よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 2015年02月18日の読書
2015年02月18日(Wed) 
本日の初読図書:
4047291544おこぼれ姫と円卓の騎士 皇帝の誕生 (ビーズログ文庫)
石田リンネ 起家一子
エンターブレイン 2013-09-14

by G-Tools
反則とも言える手段で、どうにかミハイル王子の陰謀を打ち砕き、戦争勃発を回避したレティ達。ノーザルツ公主アウグストやクレイグらはその後始末のため一足先にキエフ帝国を発ったが、レティは式典に出席する必要があるため、デュークとアストリッドの二人とともに王宮へ滞在し続ける。
と、行方が判らなくなっていた第四王子アルトールが、堂々と王宮へ戻ってきた。芝居めいた演出とともに次期皇帝候補として名乗りを上げた彼は、姉姫アナスタシアや腹心の部下ワレリー・キリヤコフ将軍が知る、争いを好まぬ穏やかで心優しい少年ではなくなっていた。
違和感を感じつつ接触したレティへと、アルトールは傲慢な笑みと蔑みの目を向ける。
そうして彼は、遥か過去に失われたはずの魔術『神殺しの魔法陣』を発動させ、レティを城の地下へと囚えてしまった。そこはかつての騎士王がひそかに作り上げた、祭壇の間。アルトール ―― を操る何者かは、その祭壇を利用して、レティから騎士王の魔力を吸い上げてゆく。
一方で主君を奪われ、間諜の濡れ衣を着せられたデュークとアストリッドは、レティを助けつつアルトール王子を乗っ取っている何者かから開放し、なおかつその黒幕が目的としている計画を阻止するという三つを行う必要に迫られていた。三つの要素は複雑に絡み合っているため、どれかひとつを優先して行うわけにはいかない。
敵国の中でソルヴェールの人間はたった二人。決定的に手が足りないところを、二人は得られる限りの助力をつのりながら、目的に向かって力を尽くしてゆき ――

6巻目とはほぼ前後編と言っても良いだろう、第7巻。
キエフ帝国でのごたごたがようやく一段落つきました。
心配していたヴィクトル王子の悪堕ちはなく、結果としては隣接する四国のトップ(未来含む)がそれぞれに、レティを中心とした複雑な友情関係を築き上げる結果になったのではないでしょうか。
……しかし皇帝の座につくのが誰かは、もしかして……という予測はしてましたけど、でも第二〜三王子とかその他の王族は候補に入らなかったのか? という疑問がちと浮かびました。だって王族だけで演奏会開けるほどに人数いるんじゃないの?? と。そこが気になりましたかね。

そして今回の黒幕(の中の人)は、なかなか意外な人物&性格。おかげで代々の騎士王の生まれ変わり達が、ほぼ別人といえるほど、それぞれの個性が豊かな理由も説明される結果にはなりましたが。
しかし彼はどうせなら、獅子王の時代あたりに目覚めておけば、改めて軍師として認めて受け入れられたか、逆にあっさり捻り潰されたかのどっちかだったんじゃないでしょうか。いやそれを言うなら、最初からフォルカー王の時代なら、何の問題もなかったのか(苦笑)
歴代の王といえば、失恋王に引き続き、今回は内政王カールハインツのイラストが素晴しかったvv
長髪ストレートに片眼鏡の優しげな知性派系イケメンですよ! この人が嫁さんに逃げられたのか。なんっっってもったいないことを!!>嫁さん

ストーリー的にはなんとびっくり、あのレティが今回は囚われのお姫様とは。そして動けないレティの意を推し量って、デュークが大活躍ですよ。最近ちょっと影が薄かったのを、思い切り挽回してます。お互いまったく連絡を取り合えていないのに、互いの計画と行動がぴたりとハマる阿吽の主従っぷりがたまりませんね。
ってかレティはレティで、捕まりながらも他の王達と会話して計画立案情報収集できるんだから、つくづく王達の会議の間ってズルいですよねえ……

あとはフォルカー王に念を押されたし、いい加減騎士王の生まれ変わりということをきちんと信じて欲しいとかレティが言い出したから、ついにデュークに約束の剣を授与するのか!? とワクワクしていたら、まさかのデュークのポカミスにより、鈍感レティがついに恋愛感情を意識し始めちゃって、ああそっちに行っちゃうのか……と。
恋愛もの好きなかたには、ようやくか! と待ち望んでいた展開なのでしょうが、主従愛も大好物な私としては、他でいくらでも読める恋愛モノより、ここは忌憚なく言い合える男女の主従関係をもっと読みたいのになあと思ったりして。

さて、次回はようやくソルヴェールに戻って、再び兄達といろいろあるのでしょうか。
表紙絵を見る感じ、ロリコン騎士ウィラードの再登場と、いよいよ女性騎士枠を期待してもいいのかな(わっくわっく)
No.6605 (読書)

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/201502186605


No. PASS

<< 2015年02月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2015年02月18日の読書

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41