よしなしことを、日々徒然に……



 2010年06月08日の読書
2010年06月08日(Tue) 
本日の初読図書:
4886539351君の優しい手 2 (ダイトコミックス)
大都社 2010-05-11

by G-Tools
前後編が一本と、シリーズ外の読切一本。
……どっちもやはり、山内さん一流のサイコサスペンスっつーか、ほとんどホラーっつうか(汗)
どうも掲載誌がなくなって、シリーズの続きは宙に浮いてしまったそうです。まだまだ謎伏線が残っているので、どこかに拾われて欲しいと切に願います。

4062620332夢介千両みやげ〈下〉 (大衆文学館)
講談社 1995-12

by G-Tools
夫婦約束をして同居していたお銀とも、ついに本当の夫婦となった夢介さん。お銀は嫉妬深いし、夢介さんはぼっとしてるしで相変わらずです。
三分の二ぐらいで本編は終了して、続きは続編「夢介めおと旅」となっていました。こちらでは、お銀をつれて小田原に帰った夢介が、「千両使うはずだったのに、三百両使い残してくるとは何事だ」と親父さんに叱責され、残りの金を使い切るべく、お銀と諸国巡礼の旅に出るという筋書き。しかし相変わらず、その旅は平穏に行かないようで……

正直、本編も続編も、ちょっと尻切れトンボ的なところがあります。
上巻で気になっていた、親の金云々については、下巻の頭で夢介さんが担ぎ売りして働く場面があるので、よしよしと思っていたんですが。でもやっぱり全体通しては、ひたすら騒動に巻き込まれては金で片を付けてるんだよなあ……ううん……
No.2744 (読書)


 2010年06月07日の読書
2010年06月07日(Mon) 
本日の初読図書:
4821188899まんがグリム童話 お江戸くノ一―変化のお梛事件帖〈2〉
ぶんか社 2009-09-10

by G-Tools
知らないうちに2巻が出て、知らないうちに売り切れていたので、なかなか入手できなかった作品。再版かかってたので、大喜びでポチッとしました。
あいかわらずお梛さん、すがすがしいまでに普通に房中術使ってます(笑)
情人の京弥もそのへん全然こだわりないようで、そのくせ京弥は惚れた相手一筋なんですよねえ(にまにま)
そう考えると、なんか男女逆っぽくて微笑ましいです。
No.2742 (読書)


 2010年06月06日の読書
2010年06月06日(Sun) 
本日の初読図書:
「白髪鬼(トシのベランダ晴耕雨読)」黒岩涙香、トシ訳
 http://www.tosi-w.com/index.php?

ナポリ在住の伯爵ロウマナイ家の当主ハピョは、美しい妻ナイナと誠実な親友ギドウ、愛しい娘 星子に囲まれ幸せな日々を過ごしていた。が、ある日のこと、突然の伝染病で命を落としてしまう。
しかし神は彼を見捨てていなかった。再び目覚めたとき、彼は自家の納骨堂におさめられた棺の中に横たわっていたのだ。どうにか棺から出て、閉ざされた暗い納骨堂の中をはいずり回る内に、彼は海賊カルメロネリが隠した財宝を発見する。
そしてどうにか納骨堂から脱出し、自らの生存を告げるべく屋敷へと舞い戻った彼が目にしたのは、妻と親友が自身の生前から己を裏切り、不倫の関係を築いていたという事実だった。己の死後二日と立たない内に、笑いさざめき喜び合う二人に復讐を誓ったハピョは、カルメロネリの財宝を元手に復讐計画を練り上げる ――

一夜の苦しみで、一気に三十も年をとったようになり、すべての毛髪が白髪化した青年の復讐譚。
口語訳されたもののため、人名地名がすべてカタカナ表記になっていたのが残念至極です。せっかくだから、DLしたテキストに検索置換かけて、主要人物名はウィキで調べた涙香版漢字表記に書き替えて読みました(ハピョ→波漂、ギドウ→魏堂てな具合に)。
内容的には原作「ヴェンデッタ ― 復讐」とほぼ同じ道筋を辿りつつも、感情面の描写や、裏切られっぷりの酷さがいや増していて面白かったです。
主役の一人称で書かれているので、厳窟王に比べるとちょっと主役感情的すぎやろとか、病死したこと自体は本人の責任なんだよなあ(苦笑)とか思わなくもないですが、まあそこはそれ。楽しく読ませていただきました。
……あとはやはり、ぜひ涙香の名文調で読みたいなあ……もしも原作が入手できたなら、きっとフリーテキスト化してネットにUPしてやるのに〜〜
No.2740 (読書)


 涙香版「白髪鬼」
2010年06月05日(Sat) 
ネットをうろうろしていたら、こんなものを発見しました。

■トシのベランダ晴耕雨読
 http://www.tosi-w.com/index.php?

