よしなしことを、日々徒然に……



 2010年04月28日の読書
2010年04月28日(Wed) 
本日の初読図書:
4167142228鬼平犯科帳 9 (文春文庫 い 4-22)
文藝春秋 1981-01

by G-Tools
ネットで確認したら返却されていたので、借りてきました。9巻目。
相変わらず、短編集なのにちゃんと少しずつ話が進んでいます。今回は鬼の平蔵に「ここまでか」と覚悟させた凄腕の剣客が登場(「本門寺暮雪」)したのですが、寸前に餌をやった犬に助けられ、一命を取り留めました。その犬は平蔵宅に引き取られ、飼い犬としてその後も登場しているのですから、やはりこのシリーズは順番通りに読まなければ楽しめません。
この巻では、他にも一服盛られそうになったりと、平蔵さん危機一髪が他にもあって、なかなかドキドキさせられます。最強のキャラが、たまには危機に陥るのも良いスパイスですな。
No.2708 (読書)


 2010年04月27日の読書
2010年04月27日(Tue) 
本日の初読図書:
4797358947カラクリ荘の異人たち 4 ~春来るあやかし~ (GA文庫)
ミギー
ソフトバンククリエイティブ 2010-04-15

by G-Tools
人とはちょっとずれた太一少年のお話も、ついに最終巻。
今回は三つお話が入ってました。太一くんの成長がメインになっていたので、カラクリ荘の住人は、ちょっと影が薄かったかと。
しかし自分も人とのコミュニケーションが苦手な私としては、ついに太一くんにも置いて行かれたかと、ちょっと寂しかったり……

あと、十遠見さんのジンジャークッキー美味しそうです。
早く彼が夢の「可愛いケーキ屋さん」になれることを祈りつつ……
No.2707 (読書)


 2010年04月26日の読書
2010年04月26日(Mon) 
本日の初読図書:
488741997Xアスタリスク(7) (冬水社・いち*ラキコミックス)
冬水社 2010-04-20

by G-Tools
びっくりするくらいザクザク話が進んでいって、次巻でゼータ編クライマックスだそうです。ってか、ゼータ編ってことは、今回の事件が終わっても話は続くって事ですか? それは嬉しいvv
キオの痣の調子、思わしくないのがちょっと心配なんですけど、基本的にこの人の話は安心して読めるので、気長に理由を待ちますかね。
今回はアンテに「立派になりましたで賞」を送りたく。
最初は通りすがりのゲストキャラだったと思っていたら、なんて格好良くなったことか……(ほろり)
No.2704 (読書)


 2010年04月25日の読書
2010年04月25日(Sun) 
本日の初読図書:
4125011060われら濁流を遡る―バンダル・アード=ケナード (C・NOVELSファンタジア)
ひたき
中央公論新社 2010-03

by G-Tools
バンダル・アード・ケナードの四作目。
なんとなく前作で終わっていたような気がしていたので、久しぶりに新刊が出てびっくりしました。
今回は、いつもよりちょっと女の子密度が高かったです。内一人は妊婦でしたが(笑)
しかし挿し絵を見ていると、シャリースがどんどん美形になっていってますね。私としては、一巻の頃の無精髭生やしたこっ汚い傭兵隊長と医者が好きなんですが、やはり世のお嬢さま方は、数日風呂入らなくても髭も生えない、キラキラしい美青年がお好みなのか(苦笑)
……ああ、ロッドが野営でひげ剃りするシーン、書いてみたかったな……
No.2702 (読書)


 2010年04月23日の読書
2010年04月23日(Fri) 
本日の初読図書:
456204537Xシャーロック・ホームズの大冒険 下
日暮雅通
原書房 2009-12-24

by G-Tools
ちょっと時間かかりましたが読了。
半研究書の体をなしたパスティーシュ集。一八九〇後半〜引退後にかけての物語十三編です。時代的に、政治的なものが関わる話が多かったかな……?
上巻は名前聞いたことのある作者さんが何人かいらっしゃいましたが、こちらは覚えのない人たちばかりでした。
後書きや年表に、他の邦訳済パスティーシュのタイトルが何冊か書かれていたので、今度はそれを捜してみたいと思います。
No.2701 (読書)


 2010年04月20日の読書
2010年04月20日(Tue) 
本日の初読図書:
4160091059鬼平犯科帳 (5) (文春時代コミックス)
文芸春秋情報出版 1994-08

by G-Tools
一冊丸ごと「妖盗葵小僧」。
この話は鬼平さんがかなり苦心させられるので、あまり好きじゃなかったりします。ネタ的にもマンガでは生々しすぎるなあと思うんですが、青年男子向けにはやっぱこういうのが好まれるんでしょうかね……
No.2700 (読書)


