よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 アレンジバージョン
2017年01月14日(Sat) 
今シーズン初の積雪で、窓の外がこんなことになっていた本日。



暖房を効かせた部屋でひざ掛けにくるまりながら、タティングレースの「公爵夫人」に手を加えておりました。

いえね、念願のリベンジを終えたあとに画像検索して、余所様で公開されている同じモチーフの完成写真をつらつら眺めたり、作成時の感想を拝見しては「うんうん、そうそう」とか「なるほど、そういう見方も」とか頷いていたのですよ。
そうしたら、周囲にさらに縁編みをプラスした、アレンジバージョンを公開されているブログを見つけてしまいまして。

うわあ、これすっごい素敵vv こういうのが好きなんだよ。でもこの写真細かいところがよく見えないなあ(´・ω・`)
……とか思っていたのが昨夜のこと。

で、もって。
はい、もうお判りですね(笑)



聖光院有彩さんのデザイン「公爵夫人」。
それを tatting_cafe さんがアレンジされたバージョン「令嬢」の、さらに神崎改変版でっすww

双葉とピコ多めのリングを、チェインで繋いだエジングとやらでぐるり一周したのは同様ですが、リングのピコ数をちょっと少なめにしつつ、最外周の飾りには先日「妖精からの贈りもの」を作った時に気に入った、ダブルピコを採用してみました★



それぞれの目数は、写真見て「だいたいこれぐらい?」と適当に配分した目分量です(苦笑)

……ダブルピコやっぱり可愛いんですけど、どうも斜めになっちゃうのが悩みどころですかねえ。あと最外周をプラスすることを考えずに本体を作成していたため、接続用ピコがたるんじゃってるのがマイナスポイント。
もし再度作成する場合は、ちゃんと接続用ピコはあらかじめ小さく作っておかなければ。あとダブルピコが傾かなくなるよう、要練習!

とはいえこれで全体の直径がピコ込みで 12.5cm ほどのサイズになったので、かなり大ぶりのマグカップでも余裕で置けるコースターにvv



こういうアレンジを、自分でイチから考えられるようになりたいものです(しみじみ)

参考にさせていただいた、tatting_cafe さんの記事はこちら。

■アレンジしましょ: タティングレースのドイリー : A Owl Crosses The Town Skipping
 http://tatting.exblog.jp/10397492/

さらに数段を重ねた大きい方には、さすがに手が出ないッス……
No.7986 (創作:: タティングレース)

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/201701147986


No. PASS

<< 2017年01月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 アレンジバージョン

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41