よしなしことを、日々徒然に……



 2010年08月21日の読書
2010年08月21日(Sat) 
本日の初読図書:
4167142686鬼平犯科帳〈16〉 (文春文庫)
池波 正太郎
文藝春秋 2000-10

by G-Tools
今回は短編集。
なんだか全編を通じて、新婚になった兎忠がのろけまくってます(笑)
No.2824 (読書)


 2010年08月19日の読書
2010年08月19日(Thr) 
本日の初読図書:
4488201024サム・ホーソーンの事件簿〈1〉 (創元推理文庫)
エドワード・D. ホック Edward D. Hoch
東京創元社 2000-05

by G-Tools
1922年、アメリカの田舎町に診療所を構えた青年医師サム・ホーソーンが、街で起こる様々な「不可能犯罪」を解いてゆく短編集。
かなり本数があるシリーズの初期作十二編と、ノンシリーズの読切一遍が収録されています。
ホームズ物のパスティーシュを手がけたりしている方でして、その関係で手に取ったのですけれど、さすがに小粒できれいにまとまった話が並んでいると思いました。
だいたい感じとしては、老境に至ったサム医師が、来客に向かって酒など勧めつつ、昔の話を語って聞かせるという体裁になっています。あんまり毎回毎回「御神酒をもう一杯……」とか言っているので、なんか飲んだくれの親父みたいな印象が(笑)
でも実際は、若い頃も年とってからも、すらりと細身の美形さんなようです。


「旗本退屈男(青空文庫)」第一話 佐々木味津三

御存知眉間の三日月向こう傷。
泰平の世に、天下無双の技を持ち合わせ、振るう場もなく退屈きわまりない日々を送っているところから、ついた渾名が「旗本退屈男」。
直参旗本 早乙女主水之介の活躍を描く時代小説。

テレビドラマなどで有名な「旗本退屈男」、著作権切れがあったので読んでみました。
まさか原作でも「この眉間の傷が〜」ってやってるとは思いませんでした(笑)
しかし良く思いかえしてみると、この一話の中で、全く刀を抜き合わせているシーンがありません。天下無双の達人という設定なのに、肝心の殺陣がない。これではテレビドラマでは締まらないことでしょう。読んでいても、ちょっと盛り上がりに欠ける感じがありましたか。
全11話、青空文庫にありましたが、さてどうしようか……
No.2821 (読書)


 2010年08月15日の読書
2010年08月15日(Sun) 
本日の初読図書:
「遺失物拾得者(オンライン小説)」
 http://paceeterna.client.jp/

もはや家計の足しになってしまうほど、毎日のように「なにか」を拾ってしまう女性、橘和実。
彼女が拾うのは財布や携帯などにとどまらず、人間、人外とりまぜた「ナマモノ」や摩訶不思議な品々も含まれていて……

猫又やら龍神やら芸能人やらジャックのランタンや、様々な物を拾っては懐かれたり居着かれたりしています。
こういう、万人愛され型のお話は大好きです。
No.2819 (読書)


 2010年08月13日の読書
2010年08月13日(Fri) 
本日の初読図書:
4048735594ゆめつげ
畠中 恵
角川書店 2004-10

by G-Tools
ペリーが来航して早十年。終わり間近い江戸の片隅にある清鏡神社、そこの神官 弓月には、不思議な能力があった。鏡を媒体として夢の中に入り、占いをすることができるのだ。しかしその占いは、当たりはするけれど役に立たない、ともっぱら評判の代物。
ある日のこと、知り合いの神社に頼まれ占いに出向くこととなった弓月と弟の信行は、その行き辻斬りに襲われる。岡っ引きの登場で危うく一命を取り留めたふたりだったが、それは恐ろしい数日の始まりに過ぎなかった。

神社の中で数日間という限られた場所限られた時間の話なのに、終わりの方では日本国中を巻き込むような壮大な物語になっていました。
あまり幕末に詳しくないので、正直よく判らなかったんですが(^ー^;;)
廃仏毀釈とかってどういう内容だったっけ……?
No.2818 (読書)


 2010年08月12日の読書
2010年08月12日(Thr) 
本日の初読図書:
4167142678鬼平犯科帳〈15〉特別長篇・雲竜剣 (文春文庫)
池波 正太郎
文藝春秋 2000-10

by G-Tools
シリーズ初の長編もの。
鬼平さんが謎の凄腕剣客に襲われたところから話が始まり、半年後同じ太刀筋を持つ男に火盗改の配下が殺され、かの凄腕剣客について思いを馳せてゆくうちに、二十年以上も前に出会った剣客を思いだして素性を洗ってゆく……と、現代なら考えられないスパンの時間で物語が進んでゆきます。
すべてが終わってみれば、綺麗に片はついたものの、偶然に偶然が重なった感がなきにしもあらずで、江戸時代はおおらかだったんだなあと思ってしまったり。
あと忠吾(うさぎ)が成長しちゃってまあ。おかげで今は辰蔵が一服の清涼剤になってます(笑)

