よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 テレビの前で正座待機
2016年07月10日(Sun) 
アニメ「アルスラーン戦記」第二部「風塵乱舞」の二話目を視聴。
まだ一回見ただけなのでざっくり感想ですが、それにしてもえっらい巻き巻きで進んでますね(苦笑)
まさか前回の落馬でもう、ジムサが捕虜になってて偽情報掴ませられて脱出 → 軍師の姦計にはまって同士討ちまで行くとは……
しかし同胞に裏切り者呼ばわりされて、殺されそうになり逃げ出したところを瀕死でパルス側に保護という流れをカットされてしまったので、あそこからジムサが仲間入りに向かうのはちょっと厳しいのでは。ザラーヴァントとの絡みもなくなってるし。
でもアルスラーンがトゥラーン国王に啖呵切る場面とか、帰参してきた楽士相変わらずブレてねえ楽士ってあたりとか、トゥースを一番に表彰する場面とかちゃんとやってくれたので嬉しいですvv
ってか、あれだけそこらじゅう削られまくってたのに(ルシタニア国王ご乱心とか、王都についたエトワールの奮闘とか)、楽士関連はおおむね押さえられてたって、やっぱりアニメスタッフに絶対楽士びいきがいるやろww
あとなにげに黒豹も活躍してたし(笑)

そして今まで影の薄かったアンドラゴラ王が、前回からグイグイ来てますよ。
今日でいっきに「5万の兵を集めるまで帰参に及ばず」まで行きましたねえ。旧アニメではここまでしかやらなかったので、来週からがますます楽しみです♪

そして予告編でイリーナ姫が出てたってことは、ついにメル兄もご登場ですか……?
No.7692 (映像)

 
 この記事へのコメント
 
いのやま  2016/07/10/20:27:55
やはりすんごく巻いてたんですね…そうじゃないかとは思ってましたが。
四角い顔のごついおっさん集団のなかで浮いてた童顔君、ちゃんとパルス側に来るんでしょうか。好みのタイプなので心配です。
タハミーネ連れてかれちゃったら絶対デブ王騒ぐだろうに出てこなかったのは変だと思ってたらそこも端折られましたか…エステルのエピソードも端折られてましたか!貴重な女の子キャラなのに!可愛いのに!
でも楽士関連が省略されてなかったのはとても嬉しいです。
月背負って帰還ってどんだけ気障なんだあいつは。
だがそこが(・∀・)イイ!!
予想通り楽士はクバードを目の敵にし始めましたがクバードに完全シカトされててワロタです。しかも他の連中もシカト…殿下の御前であれだけアホやってるのに誰一人咎めも止めもせんでシカト…もうアイツはああいう奴だから放っといて構わんと全軍に周知されてるのでしょうか楽士w

次回は港町までいくのでしょうか。楽しみです。
その前イリーナ姫とメルレイン登場?
 
No.7693
 
神崎真  2016/07/10/22:22:04
こんばんは、いのやまさん。
そちらのブログでも熱く萌え盛っていらっしゃいますね(笑)←誤変換にあらず

話はですね、すんごく巻いてますよ。ええ盛大に。
でもアニメを単体の一作品として成立させる上では、まあ許容範囲内だと思います。
さすがにジムサが捕縛されたってことは、先週にもうちょいはっきり描写しておいてほしかったですけどね。

そして原作のイノケンさんは、そりゃあもうやらかします。
ああこの人、狂信者達のトップだったわと、改めて納得する勢いでやらかしてました。
そういえば第二期1話はほぼオールスターキャストだったのに、イノケンさんとサームは出てきてませんでしたね……

エステルのエピソードは、辛いながらも最後にちょっとほろりとするんですよ。
ただでさえ「生きてもどれ。お前たち異教徒は、死ねば地獄に落ちるのだから」の前後が省略されてたのも、残念だったのに……<原作では別れ際に食料と医薬品を分けてもらって、「もらうつもりはない。借りておくが、必ず返す。だから生きて戻れ。お前たち異教徒は、死ねば地獄に落ちるのだから、あの世で返すことはできないのだからな」というツンデレぶりだった

月を背負った楽士の帰還はもう、アレでしたね。アレとしか言いようがないww
それこそ一番に省かれそうな長広舌が、きっちり盛り込まれていて満足至極。クバードが余裕っぽいのは意外でした。もうちょっと同レベルでやりあってたようなイメージだったので。
アニメ楽士は公式でも末っ子気質なのか(笑)

イリーナ姫は来週登場するっぽいですね。あとOPを見る限り、港町へ行く途中にゾット族も出るみたいな。と言うことは、メル兄は一族を率いての登場になるんでしょうかね??
このペースで巻き巻き進めて、港町をメインするのであれば、次回はCM前に殿下がペシャワールから出立して、CM明けに脱出してきたセコム達と合流。ゾット族と出会ってる裏では若かりしヒルメスとイリーナ姫のエピソードを織り交ぜつつ、港町が見えたあたりで以下続くってところと見てますが……さて?
 
No.7694

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/201607107692


No. PASS

<< 2016年07月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 最新の記事
 テレビの前で正座待機

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41