よしなしことを、日々徒然に……



 ちっげーじゃんっっ
2016年06月18日(Sat) 
いつものようにネット上をうろうろとしていたら、ふと目に止まったマクラメ作品があったのですよ。

■マクラメ編みの編み方まとめ♪ママに似合うブレスレットやネックレスを作ろう
 https://cuta.jp/12302

「マクラメ編みのアクセサリー作品集」の一番上で紹介されているブレスレットが、単色の糸のみで作られていて、それもタッチング結びオンリーとのことなのに、とても素敵な透かし模様vv
これなんですが、シンプルな外見で、結び目の数も使う糸の量も少なそうなのに、どこかスマートかつ上品さすら感じさせるモチーフです。

しかしどれだけ写真を睨んでも、私のスキルではどうにも解読できません(−ー;)
タッチング結びということは、あっちから来てるこの編糸がこっちに出るはずだから、芯糸は向こうへ進んでああなって……??
やっぱりさっぱり判りません ┐(´〜`;)┌

なので同系統のシリーズで結び目の段が一つ少ないのを、なんとか真似できないかと、同じように試行錯誤してみたのです。

単色の糸で結ばれているから判りにくいですが、どうも最大瞬間糸数は4本だと推測。
なので違う色の糸を4種類用意して、と。

最初は練習用だからと、例の10m×6色で108円のダイソーリリアン@自分でロウ引き済の糸を使ってみたのですが。どうにもズルズル滑って結びにくい。
しかたなく、べたつく代わりに結び目の位置が決めやすい、蜜蝋でコートされた市販ワックスコード(高い)を使ってみるも、どうしても形になってくれません。

たぶん二時間ぐらいは悪戦苦闘し、何度も結んでほどいてを繰り返し。モニターに表示した写真をためつすがめつ。どうやったらここから糸を出す際、歪まずに安定して結んでいけるんだ……と。頭を悩ませまくっていて ―― ふと、気が付いたのですよ。

あれ……? この写真、横にしてみると……この形の結び目で、両側から2本ずつ結び目が出てるのって……え??

まさかと思いつつ、一度頭を完全にリセットし、新しい考え方でそれぞれの糸をたどってみたところ……ビンゴでした。

 これ、タッチング結びじゃない

平結びです。全部、オール平結びです。
ちなみにまとめサイトでもうひとつ下に紹介されている、『「平結び」と「タッチング結び」が使われています』っていう赤いブレスレットも、使われてるの平結びだけです。タッチング結びは入ってません。

わ、私のあの苦労はいったい……_| ̄|○

もうね、平結びでやり始めた途端、めちゃめちゃ順調に進みましたとも!



全部違う色で結ぶと、こうなります。
右から2本目を芯糸に左側2本で平結び、左から2本目を芯糸に右側2本で平結び、のひたすら繰り返し。外側の2本が芯糸になることはありません。
すごく単純。すごく結びやすい。
あっという間にここまで行き、これ以上は練習の必要ないわと、用意していた糸の半分を残して終了しました。 たとえ20cmほどの端切れだって、石包む時の芯糸やなんかに使えるんや! 節約は大事。忘れたらあかん。

で、もって。
構造が判ったのだから、最初に気になった方もやってみるのですよ〜
鉄は熱いうちに打て。理解が及んでいる内に一気にやっちまえ! です。

違いは糸が2本増え6本になり、互い違いの平結びが2列から3列になること。中央で平結びする際は、左右の平結びから内側へ向かって出た糸を、2本いっしょに芯糸にすること。それだけです。



多少すべりやすい糸でも安定しそうだと判明したので、再び百均のリリアンと仏壇ロウソクで作った糸の出番です(笑)
しかもこれ絶対に使わないだろと思っていた、パステルカラーの白を選択。
あまりにも純白すぎて、他の糸や石と合わないなあと、今まで一度も使ったことありませんでした。なので練習にはちょうどいいかと、それぐらいの軽い気持ちでチョイスしたんですが……



あれ、なんか意外と良くね??
モチーフの練習だけのつもりだったのを、途中でもったいなくなって急遽ブレスレットに仕立ててみたんですよ。
なんだかレース編みっぽい感じで、想像以上に完成度が高くなりました(笑)
むしろ見本にしたやつより私好みかもvv

両端は、中央での平結びを少し隙間空けてもう一度繰り返してから、両脇の糸で4本まとめて2回ほど平結びして幅を減らしました。



その後は、両脇の糸を焼き留めて、残りの四本で四つ編み。丸い四つ組みじゃなく平べったいやつです。 四つ組みはまだ覚えてない……あれも挑戦したいもののひとつなんですが。

どうせなら淡々と平編みを続けていきたいところなるも、あいにく糸の長さが足りませんでした(苦笑)
もともとモチーフの練習のつもりでしたからね……二つ折りで90cmを3本、つまり1本が45cmしかなかったんですよ。なんとかどうにか手首に通せるギリギリサイズになってくれましたけど、最初からこれを作ろうと思ったら、60cm×6本ぐらいで始めたほうが良さそうです。
あとブレスレットの留め具部分に、前に別のことで使って2〜30cmほど残っていたパステルカラーの薄紫を使用。ほ〜ら、端切れでも役に立った!



……そして、気分転換にめっちゃ手の込んだマクラメとかレース編みやってみたいとか呟いていたら、母が「じゃあ紙テープ使う、花みたいなカゴの作り方調べて編んでvv 材料はあるから♪」とかほざきくさりました(苦笑)

↓こんなのらしいです。

■花結びのかご作り:生き粋生活
 http://s.webry.info/sp/49535831.at.webry.info/201310/article_2.html

なんでも母の知人がワークショップかなんかで習い、それを教えてくれると言って材料まで買いに行ったのに、もろもろあってそれっきりだったんだとか。
母も相当なハンドメイド好きなんだし、自分で作れと言ったら、「ネットで調べるなんて判んないもん」「最近、細かいところがほんとに見えなくなって……」だそうで。

うん、まあ……前者はともかく、後者はしかたがない。
しかし普通の平編みタイプは却下だそうです。それは既に作ったからと。



↑母の作ったやつ
……あの、独学でいきなりこれを上回れとか、いくらなんでも無茶ぶりが過ぎやしませんか、お母様……(汗)
No.7636 (創作:: マクラメ)

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/201606187636


No. PASS

<< 2016年06月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 ちっげーじゃんっっ

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41