よしなしことを、日々徒然に……



 2010年10月16日の読書
2010年10月16日(Sat) 
本日の初読図書:
430946341Xカーデュラ探偵社 (河出文庫)
ジャック・リッチー 駒月 雅子
河出書房新社 2010-09-03

by G-Tools
漆黒のスーツに赤い裏打ちのマント、黒髪黒目、白い肌。
カーデュラは超人的な能力と鋭い頭脳で事件を解決する探偵だ。ただしその営業時間は、何故か夜八時から明け方四時までの、夜間専門。何故なら、彼の正体は……

近代化のあおりで破産してしまった『伯爵』が、自らの『体質』を利用して探偵社を営むお話。短編集。シリーズ外の短編も五編入っています。
なんというか、小気味の良いお話が揃っていました。どのお話も、割とライトな文章ですらすら読める割に、最後にぴりりと効いたオチが待っていて、楽しく読めます。
この「カーデュラ」シリーズを一冊にまとめたのは、これが世界初の本だそうで、今まで出版されなかったのが、もったいないと思うほどです。
……ただ、書かれた期間に幅があるのか、カーデュラさんの境遇に、話によって多少ばらつきのあるのが残念なところ。一話目でいきなりお金持ちと結婚してるのに、二話目以降、すっかり無かったことになってたりとかしますからね(苦笑)
個人的に面白かったのは、『仲間』達の依頼でヘルシング卿の子孫に復讐する「カーデュラの逆襲」。単純に殺してしまうのではないところが素敵です。
No.2899 (読書)


 2010年10月15日の読書
2010年10月15日(Fri) 
本日の初読図書:
4101157316剣客商売 (新潮文庫―剣客商売)
池波 正太郎
新潮社 2002-09

by G-Tools
浅草の外れに無外流の道場を構える秋山大治郎は、剣術のことしか頭にない、朴訥な青年である。門人には厳しい修行を課すため、三日と居着かない。そんな彼の元に、ある日一人の剣客が現れた。金五十両を手にした剣客は、大治郎に「ある人物の両腕を叩き折ってほしい」と依頼する。理由も相手の名も語らぬそれを、断ると追い返した大治郎だったが、一応ことの次第を隠居した父にも告げておこうと、老剣客小兵衛の元へ向かう。話をきいた小兵衛は、自らの人脈を利用して、事の次第を明らかにしようとするのだが……

鬼平犯科帳を読み終えたので、今度は剣客商売に手を出してみました。どうやら鬼平さんと同じ世界観で、数十年前のお話らしいです。こちらも基本的には短編集。でも話はけっこう繋がりがあったりして。
主役は大治郎さんではなく、父親の小兵衛さん。六十になり、「もはや剣よりも女の方が良くなった」とか言いながら、その実ぶっちぎりで強い無敵の老剣客。なにしろそこらの無頼どもが相手では、腰の脇差しすら抜きません。そのくせ酸いも甘いも噛み分けたというか、なんとも言えない愛嬌があって、一見したところは飄々たる好々爺。
かと思えば、闇討ちひとつ自身の手で対処できぬようでは、一人前の剣客にはなれぬと息子を突き放す厳しさと、それでもついつい物陰から様子を窺ってしまう親心を持っていたりして、なんとも言葉では言い尽くせない魅力的な御仁です。
六十にもなって、息子より年下の娘に手をつけて、結婚までしちゃったり。なんとも不思議なお爺さん。
他にも、老中田沼意次の隠し子で美貌の男装剣士 三冬さんなんて、これまた魅力的なキャラクターが出てきたり、田沼意次自ら小兵衛さんの隠居所に現れて茶を飲んでいったりと、意表をつく話運びが楽しいです。これは続きもしかと読まなければ。

4821170426まんがグリム童話お江戸くノ一変化のお梛事件帖 3
魔木子
ぶんか社 2010-08-10

by G-Tools
四話中二話が未読だった今回、未読の二話はお梛が八丈島に送られたり、大奥で辛い目を見る女性の話だったりと、読後感がちょっとあれなお話でした(しょぼん)
既読の方、特に御殿稲荷は良いのかこれはってくらい、明るい終わり方で良かったんですけど。
最近は、お話の中でも辛い目を見るのに敏感になっちゃって、それでつい児童文学に走っちゃうんですけど……昨今は児童文学でも油断がならないからなあ……

「リーニの日記 〜天翔る羊さまと羊番の騎士〜(オンライン小説)」
「番外編 エレウスの日誌(オンライン小説)」〜九月
 http://www.pluie.halfmoon.jp/

