よしなしことを、日々徒然に……



 作ってみないと判らない
2017年03月28日(Tue) 
意外とさくさく進んでくれて、途中で他事に寄り道しつつも、3日で完成させられました★



藤戸禎子さんの「華麗なクラシックレース」より4番のドイリーです(この本は、作品に個別タイトルがついてない)。

使用したのは例の50g玉100円のクロッシェレース糸、ライトシアン。



……しかし黒背景でも白背景でも、白とほとんど見分けがつきません(苦笑) むしろ母には「なんかズズ汚れてるみたい」とか言われちゃいました……ははは……

書籍の見本写真を見た時には、さほどそそられなかったんですけれど、余所様で作りましたーーってUPしておられる写真を拝見したら、わ、これ好みvv ってなって。レシピの掲載元を見たら、まさかの既読本だったというww

最初の方の糸渡しに少々手間取る他は、非常にシンプルで、特別な技術はほぼ使いません。気をつけるのはピコのサイズぐらいですかね……実際、今回もあっちこっちでピコが弛んだり、全体がお椀になりかけましたし。
あと実際に作ってみたら、「ここはこうした方が好みかも?」っていう部分もあったりしたので、もう一枚作ってみたいと思います。今度は別の糸で(苦笑)

なお大きさは、ピコ込み20cmぐらいになりました。



書籍では絹穴糸指定で完成サイズが15cm。
実際には#40相当の糸を使用して20cm……緩すぎでしょうか? 絹穴糸のほうが#40より太めという情報を見かけたんですが。しかも作っている時には、これでも締めすぎたかと思いながら進めていたのに……ううむ糸の太さ規格がよく判んない(−ー;)

あ、それからこのドイリーに挑戦される方は、四段目に要注意です。
書籍の編み図では二箇所ほどピコが書き忘れられているので、最初に写真としっかり見比べて、ここがこうなって……と一通り手順を脳内でシュミレートしてからにしないと、大変なことになります(−ー;)<私はまだ、ロックジョイン込みのチェイン二つほどく程度ですんだ

……この書籍、けっこうこういう書き落としがあったり、繋ぎ方(通常のピコ繋ぎなのかシャトル繋ぎなのか重ね繋ぎなのか)や、メインとサブどっちのシャトルを持って結うのかの指定がなかったりするんですよねえ。

4529025330タッチングレース (華麗なクラシックレース)
藤戸 禎子
日本ヴォーグ社 1994-12

by G-Tools

デザインは、すごく好みなのが多いんですけど。そこらへんで引っかかって挑戦できないものが、多数あったりするのが残念です。
No.8110 (創作:: タティングレース)

 
 この記事へのコメント
 
paoまま  2017/03/30/13:30:06
へーへーへ〜(驚)
このようなレシピ本にそのような間違いが有るのですか?
ビックリポンです。
絶対正しい事が書いてあると思っておりました。
本を出すくらいだから、どこぞでお教室を開いてらっしゃるようなセンセなんじゃと思いますが
生徒さんから、「センセこれではつながりません」とか言われてんなかったんかしらぁ。
レース自体はもう何百枚も編んでらっしゃっるので、ちゃんと出来るはず、ってなったんかね。

翻って、私も書類出す時、文章を書く時は気をつけんといけんなぁ、と思いました。
 
No.8112
 
神崎真  2017/03/30/22:34:19
そうなんですよ、意外と誤字脱字(?)があるんですよ、手芸のレシピ本って。
私も最近まで知らなかったんですけど、某所の手芸関係交流サイトでも、「○○の本の何ページの××は〜」とかって、ときどき言及されてます。本によって書き方も違いますしね。
たとえばタティングレースでは糸を引き出して繋ぐ時の方法が数種類あるんですが、同じ繋ぎ方が本によって「ロックジョイン」って書かれていたり、あるいは「シャトルジョイン」だったり「シャトルつなぎ」だったり「ピコットつなぎC」だったりとか、ちゃんと指定してあったとしても、なにがなんだかもう ┐(´〜`;)┌

あとですね、たぶん編み図を書いてるのは先生本人じゃないと思うんですよ。ほら、プロのミュージシャンでも、楽譜の読み書きができない人っているらしいじゃないですか。全部耳コピーでやってるっていう人。それはそれですごいんですが。
編み図を描く人は、あまり詳しくない人だったり、あるいは詳しすぎて「ここは別に描かなくても、編み図見れば一目瞭然でしょ」って省略しちゃうんじゃないでしょうか。で、うっかり間違いも見落としちゃうみたいな。

私も文章書く時、何度読み返しても間違いに気づかないことありますしね……自分では理解しているから、脳が勝手に補正かけちゃうんですよ。楽園シリーズ、はたしていったい何箇所、カイザールとセクヴァールを取り違えていたことか(遠い目)
書類は本当に恐いですよね。特に数字の桁数間違いとか、めっちゃ恐いです(−ー;)
 
No.8113

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/201703288110


No. PASS

<< 2017年03月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 作ってみないと判らない

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41