よしなしことを、日々徒然に……



 2008年11月23日の読書
2008年11月23日(Sun) 
本日の初読図書:
4592174135タンゴEXP. (花とゆめCOMICS)
河惣 益巳
白泉社 2008-11-19

by G-Tools
久しぶりの初読図書。
主役二人はすっかりできあがってるので、どっちかというとウスーリ・リュシーカップルが気になる今日この頃です。
……というか、ウスーリ気の毒すぎ。いったいどんだけ過去と叩いて出る埃があるんだリュシー……(苦笑)
No.2228 (読書)


 2008年11月09日の読書
2008年11月09日(Sun) 
本日の初読図書:
4088597400JIN(仁) 第13巻 (13) (ジャンプコミックスデラックス)
村上 もとか
集英社 2008-11-04

by G-Tools
三日目にしてようやく読めました。しかも家だと寝オチるので、わざわざ図書館で(苦笑)
基本幕末の知識を持っていないので、もう何がどうなるのやらハラハラのし通しです。グラバー園? 中学の修学旅行で行ったっけ?? みたいな。
つうか、龍馬さんの享年なんて怖くて調べられもしませんよ。……いやもしかしたら、南方先生の専攻が脳外科なのって、龍馬さんのかの有名な台詞からきてるのかなあとかいう、淡い期待はしているんですが。
あと千吉さん格好いいvv 格好いいけど、何回南方先生の世話になる気なんですかあなた(苦笑)
No.2217 (読書)


 2008年11月06日の読書
2008年11月06日(Thr) 
本日の初読図書:
4592186532花よりも花の如く 6 (6) (花とゆめCOMICS)
成田 美名子
白泉社 2008-11-05

by G-Tools
雑誌を何号か読みそこねていて、繋がらずにいた話がようやく繋がってくれました。
憲人さんの人間関係が段々変わってきてますね。シリーズ開始時は23才だったのが、もう28才になってるあたり、成田先生のシリーズものの中では作中年月がかなり早く流れているほうではないでしょうか。 同世界観の別シリーズ NATURAL の山王丸くんとか、今頃どうしてるんだろう……

雑誌の方では、憲人さん出演のTVドラマを劇中劇として連載してるところなので、久しぶりに本編読めてちょっと楽しかったです♪
いえ、劇中劇の方もばっちり面白いんですけどね。ばっちり二時間サスペンスっぽくて。
No.2208 (読書)


 2008年10月25日の読書
2008年10月25日(Sat) 
本日の初読図書:
4840122776クリスティ・ハイテンション 3 (3) (MFコミックス)
新谷 かおる
メディアファクトリー 2008-10-23

by G-Tools
シャーロック・ホームズの姪っ子を主役に据えた、原作再構成もの。今回は一冊丸々かけての「バスカヴィル家の犬」でした。
実は原作あんまりよく覚えてないんですけど、ホームズさんがかなりヒデェことやってた印象は強く残ってます(笑)<ワトソンさん無下にしすぎ
それに比べると今回は、メイドさんの危機を救うなどなかなか好印象。つうか、姪っ子に変装見破られてるあたりがヘタレててナイスです。ワトソンさんとモーティマーの素性について賭けとかやってる仲良しさんぶりとかvv
内容については、前半はロンドンでのクリスティの活動に割かれてますし、後半もかなり話がさくさく進んでいるので、原作とはだいぶ印象が違うかと。
正直言うと、原作はかなり冗長なところがあるので、これとかグラナダBBCの二時間ドラマの方が個人的にはちょうど良いです。
あと、スーパーメイドなアンヌマリーの過去が、ちらっとでも匂わされているのが嬉しいところでした。
No.2197 (読書)


 2008年10月22日の読書
2008年10月22日(Wed) 
本日の初読図書:
476633373Xコンシェルジュ江口鉄平の事件簿1 (LGAコミックス) (LGAコミックス)
大政 喜美子
グリーンアロー出版社 2008-10-20

by G-Tools
江口鉄平はホテルグランドパークのコンシェルジュ、すなわちゲストのリクエストにかなう限り応じるなんでも係である。
日々様々な相談が舞い込むコンシェルジュデスクに持ち込まれるのは、家庭問題から刑事事件、心霊現象まで様々な代物。だがそれらを鮮やかにさばいてこそのコンシェルジュ。
彼は今日も笑顔でゲストへと応対するのであった。

