よしなしことを、日々徒然に……



 2009年11月27日の読書
2009年11月27日(Fri) 
本日の初読図書:
4140055553天地人〈下〉人の巻
日本放送出版協会 2008-11

by G-Tools
読了!
すいません、相変わらず前田慶次郎にフラフラしてます(笑)
それはさておき、ようやく今まで判らなかった大阪の陣とか関ヶ原の東軍西軍とかがちょっと理解できてきたような気がします。
つか、これまで地理的位置関係がさっぱりだったのを、懇切丁寧にいまの○○県とか上方と江戸の中間とか書いてもらえるおかげで、地図の中の動きがようやっと思い描けた感じです。
誰がどっちについてたかとかもね……少しは把握できたような。
もっともすぐに忘れそうですが(^ー^;;)
しかし関ヶ原で負けたあとの上杉が辛いこと辛いこと……自分なりの『義』を模索して、とにかく上杉家存続を願う兼続が切ないですね……
No.2529 (読書)


 2009年11月26日の読書
2009年11月26日(Thr) 
本日の初読図書:
4140055545天地人〈中〉地の巻
日本放送出版協会 2008-11

by G-Tools
樋口与六兼続が、ようやく直江山城守兼続になりました。
そして豊臣氏が力をつけるにつけ、ようやくなんとなーく覚えのある歴史の流れになってきて、多少読むスピードが上がりました。
……が、個人的に一番盛り上がったのが、たったひと見開きほどの、前田慶次郎言及シーンってあたり、どんだけ一夢庵〜好きなんだ私……(苦笑)
No.2526 (読書)


 2009年11月25日の読書
2009年11月25日(Wed) 
本日の初読図書:
4140055537天地人〈上〉天の巻
日本放送出版協会 2008-11

by G-Tools
大河ドラマ一回も見てない私ですが、時代物読みたい熱がひき続いているので、大河始まる前に母が買ったのを借りてみました。ちなみに母と次兄はけっこう歴史物が好きで、母は今、次兄が持ってた「坂の上の雲」を読んでいます(笑)
で、直江兼続。
某コバルト世代 ―― ただし途中で挫折 ―― な私は、直江と言えば信綱なんですが、今回読んでみて、なるほど地味だ……としみじみ納得しました。
しかし同時に「一夢庵風流記」(「花の慶次」の原作)ファンとしては、直江兼続……というか、上杉謙信の『義』にこだわる美しさに惚れ惚れとしてみたり。
とはいえ、かなり地名や人名について親切に書かれているにもかかわらず、まだ「歴史が判ら(略)」とか言ってる私は、歴史物読むのに向いてないかもしれません。いやあ……言葉だけ知ってた「御館の乱」が景虎と景勝の戦いだと初めて知りました。

今まで読んできたもののほとんどが織田とか徳川とか豊臣側からの話だったので、この先どういうふうに歴史が進んでいくのか、ほんとにさっぱり判りません。とりあえず母からのネタバレで、畳の上で死ぬことはほぼ確定してるので、それだけは安心して続きが読めるかと。
No.2524 (読書)


 2009年11月24日の読書
2009年11月24日(Tue) 
本日の初読図書:
4253096409天の神話地の永遠 4 (ボニータコミックス)
秋田書店 2009-11-16

by G-Tools
前後編を含む四(三)編収録。
またも新しいキャラ(巫女守)が増えております。いろんな意味で規定外な設定の割に、続きではそのへんあんまり触れられてないのが残念かと。
このシリーズ、読切連作になって読みやすくなったのは嬉しいんですけど、永遠かも〜の頃のキャラや、その他でも新しく出てくるキャラの再登場が少なくなったのがちと寂しいんですよねえ。氷雪神の司くんとかどうしてるんだろう……
No.2523 (読書)


 2009年11月23日の読書
2009年11月23日(Mon) 
本日の初読図書:
4887419619G・DEFEND(36) (冬水社・いち*ラキコミックス)
冬水社 2009-11-20

by G-Tools
とにかく西やん。

「【習作】異世界からの手紙〜竜肉美味しかったです〜(Arcadia)」〜四通目

異世界に落ちたら砂漠で、瀕死の竜が落ちてたから食べてみたら、オーガ顔負けの異形になっちゃいました。でも魔法とかはあんまり使えないんだよ、と言うお話。
元の世界の友人へ出された手紙という、一風変わった文体です。
No.2521 (読書)


 2009年11月17日の読書
2009年11月17日(Tue) 
本日の初読図書:
「桜散る谷で(オンライン小説)」
 http://www5b.biglobe.ne.jp/~dww/

女子高生が戦国の世にタイムスリップして……という短編。
いやもう容赦ないです。女子高生の性格設定がすごいこともあって、血と泥と内臓と脳漿がブチ撒かれております。
……同じタイムスリップ物でもいろいろあるなあ。
No.2518 (読書)