黒岩涙香の「野の花」、「白髪鬼」、「鉄仮面」を口語訳しているサイトさんです。
しかも「白髪鬼」と「鉄仮面」は既に 完 結 済 。スゲエ! ありがたい! 白髪鬼なんてもはや国会図書館でも行かないと読めないようなレアもんですよ!?
今まで見つけたネット上での古本なんて、軒並み万(あるいは十万)単位ついてた手の届かない作品ですぜ!?
……ただなあ……私は涙香さんの、あのいわゆる「読みにくい」文体が好きなんですよねえ……(苦笑)

でもまあ、ありがたいッス。さっそくダウンロードしてテキスト化しまッス!
ふふふふふ、念願の涙香版白髪鬼〜♪
No.2739 (読書)


 2010年06月04日の読書
2010年06月04日(Fri) 
本日の初読図書:
4062620324夢介千両みやげ〈上〉 (大衆文学館)
講談社 1995-12

by G-Tools
小田原は入田村在住の豪農のせがれ夢介は、道楽の修行を積むために、千両の大金を持って江戸へと出てきた。
図体は大きいし、力も強いが、根はとんとお人好しの夢介。途中知り合った道中師のお銀に惚れ込まれ、共に江戸へ入ったは良いものの、次々降りかかる女難剣難。それらを人柄と腕っ節でさばいてゆくが ――

桃太郎侍や遠山の金さんなどを書いたという、山手樹一郎の作品。
あらすじに「明朗朴訥なスーパーマンの善意あふれる行動を描き」とあったのが、主役最強スキーの琴線に触れて借りてみました。
……が、うーん(苦笑)
単にあちこちから金をだまし取られてるだけなんじゃないかこれ? と思わなくもなく。
上巻の段階で「自分で稼いだ金でもないのに、親の金をポンポン使っていい気になって」的なことをチクリと言われていたので、下巻でそれが解決されると良いのですけれど。
すっかり夢介に惚れ込んで、目指せ堅気の可愛いお嫁さん、なお銀さんとの仲も、親戚から反対されたところで上巻終了。続きがどうなるか気になります。
No.2738 (読書)


 2010年06月03日の読書
2010年06月03日(Thr) 
本日の初読図書:
「異世界召喚/壱(オンライン小説)」
 http://uzu-rugawa.seesaa.net/

気が付いたら、異世界の最強の剣士と魂が入れ替わっていて、本来なら勇者の従者になるところを、そんなこと知るかーーーっとばかりにうっちゃらかして、いつのまにか国一個作っちゃう青年のお話。
……軽い日記形式の文体で進んでいたら、終わりがけっこうバッドでびっくりしました。ハーレム系なのに、主役の色々認識不足ですれ違いまくって人死にでまくり。大陸滅びる寸前まで行ってるし(汗)
途中で分岐した別バージョンでは、それなりにめでたい終わり方でちょっと安心。
No.2736 (読書)


 2010年06月02日の読書
2010年06月02日(Wed) 
本日の初読図書:
4102224017ヤング・シャーロック ピラミッドの謎 (新潮文庫)
宮脇 孝雄
新潮社 1986-03

by G-Tools
その年、十六歳のジョン・ワトソンは、ロンドンにあるプロンプトン寄宿校に入学することとなった。
寮の隣の机はひどく乱雑で、化学薬品やバーナー、新聞の切り抜きや顕微鏡、変装道具に楽譜に本などが山積みになっている。
その机の持ち主こそ、のちに彼の無二の親友となる、偉大なる私立探偵。その若かりし少年時代の姿であった ――