ふわふわと、空飛ぶ羊さまが場内を闊歩する平和な国シェリープ王国に、一人のお姫さまが一人の侍女を連れてお輿入れなさいました。
その侍女は、とっても真面目な働き者で、お姫さまのことが大好きでした。
これはそんな侍女と顔が怖くてぶっきらぼうな騎士との、ふわふわもふもふほのぼのとした恋物語。

侍女の日記形式で綴られた、二年間のお話、完結済。
現在は騎士様側の日記を連載中です。お互いの視点から見ると、それぞれにすれ違ってるのがなんとも微笑ましいです。
お城の中をふわふわ飛びまわっている羊さまが、そう重要なキャラでもないのに、非常にキュートなムードメーカーですvv
No.2897 (読書)


 2010年10月14日の読書
2010年10月14日(Thr) 
本日の初読図書:
4167142759鬼平犯科帳〈23〉特別長篇 炎の色 (文春文庫)
池波 正太郎
文藝春秋 2001-02

by G-Tools
ついに到達しました。24巻は絶筆未完作品なので、とりあえずこれを最終巻と見なさせていただきます。……長かった。そして良く最後まで読ませた、さすが池波正太郎。絶対途中で挫折すると思ったのに、年内に読み切っちゃうとは。
今回も前巻に引き続き特別長編。前巻が面白かっただけに、今回はどうかなあと心配だったんですが、なかなかどうして。
今は亡き平蔵さんの父親の隠し子騒動から始まったと思いきや、今度はおまささんに盗めの誘いがかかり、囮として潜入する事になったり、平蔵さんがいきなり道で斬りかかられたりと、緊迫する展開。
前回は、何も判らないまま暗中模索が続くような辛い探索だったのですが、今回は盗賊と火盗改メとの化かし合いのような、丁々発止たるやりとりぶり。
敵方にも個性豊かなキャラクターが出てきて、なかなか気を反らせませんでした。

最終的に、おまさが密偵だと悟った(多分)まま逃亡してしまった盗人が数名。特に頭領のひとり荒神のお夏が魅力的なキャラクターでして。絶対今後登場させる予定だっただろうにと思うと、池波先生の急逝が本当に惜しまれてなりません。いったいどういう展開にする心積もりでおられたのだろう……

個人的に、まだ髪の毛伸びきらなくて髷が結えず「陰陽師にでもなったと申しておくがよい」とか言っちゃう平蔵さんに一人で受け。
あと男勝りだった隠し子こと平蔵さんの異母妹お園さんが、小柳同心の前では可愛くなっちゃうところに萌え。
No.2892 (読書)


 2010年10月13日の読書
2010年10月13日(Wed) 
本日の初読図書:
4593592232ダヤン、わちふぃーるどへ
池田 あきこ
ほるぷ出版 1999-08

by G-Tools
ある風の強い稲妻の光る晩、一匹の仔猫が生まれました。名前はダヤン。どこか変わったところのあるその仔猫は、飼い主であるリーマちゃんのもとで、すくすくと幸せに育ちました。
ところが冬のある日のこと、子供達に追いかけられたダヤンは、雪の降る道を歩くうち、不思議な光へと呑み込まれてしまいます。その向こうにあったのは、『もうひとつの国』わちふぃーるど。
様々な動物たちが、二本の足で歩き、町を作って生活している不思議な世界でした。
そこでダヤンの不思議な生活と冒険が始まったのです。

長編ファンタジー、シリーズ一巻目。
話は以前わちふぃーるどで大魔法使いだったというリーマちゃんのひいひいおばあちゃんがリーマちゃんへ、失踪したダヤンの思い出話を語る形で進んでいきます。つまり時間の流れが逆行しているのですね。そこからも今後の展開が楽しみにさせられます。
また脇を固めるキャラクターも魅力的で、人気が出るの判りますよ、これ。ワニのイワンは良い奴だし、もう一匹の猫ジタンはミステリアスな魅力で格好いいし!
友人がわちふぃーるどグッズ好きなので、目に止まって借りたんですけど、一巻完結連作ものかと思いきや、しっかり続いているようで、一冊しか借りなかったのが残念無念。次回続きが借りられていないことを祈ります。

4160091121鬼平犯科帳 (12) (文春時代コミックス)
さいとう たかを 池波 正太郎
文藝春秋情報出版 1995-10

by G-Tools
416009113X鬼平犯科帳 (13) (文春時代コミックス)
さいとう たかを 池波 正太郎
文藝春秋情報出版 1995-12

by G-Tools
今回は鬼平さんが妻の実家から頼まれて、盗みを働いて失踪した家来を捜そうとする「密通」と、女密偵おまさが初登場する「血闘」、同じくおまさが夜鷹に変装して辻斬りをあぶり出す「夜鷹殺し」に、芋酒屋の主が偶然惚れ込んだ鬼平を危機一髪から救う「兇賊」の四編。
ついにおまささんが登場で嬉しいですね。名前だけですけど、大滝の五百蔵も出てきたりして、ファンとしてはにやにやしてみたり。
「兇賊」や「血闘」あたりはドラマでも見ているので、だいぶ内容覚えてました。
こちらもまた続きはどの話か楽しみです。

