よしなしことを、日々徒然に……



 2009年04月19日の読書
2009年04月19日(Sun) 
本日の初読図書:
4088597664JIN(仁) 第14巻 (14) (ジャンプコミックスデラックス)
村上 もとか
集英社 2009-04-03

by G-Tools
江戸時代にタイムスリップした脳外科医のお話。
今回は、いい加減何度先生のお世話になるんだ、な火消しの千吉さんから始まって、勝海舟の奥さんに、パリ万博に出る(かもしれない)芸人さんと、また様々な患者さんを治療しております。寺田屋事件で龍馬が負った怪我を、南方先生が広めたペニシリンが効果的に治療したりと、歴史の方ともいろいろ絡んでみたり。
というか、一巻目で南方先生がいた未来に年とった南方先生が戻ってきているということは、先生の存在は既に歴史に織り込まれ済みって事も考えられるんですよね。
……脳内に封入されてた奇形脳種とか、そのあたりの伏線は今後解決されるんでしょうか。
No.2369 (読書)


 2009年04月18日の読書
2009年04月18日(Sat) 
本日の初読図書:
4061826271完全版 地獄堂霊界通信(1) (講談社ノベルス)
香月 日輪
講談社 2008-12-05

by G-Tools
「イタズラ大王三人悪」と呼ばれる最強の小学生、てっちゃん、リョーチン、椎名。
イタズラはすれども弱い者いじめはしない、そんな一本筋の通った悪ガキ三人組が、ふとしたことから出入りするようになったのが、町はずれにある薬屋「地獄堂」こと「極楽堂」。
100年は(たぶん)生きているという謎の老店主から教えられる、様々な怪異に関わってゆくうちに、彼らは日常と重なるように存在する、もうひとつの世界への扉を開けてゆく ――

妖怪アパートの香月さんのデビュー作、もと児童文学をノベルに書き直した改訂版です。
……怖ェ(汗)
これほんとに元児童文学なんですか!? つか子どもに読ませて良いのかこんなの。
二話目の「地獄堕ち」なんてほとんどサイコホラーだし、五話目の「生霊を追って〜」なんて凄惨すぎるよ。ぐしゃってなんだぐしゃって(泣)
なんだかちょっぴり今晩夢に出てきそうで恐ろしいです。悪たれ三人組のかっちょ良さは、小学生とは思えない痺れるところなんですが。
二巻目、どうしよっかなあ……

あ、あとてっちゃん、頼むから工事現場から持ち出したスコップはちゃんと返しておいてね? あんなの一本でも、れっきとした備品なのよ、一応(笑)
No.2366 (読書)


 2009年04月17日の読書
2009年04月17日(Fri) 
本日の初読図書:
4797354127カラクリ荘の異人たち 3 ~帰り花と忘れ音の時~ (GA文庫)
ミギー
ソフトバンククリエイティブ 2009-04-15

by G-Tools
3巻目は古本の言霊と雪女と里帰りの三話。
なんとあの感情欠落人間の太一君が、穏和なレン君と声を荒げて喧嘩をしております。青春だなあ(笑)
しかも三話目では自ら実家に帰ってみたりなんかして、これまでの誤解を幾分か解いてきたり、義理の母親の意外な一面を知ってみたり(まさか同人作家とは……)
意外な一面と言えば、タカハシさんも驚きな正体が明らかになってましたね(笑)
今回は妖怪云々よりも太一君の成長の方がメインっぽくて、カラクリ荘の面々はちょっと影が薄かったかな?
なんでも1〜3で夏秋冬ときたので、次回の春、4巻でこのシリーズは終了とのこと。どういう終わり方になるのか、いまから楽しみです。
No.2365 (読書)


 2009年04月14日の読書
2009年04月14日(Tue) 
本日の初読図書:
4062694123妖怪アパートの幽雅な日常(10) (YA!ENTERTAINMENT)
香月 日輪
講談社 2009-03-11

by G-Tools
ついに、ついに最終巻です!
いやもう前巻の最後の一行を読んでどうなることかと思ったんですけど、ほんとにどうなってたよ! びっくりですわ! 二転三転する展開にマジでうろたえまくってました(苦笑)
途中で何度も叫びましたが、特に最大の叫びはアレでしたね「ち、千晶先生ーーーーっっ!?」でした。
ええいくそ! よく考えりゃそんな訳ねえよな!? でも騙されたんだよ綺麗に!
あ、プチについては、あんまり心配してませんでした(笑) だってあくまでアレだし。夕士くんなら確実に力つけてるからすぐになんとかなると思ったし。
全十巻。ある意味まっすぐで、汚れちまった大人には眩しすぎる展開も多かったですが、それでも心温まる実に良いシリーズでした。るり子さんのメシは偏食大王の私から見てもまた旨そうでvv
いやはや、ほんとに良い本に出会えて嬉しかったのことでした。
No.2360 (読書)