 2009年11月16日の読書
2009年11月16日(Mon) 
本日の初読図書:
4812471788肌の上の恋愛事情 (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
竹書房 2009-10-27

by G-Tools
脇役が主役になってリンクしているリーマン物二種類と、ファンタジー物一種類。今回も親父スキー向けですね。個人的に儚羅さんはFT系の方が好みかなあ。
それにしてもザイの首輪は重そうだ(笑)

「発明・ざ・わーるど!(GAIA小説広場)」〜とぅるー…

とりあえず本編読了。あと現在番外編とかIFバージョンを連載されているようですが、まあとりあえずここまでで。
どうなるかと思っていたハーレム状態も、そこそこ納得いく状態で解決ついたし、最初の方でちょっと出ていた伏線なんかも解決されていたし、面白かったです。
No.2516 (読書)


 2009年11月15日の読書
2009年11月15日(Sun) 
本日の初読図書:
4903012441あやかし同心事件帖 (ワンツー時代小説文庫)
ワンツーマガジン社 2006-03

by G-Tools
飢饉による米価高騰に喘ぐ江戸の町で、暴利を貪る米問屋の娘が相次ぐ謎の死を遂げる。体内に一滴の血も残らず、さながら老婆のようにしなびたその死骸。妹を救おうとして返り討ちにあった男は、「赤い目」という言葉を言い残す。
隠密廻り同心香月源四郎が事件の探索を始めるが、相手は謎の魔力を持ち合わせているようで……

うーむ……ちょっとタイトルやあらすじから期待していたのとは、違う感じのお話でした。もうちょっとライトでファンタジックな話か、あるいは伝奇的なものを予想してたんですが、なんだろう、この読後感は……(悩)
けっこう厚い本の割に、読み終わったときに思いかえす内容は「こんなもんか」という感じで、なおかつ途中で何度も寝オチしてしまうと言う……ぶっちゃけ、個人的にちょっと好みに合わなかった、かな。文章は悪くなかったと思うんですけどね。けっこう大量に出てくるキャラクター、「これだれだっけ?」とか混乱せずに読めましたし。
個人的には星二つ、ってとこですかね。

「発明・ざ・わーるど!(GAIA小説広場)」〜ちゃいるど
No.2512 (読書)


 2009年11月13日の読書
2009年11月13日(Fri) 
本日の初読図書:
「異界の魔術士(小説家になろう)」〜王都の昼下がり

本編全100話+番外編読了。丸四日かかりましたが、面白かったです。細かいキャラまでその後がフォローされていく作品でした。
そしてまさに主役最強。フラグはいろいろ立ちまくるんですが、ことごとく叩き折っていきます(笑)
もはや何でもありなので、読む人はちょっと選ぶかもしれませんね。
あと時間かかったのは、固有名詞(特に地名)が多いからかなあとか分析してみたり。地図が欲しかったです、かなり切実に。

「発明・ざ・わーるど!(GAIA小説広場)」〜ぺあれんつ39!

これも異世界召喚もの。ハーレム系?
学校帰りにいきなり異世界に飛ばされた主役が、何故か持ってる三大スキル(料理・医術・発明)と、異世界に来たことで身についた腕力で世の中渡ってます。つうか、ほとんどずっと飯作ってるあたり、日常スキーには良い感じです。
No.2509 (読書)


 2009年11月11日の読書
2009年11月11日(Wed) 
本日の初読図書:
「異界の魔術士(小説家になろう)」〜53話
No.2504 (読書)


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123][124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205]

<< 2017年11月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2009年11月27日の読書
 2009年11月26日の読書
 2009年11月25日の読書
 2009年11月24日の読書
 2009年11月23日の読書
 2009年11月17日の読書
 2009年11月16日の読書
 2009年11月15日の読書
 2009年11月13日の読書
 2009年11月11日の読書

 最新のコメント
 お返事大変遅くなってす..
 by 神崎真
 at 2017/11/20 10:37:42
 シャトルの角カバーの記..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/11/15 11:45:22
 こんばんは、胡蝶蘭さん..
 by 神崎真
 at 2017/11/14 23:24:33
 シャトルは全部スケルト..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/11/14 22:47:07
 あ、これ毎晩寝る前に、..
 by 神崎真
 at 2017/11/13 21:28:53
 いつもながら仕上げが必..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/11/13 14:38:24
 今回は自業自得とはいえ..
 by 神崎真
 at 2017/11/12 14:38:10
 糸のからみはイライラし..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/11/12 11:13:20

 カテゴリー一覧
 読書(2049)
 更新(441)
 電脳(528)
 映像(232)
 バトン(23)
 創作(576)
  タティングレース(265)
  マクラメ(52)
  レジン(8)
 その他(7)
 日常(1435)

 最新のトラックバック
 今日の夕食は
 ┗しゃばけ(ドラマ)(+五月雨通信+/2007/11/28)

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41