よしなしことを、日々徒然に……



 2008年08月26日の読書
2008年08月26日(Tue) 
本日の初読図書:
448866301X星を継ぐもの (創元SF文庫)
ジェイムズ・P・ホーガン
東京創元社 1980-05

by G-Tools
二十一世紀半ば、月面で発見されたホモ・サピエンスの死体。それは現在の月面基地に所属する誰でもなく、またこの地球に属する人間でさえもなかった。なぜなら宇宙服を着たその死体は、五万年も前に死亡していたことが確認されたからである。
地球人類とあまりにも酷似した、しかし明らかに地球人類ではない彼を、発見者達はルナリアンと名付けた。
またいっぽう木星の衛星ガニメデでは、氷の中から地球人類とは全く異なる進化を遂げた知的生命体の宇宙船が発見される。
その装備や遺された手記、標本などを解析していく中で、やがて人々は壮大な宇宙の歴史、その真実へと近づいてゆくこととなるのだが……

一昨日から三日かかりましたが、読了。古典SFの名作だそうです。
なんというかもう、確かにこれはすごい。読んでいく中で、最後の最後までいったいどこに落ち着くのか全く予測がつきませんでした。SFでありながら、壮大なミステリとも言えるんじゃないでしょうか。実際戦闘などのきったはったは全くありません。ひたすら科学者達が発見をくり返し、論議を戦わせております。
そして最後の一文がもたらす、ぞくりとするまでの達成感。
ちょっと最初の頃とか、科学的解説の部分とかがしんどかったですが、読後感は満足です。
ちなみにもとは七十年代に書かれたものだそうで。それだけに予想される未来の様相がまた面白かったりするんだこれが。それが古典SFの醍醐味でもあるんですが……たとえばソビエトが健在だったり、惑星間航行を成し遂げていながら、未だにテレビカメラが有線で何メートルもケーブル引きずってたり、その時代よりはるかに進んだ文明を持っていたとされるルナリアンの記録媒体がガラス板だったり(笑)

479734914Xカラクリ荘の異人たち 2 ~お月さんいくつ、十三ななつ~ (GA文庫 し 3-2)
ミギー
ソフトバンククリエイティブ 2008-08-15

by G-Tools
人間が住まう「表」と、妖怪達が住まう「裏」の賽河原町を隔てる境界守が大家を務める、下宿兼旅館、空栗荘。夏休みからそこに住まうことになった高校生太一は、九月に入りようやくそこから学校に通うのにも慣れ始めていた。
そんなある日のこと、裏の賽河原町が終わらない夕焼けに赤く染め上げられた。太一が初めてこの町を訪れた日もそうだったが、これは大家である境界守、柊二郎の見る夢が関わっているらしい。そのうち起きてくればこの現象も収まるだろうと楽観していた住人達だったが、しかし丸一日が過ぎても、大家は目を覚ます気配を見せず……?

大家さんはほとんど丸一冊寝っぱなしですが、事件そのものは二つ起きる、二部構成的な作りでした。一部目は太一のクラスメート釆菜の弟が行方不明になり、妖怪にさらわれた彼を連れ戻すお話。二部目は大家が目覚めない理由を探りつつ、その原因となった妖怪にまつわるお話。
どちらもちょっと切なく、ノスタルジックなお話でございました。
そして古都子さんの「空栗荘を逃げ場にしてはいけない」という言葉が突き刺さりましたね……ふふふ……(遠い目)

あと関係ないですが私、作者の霜島さんを、ずっと島さんだと思いこんでました。デビュー作リアルタイムで買ってるっていうのに、これまでずーっと(苦笑)
No.2071 (読書)


 2008年08月22日の読書
2008年08月22日(Fri) 
本日の初読図書:
4088745574ぬらりひょんの孫 1 (1) (ジャンプコミックス)
椎橋 寛
集英社 2008-08-04

by G-Tools
祖父に妖怪の総大将、ぬらりひょんを持つ奴良リクオは、妖怪と人間とのクォーター。
妖怪一家奴良組の者達は、彼が三代目を継ぐことを望んでいるのだが、リクオは平凡な人間らしい人生を送ることを目標にしている。
しかも四分の一だけ妖怪の日を引く彼が、妖怪になれるのは一日の四分の一だけらしく……

妖怪バージョンのリクオがめさめさ格好良くて買っちゃいましたよ……ゼンと盃を交わすシーンを本誌で読んだときに惚れてしまいました。くそう、こんなシーン私も書いてみてぇぇぇええ(悔)
1巻では人間バージョンの方がまだちょっとあれなんですが、本誌の方ではだいぶ覚悟を決めてきてるのも嬉しいところです。