 2009年04月11日の読書
2009年04月11日(Sat) 
本日の初読図書:
475752515X死がふたりを分かつまで 9 (ヤングガンガンコミックス)
DOUBLE-S
スクウェア・エニックス 2009-03-25

by G-Tools
前回どうなるかと思ったピンチは、遥の登場で案外さくっと解決。
……っていうか、遥が小悪魔になってる!?(驚) ヒグマに比べたらって……いったいどんな修行つけたんだ護さん!
なんだか護がネットワークと袂を分かちつつあるのが不安です。井川には早々に新しい相棒があてがわれちゃったし。
ネットワークの偉いさんと思しき、謎の人物がどんな裁断を下すかが気になるところです。

4785931310HELLSING 10 (10) (ヤングキングコミックス)
平野 耕太
少年画報社 2009-03-27

by G-Tools
まずは帯の「完結」の文字にびっくり。もっとひっぱると思ったので驚きました。
そして表紙の格好良さは格別ですね。主にマスター、婦警に執事、こっそり隊長。こたえられません。
内容については、なんというかもう、これは読まなきゃ判りませんね。
人が人であること、己が己であることをここまで思い切った手段で書ききった作品はそうないと思います。
相互理解へと、真っ向から喧嘩を売っているのも新鮮なところ。いや、異なると認めるところから歩み寄りは始まるのだから、これで良いのか?
ああしかし、ウォルター……(泣) なんで最後の一コマでそうくるかな、もう!
No.2356 (読書)


 2009年04月10日の読書
2009年04月10日(Fri) 
本日の初?読図書:
4001140292ドリトル先生月から帰る (岩波少年文庫―ドリトル先生物語)
Hugh Lofting 井伏 鱒二
岩波書店 2000-11

by G-Tools
月三部作の最終巻、ようやく読了。
月での出来事については、前巻でいろいろ書かれていたせいか、今回はほとんど触れられていない感じです。せっかく月から連れ帰ってきたネコについても、あまり描写がなかったし、朧な記憶によれば他の巻でも登場はしていなかったような気が……ちょっと勿体ないですね。
そして先生が不在の間、動物たちを養うために、帳簿つけの仕事を請け負うスタビンズ君。……きみはいったいこの時点でいくつなんですか。「身長160センチ」の「少年」……17〜18にはなっているのか。その甲斐性に完敗です。
あと、静かな環境で本を執筆したいが為だけに、牢屋に入ろうと四苦八苦するドリトル先生に笑い。やっと入牢したと思ったら、動物たちの余計な気遣いのおかげで、早々に追い出されてしまうし(笑) ほんとに善良なお人です。
No.2354 (読書)


 2009年04月07日の読書
2009年04月07日(Tue) 
本日の初?読図書:
4001140284ドリトル先生月へゆく (岩波少年文庫―ドリトル先生物語)
Hugh Lofting 井伏 鱒二
岩波書店 2000-11

by G-Tools
ご存じ、動物語を話せる博物学者、ジョン・ドリトル先生のシリーズの内、月関連の三部作の二冊目。
子供の頃、小遣いが続かなくて買うことができず、それでも図書館で借りた覚えがうっすらあるようなないような。
大人になって改めて読んでみると、引っかかるところはたくさんあるんですけれど、それでもやっぱり面白いです。特に私は十歳で先生の助手になってしまう「スタビンズ君」が大好きだったので、彼が語り手となっているこの月シリーズも楽しく読めます。(それでもやはり一番は、航海記ですが)
ラスト、月へ先生を含めた仲間達を置いたまま、一人地球へ戻ってきてしまったスタビンズ君。次作はタイトルがタイトルですし、うすらぼんやり残っている記憶によれば、無事先生達も戻っていらっしゃったはずですが、そのあたり全く覚えていないので、読むのが楽しみです。
しかし……今になって読み返して思うのですが、井伏鱒二さんの翻訳は本当に良くできているというか。子供の頃にこの文章を読むことで、尊敬語や謙譲語の基礎を知らず知らず学べていたのではないかと、そんなふうに思えるのですね。このシリーズはほんと、これからも長く読み継がれていって欲しいと切に思います。
No.2352 (読書)


