よしなしことを、日々徒然に……



 2010年06月18日の読書
2010年06月18日(Fri) 
本日の初読図書:
4043902018十三の呪 死相学探偵1 (角川ホラー文庫)
三津田 信三
角川グループパブリッシング 2008-06-25

by G-Tools
幼い頃から、人間に取り憑いた死の影が見える青年、弦屋俊一郎は、拝み屋の祖母の元で修行を積みながら高校を卒業した。そしてその能力を生かす職に就こうとした結果、探偵事務所を開くこととなる。
第一の依頼者は、死神に憑かれていると主張する女性だった。幼い頃から周囲にいくつもの死を見てきた彼女、紗綾香はつい先日、婚約者を亡くしたばかりだった。
彼女自身に死相を見ることのできなかった俊一郎は、一旦紗綾香を追い返したが、彼女は程なくして事務所を再訪することとなる。何故なら婚約者の家で次々と怪異が起こり始めていたからだった。そして俊一郎は、彼女に不気味な死の影を見る。
紗綾香と共に婚約者の家 ―― 入谷家に向かった俊一郎は、家族すべてに同じ死相を見出した。それが入谷家連続怪死事件の始まりだったのだ。

……オカルトとミステリが融合した、不気味な話でした。
なにが不気味って、死相の表現が不気味です。色々なパターンが出てくるんですが、今回のメインは、人の身体にたかるミミズのような代物。それが夜中に這いずり出てきて塊になり、廊下を蠢いているシーンなど、もののけ姫に出てくる祟り神のような気持ち悪さが(汗)
主役が人間嫌いかつワトソン役がいないせいか、警察や関係者との人間関係が今ひとつ希薄な感じです。死者が出ても、あんまり感情移入できない感じがするのはそのせいですかね……
でも犯人側には複雑な人間心理があり、犯人自身も意外な人物。
……読後感はけして良くないパターンですね……最後に出てきた猫の「僕」がかろうじて救いになっているというか。
気の強い祖母ちゃんの存在が、一抹の清涼剤かも。
No.2756 (読書)


 2010年06月17日の読書
2010年06月17日(Thr) 
本日の初読図書:
4334700845百人一首殺人事件 (光文社文庫)
山村 美紗
光文社 1984-12

by G-Tools
元旦、おけら祭りに湧く八坂神社で、着物姿の若い娘が殺された。胸に破魔矢を突き立てられ、その袂には百人一首の取り札「やくやもしほのみもこかれつつ」が入っていた。
いかにも日本的なものを感じさせる事件に、たまたま通り合わせたアメリカ人キャサリンは深い興味を覚える。
だがその殺人は、一連の恐ろしい連続殺人の始まりに過ぎなかった。

元アメリカ副大統領の娘キャサリンをホームズ役に、日本の大臣の甥にして大学助教授 浜口一郎をワトスン役に据えたミステリ小説。シリーズ二巻目。
図書館で検索かけたんですが、一巻目はありませんでした。残念。
まあ、どの巻から読んでも差し障りはなさそうなシリーズですが。実際、学生時代に何冊か読んだ記憶ありますし。
ドラマではキャサリンが日本人 希麻倫子(きあさりんこ)になってたりするそうですが、私は見たことありません。さすがにその改変はちょっとなあと思うのですよ……

4041712076女相続人連続殺人事件 (角川文庫)
山村 美紗
角川書店 1991-04

by G-Tools
やはりキャサリンシリーズの何作目か。
キャサリンの知人のお金持ちな未亡人が、三人の養女と一人の実子かもしれない男性と、お手伝いさんやら弁護士やらを巻き込んでの相続争い。
意外な犯人という点では、この上なく意外でした。さすがミステリの女王。
いつの間にかキャサリンと浜口さんとの仲が進展していて、呼び名が「キャシィ」になっていたり、結婚資金がどうのとか話しているのが、ああシリーズものだなあと思ったり。
No.2754 (読書)


 2010年06月16日の読書
2010年06月16日(Wed) 
本日の初読図書:
4488439055安楽椅子探偵アーチー (創元推理文庫)
松尾 由美
東京創元社 2005-10

by G-Tools
小学五年生の及川衛は、その日誕生日のプレゼント代として渡された二万八千円を握りしめ、電気屋へと向かっていた。目指すは発売されたばかりのゲーム機とソフト。
けれど信号待ちをしていたその時、彼の耳にふと聞こえてきた小さなため息が、その足を止めることとなる。
ため息を放ったのは、なんと骨董品屋の店頭に陳列されていた、古い安楽椅子だった。
有り金はたいて購入したしゃべる安楽椅子アーチーと衛少年の、それはちょっと不思議な謎解き物語。

