よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 2014年10月19日の読書
2014年10月19日(Sun) 
本日の初読図書:
「サモナーさんが行く(小説家になろう)」〜39 掲示板回
 http://ncode.syosetu.com/n4908bv/

VRMMO日記系、連載中。
地雷職で斜め上のソロプレイをしていたら、いつの間にか最前線に? というやつです。
毎日更新されているのも某作品に通じるかな。
とりあえず、キリの良い所まで。
No.6259 (読書)

 
 この記事へのコメント
 
雪華  2014/11/03/15:15:22
お久しぶりです。
雪華です。

戻って来たPCの調子がイマイチで、結局 自分でももう一回リカバリーを実行するはめに。修理完了まで一月待たされた挙句にこの仕打ち、どうせデータが飛ぶならHDを交換して欲しかったですね。
最近は、閲覧はIPADで、週一くらいで保存にPCを使っています(苦笑)。

サモナーさんは345話に到達しました。まだ、先は、長いっ!! 苦労人で墓穴掘りな紅蓮君がお気に入りです。
私的印象ですが、おっさんが横道、サモナーさんが王道な感じです。攻略の最前線を突っ走っているか、NPCを含めた交流を重視しているかの違いですね。己の強さを第一に追求しているか、周りと共に生きる未来を選んでいるかの違いとも言えますね。

乱世の地図は新月さんのところで知りました。いやはや吃驚しました。凄い集中力です。お疲れ様でした。
ところで、ずっと新月氏だとおもっていたのですが、女史だったのですね。二度吃驚でした。

偽装婚約『舞台裏』騒動も読みました。愛されてますね、ロッドはvv
きっといつか間諜くんもデレると予想しています。何はともあれ、裏方さん方がんばれー!!
 
No.6317
 
神崎真  2014/11/03/21:34:15
わーい、雪華さん、お久しぶりです!

……そっかあ。相変わらずパソコンの具合が安定しないのですね。
ご心労、お察しします。私だったらきっと耐えられません。

サモナーさん、あと60話ぐらいですか? もうちょっとじゃないですか。ガンバvv
私は具体的にどうとは言えないんですが、どうも肌に合わなくってこの読書記録のところまでで止まっています。おっさんは相変わらず、日々の楽しみなんですが。

> 乱世の地図
はは、うっかり魔が差しました(苦笑)
って言うか、読み返しをしようとした時に、脳内で悪魔(と書いて雪華さんと読む)の声が響いたような気がしたんですがvv
要所でメモを取りながら読むと、よりいっそうお話が理解できて、それはそれで楽しかったですよ?
あ、新月さんはプロフィールによると、やっぱり男性のようで。 pao ままさんのコメントのお返事に、その旨追記しておきました。

> 裏方さん方がんばれー!!
今回の拍手SSは、以前に雪華さんの感想コメントを読んだ時、がーーーーっと脳内に降りてきた「原稿用紙17枚ほどの何か」でした。
こういう、物語の表面には出てこないモブキャラと言うのも好きなんですよね。
主人公達以外にもあの世界には様々な人々が存在していて、それぞれの人生を生きているんだよ〜〜と。
あの間諜くんだって、フェシリアの許で働くに至った事情とか、いろいろあるんだろうなあなんて考えていくのがまた楽しかったりvv
 
No.6318
 
雪華  2014/11/03/21:54:48
もう諦めました>
はっはっはっ、マイパソ=保管庫と割り切りました。そう考えれば心穏やかに過ごせます。

悪魔の囁き>
うむ。神崎さんの脳内で『私』はどんな囁きを齎したのか?
「地図、あると良いですよ〜? 戦場の推移とか解りやすいし、ね? ほら、読み返しながらここら辺の記述とかメモしてみませんか?」
なんて囁きました?

氏>
あ、やっぱり新月氏でしたか。
女性(ヒロイン)に夢を見ている印象が強かったのでたぶん男性なんだろうと思っていました(苦笑)。
男性の描く女性は、夢と願望と憧れと理想が反映されるものですよね。ちょうど女性の描く男性にやたらイケメンが多いのと真逆です(苦笑)。
乱世も今連載している迷宮ものも、ヒロインが本当に『綺麗』なので男性が書かれているのだろうと思っていました。

モブは神の手を離れて踊る>
モブこそ誰にも予想のつかない行動をするものです。時に主役を喰い、時に主役になり変わる(笑)。
ほら、どこぞのフリーターさんの隣でハーレム作った同行者とか、きっとその筆頭ですよ(爆)。
 
No.6319
 
神崎真  2014/11/04/07:08:28
も〜にん、雪華さん。
昨夜のうちにお返事をしようと思っていたのですが、なんとなく過去にいただいたコメントの数々を読み返している時に今回のコメントが入ってきて、

> モブこそ誰にも予想のつかない行動をするものです

を拝見した瞬間、脳内で化学反応の火花が飛び散ってしまったのですよ。
いかん、この瞬間を逃すまじ! とテキストエディタを立ち上げた結果、原稿用紙15枚の何かが(以下略)
……雪華さんには毎度ながら、足を向けて寝られませんね(笑)

ちなみに昨夜布団に入ったのは2時近くです。ね、眠い……

男性作者は女性キャラに、女性作者は男性キャラに夢を見て書く。
至言ですな。ちょうどあれだ、歌舞伎の女形が女性よりも女性らしいみたいな感じでしょうか。
新井素子さんの「二分割幽霊綺譚」という作品で、半陰陽のため途中で男 → 女に性転換したキャラクターに対し、それを知った友人が「あなたの不幸は性別が変わったことじゃない。中途半端に両方の性別を経験したせいで、どちらの性にも夢を見られなくなったことだ」といった内容のことを言う場面がありました。
ともあれ、自分と同性のキャラクターを素敵に書ける作者さんにはとっても憧れます。

新月さんは文章も硬質ですし、ロマンスも程よい甘さかつエロが混じらないところが、尊敬できる男性作者さんだと思います。
そして今連載しておられる迷宮もの〜シングルルームは、章タイトルが「卒業」になっていたので、もう終りも間近だろう。辛抱たまらん! と読んでみたら、まだまだ先は長そうで当てが外れるやら、でももっと長いこと楽しめそうやらで複雑な気分です(苦笑)
果たしてメインヒロインはラキアになるのか、メリアージュになるのか。
個人的にはメリアージュ押しだったんですが、ここ数話でラキアにも頑張って欲しくなってきています。
確かに新月さんの女性キャラは、つい肩入れしたくなるほど『綺麗』なんだよなあ。
 
No.6320

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/201410196259


No. PASS

<< 2014年10月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2014年10月19日の読書

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41