単行本化を待ち望んでいた一作です♪
いやね〜、江口さんがほんとになんでもできる人なんですよ。見た目はふつーなのに、性格もふつーなのに、もはやありえないほどに完璧超人。
やりきれない結末のお話もありますが、それでも基本的にはアットホームな雰囲気のシリーズです。

4821186950KATANA 4 (4) (ぶんか社コミックス) (ぶんか社コミックス)
かまた きみこ
ぶんか社 2008-10-18

by G-Tools
前巻で、こんな事が続いてたら主役の周囲からの評価がえらいことになるんじゃ……と思っていたら、ほんとにえらいことになってました。
おまけにこれまで基本読切連作だったのに、思い切り引っぱったところで巻が続いています。
……うーん、この展開で第一話の数年後の時間軸に続くとなると、あまり楽しくない展開になりそうで、ちょっと心配かも。

4887418787G・DEFEND(34) (冬水社・いち*ラキコミックス)
森本 秀
冬水社 2008-10-20

by G-Tools
今回は珍しく、ずっと国会外が舞台でした。きったはったも一切なし。
穏やかで幸せでほわほわな一冊。
おめでとーーーvv>石川さん&岩瀬
No.2191 (読書)


 2008年10月19日の読書
2008年10月19日(Sun) 
本日の初読図書:
4253096395天の神話地の永遠 3 (3) (ボニータコミックス)
赤石 路代
秋田書店 2008-10-16

by G-Tools
前巻で日嗣が大怪我したので、今回は王子くんの出番が多いです。
……日嗣ってほとんど最強キャラと化してますしねえ(苦笑)<いると話がそこで終わる
あとラストの短編、ちび天狼が可愛いですvv あの三本傷は、子供の頃からあったんだー。

4253153798CROWN 6 (6) (プリンセスコミックスデラックス)
氷栗 優
秋田書店 2008-10-16

by G-Tools
ついにシリーズ最終巻。
和田先生原作の長編ものは、たまーにアレな事になるので心配してたんですが、無事ラストまで到達してまずはめでたし。
内容は……つくづくこの話の主役は妹じゃなくて兄の方だったんだなあ、と。
いえなんというかね、あまりマイナス的なことは言いたくないんですが、妹のあまりにも「一昔前のヒロイン」っぷりにちょっともやつくものがあったというか。うん、いやね、がんばってるとは思うんだ彼女も。
でもここまでくると、いっそ敵役の方があっぱれっつーか、努力して努力してそれでも報われなかったあたりがなんとも気の毒っつーか……(苦笑)
あと全然関係ないんですが、みんながクラウンを投げたり落っことしたりするたびに、ついドキドキしちゃてたのは私だけでしょうか。いくらダイヤだからって、衝撃の方向によっては割れることもあるはずなんですが……しかもあんな大粒で特殊な形に磨かれてる代物を、アスファルトに落としたり、ペンケースに入れて学生カバンで持ち歩くなんてありえねえ……(ハラハラ)
No.2189 (読書)


 2008年10月18日の読書
2008年10月18日(Sat) 
本日の初読図書:
4063711641Q.E.D.-証明終了- 31 (31) (月刊マガジンコミックス)
加藤 元浩
講談社 2008-10-17

by G-Tools
ついに追いついて、発売同時に新刊購入。
最初の方の事件は、教授の考え方が非常に心にしみます。
人生最後の時、私の前に立つのは果たしてどんな医者なのか……
後半の事件は、「あいつ電化製品だったんだ」に和み(笑)
最近、燈馬と可奈ちゃんのこういったやりとり、少なくなってる気がしませんか??

4063711676C.M.B.森羅博物館の事件目録 9 (9) (月刊マガジンコミックス)
加藤 元浩
講談社 2008-10-17

by G-Tools
↑に同じく、新刊購入。
今回は博物館のシーンが一個もなかったなあ、と。それだけ森羅が外の世界に意識を向けているという事でしょうか。
そして今さらですが、当たり前のように森羅といっしょにペルー行ってる七瀬さんに苦笑。旅費とかは森羅が出してるのか、じーちゃんが出してくれてるのか。
というかそもそも、QEDでも謎なんですが、七瀬さんや可奈ちゃんは外国で何語をしゃべってるんでしょう(笑)
どの国行っても、ふつーに地元の人とコミュニケーションとって、きっちり聞き込みとかまでこなしてるんですが。
No.2188 (読書)


