よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 せめてもうあと一列
2017年02月05日(Sun) 
……あったらと思わずにはいられないのですが。



ひたすら繋いでいるスクエアモチーフを、ひとまず縁飾り付けてテーブルセンター(もどき)に仕上げました。



幅22cm・長さ76cm。
藤戸禎子さんの「華麗なクラシックレース」に掲載されている「8 クッションカバー」を多少アレンジしたものです。

作り始めたのはプラチナレース糸50g玉の封を切った時だから……去年の9月10日でしょうか。
本当は「テーブル全面を覆い尽くしてやるぜ!」という気持ちのもとに作り始め、まずは短辺の長さがどれくらい必要なのかという結論を出せたのが、この13×3モチーフでした。



この段階が11月の15日
ほぼ丸二ヶ月かかった計算ですね。50g玉もほぼ使い切り、先はまだまだ長いんだぜ★ と次は200g玉を購入しました。

ところがですよ。

これ以上大きくなると持ち歩くのが厳しくなるため、ある程度のサイズのものを作ってから繋ぎ合わせていこうと、次の固まりを作成している途中で、それは起きてしまったのです。
そう、聖光院先生の書籍を購入し、ちゃんとした結い方のコツなどを改めて学んだ結果……手癖が変化し、同じ糸で同じモチーフを結っても、完成サイズが大幅に変わるようになったのです _| ̄|○

いや仕上がりは断然そっちのほうが綺麗だし優雅だし、失敗した時も解きやすくなって良いことずくめなのですが。
しかし新しい固まりを↑と繋ぐことは、もう出来なくなってしまいました。だって半分の6列分だけで、すでに2cmも大きさがズレているんですもん。アイロンで矯正できるレベルじゃありません ┐(´A`;)┌

そういった次第で、この13×3列のモチーフは、既に第何弾かも忘れた試作品として、一段落つけざるを得なくなった訳だったのでした。
まあ、これも良い教訓というか、初心者がいきなり大物に挑戦するなという手痛い勉強になったということで(苦笑)
あと縁飾りの試作としても役に立ったし。むしろ中途半端なL字型の状態でこうならなくてよかったですよ、本当に……

アップにするとこんな感じ。



改めて眺めてみると、やっぱり糸締めすぎてみっちりしてますねえ。そりゃあ大きさも変わるわ。
あ、糸繋ぎはLサイズシャトルMAX巻きしたグリーンが1回、半端糸(両手×4回)巻いていたブルーも1回ですみました。しかも両方ともけっこう残ってる(^ー^;;)
通常シャトルでもMAX巻きなら、それぞれ2回ずつ繋ぐぐらいで行けたかも? ……やっぱり面倒か(苦笑)
そしてやはり手癖が違うせいか、作業中は縁飾り部分がかなり波打っていました。でもまあ糊付けしてアイロンかけたら、許容範囲に収まったかと。

そうそう、これだけのサイズのレースを歪まないように糊付けするのも、なかなか難しく。
まずは濃い目に作った洗濯糊に浸したあと、タオルの上に伸ばして広げて、端からタオルごとぐるぐる巻いてロール状に。その状態で押さえつつ何度か転がしたら、いい感じにヨレることなく水気を取ることができました。
書籍などによれば本当はその後、発泡スチロールトレイやダンボールの上などでまち針を打ちながらピンと張った状態に形を整えて乾燥。その上でアイロンがけなのですが……正直そこまでは面倒で(苦笑)
当て布代わりに大判ハンカチ敷いたアイロン台の上で、爪楊枝使ってピコのヨレやチェインのねじれなどをざっと直したら、もう一枚ハンカチかけて、アイロンで一気にプレスしてやりました。それを横にずらしながら計3回。
かなり蒸気上がってましたが、スチームスチームww
アイロンは裏側から。あまりすべらせず、上から押さえる感じで。だいたい乾いて波打ちも収まったら、あとは自然乾燥です★

聖光院先生はアイロンだけで充分、柔らかさを楽しみなさい派らしいのですが、私のようなよれまくりーのものをさらに実用したい人間にとっては、やっぱり糊付け仕上げしないと厳しいですねえ。

……そして。
昨夜結い終えていたこれを朝一番で仕上げたあとは、ようやく作りかけがこの次の固まりであるスクエアモチーフ繋ぎかけ(現在4×7+2で30枚)だけになった。よし次のものに手を付けられるぜと、ルンルンしながら新しく買った書籍の写真や編み図を眺めていたり。

ああ、どれも楽しそうだなあ……vv


追記:

やっぱり手を出してしまいました(苦笑)



……ここまでは良いんだここまでは。チェインが短いおかげか、マジックスレッドもばっちり成功したし★
とは言え真ん中に集中しているピコは、もうちょっと小さいほうが良かった、かも?
やはり一枚目はどうあがいても不満箇所が出て、試作の域を出ませんねえ……
No.8017 (創作:: タティングレース)

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/201702058017


No. PASS

<< 2017年02月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 せめてもうあと一列

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41