安楽椅子(アームチェアー)と揺り椅子は違うと、この話で初めて知りました(苦笑)
ともあれ、何故か言葉を話すうえ、シャーロック・ホームズばりの推理力まで持ち合わせている安楽椅子探偵(文字通り)と、小学生との交流話はなかなか面白かったです。短編四話が収録されていて、最終話「緑のひじ掛け椅子の謎」では、アーチーがなぜ意識を持つに到ったかの謎が描かれています。
最終話以外は、殺人事件などの深刻な謎はなく、日常のちょっとした……というには、少し根が深いものもありますが……そんなものが取り扱われていました。
どっちかというと児童文学に近いかな? 続編もあるようなので借りてこなければvv
No.2753 (読書)


 2010年06月13日の読書
2010年06月13日(Sun) 
本日の初読図書:
4062751151御書物同心日記 虫姫 (講談社文庫)
講談社 2005-06-15

by G-Tools
シリーズ三作目。
……相変わらずオチてない話がちらりほらり(苦笑)
表題になっている「虫姫」は、虫が好きな女の子が出てくるんですけど、その子の家で喧嘩沙汰があるわけですよ。「目潰しです」と言って渡された竹筒を投げると、中から蜘蛛の子がうぞうぞうぞーっと……って、ひーーーーっっっ(汗)
絶対食らいたくない攻撃です(涙)
なんとなくフラグが立っていた古本屋さんの娘との関係も、どうやら物にはならないようで、ほんとに色気のないお話でございます。
No.2751 (読書)


 2010年06月10日の読書
2010年06月10日(Thr) 
本日の初読図書:
4043943563僕とおじいちゃんと魔法の塔(2) (角川文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-05-25

by G-Tools
1巻で小学生だった龍神くん達も、ついに高校生。
今回は高校入学前の、春休み時点のお話でした。塔での一人(?)暮らしも三年以上。色々失敗したりもしつつ、自分のペースを見つけて、日々暮らしているその姿は尊敬の一言です。
つうか、ほぼ一軒家で掃除洗濯炊事に勉強して、本読んで絵を描いて家庭菜園まで作ってる龍神くん、どうやって時間のやりくりやってんだ……(汗)
そして、今回は塔の魔法陣からとんでもないお客さんがやってくるのですが、その魔女っ子さんを前にしても、なんだかんだで自分のペースを崩さずに、日常に足つけていられる龍神くん素敵ですvv
No.2748 (読書)


 2010年06月09日の読書
2010年06月09日(Wed) 
本日の初読図書:
4062739550続 御書物同心日記 (講談社文庫)
講談社 2004-02-13

by G-Tools
将軍家の蔵書を扱う紅葉山御文庫のシリーズ二冊目。
相変わらず、事件ともなんともつかない、ちょっとした出来事を綴ったのんびりとした短編集です。
今回は大仕事の後の人事異動があり、新キャラが二三登場しています。
一巻からのお仲間角一郎さんはまた変わりませず、何かしでかしてくれそうで、気を揉ませてくれます。
No.2746 (読書)


 2010年06月08日の読書
2010年06月08日(Tue) 
本日の初読図書:
4886539351君の優しい手 2 (ダイトコミックス)
大都社 2010-05-11

by G-Tools
前後編が一本と、シリーズ外の読切一本。
……どっちもやはり、山内さん一流のサイコサスペンスっつーか、ほとんどホラーっつうか(汗)
どうも掲載誌がなくなって、シリーズの続きは宙に浮いてしまったそうです。まだまだ謎伏線が残っているので、どこかに拾われて欲しいと切に願います。

4062620332夢介千両みやげ〈下〉 (大衆文学館)
講談社 1995-12

by G-Tools
夫婦約束をして同居していたお銀とも、ついに本当の夫婦となった夢介さん。お銀は嫉妬深いし、夢介さんはぼっとしてるしで相変わらずです。
三分の二ぐらいで本編は終了して、続きは続編「夢介めおと旅」となっていました。こちらでは、お銀をつれて小田原に帰った夢介が、「千両使うはずだったのに、三百両使い残してくるとは何事だ」と親父さんに叱責され、残りの金を使い切るべく、お銀と諸国巡礼の旅に出るという筋書き。しかし相変わらず、その旅は平穏に行かないようで……

正直、本編も続編も、ちょっと尻切れトンボ的なところがあります。
上巻で気になっていた、親の金云々については、下巻の頭で夢介さんが担ぎ売りして働く場面があるので、よしよしと思っていたんですが。でもやっぱり全体通しては、ひたすら騒動に巻き込まれては金で片を付けてるんだよなあ……ううん……
No.2744 (読書)


 2010年06月07日の読書
2010年06月07日(Mon) 
本日の初読図書:
4821188899まんがグリム童話 お江戸くノ一―変化のお梛事件帖〈2〉
ぶんか社 2009-09-10

by G-Tools
知らないうちに2巻が出て、知らないうちに売り切れていたので、なかなか入手できなかった作品。再版かかってたので、大喜びでポチッとしました。
あいかわらずお梛さん、すがすがしいまでに普通に房中術使ってます(笑)
情人の京弥もそのへん全然こだわりないようで、そのくせ京弥は惚れた相手一筋なんですよねえ(にまにま)
そう考えると、なんか男女逆っぽくて微笑ましいです。
No.2742 (読書)


 2010年06月06日の読書
2010年06月06日(Sun) 
本日の初読図書:
「白髪鬼(トシのベランダ晴耕雨読)」黒岩涙香、トシ訳
 http://www.tosi-w.com/index.php?

