よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 そこまでこの作品が好きか(笑)
2014年10月30日(Thr) 
以前から何度もここで触れている、お気に入りのオンライン小説「乱世を往く!」。
非常にスケールが大きい戦記物で、読んでいてそれはそれは心が踊る名作だと私は思っています。
……が、初めて読んだ時、切実に大陸地図がほしい。特に砦とか戦場の位置とかが書いてあるやつ! と思ったものでした。
広大な大陸の各地で戦乱が起こり、視点はあちらこちらへと飛びまくる。
ある章では主役だった人物が、別の章では隣国へと侵略する側に回り、また戦に負けた人物は捕虜として国をまたいで移動してゆく。そしてそれらすべてをよそに、心の赴くままに大陸全土を旅して巡る主人公一行。

あああ、地図、誰か私に地図を!!

作者様が描かれないのであれば、どなたか作って下さっていないかと探してみたものの、やっぱり見つからずに肩を落としていたのですが。

ここ数日、ふと思いついて、乱世〜を一話目から読み返し始めてしまったのです。
最初に読んだ時には、そのあまりの複雑さに読了まで一ヶ月もかかったものでしたが、さすがに今回は大体の流れが頭に入っているので、さくさくと進んでいけます。
そして最終的な大陸の全体像も、なんとなーくのイメージは脳内に存在しているわけで。

……やっちゃうか? YOUやっちゃいなYOU!

とかいった感じで、脳内で悪魔が囁きました(苦笑)
コピー用紙とシャーペンと消しゴムを用意して、スマホで内容を読み進めながら、地理に関する記述が出てくるたびにちまちまと描いたり消したりを繰り返し。
途中でつじつまが合わなくなったり、スペースが足りなくなって紙を追加したりといった作業を経て、気がつけば早一週間。ついに2MB超を読みきりました!

で、もって。
おそらく自分にしか解読できないだろうラフスケッチを元に、 Photoshop を起動。
絵心がないなりに、それでもなんとか試行錯誤して清書した結果、こんなものができあがりました。

※10/31 カンタルク王都が抜けていたので、追加・微調整したものに差し替えました。ついでに外枠とかも追加してみたり。

※11/04 さらに少し、質感を変えてみました(苦笑)

やりきったぜ、ママン!<誰
国の配置は基本的に、アルジャーク帝国が進攻を開始する以前のものですが、アルテンシア半島が「統一同盟」ではなく「統一王国」になってるのは気分です。まあほら、統一王国になってからじゃないと、王都の名前が決まってませんし。
そして街とか各国の王都の位置とかは、特に記述がない限り果てしなく適当です。王都はたぶん国の真ん中らへんだろう。この街はイストがこっちから入国して立ち寄ったんだから、たぶんここらあたりねとか、ここだと文字が入らないからもう少しあっちにずらそうとか、そんなレベル(苦笑)

要は各国の国名と大まかな位置関係、王都の名前と砦と戦場の配置を把握したかったんです(きっぱり)
距離感覚がしっちゃかめっちゃかだとか、オルレアンとラキサニアが同じ52州なのに倍以上広さが違うとか、そんなのは気にしちゃ駄目なんです。
あと大陸北西部に関しては、本文中で触れられていなかったので、適当なサイズに切り分けたりとか。
「教会の周辺諸国」ってひとくくりになってますけど、神聖四国が「大陸中央部」にあるってことは、四国のまわりは海に面した国が囲んでるはずですもんね? ね?

ちなみにこうして情報を書きとめながら読んでいると、けっこう作者様のミステイクも見つけてしまったりとか(^ー^;;)
ポルトール王国が、最初に出た時には「ポルポート」になってたり、「サルミネア諸島から北にある大陸有数の貿易港ルミティアス」っていうのは、おそらくずっと後に出てくる港町ルティスのことではないかとか。
東と西が間違ってたり、国の配置が入れ違ってることもあったりして。

……もともとこの方、とても雰囲気のある重厚な文章を書かれる割に、誤字脱字や文字の入れ違い(「ただ」が「だた」になってたり、「もの」が「のも」になってたり)が、かーなーり多い作者さんだからなあ……(苦笑)

ついでに重要な時系列を整理してみると、

1563年
 5月 聖銀の製法が流出(クロノワ21才)
 6月 アルジャークのモントルム・オムージュ遠征開始

1564年
 2月 シーヴァ・オズワルドの反乱開始(シーヴァ30代半ば)
 7月 アルジャーク帝国の南征開始
 8月 カンタルクがポルトールを属国化
 11月 第一次十字軍出発(ジルド30代半ば)
 12月 クロノワが事実上の皇帝に即位

1565年
 3月 第一次十字軍敗退、アルテンシア半島統一
 8月 第二次十字軍出発
 11月 第二次十字軍敗退

1566年
 2月 シラクサで魔ガラスの開発に成功
 春頃 最後の御霊送り
 7月 アルテンシア王国の東征開始
 秋頃 パックスの〈大崩落〉

1567年 イスト、クロノワの結婚(25才ぐらい)
 
