よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 2016年07月16日の読書
2016年07月16日(Sat) 
本日の初読図書:
「詐騎士(オンライン小説)」

領主の息子にして余命幾ばくもないルーフェスの身代わりとして、王都の騎士団へ入団した、孤児院出身のルゼ。
彼は病弱ながらも傀儡術という特殊な魔術を駆使し、その戦闘力は新人騎士達の中でも屈指のもの。いやベテラン騎士を複数相手取っても一歩も引くことない、圧倒的な強さだと評判になった。
領主の娘の婚約者であり、身代わりの事実を知る同期の騎士ゼクセンは、その可愛らしい容姿からしばしば女の子と間違われがちで。ルゼはそんな協力者を、むくつけき男どもからいつも守ってやっている。
……しかし実は、身代わりというだけではない秘密が、ルゼには存在した。
そう、女であるのは、ゼクセンではなくルゼの方であったのだ。しかも年齢は未だ十三歳。
性別も年齢も身分も余命も、全てが詐称。そして弱者は守り、力を振りかざしてくるいじめっ子は、あらゆる手段を駆使し喜々としていじめ返す。
そんなルゼの周囲には、不吉の姫と呼ばれる顔に火傷のあるお姫様や、サドコンビと異名を取るその兄王子と相方騎士、マイペースな魔族の女性医師など、個性豊かな面々が次々と集まってくる。
本物のルーフェスが病死するまでの、長くてせいぜい二年程度であろう、この茶番劇。
いささか心は痛むが、周囲を騙し通し、やりとげるしかない。
何故ならルゼには、絶対に達成しなければならない目的があって……


珍しくも個人サイト、しかもブログ連載から出版社に見出された、WEB小説書籍化の先駆けとも呼べるんじゃないかという作品のひとつ。
既にブログからは降ろされているので、いちおうタイトルだけ。

あらすじを読んで予想していたような、女の子を身代わりに出す悪徳領主とか、すれ違いまくりの勘違いまくりなラブコメとは全然違って、領主一家は好感の持てる人達だし、ルゼの正体とか裏事情も親しい連中には早い内に明らかになります。そしてルゼの性格が良い感じに 腹 黒 ww

王子様はお姫様に名乗り変えたほうが良いんじゃないかというぐらい、有能な割にヘタれてるというか、さらわれてはヒロインに助けられるポジション。っていうか、登場時のサドイメージを大幅に裏切って、普通にいやむしろかなり良い人でした。
本家お姫様の妹の方とか、母親との確執とか、いろいろ宙ぶらりんのまま本編が終了しているのがちょっと残念かな。
あと、「実は昔こんなことが起きていまして」というのの明らかにされ方が、「あれ、いつの間にこんな説明あったっけ」という印象があったのも惜しい。
……そしてこれは私の方の問題かもしれませんが、終盤どれが誰だか、かなり頻繁に判らなくなったあたり(苦笑)
そのあたりはコミカライズ版で確認し直していきたいところです。

■詐騎士 | アルファポリス - 電網浮遊都市 -
 http://www.alphapolis.co.jp/manga/viewOpening/945000121/

長らく積んでいたテキストに手を付けられたのは、このコミカライズ版の連載が始まったからなんですが……こっちももう、一冊分貯まって最初の方降ろされてますね(苦笑) 読み始めてから読了まで、四ヶ月ぐらいかかったからなあ……(^ー^;;)
なかなか絵が好みで、脳内イメージは完全にこの方の絵柄で動いていました。
No.7712 (読書)

 
 この記事へのコメント
 
確かに  2016/07/17/20:48:59
本編宙ぶらりんかなって部分ありましたね、現在進行形の番外編とか書籍書き下ろしとかで分かるのもあるんでしょうけどねー。
個人的それより問題な唐突だったり食い違ってる部分は恐らく書籍と設定とかが変わって読んでない人にはそれが分からないからではないかと、あたしの場合忘れてるだけなのかもしれないけど(爆)。書籍を中心に考えるなら正しい姿勢なんだろうとは思いますけど、ちょっともにょります。これに関してはダイジェストとしてでも残させてくれてた某所にありがたみが……もう無いけど(笑)。単にWeb版は推敲が荒いだけだったらどうしよう?(おい)
コミカライズ……あれ面白いけどどこまでやってくれるのかがちょっと不安ですね。第一部だけとしても結構長いし、細かなエピソード削られ過ぎるのもやですしねー。
 
No.7714
 
神崎真  2016/07/17/22:22:59
その節は、大変お世話になりました <( _ _ )>
長らく積みっぱなし(とテキストファイルでも言うんだろうか)でしたが、コミカライズを機にようやく手を付けることができました。

宙ぶらりんだったり、唐突な部分とか食い違ってる部分は、確かに書籍版で改変された設定で続きを書いてたりしたんでしょうね。書籍化開始されてからUPされた分は、もう出版ありきで書かれているのでしょうし。
あと推敲はけっこう荒かったと思います。誤字脱字はデフォでしたし、違う場所に同じ人物が同時にいたりとかしましたし(笑)
まあそれは私も人のことをとやかく言えませんがww

某所のダイジェスト作品削除は痛いですよね……完全にピンポイントであの出版社狙ってる感。
特に最近はコミカライズ版読んで、原作に興味持つ場合が多いので、裏技を駆使しまくっても途中が読めないのとかあって悲しいです。

コミカライズ版、ワーカスなんかけっこう順調に進んでますし、けっこう期待しても良いんじゃないですかね?
せめて王子様がプロポーズするぐらいまでは行ってほしかとです。
 
No.7715

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/201607167712


No. PASS

<< 2016年07月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 最新の記事
 2016年07月16日の読書

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41