よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 2014年10月14日の読書
2014年10月14日(Tue) 
本日の初読図書:
4094088458映画 謎解きはディナーのあとで (小学館文庫)
東川 篤哉 涌井 学 黒岩 勉
小学館 2013-08-02

by G-Tools
世界有数の大財閥のお嬢様でありながら、身分を隠し一介の刑事として働いている宝生麗子。彼女は初めての長期休暇を取って、執事影山と共にシンガポールへ向かう豪華客船に乗り込んだ。宝生グループの持ち船であり、またの名をプリンセスレイコ号とも呼ばれるその船は、今回が最後の航海。麗子は久しぶりのバカンスを、ラストクルージングで楽しもうとしていた。
しかし蓋を開けてみれば、船内にはシンガポールへ届けるという芸術作品Kライオンを警護している風祭警部がいたり、そのKライオンを狙う国際的犯罪者が乗り組んでいるという情報があったりと、どうにも日常から脱しきれない。
そんななか、悪辣な仕事ぶりで知られる投資家のレイモンド・ヨーが、宿泊していたスイートルームから海へ転落した。引き上げた遺体は銃で撃たれており、しかも何故か死亡後に救命胴衣を着せられていた。このまま予定通り航行を続けなければ、新たな犠牲者が出るだろうとの脅迫状が犯人から届き、陸へ助けを呼ぶこともできない。
洋上の巨大な密室の中で捜査を進める風祭警部と麗子だったが、謎の長髪にステッキの人物が目撃されている他は、手懸りはまったく掴めなかった。
その謎の人物は十八年前にもこの船に侵入し、当時六歳だった麗子の旅の守護石、ブルーダイヤ“セイレーンの涙”を盗もうとして失敗した、世界的に有名な怪盗ファントム・ソロスと見られた。ならばこの殺人事件の犯人も、当時の失敗を雪ごうとするソロスなのか。
今回ばかりは影山も謎を解くことが出来ず、時間ばかりが過ぎてゆく。そして今度はキッチンスタッフであり客室支配人の娘 凛子の恋人である石川天明が死体で発見された。その死体はソロスと見られる人物の宿泊室で、全裸で土下座するという異様な状態。
さらに犯人の魔の手は、ついに麗子の身辺にも及んできて……

去年公開された、劇場版謎ディのノベライズ。
240Pほどの、まあまあそれなりの文章量でした。
内容も映画を変に改変することなく、おおむね忠実。一部、レッドヘリングになっていたコック&エンジニア&警備員の怪しげな計画とか、船に乗り組んでいるダワネル王国の王子様……と思われていた人が実は、的な細かいところが削られていたのは残念でしたが。あと火を消した無人島に置いてけぼりになる先代執事とか、影山が恵比寿様(映画では熊沢美穂@宮沢りえ)に借りたお金返す場面も、さくっと省略されてましたしね……
でもその代わり人物の心情とかが詳しく書き足されていたあたりは、映画を見るよりさらに判りやすくてよかったと思います。

なお、これはあくまで映画のノベライズなので、キャラクターの設定やしゃべり方などは完全にドラマ準拠です。原作しか読んでいない人だと違和感を覚えるでしょう。
風祭警部にはちゃんと京一郎という名前があるし、お嬢様バージョンの麗子さんを、香港財閥のホウ・ショウレイさんだと認識してますし。
あ、映画で突っ込みどころだった、なんで風祭警部が「ショウレイさん」呼びしてることに誰も疑問を覚えないのかという点には、ちゃんとフォローが入ってました(笑)

影山さんが、お嬢様のために真剣に走り回り、果ては命までかける展開は映画の通り。いやあ、普段の態度が態度だけにこういうギャップはいいですねvv
その後はまたもいつもの毒舌に戻るあたりも、うんうんこうでなくちゃとvv

総じて、ノベライズとしては非常にいい出来だったと思います。
ただ、文章にところどころ馴染みにくい横文字が散見されたのが、いささか気になりましたかね。
ノベライズなんて、普段本を読みつけてない人がメインターゲットだと思いますし、そこらへんはもう少し判りやすくしたほうが良かったんじゃないでしょうか。
「ベッド脇に大量のバゲージが見えた」とか、バゲージって単語は一般的なのか……?<判らなくてスマホで調べたヤツ
No.6251 (読書)

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/201410146251


No. PASS

<< 2014年10月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2014年10月14日の読書

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41