「野獣のお妃(オンライン小説)」
 http://philter.g.ribbon.to/index.html

豪奢な屋敷の地下に獣を飼う男がいた。
ある日、男の愛娘が熱病にかかり、命が危ないという時、地下に捕らえられた獣は言った。
娘の命を助けてやろう。その娘が16歳になったとき、我に差し出すと誓うのであれば……

モノカキさんに10の”あらすじの九話目。紹介サイトに載っていたので、そこだけ読んできました。以前に読んだ「狐の妻問い」と同じ作者さんが書かれたお話。
お転婆な主役の娘さんが素敵です。そして結婚式でいきなり嫁さん化け物に奪われた婿さんお気の毒(笑)
No.2890 (読書)


 2010年10月12日の読書
2010年10月12日(Tue) 
本日の初読図書:
4167142740鬼平犯科帳〈22〉特別長篇 迷路 (文春文庫)
池波 正太郎
文藝春秋 2001-01

by G-Tools
久しぶりの長編。
鬼平さんは短編ものの方が面白いと思うのですが、これはけっこう面白くていっきに読んじゃいました。
役宅の飯炊きや娘の嫁ぎ先の家来、従兄の所の小者など、平蔵にゆかりのある、しかし捕り物とは関わりのない無辜の民が次々と暗殺され、苦悩する平蔵さん。その菩提を弔うつもりもあってか、頭を丸々と剃り上げ、托鉢僧の姿に変装する思い切りの良さ。髷が結える長さに伸びるまで、何年かかることやらですよ。
辰蔵さんも襲われるけど、自力で撤退させるわ、小房の粂八は久々に登場しまくるわ、うち続く暗殺に御公儀は平蔵の罷免を決定するわ……もう、いっそこれ最終巻にしちゃえば良かったのにと思うぐらい、盛りだくさんでエキサイトする内容でした。
マジで、ラスト再び長官として役宅に迎えられるシーンは、最終話並の感動があった……(ため息)
さて、二十三巻ははたしてこれを超えられるのか。
No.2889 (読書)


 2010年10月11日の読書
2010年10月11日(Mon) 
本日の初読図書:
4776729997ローレライの誘惑 (エメラルドコミックス ロマンスコミックス)
山内 規子
宙出版 2010-10-09

by G-Tools
ハーレクインはお約束の塊としても、ほんとにお約束ストレート。二時間ドラマサスペンスみたいなお話でした(笑)
美人でお嬢さまで運も良ければ、前向きで行動力ありありなマリーが羨ましくもあり、眩しくもあり。
No.2886 (読書)


 2010年10月10日の読書
2010年10月10日(Sun) 
本日の初読図書:
4834011747魔女の宅急便〈その2〉キキと新しい魔法 (福音館創作童話シリーズ)
角野 栄子 広野 多珂子
福音館書店 1993-06-30

by G-Tools
魔女宅続編。
一巻目では十三歳で独立したキキが、丸一年経って帰省するまででしたが、二巻目はその翌年一年です。これで良いのかと悩んだり苦しんだりしながらも、一歩一歩成長していくキキの姿は眩しいです。
黒猫ジジにもなんだかよさげな相手が現れたりして、フラグが立っております。
……でもジジってキキと同い年だから、十四歳よね。ね、猫又……?

4088746678ぬらりひょんの孫 5 (ジャンプコミックス)
椎橋 寛
集英社 2009-06-04

by G-Tools
4088747178ぬらりひょんの孫 6 (ジャンプコミックス)
椎橋 寛
集英社 2009-08-04

by G-Tools
買ったは良いけど積みっぱなしでした(土下座)
つうかいま何巻まで出てるんだ? 七巻までしか買ってないぞ!? まだ話続いてるのか!?
……いまはすっかりジャンプを読まなくなって久しいのですが、当時は飛び飛びにでも読んでいたので、懐かしいやら、読んでない話があって今さら新鮮やら。
とりあえず四国編終了あんど邪魅ようこそ。
そしてカラス天狗三兄弟、ささ美さんが女性だったことに、ちょっとびっくり(笑)
No.2884 (読書)