「魔王様とわたし。(オンライン小説)」
 http://neverx2land.gonna.jp/

風変わりな理由から伝説の魔王を捜し出した剣士の少女に、ひとり漆黒の城に守られた魔王が語る、伝説の真実とは。
短編と後日談です。
No.2066 (読書)


 2008年08月21日の読書
2008年08月21日(Thr) 
本日の初読図書:
4125010390マルグリートの輪舞曲 (C・NovelsFantasia か 1-49 クラッシュ・ブレイズ)
茅田 砂胡
中央公論新社 2008-07

by G-Tools
表紙を見てもお判りの通り、非常にゴージャスな一冊でした。
内容は三部作になってるんですが、それぞれ金銀黒鼠、元行者コンビとジンジャー、怪獣夫婦を軸に、ところどころで微妙に絡み合いながらの一夜ってな感じでした。ほぼ全員がずーっと盛装しっぱなし。
ゴージャスで華麗で妖艶でありながら、何故か色気は欠片もないという……(笑)
挿し絵にヴァンツァー(大人版)とジンジャーのツーショットがなかったのが、前巻に引き続いて残念です。

4088597206JIN(仁) 第12巻 (12) (ジャンプコミックスデラックス)
村上 もとか
集英社 2008-08-04

by G-Tools
これまで、あまりにも果敢にというか、後の世への影響を怖れずに医療行為を行ってきた南方先生に、ついに最大の危機が! という前巻からの引きより始まった今巻。
確かにこういった以外の結末はなかったのでしょうが……このシリーズは、部分部分でほんとに容赦ないというか、救えないままの人達も存在するところが、ある意味リアルだと思います。
……しかし作中年代がもう1865年とは。明治までほんとにあとわずかですね。
いったいどういう結末をつけるんだろう……
No.2062 (読書)


 2008年08月19日の読書
2008年08月19日(Tue) 
本日の再読図書:
4198603189ウォーターワールド 映画ストーリー版
Max Allan Collins 野口 絵美
徳間書店 1995-07

by G-Tools
昨夜映画見たのに触発されて読み返し。
ノベライズの例に漏れず、改変とか省略とかいろいろありましたが、まあおおむねの展開は変わってないですね。プロローグとエピローグや、本編ラストシーンの付け加えなどは、なかなか味があるかと。
……しかし映画の方は、ノベライズに比べるといろんな意味で容赦がなかったなと……(^ー^;;)
No.2058 (読書)


 2008年08月18日の読書
2008年08月18日(Mon) 
本日の初読図書:
「Cross Flick Online(オンライン小説)」〜4-5
 http://mk0113.gozaru.jp/

4-2までは読んでいたのを、昨日からコツコツと。
このシリーズは一頁が長い上、地の文がびっちりなので、読むのになかなか覚悟が必要です。
No.2056 (読書)


 2008年08月15日の読書
2008年08月15日(Fri) 
本日の初読図書:
4797337753暗黒は我を蔽う 鏡影都市 (GA文庫 あ 1-5) (GA文庫 あ 1-5)
哉井 涼
ソフトバンククリエイティブ 2007-10-12

by G-Tools
4797344946暗黒は我を蔽う 夜の騎士 暗黒は我を蔽う (GA文庫 あ 1-6) (GA文庫 あ 1-6)
哉井 涼
ソフトバンククリエイティブ 2007-11-13

by G-Tools
シリーズ完結。
第三部からの登場キャラ マジックは、後書きによるとかつて別シリーズで書かれていた主役キャラだそうで。道理で思わせぶりな言動が多いというか。
あと乱星号格好良すぎます(笑) 車にしとくのは惜しすぎますな……
ストーリー的には……うーん(苦笑)
盛り上げるだけ盛り上がった割には、正直なんというか……結局最大の謎は謎のまま残されてしまった感が。
まあそれはそれであれか、読む人間の数だけ存在する無限の可能性として、マジカルシティにはふさわしいのかもしれませんがね。
No.2049 (読書)


 2008年08月14日の読書
2008年08月14日(Thr) 
本日の初読図書:
4797336684暗黒は我を蔽う マジカル・シティ・ナイト (GA文庫)
哉井 涼
ソフトバンククリエイティブ 2006-07-12

by G-Tools
マジカル・シティ・ナイトシリーズ、最終三部作の一巻目。
挿し絵の影響もあるかもしれませんが、SQ文庫で出てた頃より何割増しかシリアス色が強いです。
ついにマジカルシティについての謎も解き明かされる方向に行くそうで。
ワクワクしながら読んでいたら ―― 思い切り次の巻に後引いてました_| ̄|○
せめてトベラとぐらいは再会しててほしかった……
とりあえず二巻を三分の一ほど読んだところで、別口からモノカキの神様が降りてきたので中断中。残りは明日ですかね。

