よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 祝★セコム増員
2015年08月02日(Sun) 
アニメ「アルスラーン戦記」、今週は17話「神前決闘」ですよ。
うふふふふ、もう先週からずっと楽しみにしていたのですが、もう大・満・足v でした★
まずOP前の一幕。
前回いきなりラジェンドラがアルスラーンに頼んでいたので、ああ削られたか……と思っていた、ダリューンの「迷惑ですな」「私はアルスラーン王子の臣下。殿下のご命令がなくば」と突っぱねてからの、ラジェンドラがアルスラーンの方に頭を下げる流れをやってくれたのがまず嬉しく。 ところでずっと気になってたんですが、ラジェンドラ王子の腰帯って、なんかお相撲さんっぽくないですか(笑)

さらに先週でも触れましたが、ダリューンとナルサスが会話しながら、ダリューンは武器の手入れをし、ナルサスは巻物を読みつつ情報収集なり戦略を練るのに余念がないという、地に足ついた戦場の空気が実にうまく織り込まれていると思いました。
剣の表面にダリューンの瞳が映り込む演出もすごく素敵なところにもってきて、その剣に細かい傷がいっぱいあるのがまた、たまらなくイイんですよ!!
長らく戦場を共にしてきたのだろうその愛用の武器が、のちにバハードゥルによって折られる。そこがまた緊迫感をいや増してくれてるんじゃないかとか思えてきます。
ここでの二人の会話によって、アニメのみ視聴の方などから時おり上がっている、「他国の戦争に首突っ込んでる場合じゃないだろ」というツッコミに、「これに勝てばアルスラーン殿下の発言力を増すことができる」「ペシャワールからの蜂起を強固なものにできる」という解説がなされているのも親切設計。

バハードゥルについての説明がちょっと少なかったので、ヤツがなんで牢に繋がれてたのかとか、ヤツを使うのがどんな卑怯なことかというのがちょっと描写不足だったかなあとは思いつつ。ほぼ初めてと言ってもいいダリューンの苦戦シーンは、やはり見どころがありました。
兜ふっとばされてクラクラしてる場面とか、判っていてもドキドキワクワク(←ハラハラじゃないんかい)
角川映画版と異なり、ほぼ原作通りの流れでまともに戦闘したうえ、きっちりとどめ刺したのも良かったですね。
こういう容赦のないところが、今回のアニメスタッフに好印象を持てるところです。
……しかし動きが早すぎて何度見てもよく判らんのですが、ダリューンの短剣、どこから抜いてるんでしょう??

殿下の激おこシーンは、さすがに剣を抜いて突きつけるところまでは行かなかったものの、代わりにカリカーラ王の仲裁が大人の渋さ。よっ、さすがは一国の国王陛下! これが若い妾に入れ込んではっちゃけたあげく、怪しい精力剤飲みまくったせいで倒れて危篤になった人だなどと、アニメ視聴者はよもや思うまい(笑)
逆ギレするガーデーヴィにギーヴが「あの王子サマ、今ごろ気付いたらしい。神々はいつだって間違うし、間違った結果を人間に押し付けるものさ」と皮肉を言う場面があったのも良きかな良きかな<これこそ田中芳樹節

そうそう殿下といえば、新しいお衣装が素敵でしたね。
時おり見せるようになってきた大人びた表情には、ナルサスも驚かされている模様。カリカーラ王に挨拶する殿下の横に、さりげなく跪いてるナルサスに萌えvv

そーしーてーー、ついにジャスワントがキターーーー!!
ちょっと原作より落ちるの早い気がするんですが、これはこれで見せ場という意味では実に効果的。
っていうか、光の尾を引いてる緑の双眸がめちゃめちゃ格好良いんですが! さすがはシンドゥラの黒豹vv<ちなみにギーヴは個人的に山猫カラカルをイチ押し
実はマヘーンドラ(宰相)様が本当の父親なんじゃ?? という疑惑を持っていた点は削られちゃってましたね。目の色が同系統だったから入れ込んでくるかなあと思ってたんですけど、まあそれはなくてもストーリーとして成立するから、削ってもいいところでしょう。