1569年 ニーナ独立

1572年 外伝「遠方より友来る」(イスト30才ぐらい)

1585年 外伝「ロロイヤの遺産」(イスト43才ぐらい)

本文の時系列が前後しまくりなのに、案外と何月かとか季節がいつかとか書かれていないので、判らない部分はめっきり判りません(しょぼん)

あとは貨幣価値ですかね。
平均的な一般家庭の月収が3〜5シクってことで、12万〜20万円として計算すると、

金貨1枚1シク40ミル4万円
銀貨1枚1ミル100オム千円
銅貨1枚10オム百円
銅銭1枚1オム十円

ってな感じになります。
……ってことはイストがジルドのために作った「万象の太刀」、材料の刀身だけで概算140万円支払ったのか……その完成品を無料でポンっとあげちゃうって、さすがはアバサ・ロット……

ともあれこれで、今後また読み返す時にずいぶん楽になるはずです。

ふう、やりきったぜ……そして背中と腰と肩が痛いんだぜ……ふふふふふ(遠い目)


 地図の外枠の素材はこちらからお借りしました。

■(1) 「【素材】中華風な枠」/「千布由」の漫画 [pixiv]
 http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=11490319


2014年11月02日 追記:
血迷ったあげく、厚かましくもこの地図を作者様に送りつけてしまったところ、お心広いことに公認して下さったうえ、活動報告でご紹介までしていただけました。
新月さま、過分なお言葉を、本当にありがとうございました(感涙)
No.6275 (読書)

 
 この記事へのコメント
 
paoまま  2014/10/31/16:23:52 [HOME]
すごっ!
まこっちゃんやりもやったもんですね〜
早速その力作をじいぃーっくり拝見させて頂きましたよん。

あらまー、随分雰囲気のある仕上がりになってるじゃござんせんか。
公図で字切図っちゅうのはありますが、さしずめこれは
国切図と言ったところでしょうか。

「なんかバッテンが多いけど、これが戦場かしら」
と思いながら拡大したら
「ありゃま!ちゃんと剣の形になってるじぇ!」

まこっちゃん、仕事が逃げてないデス。

聖シチリアナ王国などとあるところに、きっちりルビをふって「サンタ・シチリアナ」と読ますところに物書き神崎真女史の在り様を見ました。

作者さんがこの地図の存在をお知りになったら感涙なさることでしょうよ。

作者さんにはお見せなさらないのですか?
 
No.6283
 
神崎真  2014/10/31/22:15:51
ふふふ、やりとげましたよ〜〜(えっへん)
全体的な質感にも力を入れて、フィルタやレイヤの重ね方を駆使、なんとか古地図っぽく仕上げてみましたvv
……こんなに画像処理に力を入れたの、初めてかもしれません(笑)
でも古地図にはロマンを感じる性質(たち)なので!
字切図とか江戸の古地図とか、古びたセピア色の地図ってなんだか見ているだけでワクワクしてきませんか?

そんな訳で、ままさんも是非この地図を片手に、「乱世を往く!」を読んでみられてはいかがでしょうvv
個人的にはすっごくオススメの作品なんです。
……ただ下手すると文庫本十冊ぐらいの分量があるので、手をつけるにはけっこう覚悟がいるんですが(苦笑)

> 作者さんにはお見せなさらないのですか?
あー……なにしろ私が勝手に推測して捏造した部分が多い地図ですから、きっと作者様が設定されている内容とは、かなり齟齬があると思うんですよねえ。
それでも感想を送ったことがあったりする、交流のある作者様なら送りつけるのもありなんでしょうが……さすがに面識のないご本人にお見せする勇気はありません(^ー^;;)
たまたまこの記事にたどり着いて、そしてこの作品をご存じの読者様だけ「ああ……」と思ってもらえたら、それで本望なんです、ハイ。
 
No.6288
 
神崎真  2014/11/02/22:33:14
えっと……なんかこう、いろいろと作業のストレスが高じて血迷った結果、厚かましくもやっぱり作者様に「こんなもの作っちゃいました」とメッセージをお送りしてしまいました(^ー^;;)

結果、ありがたくも公認していただいたうえに、活動報告で紹介までしていただけました。
心の広い作者様に、感謝の気持ちでいっぱいです……
 
No.6308
 
paoまま  2014/11/03/11:04:16 [HOME]
まこっちゃん、見てきたよ〜新月さんのトコロを

新月女史のコメントを読んで
「ウチの真を褒めて下さり有難うございす」
なんてな有り難ーい、気持ちになったよ〜

子どもを褒めて貰った保護者みたいな思いじゃったわ

厚かましくてごめんね〜
 
No.6313
 
神崎真  2014/11/03/15:08:31
あらん、私ままさんのお子さんですか(笑)
息子さんに知られたら、「そんなに年の離れた兄弟を持った記憶はない」とか言われちゃいそうですね。
あ、でもパオちゃんと兄弟というのは嬉しいかもvv

ちなみにままさん、新月さんは男性だそうですよん(笑)
 
No.6316

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/201410306275


No. PASS

<< 2014年10月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 そこまでこの作品が好き..

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41