よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 ぎゃあ
2017年11月11日(Sat) 
こんなことも起こりうると、そこここで目にはしていましたが。



実際に経験すると、呆然とするしかなくなりますね……
クロバーのLサイズシャトルにMAX巻き(両手×14)し終えて、ちょっとはみ出てるなあと両脇からぐいぐい糸を押さえていたら、このような事態に(−ー;)

……別に上下が外れても、戻せるんなら別に良いじゃんとか思っていた、過去の私のど阿呆め。
問題は糸だろうが。17〜8mも巻いちゃったこれが、全部無駄になったら泣くぞ!?

結局、その後かなりの時間をかけましたが、どうにか少しずつほぐしては厚紙に巻き取り → はめ直したシャトルに再度巻くことができました(ため息)
今度は外れないように、しっかり何度も上下から力を入れて押さえつつ、はみ出た糸はあまり気にしない方向で行くことに<もう糸玉から切り離しちゃってたから、量を減らせなかったんです

まあ、そんな一幕もありつつの。
今日は「花鞠の魔方陣」の、基本モチーフその2をマジックスクエア化したバージョンをば。
うん、新しいダルマレース糸の方は、もうちょい心身が落ち着いてから、ゆっくり試してみようと思ってですね。

で、もって。



あー……こっち(マジックスクエアその2)の方も、最低4×4サイズにしないと、模様が全部出てこないんですな(汗)
このままだと、ロングチェインが4本集まる、密度の低い部分が現れてきません。
今からでもまだサイズ変更は可能だけど……どうしよう。とりあえず2×2で終わらせるか、一気に4×4に手を伸ばしちゃうか……モチーフ繋ぎにしてもいいけれど、そっちよりもやっぱり一筆書きしたほうが、模様の出方は面白いはずなんですよね(悩)

……いっそこれ目数を公開したら、誰か大きなのを作って、写真で良いから見せてくれませんかねえ?<他力本願
いやそのためにはまず、他人様に理解できる形のレシピを作らねばならぬのですが。

実際、自分で描いてみようとして初めて、何故に世のフリーパターンの多くがかくも情報不足気味なのか、よーーーく身に沁みて判りましたもん(苦笑)
だってリバースワークする位置とか、シャトル持ち替えるタイミングとか、ピコ繋ぎの種類とか、いちいち書いてたらキリがないっていうか……あと結び図(私の場合は白黒反転した写真を加工したもの)に目数を見えるサイズで書き込もうとすると、どうやったってスペースが足りない(汗)

完成写真と略記号のみ、しかも略記号が独自ルールで判りにくいうえ誤字脱字だらけだと嘆く世のタッター様……レシピ描くのと作品作るのは、またぜんぜん違う領分なんですぜ……と、ちょっとフォローを入れてみたくなったりとか。

いやまあ、有料レシピはまた、お金という責任が発生するのだから、そこらへん自費出版でも最低限の校正しろよとは思うんですけどね。
でもタティングの結び図なんて、ある程度の基礎知識はある人に、何なら実際に作ってもらわないと、どこがおかしいかなんて発見できないだろうからなあ……

なお今朝起きた時の体温は、36.7度でした。やっぱりこれぐらいが私の平熱だよね?
安心して良いのか、やっぱり昨日はヤバかったのか、判断に困ります(−ー;)
……って、いま測ってみたら37度……これもう体温気にするの止めたほうが良いのかな……


追記:

結局、魔方陣は4×4の大きめサイズに方向転換しましたww
どうせやるならワンランク上を目指そうぜ★ ってことで。

そして、ちょうど半分ぐらいで終わる見積もりで巻いていた、メインシャトルの糸が尽きました。



両手×8で↑ここまで。
なおこの段階で、当初予定なら読み通り半分ちょい超え。予定変更した現状では、1/8プラス……1/8の1/8で……9/64、ぐらいかな?
ってことは、全体を結うのに×8の8倍弱……いや×8弱の8倍が必要な訳で。ざっと両手×60ぐらいですかねえ?
どのみちそんな量はシャトルに巻けないので、とりあえずはLサイズシャトルMAX巻き(両手×14)で挑む訳なんですが。それで最低でもあと3〜4回ぐらいは糸繋ぎしなきゃですか。メインシャトルだけで。
サブシャトルは両手×11.5で開始してます。こっちはまだもうしばらく行けそうですが、さて。

