よしなしことを、日々徒然に……
※ 2018年以降の記事は、別ブログの方へUPしています ※
新しいブログへは こちら からどうぞ。



 2013年05月18日の読書
2013年05月18日(Sat) 
本日の初読図書:
486389032X紫同心江戸秘帖 浅草無人寺の罠 (静山社文庫)
大谷 羊太郎
静山社 2010-02-03

by G-Tools
シリーズ二冊目、読了。
……ううむ(困惑)
二巻目ならば、すでに室崎さんの背景事情が判っていること前提ですし、もうちょっとあれかなあとか思ったんですが。
すみません、やっぱり微妙でした(−ー;)

なんというか、室崎さんの行動に格好良さが感じられないんですよねえ。
武士、しかも同心のくせに、二対一でやってる仇討ち決闘の二人側へ、こっそり手を貸したりとかさ。しかもそのやりかたが、修行をつけたり助言をするとかじゃなくて、見えない場所からこっそり毒手裏剣投げつけるって……それを(間違った意味での)確信犯ではなく、ちょっと良いことしてやったぜっぽい雰囲気で描いているのが、微妙にもにょる……

話の展開も妙にごちゃつきかつ、偶然が重なっている感じ。
さらにラストで室崎さんが助かったのは、完全に敵側の事情によるもの。本来ならばきっちり死んでる展開だったよね? 紫同心の名が泣くぜ??
そもそも冒頭から、室崎さんが何故おさよさんに肩入れしているのか、その理由が謎なんですよ。岡惚れしてるならしてる、単に顔を見ると落ち着くという鑑賞物扱いなら、それはそれでそう明記してほしい。
……なあんていうか、なあ。こう……すっきりしない……
No.4787 (読書)

 この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
2560文字まで

Pass

 
 この記事のトラックバックURL
http://plant.mints.ne.jp/sfs6_diary/sfs6_diary_tb.cgi/201305184787


No. PASS

<< 2013年05月 >>
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 プロフィール
神崎 真(かんざき まこと)
小説とマンガと電子小物をこよなく愛する、昭和生まれのネットジャンキー。
ちなみに当覚え書きでは、
ゼロさん= W-ZERO3(WS004)
スマホ= 003P(Android端末)
シグ3= SigmarionIII です。

サーチ :



 with Ajax Amazon

 最新の記事
 2013年05月18日の読書

 リンク
 神崎へメール
 私立杜守図書館
 蔵書リスト

 

   

 ブログ内記事検索:
 
 AND OR  


Back to Home...

[管理用] [TOP]
shiromuku(fs6)DIARY version 2.41