「本が読みたい【完結】【再投稿】(Arcdia)」
 http://mai-net.ath.cx/bbs/sst/sst.php?act=dump&cate=all&all=21054&n=0

中世のどこか不明な某領地に転生して、本が読みたい一心で識字率を上げることに腐心し、紙を作成、巻物を開発して頑張る幼児→青年のお話。完結済。

ちょっと話がざくっとしすぎかなあと思いました。
同じ内容で倍ぐらいかけて欲しかったかな、と。あとラストの戦争云々の流れがよく判りません。どこと何故戦争したんだ?
No.2815 (読書)


 2010年08月07日の読書
2010年08月07日(Sat) 
本日の初読図書:
4592180216炎の月 6―ジェニーシリーズ11 (花とゆめCOMICS)
河惣 益巳
白泉社 2009-08-19

by G-Tools
すっかり大人キャラがサザエさん状態になっているのがこの方の作品ですが、ほんとにジェニー幾つなんだ……子供達は成長しているのに、未だに恋愛可能で妊娠までしちゃうって(汗)
まあ、ツーリングシリーズよりはマシかもしれませんが(苦笑)<シャルルなんて既に四十半ばのはず
しかし、どうなるんだこの続きは。早く次巻が出てほしいものです。
No.2811 (読書)


 2010年08月05日の読書
2010年08月05日(Thr) 
本日の初読図書:
416714266X鬼平犯科帳〈14〉 (文春文庫)
池波 正太郎
文藝春秋 2000-09

by G-Tools
図書館で長らく行方不明だったのが、ようやく出てきたので借りられました。
先に読んだ母に「レギュラーキャラが一人死ぬよ」とネタバレされてしまい、まさか彦十とかおまさとか、よりにもよって粂八!? とドキドキしながら読みましたさ。結果はあえて書きませんが、いやあ、下手に先読ませるものじゃありませんね……
兎忠がちょっと活躍した「さむらい松五郎」が面白かったです。

4877241299恋する暴君 5 (GUSH COMICS)
高永 ひなこ
海王社 2009-06-10

by G-Tools
4877241973恋する暴君 (6) (GUSH COMICS)
高永 ひなこ
海王社 2010-07-20

by G-Tools
うっかり積んでる間に次の巻が出たうえ、OAVにもなっちゃったらしく。
ツン一色だった先輩が、徐々にデレ?てき始めてるような、そうでもないような(どっちだ)
どちらにせよ、すっかり開発されてます(笑)
つうか先輩は流されすぎだと思うんですが……
No.2808 (読書)


 2010年08月03日の読書
2010年08月03日(Tue) 
本日の初読図書:
4048733621金田一耕助に捧ぐ九つの狂想曲
赤川 次郎 小川 勝己 柴田 よしき 北森 鴻 菅 浩江 京極 夏彦 服部 まゆみ 有栖川 有栖 栗本 薫
角川書店 2002-06

by G-Tools
金田一もののパロディ短編集。
執筆陣はけっこう豪華でしたが、内容は……うーん(悩)
もうちょっとこう、パスティーシュ的なものを期待していて、そういった作品もあったんですけど、横溝先生と作者の持ちキャラとの対話とか、完全にギャグ調のお遊び話とか、単に金田一ファンのキャラクターが推理してるだけの話とか、そんなのも数多く含まれていて、個人的にはいまひとつ、でしたか。
一番面白かったのは、栗本薫さんの書いた「幽霊座」後日談かな。原作では共犯同士の連絡の行き違いから、間違って殺そうとした方が殺されてしまうという流れだったのを、あえて身代わりになったのだったというのは、なかなか興味深い解釈でした。モチーフが幽霊座ってあたりはかなりマニアックですが(笑)
服部まゆみさんの書かれた、昭和四十四年を舞台に、等々力元警部と共に歌舞伎座を舞台にした事件を解決する話も、正当パスティーシュっぽくてなかなか。

「俺とあいつと異世界と勇者と厄介事と……多過ぎだボケ!(小説家になろう)」〜後日談その二
 http://ncode.syosetu.com/n7870i/

幼馴染みと共に、異世界へと召喚されてしまった秋月静。勇者? いえそれはこいつのことです。俺は一切関わりありません。
正義感のトラブルメーカーな幼馴染みにいつも振りまわされていた静は、今回こそ尻拭いはごめんだと、さっさと逃げ出し一人元の世界へ戻る方法を探すことにする。
なのに何故か、これでもかとやってくるトラブルに魔物達。気がつけば勇者よりも早く魔王に存在を知られている始末。
不幸体質にどっぷり浸かった静の明日はどっちだ!?

