
尚 月地
新書館 2008-09

by G-Tools
時は明治か大正か。美形で元暗器使いなゆるゆる変態傘造りと、そんなダメ男を放っておけない熱血巡査とが巻き込まれる、猟奇な事件簿。

……と、まとめればいいのかどうなのか(汗)
なんというか、シリアスともギャグとも猟奇とも耽美とも、なんとも形容のしがたい、独特なお話です(^ー^;;)
二話目まで雑誌で読んでいたので買ってみたら、三話目から傘造りの過去とか出てきて、なんだかシリアス&ダークに向かいそうな予感が。あんまり痛かったり辛かったりするのは勘弁して欲しいんですけど。
しかし一話目で完全ギャグ要員だった巡査殿が、意外に有能だったのは嬉しい誤算。
つーか膝潰されといて、相手に追いすがるわ、一ヶ月で完治するわ……ほんとに貴方生身ですか……?

「暁の魔女と風の傭兵(オンライン小説)」〜07
 http://kouyanokinmokusei.web.fc2.com/
 
ささいな事故で召喚されたマイペースな女子高生と世界最強といわれる傭兵王の青年の物語。

まだ始まったばかりで、召喚された次第も、二人が連れになった理由もさっぱり謎のままです。とりあえず、ふりまわされっぱなしの傭兵王はお約束(笑)
No.2146 (読書)


 2008年09月28日の読書
2008年09月28日(Sun) 
本日の初読図書:
4756712304月の昇る音 (VARIO COMICS)
りぎあ・もーりす
桜桃書房 1999-01

by G-Tools
遺跡から発掘される「古代部品(パーツ)」。そのほとんどはただのガラクタに過ぎない。だがごくまれに、百年に一人か二人、魅入られたかのように古代部品に憑かれてしまう人間が存在する。
軍の実験施設で金色の義眼を移植された少年、アスランは、原子単位で物質を操る力を手に入れた。それは空気中から水を取りだし、錆びた鉄を元へと戻し……そして容易く人を殺す、そんな能力。
実験施設から逃げ出し、故郷へ帰ろうとする彼を拾ったのは、得体の知れない青年 正宗。古代の刃の名を持つ彼は、何を考えているのかよく判らないままに、追われる少年が故郷へ戻るのを手助けしようと言ってくれるのだが……

大好きな同人作家さんの商業誌。表題作他二編。
正直を言うと、この方の書く話はマンガよりも小説(それも二次創作)の方が好みなんですが、古本屋で見つけたので、つい購入。
なんというか、台詞回しに独特の雰囲気があるお人です。あと、依存しながら守る人と、脆く見えてまっすぐ立っている守られる人、という構図が多いような。
どちらも非常に好みだったりします。
No.2141 (読書)


 2008年09月25日の読書
2008年09月25日(Thr) 
本日の初読図書:
4063711498Q.E.D.-証明終了- 30 (30) (月刊マガジンコミックス)
加藤 元浩
講談社 2008-06-17

by G-Tools
今回は内閣調査室の梨田さん再登場なマネキン殺人事件と、詐欺商法からお金を取り返せがテーマの、ちょっと法律ギリギリ大作戦。
梨田さんがちょっと年取ったように見えてしまうのは、口元の皺が原因でしょうか。そして甘党疑惑浮上にちょっと萌え(笑)
No.2136 (読書)


 2008年09月24日の読書
2008年09月24日(Wed) 
本日の初読図書:
4887418698SILVER DIAMOND(15) (冬水社・いち*ラキコミックス)
杉浦 志保
冬水社 2008-09-20

by G-Tools
だんだんヘビーな展開になってきました、15巻。
それでも嬉しい仲間達の絆ってところでしょうか。つうか、千艸成長したなあ(しみじみ)
1巻の頃の壊れっぷりを思うと、「ラカンにそんなひどいことさせられる訳ないだろう!」と叫ぶ彼が。うん、そんなひどいことさせるために、最初は有無を言わさずさらってこようとしてたんだよね、貴方。それにすら気付いてなかったんだよね。
そして声を揃えて激怒する成重さんと灯二に、ああ彼らにとってもちゃんと千艸は仲間なんだなあとvv
あと灯二はやっぱりホウキ頭が似合います。ホウキ頭vv

宮処側もなんだか結束を固めつつあり、ほんとにどうなるんだか先が読めなくて、非常に楽しいです。
今回、三重ちゃん合流まで行かなかったのがちょっと残念でしたが、次回に収録されるようで。ふふふふふ、彼女には是非、数字の子達のアイドルになっていただきたいところです。

本日の再読図書:
4088712366七色刑事ムラサキ 1 (1) (ジャンプコミックス)
茶留 たかふみ
集英社 1992-10

by G-Tools
全2巻。例によって物置の段ボールから出てきました。
いわゆる妖怪警察ものなんですが……懐かしすぎる……
No.2132 (読書)


 2008年09月22日の読書
2008年09月22日(Mon) 
本日の初読図書:
4592184912空色海岸 5 (5) (花とゆめCOMICS)
山田 南平
白泉社 2008-09-19

by G-Tools
ついに朝ちゃんが陸兄に告白〜というか、むしろ宣言?
受け入れられないことが判っていて、それでも意志だけは伝えておきたかったと。
ああもう、青春だな、楽しそうだな。
このシリーズの素敵なところは、友人同士で恋愛関係も矢印が絡みまくって、お互い嫉妬なんかもしちゃったりしてるのに、それでもちっとも陰湿になっていないところでしょうか。
ラブもライクもどっちも大切で、お互いにお互いが大事なんだとてらいなく言い合える、良いチームワークだなあとvv

そして今回、全体のテーマソングともいえる浜辺の歌。実は最初のワンフレーズしか知らなかったので検索してみたら、しっかり出てきました。
改めてじっくりと視聴しつつ、歌うミチルちゃんを眺めてみたり。便利だぞインターネット!