 2010年10月09日の読書
2010年10月09日(Sat) 
本日の初読図書:
4488201091サム・ホーソーンの事件簿VI (創元推理文庫)
エドワード・D・ホック 木村 二郎
東京創元社 2009-11-30

by G-Tools
ついに最終巻まで読み終わりました。
ホーソーン先生、結婚して終わるのかと思ったら、一話目であっさりプロポーズ。二話目で結婚して、その後子供とかまで生まれてました。
途中、いきなり八十歳の誕生日とかまで出てきてびっくりしましたが、次の話でまた四十半ばに戻って、ほっと一安心。
作者さんがまだ続き書くつもりで亡くなられたようで、最終話という感慨はなにもなく、さくっと終了。
第二次世界大戦を、アメリカの庶民側から眺めている視点がなかなか新鮮でした。
……って、前巻のラストで引き取った仔猫は……?
No.2883 (読書)


 2010年10月07日の読書
2010年10月07日(Thr) 
本日の初読図書:
「召喚士の嗜み(オンライン小説)」〜Last episode
 http://summonerstaste.blog51.fc2.com/

細かい内容に触れるとリンク規約に抵触するので、本編完結済で面白かったとだけ。
No.2879 (読書)


 2010年10月06日の読書
2010年10月06日(Wed) 
本日の初読図書:
4152500263星空から来た犬 (ハリネズミの本箱)
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ 原島 文世
早川書房 2004-09-10

by G-Tools
星人シリウスは、無実の罪で裁判にかけられていた。判決は死罪。ただし執行猶予として、紛失した“ゾイ”が落ちた星へそこに住む生きものとして送り込まれ、その寿命が尽きるまでに発見できれば、すべてを不問に処す、と。
怒り狂うシリウスだったが、気が付いたときには刑が執行されていた。
そうして彼は、一匹の小さな仔犬として地球に生まれ落ちることとなったのである。
生まれてすぐに、袋詰めにされ川へ投げ込まれた彼だったが、九死に一生を得、一人の少女に拾われる。
そこから彼の生と探索は始まったのだった。

かの「ハウルの動く城」の原作を書かれた、ダイアナ女史の初期作品。
子供の頃に読んだ「星から来た探偵」を思い出して借りてみました。
割とすっきりした流れの作品だと思います。真犯人とか、最初の一発で丸判りだし。
ただ後半には謎がいっぱいというか、最終的にゾイを持っていた闇の存在が結局なんだったのかとか、彼らがどうなったのかが、詳しく書かれないままだったのがちと消化不良。まあこれはこれでありかもしれませんが。
もと星人のエリートにも関わらず、犬の本能に振りまわされるシリウスのヘタレっぷりがたまらんのですが、後書きによればジョーンズ作品のヒーローにしては「気弱でも情けなくもないし、ぼんやりしているわけでもきどっているわけでもない。(中略)わりとまともなヒーローといっていいのではないだろうか」とのことで……普段、どんな作品書いてらっしゃるんですか、ジョーンズ女史(笑) まあ、たしかに原作ハウルはかなりアレでしたが……

ラスト、無情にもお別れしてしまうことになった少女とシリウス。
最後の一文にちょっぴり希望が残っていますが、汚れちまった大人の心では「再会は無理だろうなあ」と思ってしまうので、やはりこれは子供の頃に読んでおくべき作品かもしれません……
No.2878 (読書)


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101][102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200]

<< 2017年04月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2010年10月16日の読書
 2010年10月15日の読書
 2010年10月14日の読書
 2010年10月13日の読書
 2010年10月12日の読書
 2010年10月11日の読書
 2010年10月10日の読書
 2010年10月09日の読書
 2010年10月07日の読書
 2010年10月06日の読書

 最新のコメント
 おはようございます。
 by 神崎真
 at 2017/04/28 07:55:20
 こんにちは〜
 by paoまま
 at 2017/04/27 13:32:18
 こんばんは、いのやまさ..
 by 神崎真
 at 2017/04/23 22:05:34
 こんにちは。
 by いのやま
 at 2017/04/23 15:03:23
 こんばんは、ままさん。
 by 神崎真
 at 2017/04/11 22:41:35
 まこっちゃんおはようご..
 by paoまま
 at 2017/04/10 11:44:55
 全然っ違うよ!まこっち..
 by paoまま
 at 2017/04/09 20:03:58
 こんばんは〜、ままさん..
 by 神崎真
 at 2017/04/07 22:25:52

 カテゴリー一覧
 読書(1999)
 更新(423)
 電脳(518)
 映像(225)
 バトン(22)
 創作(441)
  タティングレース(145)
  マクラメ(51)
  レジン(8)
 その他(6)
 日常(1419)

 最新のトラックバック
 今日の夕食は
 ┗しゃばけ(ドラマ)(+五月雨通信+/2007/11/28)

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


 

Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41