よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 見えぬ(汗)
2017年12月29日(Fri) 
黒の細糸版「飾り格子の基礎モチーフ その2」が完成。



使用糸は、Aroma Lace のブラックペッパー。メインシャトル両手×6、サブシャトル両手×4.5(ただしガイド用の別糸がないと厳しい)。
ピコゲージは4ミリ(というか、エコクラフトを3本に裂いたもの)でいけました。

うんうん、まさにこういう雰囲気が欲しかったんですよ!
イメージは、窓枠とか門扉とかに使われている、ワイヤーアート的なあれです。
この黒糸版その2で魔方陣作ったら、きっともっと素敵になるはず……

プラチナレース糸(だいたいダイソー糸や金票などと同じぐらいの太さ)のと比較すると、サイズに1割以上の差が出ました。



一辺8cmだったものが7cmになってるんだから、12.5%減ってことで良いのかな……?<算数レベル

そして同じぐらいの細糸ミルフローラを使ったあとで改めて使ってみると、確かに Aroma Lace の方がリングを閉じにくいというか、ミルフローラの結いやすさや手触りのなめらかさが際立つ感じですね。
だがそれより何より、黒だと目数がまるで読み取れぬ(汗)



超明るい蛍光灯下で、虫眼鏡越しにマクロ撮影したものを、さらに色調補正でめっちゃ画質調整して、ようやくこんな感じですよ。
肉眼では「あれ、いま6目結ったっけ、8目結ったっけ?」ってなった時、もう数えるのあきらめてほどいたほうが早いくらいです ┐(´〜`;)┌
と言うかぶっちゃけ、少なくとも一箇所は確実に、ここ6目で良いとこ8目結ってるよねって部分があります……気付いた時にはもう、引き返すには遅すぎたんや……

この黒細糸のほうが断然仕上がりが繊細ですし、雰囲気も好みなのですが……これで2×2……ひいては4×4の魔方陣なんて、結えるんだろうか(汗)
ああでも作ってみたい、やってみたい気持ちはいっぱいなんだよ〜〜(><)
No.8821 (創作:: タティングレース)

 
 この記事へのコメント
 
胡蝶蘭  2017/12/30/11:23:24
黒糸は繊細さと細糸感が満載でとても素敵です。
今年もお世話になりました。
来年も新作いろいろ見せてくださいね。
楽しみにしております。
 
No.8822
 
神崎真  2017/12/30/19:14:47
黒糸、そうなんですよ。仕上がりは最高なんです。
でもそれだけ結うのが難しいという、ある意味 当たり前の葛藤があってなかなか困りどころです。
こちらこそこの半年、素敵なレシピを教えていただいたり、大きな声ではいえないあれこれ(笑)とか、いろいろとお世話になりました。
どうぞ来年もよろしくしてやって下さいませ <( _ _ )>
 
No.8823

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/201712298821


No. PASS

<< 2017年12月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 見えぬ(汗)

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41