■浜辺の歌(ぴあんの部屋様より)
 http://www.pian-room.com/midi/light/hamabenami.html
 ※いきなり再生されるので、要注意。

「毒薬浸透計画シリーズ(オンライン小説)」〜第5話
 http://shuden5.web.fc2.com/

進学校で適当なスクールライフを送っていた脇屋は、ある夜たまたま繁華街で助けたホステスが、クラスで隣の席に座る仲路(♂)の女装姿と知り、興味を抱いて接触を図ってゆく。彼に対する感情は、単なる興味からすぐに恋へと変わってゆくのだが、仲路の方はというと、告白に嫌悪を抱くでもなく、かといって積極的に受け入れてくれるわけでもなく……

15禁サイトさんの、強引攻×マイペース受なBLもの。完結済。
でも半分ぐらいまで読んだところでは、まだそんなに具体的なところまで発展してませんね。つうか、受けさんが悠長すぎです。もうちょっと真剣に考えてやれよ……(笑)
No.2127 (読書)


 2008年09月20日の読書
2008年09月20日(Sat) 
本日の初読図書:
4403618839鎖衣カドルト (WINGS COMICS)
吟 鳥子
新書館 2007-10

by G-Tools
神の存在しない鎖の国では、倫理、道徳、罪悪、刑罰などの法を「鎖」になぞらえて民心を統括している。鎖衣とは、その身に鎖をまとうことで自らの信念を体現する、鎖の国の官吏たち。
カドルトは貴族出身でありながら、鎖と厳しい戒律に縛られる鎖衣となる道を選んだ。自らの内に眠る自死願望と、自らと他者をつなぐ「鎖」という名の絆の間で揺れる彼。そしてそんな彼を見守る、スラム上がりの鎖騎士補ラダン。
それは、人とあらゆる物事が繋がり連鎖する、様々な事象を想う物語 ――

一見シリアスのようでギャグ……と見せかけてやっぱりドシリアス?
全く何も解決ついていないようで、何かを悟ったような気がしつつ、どちらにせよ日々は続いていかざるを得ないというか。
後半、神を信じる国から訪れた難民達と、神を持たないカドルト達との、どこまで行っても交わることないやりとりが、どちらの立場にも感情移入できて、どこか切なくやりきれません。

「とある女子高生の華麗なる日常(オンライン小説)」〜33話
 http://book.geocities.jp/kawarabe48

高校一年生の仁科翠は、ふとしたきっかけから、とあるバーに置かれているヴェーゼンドルファーを、時おり借りて弾くようになった。その腕前と人柄から、バーの主人の知り合いが経営するレストランで、生演奏のバイトをしないかと持ちかけられるのだが、そこにはなかなか個性的な人物が取りそろっていて……

「側妃異聞」を連載されているκさんの、長編別シリーズ。
話数の多さに尻込みしていたのですが、読み始めたら一気でした。スーパー女子高生の翠さんに完敗です。(元が三十過ぎの姫様ならともかく、十五六でこれはやりすぎだろう、いくらなんでも/苦笑)
とにかく個性派揃いのキャラクター達と、それらの人々が話によって持ちまわりで語り手を務めているのが面白いです。
……しかし33話もかけてまだ一回しかバイトに行ってないって……

「Chocolate(オンライン小説)」
「紫陽花綺談(オンライン小説)」
「Adagio(オンライン小説)」
「傭兵商売(メルマガ連載)」

同じくκさんの作品四本。
No.2124 (読書)


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131][132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205]

<< 2017年10月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2008年10月04日の読書
 2008年10月03日の読書
 2008年10月02日の読書
 10月の新刊チェックメ..
 2008年09月29日の読書
 2008年09月28日の読書
 2008年09月25日の読書
 2008年09月24日の読書
 2008年09月22日の読書
 2008年09月20日の読書

 最新のコメント
 すみません、胡蝶蘭さん..
 by 神崎真
 at 2017/10/22 21:27:57
 又コメント入力できなか..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/10/22 20:56:28
 14号!?
 by 神崎真
 at 2017/10/22 20:18:08
 6段目のつなぎのピコッ..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/10/22 14:00:10
 本当に、これ良い感じの..
 by 神崎真
 at 2017/10/21 22:47:41
 素晴らしい出来上がりで..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/10/21 22:23:10
 いえいえ無理だなんてそ..
 by 神崎真
 at 2017/10/21 07:58:14
 体調が悪いのに無理して..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/10/20 22:48:55

 カテゴリー一覧
 読書(2043)
 更新(439)
 電脳(526)
 映像(232)
 バトン(23)
 創作(556)
  タティングレース(245)
  マクラメ(52)
  レジン(8)
 その他(7)
 日常(1434)

 最新のトラックバック
 今日の夕食は
 ┗しゃばけ(ドラマ)(+五月雨通信+/2007/11/28)

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41