よしなしことを、日々徒然に……



 こうして沼へ嵌ってゆく
2017年05月11日(Thr) 
まーたネット上をうろうろしていて、こんなものを見つけてしまったのですよ。


Le Cotton と同じ、そしてPuPuの毛糸ZAKKAストアーズとは姉妹店なのかな? な、毛糸ピエロさんの決算セールにて、60%OFF。50g巻きで定価734円が、今なら294円ですよ、お嬢さん。
送料390円を入れても、2本(100g)買えば、グラム単価はダイソー糸の倍もしないじゃないですかvv むしろポケットレース糸よりも安いぐらい。

私が本番糸として普段使いしているオリムパスのプラチナレース糸でさえ、200gで送料込1600円ほどでしたから、4本買うとちょうど同じ程度のお値段。

……最近、50gで108円という百均の中でも馬鹿安な糸でベージュ色のモチーフつなぎを続けているのですけれど、これがなかなか雰囲気あってですね。
純白の繊細で汚れなきTHEレース! も良いけれど、ちょっとくすんだアンティーク調も良いなあ。プラチナレース糸の生成りを買い足してみようかしら。でも生成りじゃ薄くて物足りないかもしれないし、もっとしっかりしたベージュ色なのか確認してみたい……とか思っていたんですよ。
そこに、16色展開のこれな訳です。

セールは16日まで。
そして手元にはちょうど楽天ポイントが。

はい、お約束ーーーww



とりあえず「02.ジンジャー(やさしい生成り色)」と、「03.シナモン(クールベージュ)」の二色を購入してみました。
普段使っているプラチナレース糸(白)と、百均の50gで108円のクラシックベージュと並べてみると、↑こんな感じです。

正直肉眼では、並べてまじまじと見比べないと、ジンジャーとシナモンの見分けがつきません(苦笑)
ロールで見た感じでは、薄いジンジャーの方が、現在使用しているクラシックベージュには近いですかね?



拡大。
一本一本は見るからに細いです。そして肉眼でも判るロープ状の撚り。
100mあたりのグラム数は 11.11gですから、11.4gのダイソー#40、11.23gの金票#40よりも気持ち細めということでしょうか(ダイソー糸の長さ及びグラム表記は、あまり当てになりませんが)。
これまでの数少ない経験からすると、むしろこういうふうにロープ状になっている方が、タティングレースの作業はしやすいように思います。

ではではさっそく、恒例のサンプルを作成★

聖光院有彩さんデザイン、「湖の華」の周辺モチーフです。
……今さらですが、#40相当の糸だとざっくり両手を広げた長さ×3弱を、両側から均等にシャトルへ巻いていくと、ちょうど良い感じです。どちらかの糸が足りなくなった場合は、糸を交差させてシャトルスイッチで調整する、と。



大きい順に左から、

 50gで108円 激安百均糸 レース針6〜8号
 普段使いのオリムパス プラチナレース糸 #40
 毛糸ピエロ Le Cotton #50
 毛糸ピエロ 今回購入した Aroma Lace 極細
 メーカー不明 絹穴カガリ糸 8番16号

百均糸と今回の糸とで、直径がおよそ1cm違いますね……オリムパスの糸(ダイソーの#40とほぼ同じ)と比べても、かなり小さめの仕上がり。
販売ページでは「#45〜くらい」とありましたが、#50の Le Cotton よりも微妙に小さく仕上がりました。まあ Le Cotton は、糸が柔らかくて頼りなかった分、緩め緩めに結ったのが理由のひとつかもしれませんが。



こちらも拡大。
下側の真ん中が、今回購入した Aroma Lace 。濃いほうのシナモンカラーです。

こうして拡大して並べると、それぞれの差がよく判りますね。
最近気に入って結っていた百均糸(左上ベージュ)は、やはり太い上に毛羽立ちが目立ちます。しかし結い心地はすごく良いんですよね、これ。糸が丈夫なので割れも少ないし、すべりも程よくリングを閉じる時のストレスが少ないです。何よりコスパが最高。練習や実用品用として、惜しげの欠片もありません。

普段使いの本番用。オリムパス プラチナレース糸(左下ホワイト)は、きれいだし繊細だけど微妙に結び目が揃ってないというか、潰れて見えにくい感じ。毛羽は少なめ、糸割れもほどほど。しばしばねじれるので、シャトルぶら下げ頻度多。全体的な結い心地は悪くないけれど、こうして完成品を近くから見ると、ちょっと……うーん(悩)

Le Cotton(右上ダークグレイ)は、すごく細くて柔らかく、仕上がりは繊細になります。結び目もそこそこきれいに揃う。反面扱いが非常に難しく、撚りが甘いせいで糸割れしまくり。っていうか結ってる途中でただの糸束になっちゃうこともしばしば。なので失敗するとめっちゃほどきにくい。ピコも頻繁にバラけるため、あまりタティングには向かないんじゃないかと。

絹穴カガリ糸(右下えんじ色)は、もう言うことありません。
結い心地抜群。何の抵抗もなく閉じられていくリングはそら恐ろしいほどですし、毛羽立ちなんか欠片もない。適度なハリに、ツヤツヤでピカピカの仕上がり。結び目もそこそこ綺麗。ただしすべりが良すぎて、締め具合を揃えるのが難しいか。
なお、お値段の方も抜群(苦笑)
私のようななんちゃってタッターが手出ししてはいけない糸ですww


で、今回の Aroma Lace(真ん中下 濃いベージュ)。
結い心地はそこそこ。細め糸なので繊細な仕上がり。ピコから引き出す時などたまに糸割れはしますが、まあ許容範囲内。リングを閉じる時に必要な力はそれなり。毛羽、ほとんどなし。間違えて閉じたリングのこじ開けできました。ほどいた糸の縮れ具合もほどほどで、そんなに痩せていない。結び目の揃い具合もまあまあ。

総じて、ここがすごい!と絶賛できる点もない代わりに、ここが微妙というマイナスポイントもこれと言ってなし。まあ、まだモチーフひとつ作成しただけの感想ですが。

……あれ、もしかしてこれって、理想なんじゃね?<すべての点が平均値に近いほど優秀という説が


何かしらもう2〜3試し結いしてみて、この印象が変わらないようであれば、セール終了前にまとめて買い足してもいいかな、とか思っています。
薄めの方であるジンジャーをもう一巻きと、あとやっぱりスタンダードな白が欲しいのでジャスミンを狙いたいのですが……アイボリーってことは真っ白じゃなくて、ちょっと黄味がかってるんですかね……? そして01ジャスミン、02ジンジャーと続くのなら、次はケリーかダイアナであって欲しいと思ってしまうオタク心がww

ともあれ、この糸に合いそうなデザインはどれかにゃー
前々から挑戦してみたくて編み図を用意している中華風のドイリーは、もっちりしたPuPu糸の濃い色が映えそうだしなあ。
むしろ比較対象にするのなら、前に作成したことのある物のほうが良いのか。リングとチェインが程よく混在していて、あまり時間をかけずに作れるものとなると、うーん……(悩)
No.8160 (創作:: タティングレース)

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/201705118160


No. PASS

<< 2017年05月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 こうして沼へ嵌ってゆく

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41