よしなしことを、日々徒然に……



 2008年09月15日の読書
2008年09月15日(Mon) 
本日の初読図書:
「The Auction (オンライン小説)」〜陽だまりの指定席

ブログからのリンクはお断りとのことで、タイトルだけ。
傲慢で色男なファッションデザイナー×平凡で気弱なサラリーマンのBL。
最初はワガママで強引だった攻めさんが、だんだん受けさんにベタ惚れになって依存していく様がなんともかんともvv
No.2114 (読書)


 2008年09月13日の読書
2008年09月13日(Sat) 
本日の初読図書:
4862634591KIZUNA 11 (11) (ビーボーイコミックス)
こだか 和麻
リブレ出版 2008-09-10

by G-Tools
ついに最終巻(?)な11巻!
「?」がついてるのは、フリートークの中に「大学生編はこれで終了」と書かれていたからで。番外編とかあるのかなあ、と。「腐った教師の〜」みたいに世代交代編は、このシリーズでは無理そうですが。
しかし社会人な円城寺はまた、格好ええなあ……シリーズ通じて一番姿に変化があったのは彼ですな。でんでん変わらないのが蘭丸。
政と佳のカップルも落ち着くところに落ち着いて、なにはともあれめでたしめでたし。ハッピーエンド推奨派としては嬉しい限りですvv

「鬼喰 第四話 追憶(オンライン小説)」〜1
 http://www.hanaakari.org/

祝! 連載再開〜〜へ(^○^へ)(ノ^○^)ノ
No.2111 (読書)


 2008年09月12日の読書
2008年09月12日(Fri) 
本日の初読図書:
4063711315Q.E.D.-証明終了- 29 (29) (月刊マガジンコミックス)
加藤 元浩
講談社 2008-02-15

by G-Tools
今回の数学うんちくはまた、ほんとに口から魂が抜けそうな……(笑)
ああでも数式で会話する燈馬と船長さんは、なんか格好良かったです。
あと二話目の方、最初に燈馬が緑一色で絵を描いて、その上から赤を乗せていく描き方してますが、これって黄色の部分はどうするんでしょう? さらに黄色を乗せる?
No.2109 (読書)


 2008年09月11日の読書
2008年09月11日(Thr) 
本日の初読図書:
4063711226C.M.B.森羅博物館の事件目録 7 (7) (月刊マガジンコミックス)
加藤 元浩
講談社 2008-02-15

by G-Tools
4063711528C.M.B.森羅博物館の事件目録 8 (8) (月刊マガジンコミックス)
加藤 元浩
講談社 2008-06-17

by G-Tools
最新刊まで読了〜〜
わりと Q.E.D. と記憶の中でごっちゃになってる話もありました。
個人的には「メテオライト」が好みかなあ。「1億3千万〜」と「櫛野村〜」は怖かったです(−_−;)
No.2107 (読書)


 2008年09月09日の読書
2008年09月09日(Tue) 
本日の初読図書:
4063710890C.M.B.森羅博物館の事件目録 5 (5) (月刊マガジンコミックス)
加藤 元浩
講談社 2007-05-17

by G-Tools
新キャラ、マウ登場。
二作収録されているうちの両方に登場している、準レギュラーになるキャラですな。
今回はちょっと不思議な、論理だけでは説明のつかないお話。でも、こういうのもたまには良いんじゃないでしょうか。
そして森羅博物館のパースも登場したり、森羅の父の一人が(ちっちゃいコマだけど)登場したりと、ますます情報が増えてきて嬉しい展開です。

……ところで貸金庫から出てきたグーテンベルク聖書が二冊あるように見えるのは、なんか私の勘違いなんでしょうか……?

4104507091いっちばん
畠中 恵
新潮社 2008-07

by G-Tools
しゃばけシリーズ第七段。出てるの知らなかったので、久しぶりに公式サイト行ってびっくりしました。
表見返しで、薬湯入りタライ抱えて爽やかに笑ってる仁吉が素敵です(笑)
ところで収録作「いっぷく」で若だんなが疑問点を「一つ、一つ」と数えあげてるのをなんか久しぶりだなあと思ったんですが、最近このシリーズ、ミステリ色が薄れてきてませんかね。どっちかというとお悩み相談室の体を成してきているような。いやそれはそれで面白いから良いんですけど。
ただちょっと妖達の出番が少なくなってきてる気がするのが残念かな。
個人的には「天狗の使い魔」がお気に入りですvv 不器用だけど根っこは良い奴な六鬼坊天狗が微笑ましいったら。
No.2101 (読書)