と言うわけで、緋色の研究をまるっと無視した、少年時代にホームズとワトソンは出会っていたという映画のノベライズです。老後も無視して、ホームズは最後までベイカー街にいるっぽいし、ほぼイメージ先行の作品ですね。もとは映画ですし、映像的な見せ場が多かったです。オリキャラとホームズとの儚く消え去った初恋とか、ファンには許せてもシャーロキアンには許せんのじゃなかろうか……(ちなみに私はファンの方です)
人力式飛行機械とか出てくるのを見ると、なんか某犬のアニメを思い出したりします(笑)
ホームズの家庭環境とか、探偵になった動機とかも出てくるので、そういうのを許せる方には楽しめるんじゃないかと。
……ただエジプトの描写が長かった……途中、ホームズ物読んでるのを忘れるぐらいに長かったです(苦笑)
No.2735 (読書)


 2010年06月01日の読書
2010年06月01日(Tue) 
本日の初読図書:
4886539343君の優しい手 1 (ダイトコミックス)
大都社 2010-05-11

by G-Tools
右手で直接人に触れると、相手の考えていることが見えてしまう。そんな能力を持つ江藤美月は、おかげで様々な事件に巻き込まれてしまう。
人が隠そうとする、心の歪みを目にしてゆく。そんな彼女に救いの日はくるのか。

作者買いしてしまう山内さんの作品。今回はまた救いのない終わりが多いシリーズで……(汗)
二巻目も買ってるんで、そちらがもう少し温かいお話な事を祈りたいです。
No.2733 (読書)


 2010年05月31日の読書
2010年05月31日(Mon) 
本日の初読図書:
4163037802一本眉 (新鬼平犯科帳)
文藝春秋 1976-01

by G-Tools
鬼平13巻がいつまでも借りられっぱなしで困っていたところ、昔発行された、同じ内容のハードカバーがあったので借りてきました。
やはり表題作の「一本眉」が一番面白かったですかね。例によって兎忠が知らない間に盗賊と交流しちゃったりしてるんですが、最後までお互いにお互いが盗人と火盗改だと知らずに別れちゃうあたりが、たまらなく面白いところだと思うのです。
あと「墨つぼの孫八」で、病で苦しみ死にすることを恐れていた孫八が、卒中で眠るように息を引き取るのを羨ましいと思ってしまうあたり、我ながらどうかとか。
No.2732 (読書)


 2010年05月29日の読書
2010年05月29日(Sat) 
本日の初読図書:
4864230021SILVER DIAMOND(20) (冬水社・いち*ラキコミックス)
冬水社 2010-05-20

by G-Tools
ついに20巻まで来ましたか。話もだいぶ大詰めになってきてます。
相変わらず成重さんは大変なまま、ホシミノコトには全然勝てる気がしないしで辛いところなるも、羅貫の強さと千艸の揺るぎなさ、警備隊達の格好良さで保ってる感じです。警備隊達、ほんとに羅貫が好きなんだなあ。
あと久しぶりに金弦の警備隊(アラフォーだらけ/笑)が登場して、ちょっと和み。彼らがホシミノコトに疑いを持ってくれていたのも嬉しかったです。ビバ頑固。
No.2730 (読書)


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112][113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205]

<< 2017年10月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2010年06月08日の読書
 2010年06月07日の読書
 2010年06月06日の読書
 涙香版「白髪鬼」
 2010年06月04日の読書
 2010年06月03日の読書
 2010年06月02日の読書
 2010年06月01日の読書
 2010年05月31日の読書
 2010年05月29日の読書

 最新のコメント
 すみません、胡蝶蘭さん..
 by 神崎真
 at 2017/10/22 21:27:57
 又コメント入力できなか..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/10/22 20:56:28
 14号!?
 by 神崎真
 at 2017/10/22 20:18:08
 6段目のつなぎのピコッ..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/10/22 14:00:10
 本当に、これ良い感じの..
 by 神崎真
 at 2017/10/21 22:47:41
 素晴らしい出来上がりで..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/10/21 22:23:10
 いえいえ無理だなんてそ..
 by 神崎真
 at 2017/10/21 07:58:14
 体調が悪いのに無理して..
 by 胡蝶蘭
 at 2017/10/20 22:48:55

 カテゴリー一覧
 読書(2043)
 更新(439)
 電脳(526)
 映像(232)
 バトン(23)
 創作(556)
  タティングレース(245)
  マクラメ(52)
  レジン(8)
 その他(7)
 日常(1434)

 最新のトラックバック
 今日の夕食は
 ┗しゃばけ(ドラマ)(+五月雨通信+/2007/11/28)

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41