あちこちでちらほらと、みん100さんのプレゼントシャトルが届いたよ報告がUPされています。
うちにはまだなのですが(基本、書籍とか発売日より2日遅れの地域)、届いてくれたらそっちのシャトルがMAXでどれぐらい巻けるかの確認も兼ねて、使ってみるのも良いかもですねえ。
届くのは大・小のどちらか一種類だそうですが、大が届かないかなあ、大よ届け〜〜〜<取り扱いがセリアのみらしく、実店舗で入手できる確率が大幅ダウンしている(´・ω・`)
No.8671 (創作:: タティングレース)

 
 この記事へのコメント
 
猫欧州  2017/11/11/21:57:38
シャトル分裂?お疲れ様です…。
ギュウギュウ巻きすぎてはいかんと、お勉強させていただきました。

マジックスクエア?なる、ひと筆書き編みを自作でデザインし、実践なさるとはもはや別次元!
私、大物作品は手間が半端ないのでやる気はさっぱりなのですが。
一筆書きってのは、おもしろそうですね…。
しかも円形じゃなくて、四角いのができるのがいいです!!!
 
No.8672
 
神崎真  2017/11/11/22:23:08
ビーズ入り糸を大量に巻いたりすると、こういう事態になる恐れがあると、聞いたことはありましたが……まさか自分が体験する日が来ようとは(汗)<シャトル分裂
今までにもけっこうギリギリいっぱい巻いては、横にはみ出た分をぎゅうぎゅう押し込んでたのに。というかそれ込みでのLサイズMAX巻きは×14計算だったのに。
これからはもうちょっと控えようと思います(−ー;)

> マジックスクエア

この技術、胡蝶蘭さんが教えて下さったサイトさんで紹介されていたのですが、なんだかパズルっぽくてなかなか奥深いです。
一番最初の小さなモチーフを、裏返すとまるで違う形が見えてくる。一筆書きにすると、模様の現れてくる配列すら(まだ)予想を超えてくる。確かに手間は半端ないのですけれど、面白いですよ〜〜

> しかも円形じゃなくて、四角いのが

そう、そこもポイント高いのです!<スクエアモチーフ好き
四角くて、しかも複数を繋ぐことができるモチーフって、汎用性が高いじゃないですか?
1枚でコースターにするもよし、4枚で花瓶敷きにするもよし、もっと繋いでテーブルセンターやカフェカーテンにだってできれば、長方形や十字どころか、いつぞやのカーディガンのように立体に形作ることも可能。モチーフごとに色を変えて市松模様やストライプだって……と、考えているだけでも楽しいですvv
でも自分だけじゃとても手が追いつかないし……やっぱりこれ、レシピ公開しようかなあ。そしたら誰か一人ぐらいは挑戦してくれないかしら……?
 
No.8673
 
胡蝶蘭  2017/11/12/11:13:20
糸のからみはイライラしますよね。
T先生の「亀」金銀は存在感ありますね。
実際見てみたい衝動にかられますが
無理です。
 
No.8675
 
神崎真  2017/11/12/14:38:10
今回は自業自得とはいえ、ほぐすのほんとに苦労しました(−ー;)
ここで短気起こして無理に引っ張ったら終わりだ……落ち着け私……と必死でした。高い糸でこれやったら、もっと泣きそうになるんでしょうね……そういうところが安い糸はまだしもかなあとか。

> T先生の「亀」

やっぱりあれは、「鶴」と並べて実物をとっくり眺めたくなりますね。鶴亀鶴亀。
おのれ、関東ローカルめ……っっ<イベントも送料も店舗の品揃えも、関東ばっかり優遇されてるという田舎者のひがみ
 
No.8676

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/201711118671


No. PASS

<< 2017年11月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 ぎゃあ

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41