よしなしことを、日々徒然に……



 2009年12月14日の読書
2009年12月14日(Mon) 
本日の初読図書:
4562032626シャーロック・ホームズ四人目の賢者―クリスマスの依頼人〈2〉
ジョン・L. レレンバーグ
原書房 1999-11

by G-Tools
クリスマスにまつわるホームズパスティーシュ集二巻目、十一編収録。
今回は登場人物に有名人が登場しているタイプが多かったです。そのあたり、英国人だともっとニヤリとできるんだろうなあと、ちょっと残念な気持ちが。ラドヤード・キプリング(ジャングルブックの作者)とか、ダーウィンとかは、おおと思ったんですが。あと賢者の贈り物のダブルパロディ「第二のヴァイオレット」は、「ぶな屋敷」のハンター嬢が出てくるだけでも面白いうえ、ラスト一文がなかなか効いていたかと。
そうそう、目次見たらトリにタニス・リーの名前があってちとびっくりしました。高校の頃、先輩が大ファンで、何冊か借りた遠い記憶があるようなないような。話的にも、なかなか面白かったです。
No.2558 (読書)


 2009年12月11日の読書
2009年12月11日(Fri) 
本日の初読図書:
4821188201まんがグリム童話 オズの魔法使い〈3〉
ぶんか社 2009-06-05

by G-Tools
最終巻。
い〜〜やっほぉっvv
途中対抗馬が出てきたときにはどうなることかと思いましたが、おおむね満足なラストでした♪ まあ、いろいろ気になるところはありますけどね、そこはそれで(苦笑)
しかしあれだ、三巻目はどんでん返しにつぐどんでん返しというか、ほんとに予想外な展開がどんどん出てきて、普通の文庫本一冊読んだぐらいのお腹一杯感です。原作全十四巻中二巻までしか読んでないので、どこまで原作エピソードを使ってあるのか判らないですが、とにかく面白かったです。
もっともほんとに最初から考えて……は、なかったらしいのが、後書きで判明してますけど、面白かったので、よし!
しかしオズ様の正体がああ来るとは意外だったな……
No.2556 (読書)


 2009年12月10日の読書
2009年12月10日(Thr) 
本日の初読図書:
4062073978いな吉江戸暦 (大江戸神仙伝)
講談社 1996-02

by G-Tools
文庫化時?には「大江戸仙女暦」と改題されたらしい、大江戸神仙伝五巻目。
いい加減江戸だけではネタが尽きてきたのか、今度は一八二〇年代のロンドンと江戸と現代東京を比較しております。あと、いな吉が年とってきたのを誤魔化すためか、転時できる時代が五年さかのぼった時代も加わって、でもいな吉の記憶は変わらないままだから、ますますパラレル世界要素が増えてます。作者さんも大変なんだろうなあ、と思わなくもなかったり。
No.2554 (読書)


 2009年12月09日の読書
2009年12月09日(Wed) 
本日の初読図書:
「そろもん(オンライン小説)」〜五十部、他番外等
 http://akaka.gozaru.jp/
No.2551 (読書)


 2009年12月08日の読書
2009年12月08日(Tue) 
本日の初読図書:
4062633027大江戸仙界紀 (講談社文庫)
講談社 1996-08-08

by G-Tools
大江戸神仙伝、四巻目。
今回は年末年始と熱海旅行でした。
江戸時代の熱海旅行は一ヶ月のおおごとです。そしてうまい具合に奥さんの長期出張の間に、江戸の愛人とよろしくやってる旦那……(苦笑)
そして今度も神仙の技使わないな〜〜とか思っていたら、ラスト近くで江戸の愛人いな吉がなんと現代の熱海へ現れちゃった、という衝撃的展開に。何故かその間は奥さんが消滅しているというパラレル世界的要素がからみつつ、いな吉に洋服着せたり新幹線乗せてみたりしている描写が微笑ましかったです。
しかし本妻さんはほんと気の毒やなこの話……まあいな吉可愛いから良いけど。