 2008年09月08日の読書
2008年09月08日(Mon) 
本日の初読図書:
4063710564C.M.B.森羅博物館の事件目録 3 (3) (月刊マガジンコミックス)
加藤 元浩
講談社 2006-08-17

by G-Tools
4063710750C.M.B.森羅博物館の事件目録 4 (4) (月刊マガジンコミックス)
加藤 元浩
講談社 2007-01-17

by G-Tools
やべえ、うんちくの内容が数学よりな Q.E.D より、生物だの歴史だの……なこっちのがよっぽど好みかもしれん。
……つーわけで今日出かけた本屋で続きをチェックしたんですが見つからず、またも熱帯雨林に頼み込んでしまいました。ああ、大人買い……

ところで今回、三巻で森羅少年が14才だということが判明しました。
……あれ? 日本で学校に通う場合、年齢以上の学年に入ることってできるんですかね? たとえ海外でスキップしてたとしても……ましてや森羅少年、学校と名のつく教育機関にいたことはないということなのに、高校になんて入れるものなのか。つかむしろ義務教育の立場は……??
No.2097 (読書)


 2008年09月07日の読書
2008年09月07日(Sun) 
本日の初読図書:
4063710327C.M.B.森羅博物館の事件目録 1 (1) (月刊マガジンコミックス)
加藤 元浩
講談社 2006-03-17

by G-Tools
4063710459C.M.B.森羅博物館の事件目録 2 (2) (月刊マガジンコミックス)
加藤 元浩
講談社 2006-05-17

by G-Tools
……図書館に行って、持参のマンガを読む私って……
もとい。
古本屋に行ったら、1〜5巻まであったので、思わずまとめて買ってきちまいました(苦笑)
Q.E.D.の燈馬少年の従弟、森羅少年が主役の別シリーズ。
こちらも Q.E.D. と同様さまざまな事件を、森羅少年がその豊富な知識をもとに、相方の元気印な女子高生と共に解いていくという構成なんですが、森羅少年のエキセントリックぶりというか、壊れっぷりは燈馬少年の比ではなく(汗)
これはやはり、たとえスキップしまくったとはいえ大学まで卒業し、なおかつ人との関わりや時間の大切さを知っていて、改めて日本の高校に通うことを選んだ燈馬と、一度も学校というものに行くことがないままここまで成長してきてしまった森羅との、人生経験の差なんでしょうね……
ここはぜひ、相方の七瀬さんにがっつりしつけ直しをしていただきたく。
特に二巻目で「呪いの面」を欲しがった森羅の言葉に、読んでて思わず言いくるめられそうになった瞬間、七瀬さんの返しを読んで感動しました。
そこでためらいもなくまっすぐそう言えるあたりが、 Q.E.D. のヒロイン可奈と七瀬さんの違いなんじゃないかなあとか、そんなふうに思ったのでした。
No.2095 (読書)


 2008年09月05日の読書
2008年09月05日(Fri) 
本日の初読図書:
4167110083予知夢 (文春文庫)
東野 圭吾
文藝春秋 2003-08

by G-Tools
ドラマ「探偵ガリレオ」の原作、二巻目です。
放送時に買ってきてたんですが(ドラマは未見)、一巻目読んだあと長らく積読の山に埋もれてました。
改めて読んでみた感想は、一作目に引き続き「よくできてるなあ」と。
一見すると怪奇現象にも思える様々な出来事を、科学的に考察可能な形でさっくり解決。……しつつも、なんとなく最後の余韻にあれ? と思わせるところがあったりなかったり。
この手のコンビものにしては、主役キャラ達に思ったほどのアクがないのも特徴のひとつじゃないでしょうか。刑事さんも科学者さんも、わりとふつーの、こういう人達もどっかにはいるんじゃないかなあ、というキャラクターです。

4063711099Q.E.D.-証明終了- 28 (28) (月刊マガジンコミックス)
加藤 元浩
講談社 2007-09-14

by G-Tools
いつもの如く二話収録されている内、一話目は別シリーズC.M.Bとリンクしています。
そっち側での話は雑誌掲載時に読んでいたのですが、さすがに細かいところを忘れてますな。いや、それでこっちの話の展開に支障が生じているわけでは、全くないんですが。
Amazon で買いたいものが1500円に達しないときの値段合わせとか、古本屋で見かけたときにちょこちょこと買い足してきたこのシリーズ。だいぶ最新刊近くまで追いついてきたことだし、今度はC.M.Bの方にも手ェ出してみましょうかねえ……
No.2089 (読書)