「冷笑主義(オンライン小説)」第19話
 http://shungyou.daynight.jp/
No.2044 (読書)


 2008年08月13日の読書
2008年08月13日(Wed) 
本日の初読図書:
4415088406ボクサーは犬と歩む―ドクター×ボクサー〈5〉 (クリスタル文庫)
剛 しいら
光風社出版 2002-10

by G-Tools
全巻大人買いしたくせに、後半積読の山に入っていたドク×ボク後半四冊一気読み。
後半にはいると、主役カップルがいい具合に安定していて、読んでて安心感がありますね。
代わりと言っては何ですが、ライバル主従の行く末がどうなることやら、全然想像が付かなくてやきもきさせられたったら。よもやこんな穏やかな終わりがやってくるとは思いませんでした。素晴らしいです。
No.2042 (読書)


 2008年08月10日の読書
2008年08月10日(Sun) 
本日の再読図書:
4766910397鎧外伝 サムライトルーパー (ケイブンシャノベルス)
河原 よしえ
勁文社 1989-09

by G-Tools
かつて一世を風靡(?)したアニメのノベライズ、しかもオリジナル設定による各キャラ過去編。あんまり懐かしくて笑っちゃいそうになりましたよ。
……思えば私がまともに二次創作の道に入ったのは、このジャンルがきっかけだったよなあ……

B00007CC2Oきになる野菜 【コミックセット】
小栗 るみ
主婦と生活社/宙出版

by G-Tools
マンションの隣に引っ越してきた、マッドサイエンティストとそのボディーガードな宇宙人とのラブコメディ、全2巻。ラストはぐるっとまわって最初に戻る、みたいな感じで。
これも懐かしいなあ……
No.2039 (読書)


 2008年08月08日の読書
2008年08月08日(Fri) 
本日の初読図書:
4091571360椎名大百貨店 (サンデーGXコミックス) (サンデーGXコミックス)
椎名 高志
小学館 2008-05-19

by G-Tools
GS美神の椎名さんの短編集。
一番最初に収録されているのが、以前の短編集でも一作描かれていた、GSとホームズのコラボもの。今回はピートことピエトロ・ド・ブラドーが登場してます。
いやもうなんというかね、シャーロキアンとまでは言わんがそれでもホームズスキーな私としては、「その技は「バリツ」か!」とか「戦場で受けた古傷が肩だったか脚だったかもうわからんよ」とかいう記述にいちいち反応してしまいますvv ←意味が判る方はお仲間〜♪
あと、「実はけっこう有能なワトソン」スキーとしても、ワトソンの活躍があって嬉しかったです。しかし、ホームズがワトソン連れてった理由が笑えた……たいていの吸血鬼ものでスルーされるその設定を、そう使うか、さすがだ!
No.2034 (読書)


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131][132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202]

<< 2017年06月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2008年08月26日の読書
 2008年08月22日の読書
 2008年08月21日の読書
 2008年08月19日の読書
 2008年08月18日の読書
 2008年08月15日の読書
 2008年08月14日の読書
 2008年08月13日の読書
 2008年08月10日の読書
 2008年08月08日の読書

 最新のコメント
 タティングレースとして..
 by 神崎真
 at 2017/06/17 12:49:28
 とっても繊細なモチーフ..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/06/17 09:25:52
 こんばんは〜、猫欧州さ..
 by 神崎真
 at 2017/06/16 23:42:34
 画像で見ると大きさを感..
 by 猫欧州
 at 2017/06/16 23:14:52
 こんばんは、胡蝶蘭さん..
 by 神崎真
 at 2017/06/14 23:19:36
 ダイソーのミックス糸は..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/06/14 08:54:23
 私は安い糸+ほとんどを..
 by 神崎真
 at 2017/06/13 07:42:28
 失礼しました。
 by 胡蝶蘭
 at 2017/06/12 22:08:44

 カテゴリー一覧
 読書(2014)
 更新(428)
 電脳(520)
 映像(225)
 バトン(22)
 創作(488)
  タティングレース(188)
  マクラメ(52)
  レジン(8)
 その他(6)
 日常(1423)

 最新のトラックバック
 今日の夕食は
 ┗しゃばけ(ドラマ)(+五月雨通信+/2007/11/28)

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41