「そろもん(オンライン小説)」〜四十五
 http://akaka.gozaru.jp/

何故かもろもろの品々と会話できるツクモガタリの少年ミッちゃんと、その従姉妹で虫(菌?)と会話できるムシメヅルヒメのヒメちゃんとその他もろもろのお話。基本会話文形式のほのぼのSS集です。
No.2548 (読書)


 2009年12月07日の読書
2009年12月07日(Mon) 
本日の初読図書:
4562031514シャーロック・ホームズ クリスマスの依頼人
ジョン レレンバーグ
原書房 1998-11

by G-Tools
複数作家によるパスティーシュのアンソロジー。クリスマス〜新年あたりをテーマにした作品が十四編収録されています。どれも短編なので、なかなか気軽に読めますし、現代作家が書いた分、ある意味原作よりも判りやすい文章な場合もあって、なかなか面白かったです。
ただやはりネタかぶりはでてきちゃいますね。しかしホームズでもワトスンでもなく、事件に関わった一少女の視点から書かれたものとか、ワトソンが一人で謎解きした話、依頼人の正体が意外な人物だった作品などなど、様々な趣向が凝らされています。ファンなら手に取ってみる価値はあるかと。

あと翻訳で気になった点。原作の一編を「青いガーネット」と訳されていて、「青い紅玉(ルビー)」じゃないとピンとこないよなあ。やっぱ青いルビー=サファイアじゃん、ってことでそうしたのかと思ったんですが、調べてみたら「カーバンクル(Carbuncle)」ってもともと柘榴石のことなんですね。なら「Blue Carbuncle」で「青いガーネット」は正解なんですね。ふむふむ。
No.2547 (読書)


 2009年12月04日の読書
2009年12月04日(Fri) 
本日の初読図書:
4061853414大江戸遊仙記 (講談社文庫)
講談社 1993-11-04

by G-Tools
……しまった、前巻仙境録は既に初読図書で紹介してました_| ̄|○
本屋で流し読みしただけだと思ってました。道理で母が読み覚えあると言ってたはずだ。
で、遠方の図書館にしかなかった三巻目です。
もはや神仙の力なんてまるで使ってやしねえ(苦笑)
そしてなんだか話がやけに艶っぽくなってます。けっして出会うことのない愛人VS本妻が、旦那の身体を通じて無自覚バトルみたいな。
前も書きましたが、東京の地理がよく判らない人間にとっては、ちょっと江戸と東京を引き比べる記述が長いのが辛いです。
No.2545 (読書)


 2009年12月03日の読書
2009年12月03日(Thr) 
本日の初読図書:
4061850652大江戸仙境録 (講談社文庫)
講談社 1992-01-08

by G-Tools
ルポライター速見洋介は、以前、江戸と現代とを行き来する能力を持っていたが、その能力を失ってから二年が過ぎた現在、妻と共に穏やかな生活を送っていた。
が、ある日のこと、郵便ポストに投函されていたのは、誰にも話したことのない相手 ―― 江戸時代に残してきた愛人、いな吉からの手紙で……

JIN(仁)とよく比較される作品、大江戸神仙伝シリーズの二巻目。
一巻目はずいぶん前に購入して既にPDF化済なんですが、当時は主役のあまりの男のロマン(江戸に愛人、同時に現代で再婚とか)っぷりに、続きを読む気が失せて一巻だけに留めておりました。が、ドラマJINに触発されて再び読みたくなったので、一巻目を再読ののち、続きを図書館で借り出し。
相変わらず、タイムスリップものの割に、江戸でも現代でもほとんど知識や技術を活用しておりません(苦笑) なんだか観光旅行してる感じで、ひたすら江戸の町を見てまわっては讃美しております。一巻でも、脚気薬を作った割に、現代に影響を及ぼしたくないからと、ほとんど使用しなかったし。今回は元製薬会社社員で動物実験経験済みとはいえほぼ素人が、盲腸の手術するという無茶っぷりをかましますが、まあそれぐらいです。あああと、遠方に行くのに、現代に戻って車で移動してから、江戸へ飛んで距離を稼ぐとか。
やはり古い作品だけあって、最近の異世界スリップものとはだいぶ違う感じです。
No.2544 (読書)