ダリューンもめでたく、アニメ公式で猛虎将軍ショラ・セーナニーの称号を得ましたね。
そして「皆の者、静まれ!」と一喝するラジェンドラ王子。すっごくまともに見えました。ちとやり過ぎなんじゃ?? と思うほど今週は普通にかっこよかったです。しかし予告編を見て、ちゃんとシンドゥラから帰国の際のアレをやってくれると判って、画面のこっちでよしよしよし!! って拳を握りました。
「ナルサスはラジェンドラの性格の特異さを、完全に見抜いている。自分自身を騙すほどの、ラジェンドラは演技者なのだと」
ナレーションのチョイスも今回は良い所★
ふふふふふ、来週もまた楽しみです。

あとどうでもいいところですが。
背中合わせになった女神官と楽士に「おお」と思いつつ、二人の身長がほぼ同じことに「あれ?」って。
……えーと……ギーヴの背が低いんじゃ、ないですよね。ファランギースがかかとの高い靴履いてるのか、単に戦闘中でギーヴが腰を落としていたのか……
さらにジャスワントが左手で剣使ってましたけど、これまではどうでしたっけ??
No.6980 (映像)

 
 この記事へのコメント
 
いのやま  2015/08/03/18:46:33 [HOME]
こちらでははじめまして。
アルスラーン戦記の感想を楽しく拝見させていただいております。

アル戦に転び立てでテンションがとても変だという自覚がありますので書き込みは控えさせていただいていたのですが、カリカーラ王の倒れた原因がソレと知って…そんな、日曜5時には絶対NGな理由だったとは!象の目潰しどころじゃないヤバさ。まともなお方のようだから息子2人がアレでお気の毒だなあって思っていたのに。私の同情を返して(笑)。
あの世界はまさに「どこぞにまともな王はおらんもんかね?」なのでしょうか。アルスラーン殿下がんばって下さい。
ラジェンドラは今回すごくまともでしたが(そして相変わらず無駄に美声でしたが)来週は何をやらかすのでしょうか、原作未読派は楽しみです。
ジャスワントの剣って柄が右に向いてますから左手で抜くのって相当にめんどくさいのでは。今までは右手でしたよね。殿下の手を取った時には抜刀後でしたし、なぜわざわざ左手なのか謎です。

書き込み失礼しました。
ワクテカしつつ次回放映を待ちます。
 
No.6982
 
神崎真  2015/08/03/20:41:07
こんばんはー、いのやま様!
ようこそいらっしゃいませ!! いつもそちらではお世話になっております <( _ _ )>

別ジャンルも楽しく拝見させて頂いていたところへ持ってきて、折しも我がバイブルたるアル戦にすっ転ばれたという記事を読んで、こちらこそハイテンションでストーカーのような連日長文書き込みをさせて頂いてしまい、申し訳ありませんです(^ー^;;)ゞ

> まともなお方のようだから息子2人がアレでお気の毒だなあって
> 思っていたのに。私の同情を返して

ラジェンドラの母親が身分の低い奴隷上がりだったあたりからも、あの王様、実はそっち方面でけっこうやらかしてるんですよね(苦笑)
あと、まだまだ元気でいるつもりだったからこそ、後継者を決めてなかったが故のあの内乱だったりとか。
それでも最後はきちんと国王としての勤めを果たして見せたってことで、アルスラーンにはひとつの指標となる流れなのですが。さすがに日曜5時のアニメでは、流血は許容範囲でも、女関係節操なしってのはアウトだったのか。パルス王家のように、一人に入れ込みすぎるのも、それはそれで問題なんですがね。
ほんとにこの世界には、まともな王様がいない……(遠い目)

ジャスワントの剣、あのあと前の話を見返してみたら、やっぱり普通に右手で扱ってました。やはりセコム採用には両刀使い(違)が最低条件なのか(笑)
「アルスラーンを助けなきゃ」でまずとっさに利き手で引き寄せ、それから剣を抜く流れだったのかな、とか。でもあの曲刀を逆の手で抜刀するのは、確かに難しそうです。

そしてあそこで彼が助けに入ると、「三度助けられた」の三度目がなくなっちゃう、かも?
しかもアニメでは初対面の毒蛇と今回とで、ジャスワントも二回アルスラーンを助けてるから、むしろイーヴン? とか。
そこらへんがアニメではどのように料理されるのか、私も正座待機で次回を楽しみにしていますvv
 
No.6984

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/201508026980


No. PASS

<< 2015年08月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 最新の記事
 祝★セコム増員

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41