ナポリ在住の伯爵ロウマナイ家の当主ハピョは、美しい妻ナイナと誠実な親友ギドウ、愛しい娘 星子に囲まれ幸せな日々を過ごしていた。が、ある日のこと、突然の伝染病で命を落としてしまう。
しかし神は彼を見捨てていなかった。再び目覚めたとき、彼は自家の納骨堂におさめられた棺の中に横たわっていたのだ。どうにか棺から出て、閉ざされた暗い納骨堂の中をはいずり回る内に、彼は海賊カルメロネリが隠した財宝を発見する。
そしてどうにか納骨堂から脱出し、自らの生存を告げるべく屋敷へと舞い戻った彼が目にしたのは、妻と親友が自身の生前から己を裏切り、不倫の関係を築いていたという事実だった。己の死後二日と立たない内に、笑いさざめき喜び合う二人に復讐を誓ったハピョは、カルメロネリの財宝を元手に復讐計画を練り上げる ――

一夜の苦しみで、一気に三十も年をとったようになり、すべての毛髪が白髪化した青年の復讐譚。
口語訳されたもののため、人名地名がすべてカタカナ表記になっていたのが残念至極です。せっかくだから、DLしたテキストに検索置換かけて、主要人物名はウィキで調べた涙香版漢字表記に書き替えて読みました(ハピョ→波漂、ギドウ→魏堂てな具合に)。
内容的には原作「ヴェンデッタ ― 復讐」とほぼ同じ道筋を辿りつつも、感情面の描写や、裏切られっぷりの酷さがいや増していて面白かったです。
主役の一人称で書かれているので、厳窟王に比べるとちょっと主役感情的すぎやろとか、病死したこと自体は本人の責任なんだよなあ(苦笑)とか思わなくもないですが、まあそこはそれ。楽しく読ませていただきました。
……あとはやはり、ぜひ涙香の名文調で読みたいなあ……もしも原作が入手できたなら、きっとフリーテキスト化してネットにUPしてやるのに〜〜
No.2740 (読書)


 涙香版「白髪鬼」
2010年06月05日(Sat) 
ネットをうろうろしていたら、こんなものを発見しました。

■トシのベランダ晴耕雨読
 http://www.tosi-w.com/index.php?

黒岩涙香の「野の花」、「白髪鬼」、「鉄仮面」を口語訳しているサイトさんです。
しかも「白髪鬼」と「鉄仮面」は既に 完 結 済 。スゲエ! ありがたい! 白髪鬼なんてもはや国会図書館でも行かないと読めないようなレアもんですよ!?
今まで見つけたネット上での古本なんて、軒並み万(あるいは十万)単位ついてた手の届かない作品ですぜ!?
……ただなあ……私は涙香さんの、あのいわゆる「読みにくい」文体が好きなんですよねえ……(苦笑)

でもまあ、ありがたいッス。さっそくダウンロードしてテキスト化しまッス!
ふふふふふ、念願の涙香版白髪鬼〜♪
No.2739 (読書)


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112][113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205]

<< 2017年11月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2010年06月18日の読書
 2010年06月17日の読書
 2010年06月16日の読書
 2010年06月13日の読書
 2010年06月10日の読書
 2010年06月09日の読書
 2010年06月08日の読書
 2010年06月07日の読書
 2010年06月06日の読書
 涙香版「白髪鬼」

 最新のコメント
 いえ、こちらこそ、大人..
 by 神崎真
 at 2017/11/21 09:16:00
 踏み込んだ意見を述べて..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/11/21 08:48:14
 こんばんは、胡蝶蘭さん..
 by 神崎真
 at 2017/11/21 00:09:47
 体調不調が長引いて心配..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/11/20 21:42:20
 お返事大変遅くなってす..
 by 神崎真
 at 2017/11/20 10:37:42
 シャトルの角カバーの記..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/11/15 11:45:22
 こんばんは、胡蝶蘭さん..
 by 神崎真
 at 2017/11/14 23:24:33
 シャトルは全部スケルト..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/11/14 22:47:07

 カテゴリー一覧
 読書(2049)
 更新(441)
 電脳(528)
 映像(232)
 バトン(23)
 創作(578)
  タティングレース(267)
  マクラメ(52)
  レジン(8)
 その他(7)
 日常(1435)

 最新のトラックバック
 今日の夕食は
 ┗しゃばけ(ドラマ)(+五月雨通信+/2007/11/28)

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41