 2009年11月29日の読書
2009年11月29日(Sun) 
本日の初読図書:
4125010935クラッシュ・ブレイズ - オディールの騎士 (C・NOVELSファンタジア)
鈴木 理華
中央公論新社 2009-11-26

by G-Tools
表紙を見てまず、やった怪獣夫婦!と拳を握り、1ページ目を開いて、前作で触れられていた浜辺でリゾートな二人だと気付いて快哉をあげました。うわぁい! 珊瑚礁の海でいちゃつくケリーとジャスミンだvv もうそれだけでお腹いっぱいですvv
そう思っていたら、後半、同じコックピットにいる独り立ちしたミニラ(笑)と黒ゴジラを見てさらにヒートアップ。わあ、よもやこんなシーンが見れる日がくるとは。
しかし敵役は今回も小物でしたね。っていうか、巻を追うごとにどんどん敵がスケールダウンしてる気がします。インフレ化するのもどうかと思いますが、デフレる敵って……(苦笑)
No.2540 (読書)


 2009年11月28日の読書
2009年11月28日(Sat) 
本日の初読図書:
4821188198まんがグリム童話 オズの魔法使い〈2〉
ぶんか社 2009-06-05

by G-Tools
とりあえずエメラルドシティにはたどり着いたものの、肝心のオズが西の魔法使いにさらわれ行方不明。願いを叶えてもらうには救出しなければ、ということで再び探索の旅に出て、様々な事件に遭っています。
モチーフは確かにオズの魔法使いなんですが、かなりアレンジ入っていてギャグ時々シリアス。レディースコミック掲載につき、かなり十八禁だったりグロ描写あったりします。それでもなぜか全体的な雰囲気はほのぼのなんですよねえ。絵柄がけっこう可愛いからなのもあるのか。
引きこもってる内に完結していたので、全三巻の内、二巻後半からまるきり未読。いったいどういう終わりになるのか。個人的にはトト(人間バージョン)と幸せになって欲しかったり……
No.2535 (読書)


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122][123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205]

<< 2017年11月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2009年12月14日の読書
 2009年12月11日の読書
 2009年12月10日の読書
 2009年12月09日の読書
 2009年12月08日の読書
 2009年12月07日の読書
 2009年12月04日の読書
 2009年12月03日の読書
 2009年11月29日の読書
 2009年11月28日の読書

 最新のコメント
 シャトルの角カバーの記..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/11/15 11:45:22
 こんばんは、胡蝶蘭さん..
 by 神崎真
 at 2017/11/14 23:24:33
 シャトルは全部スケルト..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/11/14 22:47:07
 あ、これ毎晩寝る前に、..
 by 神崎真
 at 2017/11/13 21:28:53
 いつもながら仕上げが必..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/11/13 14:38:24
 今回は自業自得とはいえ..
 by 神崎真
 at 2017/11/12 14:38:10
 糸のからみはイライラし..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/11/12 11:13:20
 ビーズ入り糸を大量に巻..
 by 神崎真
 at 2017/11/11 22:23:08

 カテゴリー一覧
 読書(2049)
 更新(441)
 電脳(528)
 映像(232)
 バトン(23)
 創作(576)
  タティングレース(265)
  マクラメ(52)
  レジン(8)
 その他(7)
 日常(1435)

 最新のトラックバック
 今日の夕食は
 ┗しゃばけ(ドラマ)(+五月雨通信+/2007/11/28)

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41