 2010年04月19日の読書
2010年04月19日(Mon) 
本日の初読図書:
405403103Xシャーロック・ホームズ メアリ女王の個人秘書殺人事件
Caleb Carr
学習研究社 2006-11

by G-Tools
今度のパスティーシュはハードカバー長編。
と言っても、事件そのものはそこまで壮大でもなく、どちらかと言うとイングランドとスコットランドのそれぞれの風俗と歴史、王室の黒歴史、そして英国に伝わるスピリチュアルな現象の雰囲気を楽しむようなお話でした。
マイクロフトが出てきたあたりで、もっと政治的国際的な話になると予想されたんですけどね……見事に騙された……<作者の意図通り
スピリチュアルなものがあると見せかけて、実際は人間が起こした事件……なのにも関わらず、最後にちょびっと謎が残るというのは好みな展開です。
……しかし前半の蘊蓄はちょっと疲れた……正直何度本を閉じようと思ったことか(苦笑)
No.2699 (読書)


 2010年04月18日の読書
2010年04月18日(Sun) 
本日の初読図書:
4160091040鬼平犯科帳 (4) (文春時代コミックス)
文芸春秋情報出版 1994-06

by G-Tools
「谷中いろは茶屋」、「女掏摸 お富」の二編を収録。
谷中〜は兎忠が最初に焦点をあてられる話なんですが、ううむ……とりあえず、今までと顔が違う(笑)
3巻まではもっと色男だったのに、急にあばた面になってるし。
そして残念だったのは、奇特な善人「川越の隠居」と盗人「墓火の秀五郎」が同一人物だと判明してしまったこと。そこが明らかにならないまま終わるところが、この話、ひいては池波正太郎の面白いところだと思っていたのですが。
女掏摸〜の方は、まあとくにこれということもなく、原作に忠実だったかと。
No.2698 (読書)


 2010年04月17日の読書
2010年04月17日(Sat) 
本日の初読図書:
4562045035シャーロック・ホームズの大冒険 上
日暮 雅通
原書房 2009-07-25

by G-Tools
映画でホームズものを見たので、また読みたくなりました、パスティーシュ。
探せば見つかるもので。以前に読んだ五冊組と同じ流れのもの、昨年出たてのほやほやです。
今回は、ワトソンが残した数々の散逸した文書を手に入れた人々が、事件を再構築。それらを時系列順にまとめて解説を付けた、半研究書という体裁を為しています。上下巻のとりあえず上巻。下巻には、パスティーシュを含めた年表とかついてるらしいです。
上巻にはホームズさんが大学生の頃から、一八九〇年代始めまでの十三編を収録。内容的な縛りはほぼなく、基本的にタイトルだけ語られていた「失われた事件」が多いですね。どれもなかなかに面白かったです。
個人的には「アドルトンの呪い」が印象深かったかな。現代科学をいち早く先取りした内容が、ホームズの偉大さを現しているようです。
No.2697 (読書)


 2010年04月15日の読書
2010年04月15日(Thr) 
本日の初読図書:
4167142600鬼平犯科帳〈8〉 (文春文庫)
文藝春秋 2000-06

by G-Tools
だいぶ時間をかけての読了。
今回の見所はやはり、上方からの刺客に部下やその家族達を次々殺されてゆく「流星」でしょうか。しかし平蔵さんはやはりお強く、凄腕の刺客が二人がかりで襲ってきたのに、あっさりと返り討ってしまいました。さすがは鬼の平蔵さん。
そして四十の坂の左馬之助さんが、八巻目にもなっていきなり奥さまをもらってしまいました。てっきりこの縁談は流れるんだろうなあと思って読んでいたので、結婚したのを読んでびっくりしてしまいました。しかもお相手は二十代ですよ。憎いねえ(笑)
No.2695 (読書)


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110][111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200]

<< 2017年04月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2010年04月28日の読書
 2010年04月27日の読書
 2010年04月26日の読書
 2010年04月25日の読書
 2010年04月23日の読書
 2010年04月20日の読書
 2010年04月19日の読書
 2010年04月18日の読書
 2010年04月17日の読書
 2010年04月15日の読書

 最新のコメント
 おはようございます。
 by 神崎真
 at 2017/04/28 07:55:20
 こんにちは〜
 by paoまま
 at 2017/04/27 13:32:18
 こんばんは、いのやまさ..
 by 神崎真
 at 2017/04/23 22:05:34
 こんにちは。
 by いのやま
 at 2017/04/23 15:03:23
 こんばんは、ままさん。
 by 神崎真
 at 2017/04/11 22:41:35
 まこっちゃんおはようご..
 by paoまま
 at 2017/04/10 11:44:55
 全然っ違うよ!まこっち..
 by paoまま
 at 2017/04/09 20:03:58
 こんばんは〜、ままさん..
 by 神崎真
 at 2017/04/07 22:25:52

 カテゴリー一覧
 読書(1999)
 更新(423)
 電脳(518)
 映像(225)
 バトン(22)
 創作(441)
  タティングレース(145)
  マクラメ(51)
  レジン(8)
 その他(6)
 日常(1419)

 最新のトラックバック
 今日の夕食は
 ┗しゃばけ(ドラマ)(+五月雨通信+/2007/11/28)

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41