 2009年03月29日の読書
2009年03月29日(Sun) 
本日の初読図書:
4125010676海賊とウェディング・ベル―クラッシュ・ブレイズ (C・NOVELSファンタジア)
茅田 砂胡
中央公論新社 2009-03

by G-Tools
タイトル見ればお判りの通り、金銀黒ネズミはお休みで、海賊と女王と船長さんの三人だけがご登場の今回。まさかジャスミンがウエディングドレス着るの!?とびっくりしたんですが、さすがにそれは違いました(苦笑) ……正直ちょっと見てみたかった気もするんですけどね。
ああでも内容はすっかりジャスミンの独壇場でした。ケリーもいろいろやってたはずなんですが、そのあたりは裏で割愛。むしろゲストキャラのほうに書き込みが為されてました。
そして船長さんはやっぱりキングの息子なんだなあと、妙なところで実感させられたり<三日でゲート一個発見て
No.2350 (読書)


 2009年03月28日の読書
2009年03月28日(Sat) 
本日の初読図書:
4872579844やおろず弐 でこぼこな恋、始めました。 (Regalo)
裕龍ながれ
イースト・プレス 2009-03-19

by G-Tools
てっきり1冊で終わりかと思っていた「やおろず」、2巻目が出てしまいました。……よかった、まだバラしてなくて(ため息)
内容は前回までの通り、〜の段で続く短編集なるも、微妙に話は繋がっていて、しかもサブタイトル通り恋愛風味が絡んでおります。前回の巻でおまけとしてWEB公開されていたマレビトの話も、大幅加筆修正のうえ収録されてました。
どうなることかと途中ドキドキさせられつつ、最終的にはほっとさせられるのも前回の通り。
……しかしノロ君が……ノロ君、きみまでもがそうなるのか……私には君たちが眩しいよ……(しくしくしく)

あと今回のおまけWEB小説では、あまりになじみのある地名の連打に、思わず画面前でにやけてしまったりしておりました。いや、水木ロードなんかは行ったことないんですけどね、なんか地元感覚なんですよ。なんとなく。
No.2347 (読書)


 2009年03月25日の読書
2009年03月25日(Wed) 
本日の初読図書:
4887419082G・DEFEND(35) (冬水社・ラキッシュ・コミックス)
森本 秀
冬水社 2009-03-20

by G-Tools
今回は本編のこぼれ話なショートマンガ24本と、番外短編二編を集めた、丸々おまけ的な一冊。
時系列がずいぶん混在しているので、あれ?これいつのエピソードだっけ、なんてのもあったりなかったり。
個人的にはバーテン吹越の年齢に驚。ににに、二十五年前にあのお姿って事は、少なく見積もっても四十後半……?(滝汗)
No.2338 (読書)


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124][125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202]

<< 2017年06月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2009年04月19日の読書
 2009年04月18日の読書
 2009年04月17日の読書
 2009年04月14日の読書
 2009年04月11日の読書
 2009年04月10日の読書
 2009年04月07日の読書
 2009年03月29日の読書
 2009年03月28日の読書
 2009年03月25日の読書

 最新のコメント
 タティングレースとして..
 by 神崎真
 at 2017/06/17 12:49:28
 とっても繊細なモチーフ..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/06/17 09:25:52
 こんばんは〜、猫欧州さ..
 by 神崎真
 at 2017/06/16 23:42:34
 画像で見ると大きさを感..
 by 猫欧州
 at 2017/06/16 23:14:52
 こんばんは、胡蝶蘭さん..
 by 神崎真
 at 2017/06/14 23:19:36
 ダイソーのミックス糸は..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/06/14 08:54:23
 私は安い糸+ほとんどを..
 by 神崎真
 at 2017/06/13 07:42:28
 失礼しました。
 by 胡蝶蘭
 at 2017/06/12 22:08:44

 カテゴリー一覧
 読書(2013)
 更新(428)
 電脳(520)
 映像(225)
 バトン(22)
 創作(487)
  タティングレース(188)
  マクラメ(52)
  レジン(8)
 その他(6)
 日常(1423)

 最新のトラックバック
 今日の夕食は
 ┗しゃばけ(ドラマ)(+五月雨通信+/2007/11/28)

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41