よしなしことを、日々徒然に……



 ま、間に合ったぜ……
2017年06月09日(Fri) 
唐突なる母のリクエストにより、型紙もレシピもなしに作り始めた、身長70cmある人形用の夏向けカーディガンですが。



でーきーたーーー ミ〓■●パタリ

モチーフを選ぶところから始めたのが、先月の28日。糸を買いに行き、ゲージを取って、だいたいの繋ぎ方などメモを取りつつも、ほぼ行き当たりばったりで進めてきましたが。
なんとか夏が始まる前に、完成させることができたんだぜ……



使用糸は、ダイソーの今年の新色。#20のミントグリーン。
モチーフは、「3ステップでここまでできる すてきなタティングレース」に掲載されている、「ブロードウェイ・チャイナのドイリー」に使われているものです。書籍では3×5の15枚を長方形に繋いで、敷物にするレシピになっています。
前々から挑戦したいと既に編み図をコピーしてあった上に、四角いモチーフだから繋いでいく時の計画が立てやすそう。試しに人形に当ててみたら、サイズも一枚5.5cm角ほどと申し分なし★ と採用に至りました。

とは言え途中で何度も「あれ? なんか思ったように収まんない??」と、予定変更を繰り返し。
母からも裾の長さなどの追加注文があり、最終的にはこういう袖付きボレロ調に。



両腕がバンザイ気味になっちゃってるのは、まあご愛嬌ということでww
構造上、袖山がないですし。あと脇下に身体の厚み分の一列を入れて、肩からずり落ちそうなのを防止するべく、開きすぎだった首周りをチェインで詰めてやったら、こうなっちゃったんですよねえ(^ー^;;)ゞ

まあお人形は動かないし、着心地がどうのとか言わないから、一度着せちゃえば判んない判んないww

そんな苦労しどころだった脇の下は、こんな感じになってます。



袖や身頃の他の部分は、丸いところの中心が四つ葉ですが、身体の厚み分を足したところだけ、モチーフが一枚多いため五つ葉になっているのです。
ここもねえ、どのピコをどこに繋げば良いのか、結ってる途中で何度も判らなくなり……仕方なく最初の片袖は「疑わしきは繋がず」を決行。ある程度の形になって各モチーフの配置が確定してから、針と別糸で綴じ合わせました。
ほら、編みながらピコ繋ぎしていく技法ができたのは比較的最近で、ヴィクトリア時代とかの本物のアンティークレースは、そうやって各パーツを作成してから縫い合わせてたって言いますし★

っていうか正直、結い始めの目印につけておいた色糸を取り除いたら、もはやどっちの袖が別糸で綴じた方か、自分でも見分けつかないww

なお、完成したものの総重量は、52グラムになりました。
最終的なモチーフ枚数は37枚。その半数以上が背中側に位置するので、ぱっと見た印象ではもっと少なく見えますけどね。 ……だから私も、12枚ぐらいで行けるよな〜♪ って安請け合いしちゃったんだよなあ……



糸のロスは、66グラム弱(6月1日の記事参照)−52で、おおよそ14グラム。やっぱり二割ぐらいですかね。

そしてこの色5玉ほど買ってたんですが、大幅に余っちゃいましたね……当初予定では裾にもう一列結う予定だったので、4玉は確実に必要。残り一玉で売り切れだったから、失敗した時用にとりあえずすべて確保してたんですけど。
……残った糸、どうしよう……?<基本#20は使わない
No.8252 (創作:: タティングレース)

 
 この記事へのコメント
 
胡蝶蘭  2017/06/10/08:52:06
いろんな角度から見られて良〜く分かりました。
目的を達せられた喜びをお察します。
次の作品も楽しみに待っておりますね。
 
No.8253
 
神崎真  2017/06/10/09:03:42
おはようございます。
今ちょっと、二枚目の写真を差し替えていたら、コメントが出現してびっくりしました(笑)
合せ目あたりがよく見えるように……と言うのは結果論で、この衣装にはテディベア抱いてる愛らしい系よりも、知的な文学少女の雰囲気が良いんじゃね? と。
そんな訳で持たせた豆本は、赤毛のアンです<やはり母の自作
さらに母は、ベレー帽欲しいわねえ、この帽子は庭仕事用だから……とか言ってます。
私はそんなの作れないからねっっ

次は、中断されていたワイヤー鶴に行こうか、同じく放置状態のモチーフ繋ぎドイリーを一段落つけるかせねばと思いつつ、先日結び図を見ていただいたあれに、再挑戦したいなあとも思っています。
胡蝶蘭さんは20番で試して下さったんでしたよね。
まず手順を確立するのに試行錯誤するのには、この余りまくった#20を活用するのもいいかしら……
 
No.8254
 
ちなつとも  2017/06/12/10:17:18
おめでとうお疲れございます。
毎度毎度、貴殿のその所業には開いた口が塞がらんとですたい。でもこれをほほうふむふむとわかる人もいるわけですよな。世界が違うようだよ明智くん。
ともあれ、こちらでこっそり万歳三唱をしておきます。
お疲れっしたー
 
No.8261
 
神崎真  2017/06/12/18:59:57
最初この書き込みだけ読んで元記事確認してなくて、「え、そんなヤベえこと何かやったっけ(汗)」って思っちゃったよww<その所業
今回のこれに関しては、去年の私ならさっぱり何がどうだか判らなかったはずだ。
そういえばこのレース編み始めて、もうちょっとで一年になるなあ……思えば遠くへ来たものだ……
立体に配置することに関しては、レース全然関係ないけどなww どっちかというとパッチワークに近いと思う。
ともあれ、ほんとに疲れたよ。さーて、気分転換にテーブルセンターでも進めるかな<それが転換になるあたり……
 
No.8263

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/201706098252


No. PASS

<< 2017年06月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 ま、間に合ったぜ……

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41