よしなしことを、日々徒然に……



 アレンジ編その2
2016年05月15日(Sun) 
昨日に引き続き、マクラメ糸によるかんざしアレンジ、その2バージョンです。



今度はシンプルに糸を1色で行ってみました。
っていうかむしろ、こっちを先に試してみるべきだったんじゃ(苦笑)

必要な材料、



 おハシ:1本
 ロウ引き糸:80cm×1本
 丸カン:1個

飾り部分は除いています。
あくまで軸部分にどうやって金具をつけるかという試みですので。

お箸の処理については、昨日も書いた通り。
適当な長さに切って、先端を鉛筆削りやヤスリで尖らせつつ適度に丸め、マジックやマニキュアなどを塗っておきます。

で、結び方。
今回もひたすらタッチング結びです。1色・1本の糸を使用するので、昨日よりもさらに単純です。
ポイントは、



結び始めの糸(親指で押さえている方)を、箸の尖ったほうにむけておき、軸糸に見立てた箸といっしょに、タッチングの中へ結び込んでゆくこと。



あとは昨日と同じように、ある程度結んだところで編糸の方へ丸カンを通し、好みの位置までタッチングを続けます。
良い長さまで出来たら、結び始めの糸と結び終わりの糸を固く結んで、余った糸を切り落とし。ライターで焼き止めたら、ドライヤーの熱風を当てて仕上げ。



で、こうなる訳です。
よりシンプルかつ癖のない形になりました。



焼き留めのできないヘンプやタコ糸などを使用する場合は、残った糸にビーズを通すなどして、そのまま飾りを作っていくのも良いんじゃないかと。
No.7562 (創作:: マクラメ)

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/201605157562


No. PASS

<< 2016年05月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 アレンジ編その2

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41