完結済異世界召喚もの。
今回も大分軽めのタッチでした。ヘタレだけど実はかなりハイスペックな主役スキーには、なかなか好みのタイプかと。
No.2807 (読書)


 2010年07月31日の読書
2010年07月31日(Sat) 
本日の初読図書:
4062150069アイスクリン強し
畠中 恵
講談社 2008-10-21

by G-Tools
時は明治の二十三年。
外国人居留地で育った洋菓子職人 皆川真次郎は、己の洋菓子店風琴堂を軌道に乗せるべく、日々腕を振るっていた。そこに出入りするのは幼馴染みの警察巡査 長瀬たち「若様組」。元はそれぞれ旗本の跡取りであったのだが、御維新で禄を失い、家族と元家臣達を養うために苦労している、若様達のなれの果てだ。
警察の仕事の傍ら、様々な「内職」に励む彼らと真次郎、そしてやはり幼馴染みで今は成金の一人娘となった小泉沙羅とが日々巻き込まれてゆく、ちょっとした事件の行き着く先は……?

短編集。序章で不思議な手紙が一同に届くんですが、ずっとその存在は忘れられてました。最終話でいきなり思い出されて、そういえば、と(苦笑)
人生はいつになっても、どこまで生きても、死ぬまでこれで安心ということはない。
それを考えると鬱になりますな……お伽話のように、一生幸せに暮らしました。めでたしめでたしとなれると良いのですけれど。

4125011168ファロットの休日 (C・NovelsFantasia か 1-54 クラッシュ・ブレイズ)
茅田 砂胡 鈴木 理華
中央公論新社 2010-07

by G-Tools
クラッシュ・ブレイズ最終巻。もっとも金銀天使に赤黒ゴジラのシリーズはまだ続くようなので、安心して良いのかどうなのか(どっちだ)
今回はリィもシェラもほとんど登場せず、レティーとヴァンツァーがメインの番外編一本ずつという変則的な内容でした。レティーの話は「スペシャリストの誇り」の続編っぽくもあり。
個人的にヴァンツァーの話の方が好みでしたね。盲目の美少女とヴァンツァーが道の角を曲がりはなに激突するというベタな始まり方ですが、少女もその母親も、しっかり自分を持った魅力的なキャラクターで。ヴァンツァーが女性相手にお茶誘ったりしてますよ! 「無茶はするな! 胎の子が!」とか叫んでますYO(笑)
ちょっとデルフィニア〜の頃の、ヴァンツァー登場回りを読み返したくなりました。
No.2804 (読書)


 2010年07月28日の読書
2010年07月28日(Wed) 
本日の初読図書:
「らぶゆっ!(小説家になろう)」
 http://ncode.syosetu.com/n5681h/

飛行機事故から気が付けば、異世界に来ていた池谷葉雇少年は、元の世界に戻るため学園都市サブリミナルで学生生活を始める。美形揃いのクラスメートは、魔力量の関係でほとんどが女の子。
元の世界ではイジメられっ子のオタク少年だった葉雇なのに、何故か次から次へとフラグが立ちまくり……

異世界召喚、完結済をキーワードに色々さがしていたら、ギャルゲー風のものに行き当たってしまいました。まあ、全年齢向けなのでヤバイシーンはないです。
……ちょっと好みより展開が軽すぎるかな?
後半は異世界から帰ってきた葉雇と、ついてきた十数名がこっちの世界で学園生活を送るのですが……学費とかどうなってるのかとか、そういう細かいところが気になるのでした。
No.2800 (読書)


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104][105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200]

<< 2017年04月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2010年08月21日の読書
 2010年08月19日の読書
 2010年08月15日の読書
 2010年08月13日の読書
 2010年08月12日の読書
 2010年08月07日の読書
 2010年08月05日の読書
 2010年08月03日の読書
 2010年07月31日の読書
 2010年07月28日の読書

 最新のコメント
 おはようございます。
 by 神崎真
 at 2017/04/28 07:55:20
 こんにちは〜
 by paoまま
 at 2017/04/27 13:32:18
 こんばんは、いのやまさ..
 by 神崎真
 at 2017/04/23 22:05:34
 こんにちは。
 by いのやま
 at 2017/04/23 15:03:23
 こんばんは、ままさん。
 by 神崎真
 at 2017/04/11 22:41:35
 まこっちゃんおはようご..
 by paoまま
 at 2017/04/10 11:44:55
 全然っ違うよ!まこっち..
 by paoまま
 at 2017/04/09 20:03:58
 こんばんは〜、ままさん..
 by 神崎真
 at 2017/04/07 22:25:52

 カテゴリー一覧
 読書(1999)
 更新(423)
 電脳(518)
 映像(225)
 バトン(22)
 創作(441)
  タティングレース(145)
  マクラメ(51)
  レジン(8)
 その他(6)
 日常(1419)

 最新のトラックバック
 今日の夕食は
 ┗しゃばけ(ドラマ)(+五月雨通信+/2007/11/28)

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41