よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 2016年04月17日の読書
2016年04月17日(Sun) 
本日の初読図書:

Amazon では速攻品切れになってたみたいですけど、楽天でなんとか。
72話「ヴァイト教官の人間学概論」〜110話「ミラルディア連邦」が収録されています。迷宮都市ザリアの太守がシャティナになって、連邦評議会が設立されるまで。
書き下ろし短編と初回特典リーフレットのSSは、迷宮都市ザリアの地下に封じられた過去の亡霊をめぐるあれこれで、フィルニールとシャティナがメイン。
……本編の骸骨祭り(254話あたり)で、ヴァイトさんが骸骨王ユグスフォリトスに対してみょーに親しげだと思ってたら、そうか、ここで接点があったのかwww

そして今回は、やはりなんといってもパーカーでしょう!
前々から生前の姿はイケメンイケメン書かれてましたけど、まさかここまでイケメンだったとは(笑)<表紙絵参照
このイケメン顔で、陰惨な声を発して死者召喚する場面とか思い浮かべると、もう! ロルムンドで死者達に尋問したあと、ヴァイトにカウンセリングされてるところとか想像した日には!!<まあ、あの場面では骸骨姿だったはずだけど

そうそう、骸骨姿時に髪の毛があるとも、予想だにしていませんでした。
骸骨姿はカラー口絵、ネット上だと公式サイトの特設ページで見られます。これがまた想像以上に禍々しくてvv
パーカー視点によるヴァイトとの出会い及び、彼がヴァイトに対して抱いている想いも書き足されているあたり、もう薄い本が厚くなりそうですよお嬢さん★

口絵と言えば、太守なのにただ一人ハブられてるアラムさん、可哀想……あ、古都の当主もいないか。図書館に篭ってるらしい吸血鬼さん……

そしてヴァイトが先王さまのことを思い出してる場面は、何度読んでも目頭が熱くなる……本人が自分の表情に気がついていないあたりがまた、切なすぎて……・゜・(ノД`)・゜・
No.7522 (読書)

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/201604177522


No. PASS

<< 2016年04月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2016年04月17日の読書

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41