 2008年10月16日の読書
2008年10月16日(Thr) 
本日の初読図書:
4334076777蛇王再臨 アルスラーン戦記13 (カッパ・ノベルス)
田中 芳樹
光文社 2008-10-07

by G-Tools
「十六翼将ついに並び立つ」の文字にワクワクしながら読み進めていたら……田中先生、厳しすぎます(涙)
他にもなんか、強烈にフラグが立ってる人もいるし……この先、どんどん辛い展開になっていきそうで(しくしくしく)
No.2186 (読書)


 青空文庫チェックメモ
2008年10月16日(Thr) 
なんか岡本綺堂の新作がUPされ始めてるようですが、ちょっといまDLと読む気力がないので、とりあえずメモ。
10月16日分、後ほどチェックしに行け〜〜>私
No.2185 (読書)


 2008年10月12日の読書
2008年10月12日(Sun) 
本日の初読図書:
4062694026妖怪アパートの幽雅な日常(9) (YA!ENTERTAINMENT)
香月 日輪
講談社 2008-10-10

by G-Tools
……えーっと、ちょっと待って?
これどこの同人誌? 私なんか間違えてどっかの同人サイト読んでる??

というのが、読んでる途中の感想でした。
いや昨日、ちょっと思い立って妖アパであちこち検索して、二次創作に目を通してみたりしてたんですけどね。
本編以上に萌え〜な作品は存在しないと実感しました。恐るべし香月先生……

そして相変わらず根底に流れるものは、深く、重く。
ほんとにこれ児童文学? というか、こういう児童文学を読めるいまの子供達を羨ましいと思ってしまうのは、既に私が「大人」であるからこそなのかもしれませんが。
どちらかというと、マイナス方面としてあげられるキャラクターにスタンスが近いと感じてしまう自分には、いろいろ胸に突き刺さってくるところもあります。既に自分が「子供」と呼んでもらえる年齢ではないからこそ、いっそうに。
それでも、いやあるいはだからこそ?
この作品に出会えて良かったなあと思うのです。

そして今回はまた、最後の一行でやらかしてくれました。
全十巻予定のこのシリーズですから、次回は最終巻。その一歩手前のラスト一行でそうきますか香月先生!
来年三月刊行だという最終巻が、もう待ちきれませんです《o(>_<)o》

「勇者で魔王な日常(オンライン小説)」
 http://www.geocities.jp/theendline/top.html

前世で魔王だった姉と、勇者だった弟との双子の姉弟。
そしてそんな彼らを取りまく元部下や仲間達。生まれ変わった彼らは前世と同じく、あるいはまた異なった、それぞれの人生を歩んでいこうとするのだが……?

魔王や勇者 ―― というか、生まれ変わりの定義が一風変わっていて目を引きます。システム、と表現するべきでしょうか。
個人的には、生まれ変わりとか関係ない、それどころか本編には名前すら出てきてないドカタの兄ちゃんが気になります(苦笑)
No.2180 (読書)


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127][128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202]

<< 2017年06月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2008年11月23日の読書
 2008年11月09日の読書
 2008年11月06日の読書
 2008年10月25日の読書
 2008年10月22日の読書
 2008年10月19日の読書
 2008年10月18日の読書
 2008年10月16日の読書
 青空文庫チェックメモ
 2008年10月12日の読書

 最新のコメント
 タティングレースとして..
 by 神崎真
 at 2017/06/17 12:49:28
 とっても繊細なモチーフ..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/06/17 09:25:52
 こんばんは〜、猫欧州さ..
 by 神崎真
 at 2017/06/16 23:42:34
 画像で見ると大きさを感..
 by 猫欧州
 at 2017/06/16 23:14:52
 こんばんは、胡蝶蘭さん..
 by 神崎真
 at 2017/06/14 23:19:36
 ダイソーのミックス糸は..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/06/14 08:54:23
 私は安い糸+ほとんどを..
 by 神崎真
 at 2017/06/13 07:42:28
 失礼しました。
 by 胡蝶蘭
 at 2017/06/12 22:08:44

 カテゴリー一覧
 読書(2014)
 更新(428)
 電脳(520)
 映像(225)
 バトン(22)
 創作(488)
  タティングレース(188)
  マクラメ(52)
  レジン(8)
 その他(6)
 日常(1423)

 最新のトラックバック
 今日の夕食は
 ┗しゃばけ(ドラマ)(+五月雨通信+/2007/11/28)

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41