 2008年09月04日の読書
2008年09月04日(Thr) 
本日の初読図書:
404308305X遠野物語 (角川文庫)
柳田 国男
角川書店 1955-10

by G-Tools
三日かけてなんとか読了。
当初予想していた、数ページにわたるいくつかの物語に柳田先生が解釈をつけて……というような体裁ではなく、客観的にただひたすら延々と、遠野地方で語り継がれている、いわゆる「都市伝説」的なものが列記された形でした。その数、古文調の「遠野物語」で一二〇、現代文の「遠野物語拾遺」で二九九。似たような話も多ければ、ものによっては二行で終わりとかいったエピソードもあるし。
むしろ前書きとか解説の方が、いろいろ興味深い部分もあったりなかったり(苦笑)
しかし様々なお話のエッセンスというか、この展開あの話で読んだ! というような根本的なネタが随所に散らばっており、その点非常に興味深かったです。
それとか飯綱狐に取りつかれたときの祓い方とかなんてのは、けっこう自作品の参考にできるんじゃないかとか、そんなことも思ってみたり。

4835215214TRASH (ビーボーイコミックス)
真東 砂波
ビブロス 2004-02-10

by G-Tools
正統派マフィアのボスを伯父に持つ少年ウィルは、ふとしたきっかけから何でも屋「TRASH COMPANY」の社員ガイと知り合い、困ったときは無料で助けてやる、との言葉をもらう。
伯父の部下の裏切りにあい、従姉妹のケイトが誘拐された際にそのことを思い出したウィルは、ガイとその仲間へと助けを求めるのだが……

一見ごく普通の頼りない少年にしか見えないウィルには、実はある秘密があったんですが……その秘密が解決されないままこの巻は終了してます。一巻ものだとばかり思って買っちゃったんですが、続き出る(出てる)のかな、これ……?
あと一話目で非常に器の大きいところを見せて格好良かったケイトお嬢さんが、二話目でほとんど出てこなかったのも残念至極。
……やっぱり続き読みたいなあ。
No.2086 (読書)


 2008年09月03日の読書
2008年09月03日(Wed) 
本日の再読図書:
4253172075サイボーグ009 (22) (秋田文庫)
石ノ森 章太郎
秋田書店 2002-07

by G-Tools
ほんとは文庫版ではなく、ハードカバーの豪華版の方なんですが、ここまでの収録内容は同じようなので。
一週間かけて全22巻を読み返しました。(文庫版は23巻まで)
いやあ、やっぱり石ノ森先生はいろんな意味ですごいですわ……(しみじみ)

あと、遠野物語はようやく半分あたりまで。
No.2084 (読書)


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128][129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200]

<< 2017年04月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2008年09月15日の読書
 2008年09月13日の読書
 2008年09月12日の読書
 2008年09月11日の読書
 2008年09月09日の読書
 2008年09月08日の読書
 2008年09月07日の読書
 2008年09月05日の読書
 2008年09月04日の読書
 2008年09月03日の読書

 最新のコメント
 おはようございます。
 by 神崎真
 at 2017/04/28 07:55:20
 こんにちは〜
 by paoまま
 at 2017/04/27 13:32:18
 こんばんは、いのやまさ..
 by 神崎真
 at 2017/04/23 22:05:34
 こんにちは。
 by いのやま
 at 2017/04/23 15:03:23
 こんばんは、ままさん。
 by 神崎真
 at 2017/04/11 22:41:35
 まこっちゃんおはようご..
 by paoまま
 at 2017/04/10 11:44:55
 全然っ違うよ!まこっち..
 by paoまま
 at 2017/04/09 20:03:58
 こんばんは〜、ままさん..
 by 神崎真
 at 2017/04/07 22:25:52

 カテゴリー一覧
 読書(1999)
 更新(423)
 電脳(518)
 映像(225)
 バトン(22)
 創作(441)
  タティングレース(145)
  マクラメ(51)
  レジン(8)
 その他(6)
 日常(1419)

 最新のトラックバック
 今日の夕食は
 ┗しゃばけ(ドラマ)(+五月雨通信+/2007/11/28)

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41