よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 2014年05月24日の読書
2014年05月24日(Sat) 
本日の初読図書:
「働かない勇者様の日常(小説家になろう)」〜第零零幕 勇者様と番人
 http://ncode.syosetu.com/n5303bo/

魔王を倒してもらうべく召喚した勇者は、かつてないほどに強大な魔力を持っていた。一週間ですべての魔法をマスターし、従来より効率の良いものに組み換えすらして、この国の誰もかなわない程の力を身につけた。
しかし国王が勇者に魔王討伐の命令を出した直後、異変は起きた。勇者は国王の命令を無視し、城の一室に引きこもってしまったのだ。
「今日から僕は王城の外に出ないから。てかここに永住する。怠惰生活最高」
陽射しが眩しいと部屋から一歩も出ようとしない勇者に人々は失望し、勇者とPTを組むはずだった武闘派王女は、これではいかんと立ち上がる。
それは毎日勇者の部屋に通っては、魔王を倒しに行こうとせっつく熱血王女と、のらりくらりとそれを交わす怠惰な勇者が織り成す日常のお話 ――

「極振りさんのVR日記」の作者さんが書かれた中編。全5部で完結済。後日談2部。
最初はただの怠け者に見えた勇者に、だんだん深い裏事情が見えてきます。コメディタッチに見えて、実は意外とヘヴィ。
後日談は脇キャラだった、見た目幼女な書庫の番人とのあれこれです。本編では語られなかった、勇者の元の世界での暮らしがちょこっと出てきます。こちらもやっぱり、意外とヘヴィ。
No.5857 (読書)

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/201405245857


No. PASS

<< 2014年05月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2014年05月24日の読書

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41