よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 2014年03月19日の読書
2014年03月19日(Wed) 
本日の初読図書:
465220048X大江戸散歩 (大江戸妖怪かわら版シリーズ)
香月 日輪
理論社 2014-01-18

by G-Tools
シリーズ7巻目は、短編オムニバス。
それぞれ百雷・桜丸・雀・ポー・鬼火の旦那の日常をのんびり綴った感じでした。もっとも桜丸のお話は、彼に恋したモブ少女視点でしたが(苦笑) 彼女が桜丸の日常を知らずにすんだのは幸いだったかもしれない……(^ー^;;)
ポーのお話は、今まで謎の多かった渡来人たる彼について、過去や背景をたくさん知ることができて面白かったです。そして単なる設定説明だけではなくひとつのお話としても、なかなか切なくかつ心がほっこりする素敵な話だったかと。 福太郎よ、早く毛皮を着替えてくるが良いさ( T _ T )
鬼火の旦那は、相変わらず安定のお父さんぶり。優しいのは雀に対してだけじゃないのねvv たまには心底から怒る姿とかも見てみたいなあ。この人が「まっとう」に生きようとしない『子供』に対しては、はたしてどれぐらい冷淡になれるのかとか、知ってみたいけれど怖い気もする……
百雷については、なんというかもう……想像通り過ぎるというか、文句のつけようがないというか。ばくはつし(ry
最後に終章えぴろぉぐがついていて、雀と鬼火の旦那で〆られているのが、なんとなくの安心設計。うむ、やはりこのシリーズはこうでなければ♪
……ところで水野さんの暗躍とかはどうなったんでしょうね??
No.5688 (読書)

 
 この記事へのコメント
 
雪華  2014/03/23/15:01:55
こんばんわ、雪華です。

>大江戸散歩
桜丸のお話では私も同じ感想を抱きました(爆)。知ったらショックで寝込みそうです(苦笑)。
鬼火の旦那も相変わらずイイ保護者でした(笑)。〆が雀と一緒なのが良いですよねぇ。
さてさてさて? 来月漫画版を買うか否かが大問題です。何せ、4シリーズが一気に発売しますからお財布が……

>カーマリー
噂には聞いていましたが、紙面の『黒さ』に吹き出しそうになりました。いやぁ、がっつり通常のライトノベルを逸脱していますね〜〜。イラストがもっと大人しかったら、『ライト』だとは思われないかもしれません。
そして、やはりこの作者さんは魅力的な『大人の』男を書かれる人だと再確認しました。電撃文庫の時も主役をおっさんにするか、少年とおっさんの二人主人公してうらぶれた探偵ものとか書いたら良い感じだったんじゃないかと今でも思います。きっと出版社の傾向と作者の持ち味が噛み合わなかったのでしょうね。電撃文庫は中二病御用達な雰囲気が拭えませんから。カーマリーの続刊と、読みそびれたもう一つの長編の書籍化を期待しております。

>辺境の老騎士
本屋で平積を見かけてから如何にも気になって気になって……結局購入してしまった一目惚れ本です(苦笑)。表紙が妙に目を引いて、帯の煽り文句がどうしても気になって、迷って迷って3回度目に目についた時ついにカウンターに持っていってしまいました。今は別の本を読んでいる最中なのでまだ読んでいませんが、此方の感想を見る限り当たり本のようで喜んでおります。はーーはっはっ、また出費がっ寧ろ本棚がぁぁぁっ!!!

>灰と王国、嘘つき姫と竜の騎士
「青の魔術師」の作者の別作品が書籍化されていると知って吃驚しました。あんまりキラキラしい表紙は最近傍に寄れないので、目当ての作者しかチェックしておりませんでした。とりあえず「なろう」でさらっと読んでみようかと思いつつ、話数の多さに目が泳いでる昼下がり……。ま、まずは読みかけからですよねっ。
 
No.5698
 
神崎真  2014/03/23/20:44:14
今回は割と早めに図書館に入ってくれて、すぐに読むことができました♪<大江戸散歩
桜丸は……本当に、うっかり口を滑らせなくてよぅございました(苦笑)
まあ彼女の方だって、人となりも知らないまま一方的に一目惚れしていた訳ですから、真実を知ってショックを受けても、自業自得と言えなくもないんですが。でも良い思い出ができてよかったと思います。
……嫁入り先で掛け軸が見つかって、修羅場とかならないことを祈りましょうvv
マンガ版は……悩みどころですねえ。妖アパと魔法の塔は当然買いですが、かわら版と柴犬男は……ぬぬぬ……シリウスコミックはサイトで試し読みができるからそれを待って決めるとして、柴犬男はなあ。ちょっと今までの香月作品とは種類が違うし、考えどころです。
とか何とか言いながら、妖アパ漫画版も、最初は「絵柄が美形すぎる」とか言って敬遠してたんですけどねvv 今では古本屋さんの表紙カバーが欲しいがためだけに、特装版持ってる巻の通常版を買い足してしまいそうな勢いです(笑) お、置き場、置き場が……っっ

> カーマリー
ライトノベルの定義ってなんだろうと思ってしまうぐらいに、世界観が深く重い作品だと思います。
そして私はカラー口絵の、オブザーとブラウンさんのツーショットに悶えたクチです。あまりにもイメージ通りすぎる 《o(>▽<)o》
電撃文庫のアレは……あまりにもなんというか、オトナの事情って、時に読者を置き去りにするなあとしみじみ思わせられました。やっぱり橘さんの味は成熟した大人の男ですよねえ!
今度こそ、カーマリー前日譚とともに、華屋〜も切に書籍化して欲しいです。

> 灰と王国、嘘つき姫と竜の騎士
こちらは私もつい先日、書籍化を知ってびっくりしました。
一応テキストは「なろう」進出前から保存してあったんですけど、積読の山に紛れて幾星霜……気がついてみればこんなことに。やはり「なろう」は今や出版社の狩猟場と化してますよね。個人経営の古参サイトさんが、なろう登録した途端、どんどん書籍化されているような……
ああっ、読みたいものがどんどん(以下略)

> また出費がっ寧ろ本棚がぁぁぁっ!!!
( ´∀`)人(´∀` )ナカーマ
なんで本棚って、あんなにすぐ埋まるんでしょうね……(遠い目)
 
No.5700

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/201403195688


No. PASS

<< 2014年03月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2014年03月19日の読書

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41