よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 予想以上に手間取った
2016年07月14日(Thr) 
pao ままさんが、かぎ針編みでコースターを作成されたとうかがって、よっしゃそれなら私もコースターを!! と挑戦してみたのですよ。



……ちっちゃww
よく使うマグカップを乗せてみたら、想像以上にちっちゃかったです(^ー^;;)ゞ

全体図は、こんな感じ。



実はこれ、先週一度作成した、「すてきにハンドメイド」という本に載っているドイリーの発展バージョンでして。

B005F59RJUすてきにハンドメイド 2011年 09月号 [雑誌]
NHK出版 2011-08-20

by G-Tools

表紙でワンコ達が踏んづけてるまさにそれ。直径はピコを入れて9cmぐらい。
外周は一度作ってみたし、難しい技術は何もなかったから、今度はもっと早く綺麗に作れるはずだわ〜♪ とか余裕をぶっこいていたんですが。

……めちゃめちゃ時間かかりました _| ̄|○
しかもところどころピコの数とか繋ぐ場所間違えてる……(−ー;)

言い訳をするようですが、ぶっちゃけダイソーの金ラメ入りシナモンゴールド、めっちゃ扱いにくくって。白に比べて柔らかくて型崩れや糸割れしやすいし、間違えた時もなかなかほどけない。
色を二種類使うことで結び目の見分けがつきやすかったり、出来上がりのバリエーションが増えることのメリットを秤にかけても、これはちょっと……2玉もまとめて買うんじゃなかった(しょぼん)

まあ、解かなきゃいけないようなミスをしなければいいだけの話なんでしょうが(苦笑)
ともあれこのシナモンゴールドは、もうちょっと技術力を磨くまで封印することになりそうです。
このコースターは使いますけどね。
これからの季節、冷たい飲み物入れたカップを机に置いておくと、丸い水の輪ができちゃうのがうっとおしくって。いつも畳んだティッシュを敷くという色気のないことをしていたので、これで少しは見栄えも良くなるかとvv

次はグラデーションになってる糸で挑戦してみようかな……?

2016/07/18 追記:
普通のコップ置いてみたら、けっこうちょうどいいサイズでした♪



ちなみに内縁部にわざわざシナモンゴールド使ったのは、多少飲み物で汚れちゃっても目立たないようにだったりとか(苦笑)


あ、そうだ。忘れない内に。
#20の糸をクロバーのシャトルに巻く場合、長さは6m弱ぐらいいけるようです。私が両手を広げた長さの4倍を巻いてみたら、「ちょっと巻き過ぎ、かも? でもまあ使うのに支障はないか」ぐらいでしたから。
糸玉から作品に繋がっていた糸を、何らかの理由で切ってシャトルに巻き直す際、参考になるよう備忘メモをば。
No.7706 (創作:: タティングレース)

 
 この記事へのコメント
 
paoまま  2016/07/15/11:35:50
こんにちは、今日の広島は幾分涼しいですよん。

まこっちゃんもコースターをお作り遊ばされたのですね。
いや〜んレーシーな感じでとても素敵ぃ♪
今からの暑い季節にピッタリだし、サイズも丁度良いと思います。
手仕事って楽しいですね。
昔々は息子のセーターや旦那さんのチョッキ(ベストとは言わん)を編んどったんよ。
なのでサイズがどうとか、網目を間違えたらそこまで戻るとか、割とキッチリキッチリ作ってたんじゃわ。(なんせ着るものだから)
でもこういう小物だと遊び感覚が勝って楽しくて良いねぇ。
まこっちゃんのお陰で楽しいわぁ。
有難うございますねー(^^♪
 
No.7708
 
神崎真  2016/07/15/22:31:50
広島、今日は涼しかったんですか? それは良かったです。
毛皮族のパオちゃんも、少しは落ち着いて過ごせたことでしょう。
こちらも今日は比較的涼しめで、最高気温こそ三十度を超えましたが、朝夕は時に鳥肌すらたつほどでした。自室でもエアコンはおろか扇風機すらつけませんでしたし。おかげで非常に助かりましたです。

うっふふ、作っちゃいましたよ、コースターww
よく見るとあっちこっちで間違えているのですが、注視しなきゃ判んない判んない★
私も棒針編みで、セーターを編んでいた時期がありました。それこそ「間違えた!」って十段ぐらいぴーーーっと解いたこともありました。12月に編み始めて、完成が3月だったなんてことも。
ああ、若かったなあ……(遠い目)
小物だと完成までが早いし、失敗したらもう一度最初から同じものをという気にもなれるので、気軽に楽しめて良いですよね。

ちなみにこのタティングレースというやつは、糸を引っ張るだけじゃ解けてくれないんですよ。むしろ引っ張ると締まっちゃって大変なことに。
解こうと思ったら、尖ったもので一目……いや、半目ずつ、ちまちまと糸を緩めてはシャトル(糸巻き)を逆向きに通していくしかなくって。なので余計に気がついても「まあしょうがないか」って気になっちゃうんですよね(−ー;)ゞ

ままさんもハンドメイドの道に戻られて、百均を見て回る楽しさにも目覚められたご様子。
そちらのブログで、また色々なものを拝見できる日を期待していますvv
 
No.7709

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/201607147706


No. PASS

<< 2016年07月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 最新の記事
 予想以上に手間取った

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41